葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835

浄土真宗

浄土真宗の葬儀のやり方

仏教で行う葬儀は、宗派によって式の内容や作法が異なってくることをご存知でしょうか。

主な仏教の宗派には天台宗、真言宗、浄土宗、臨済宗、曹洞宗、日蓮宗などがありますが、浄土真宗も日本の仏教を代表する宗派のひとつであり、浄土真宗として定められた葬儀式の内容や作法が存在します。

浄土真宗で葬儀を出す側になった場合や、浄土真宗の葬儀に参列する側になった場合でも、相手に失礼にならないように、基本的な式の内容や作法を知っておきましょう。

今回は、浄土真宗で行う葬儀ということで式の流れやマナーなどについてお伝えいたします。

浄土真宗の葬儀

浄土真宗の葬儀には、どのような特徴があるのでしょうか。ここでは基本的な特徴を確認してまいります。

浄土真宗で行う葬儀の特徴

まず浄土真宗以外の宗派との比較を交えながら、特徴的な部分を紹介いたします。

①亡くなるとすぐに極楽浄土に導かれる

浄土真宗では亡くなった方は直ちに阿弥陀如来(あみだにょらい)の力によって極楽浄土へ導かれて仏になるという考え方があり、浄土真宗に基づく葬儀の主たる特徴となっています。

この極楽浄土に導かれ仏になることを「往生即成仏(おうじょうそくじょうぶつ)」と言う場合もあります。

その他多くの宗派では、亡くなった方は49日間の死出の旅に出ると言われていて、この49日間は「霊」という状態だといわれていますが、浄土真宗ではこの「霊」という存在自体を認めていません。

②葬儀は故人に対して行われるものではない

「葬儀は故人に対して行われるものではない」と言うと語弊があるかもしれませんが、浄土真宗の葬儀では直接的に故人に対して何かをするものではないという意味です。

浄土真宗では、故人のために何かを出来るのは阿弥陀如来のみであるという考え方が基本にあります。そのため残された者としては、阿弥陀如来に対して故人の極楽往生を祈ることになります。

つまり浄土真宗の葬儀では、直接故人の往生を祈るのではなく、阿弥陀如来に故人の往生を託すという間接的な形式をとっていることになります。また葬儀は、故人が阿弥陀如来との接点を与えてくださったこと、阿弥陀如来の教えを受ける機会を与えてくださったことに感謝する意味合いも持っています。

③臨終からの流れなど他宗教と異なる部分がある

浄土真宗の葬儀は、その他の宗派と比べて異なる点が多くあります。たとえば次のような点が異なります。

・病院等からの搬送後、枕元に一膳飯、枕団子、守り刀は用意しない。
・逆さ湯、逆さ屏風などの逆さごとの風習は行わない。
・死出の旅路には向かわないので納棺時に旅装束は用意されない。
・受戒(じゅかい)、引導(いんどう)の作法は無い。
・戒名ではなく法名(ほうみょう)が与えられる。
・出棺前、棺の蓋を閉じる際に釘打ちは行わない。
・清め塩は使用しない。

本願寺派と大谷派の葬儀の違い

浄土真宗の中でも多数の信者を抱えている本願寺派と真宗大谷派では、葬儀について違いはあるのでしょうか。実は本願寺派と真宗大谷派では、葬儀において基本的な考え方や作法について、同じ部分が多くあります。

それは、本願寺派と真宗大谷派が別れたのは戦国時代から江戸時代にかけての政治的な問題が原因であり、宗教的な見解の相違で別れたわけではないためです。

葬儀に関して本願寺派と真宗大谷派で違いが見られるのは、たとえば次の部分です。

・式次第、特に真宗大谷派では葬儀式が二部構成となっている。
・お焼香の回数(本願寺派1回、大谷派2回)
・読まれるお経の種類
・蓮如(れんにょ)が残した文書の呼称(本願寺派では「御文章」、真宗大谷派では「御文」)
・燭台(ロウソク立て)や香炉の形状

浄土真宗の葬儀の流れ

さて浄土真宗の葬儀はどのように進んでいくのでしょうか。ここでは浄土真宗の葬儀の流れとして、特に信者数の多い浄土真宗本願寺派と真宗大谷派の2派について紹介いたします。

なお2派とも、故人が生前に仏道に入るための儀式である帰敬式(ききょうしき)を本山で受け、法名を授かります。授かっていない場合は、臨終勤行の前もしくは納棺勤行の前までに僧侶によって帰敬式をとり行います。臨終勤行、納棺勤行をとり行わなかった場合は、通夜または葬儀式の前に帰敬式と法名の授与を行います。

お葬式(本願寺派)

本願寺派の葬儀はもともと二部構成でしたが、現在はひとつの流れとして行われ、真宗大谷派と比べると式次第の項目としては少ないことが特徴です。 通夜そして葬儀式の式次第は、地域差や寺院による多少の違いはありますが、概ね下記のとおりです。 ちなみに昭和6年以降の本願寺派の勤式では、「通夜勤行」の厳密な決まりは定められておりません。

通夜

・阿弥陀経
・正信念仏偈
・念仏
・和讃(わさん):浄土真宗の開祖である親鸞が釈迦の教えを解りやすくするため詩歌形式でまとめたもの
・回向:法要の最後の締めとして読まれる文句

葬儀式

・帰三宝偈
・念仏
・回向
・お別れの言葉
・三奉請(さんぶじょう):阿弥陀如来などの仏様にお越しいただくことを請うもの
・導師焼香・表白(ひょうびゃく):表白については別の項で説明いたします
・正信偈(しょうしんげ):親鸞が阿弥陀如来のありがたさや7人の高僧(七高僧)の教えをまとめたもの
・念仏
・和讃
・回向:葬儀式を閉じるための口上  

お葬式(大谷派)

大谷派の葬儀は、葬儀式第一と葬儀式第二という二部構成となっていることが特徴です。

通夜

・正信偈
・念仏
・回向
・御文
・法話(導師による)

葬儀式

葬儀式第一は、さらに「棺前勤行」と「葬場勤行」とに分かれて行われます。

【棺前勤行】
・総礼(そうらい)
・観衆偈(かんしゅうげ)
・短念仏十遍(たんねんぶつじゅっぺん)
・回向(えこう)
・総礼
・三匝鈴(さんそうりん)
・路念仏(じねんぶつ)

【葬場勤行】
・三匝鈴(さんそうりん)
・路念仏(じねんぶつ)
・導師焼香(どうししょうこう)
・表白(ひょうびゃく)
・三匝鈴(さんそうりん)
・路念仏(じねんぶつ)
・弔辞(ちょうじ)
・正信偈(しょうしんげ)
・短念仏(たんねんぶつ)
・和讃(わさん)
・回向(えこう)
・総礼(そうらい)

続いて、葬儀式第二が下記となります。

・総礼(そうらい)
・伽陀(かだ)
・勧衆偈(かんしゅうげ)
・短念仏十遍(たんねんぶつじゅっぺん)
・回向(えこう)
・総礼(そうらい)
・三匝鈴(さんそうりん)
・路念仏(じねんぶつ)
・三匝鈴(さんそうりん)
・導師焼香(どうししょうこう)
・表白(ひょうびゃく)
・三匝鈴(さんそうりん)
・弔辞(ちょうじ)
・正信偈(しょうしんげ)
・短念仏(たんねんぶつ)
・三重念仏(さんじゅうねんぶつ)
・和讃(わさん)
・回向文(えこう)
・総礼(そうらい)

なお、出棺して以降の火葬場での読経や、初七日法要などは両派とも同じように行われます。

浄土真宗の葬儀の作法

同じ仏教でも葬儀では宗派ごとに作法やマナーに違いがあります。浄土真宗にも葬儀では独自の作法やマナーがありますので、施主という立場でも、参列者という立場でもぜひ知っておきたいところです。

浄土真宗の葬儀のマナー

下記に浄土真宗の葬儀における主な作法やマナーを紹介いたします。

焼香のマナー

焼香は、自分の順番が来ましたら焼香をする前に一礼をし、抹香という細かく砕かれた木片をつまみ、火の着いた炭のうえにくべてから、手を合わせます。最後に再度一礼をして焼香は終わりです。

浄土真宗では焼香を行うときに、抹香をつまんだあと額のところまで掲げることはせずに、つまんだらそのまま炭のところにくべるのが作法です。また焼香の回数について、本願寺派では1回、大谷派では2回となっています。

数珠について

宗派により正式な数珠の形状や材質がありますが、浄土真宗の場合には数珠の形状や材質に確固たる定めはありません。数珠はもともと念仏を唱えるときに回数をかぞえるための道具です。

しかし、浄土真宗の場合は、阿弥陀如来の力によって全ての人が救われることを前提としており、念仏の回数を数えることにこだわらないためです。そのため浄土真宗の場合は数珠と呼ぶより念珠と呼ぶ方が主流です。

浄土真宗の念珠は、念仏の数取りに使用するためではないので、数取りができないよう念珠の片方の房が「蓮如結び」になっているのが特徴です。持ち方は、本願寺派と大谷派で異なります。 本願寺派で房を下に垂らすようにして持ちます。 大谷派では、親玉が上にして、親指で挟むように両手にかけ、房は左側に垂らします。 合掌していない時は、左手に持つのが一般的です。

お清めの塩が無い

浄土真宗の葬儀に参列した際、清め塩が無かったという経験があるという方がいるかもしれません。

死を穢れ(けがれ)と捉える考えは、もともと仏教にはありませんが、日本では神道の影響を受けて仏教の葬儀でも清め塩が使われることがほとんどです。

しかし、浄土真宗では死を穢れとする考えは仏教には無いという捉え方を重視して、お清めの塩を使用することを否定しています。

その他の気をつけるべきマナー

線香を手向ける際のマナーとして、線香を香炉に立てる宗派が多数ですが、浄土真宗の場合には、点火している方を左に向け、線香を香炉に寝かせて手向けます。

寝かせるときに、香炉の幅に線香が納まりきらない場合には2つに折って着火し寝かせて手向けるようにします。

そのほか、言葉のマナーとして浄土真宗では「冥福を祈る」という表現はしません。 「冥福を祈る」は「冥途」という死後に行く迷いの世界での「幸福」を祈ることを意味しますが、浄土真宗では死後すぐに極楽浄土に導かれていて冥途の世界とは無縁だからです。

浄土真宗の葬儀のお経

浄土真宗では阿弥陀経(あみだきょう)というお経が中心となります。阿弥陀経は、釈迦が阿弥陀仏や極楽浄土などについて説いたものがまとめられたものです。 また、無量寿経(むりょうじゅきょう)や正信偈(しょうしんげ)も浄土真宗で読まれる事の多いお経です。無量寿経には、極楽浄土に往生するための方法が中心に説かれています。

なお、正確に言いますと正信偈はお経ではありません。お経は釈迦の教えがまとめられたものを指しますが、正信偈は開祖である親鸞が残した著書『教行信証』の中の一節をまとめたものだからです。

ちなみに他宗派では読まれることの多い「般若心経」は、浄土真宗で読まれることはありません。

浄土真宗は阿弥陀如来によって救われるという教えが中心であるのに対して、般若心経は自分で自分を救うことを前提とした教えが説かれたお経であるためです。

浄土真宗の葬儀の表白

その他、お経ではないですが、式次第の中で「表白(ひょうびゃく)」と呼ばれるものがあり、浄土真宗の葬儀の特徴のひとつとなっています。

・表白とは

表白は「「表敬告白(ひょうけいこくはく)」の略語です。表白の意味は「敬いの気持ちを持って思いや考えを申し告げます」ということです。「白」は「申す」という意味があります。

・表白の役割

葬儀の中で読まれる表白は、その葬儀を行う意味や趣旨を、阿弥陀如来などの仏様、遺族、親族、一般参列者に対して伝えるという役割があります。

・表白の要約

表白は定められた文章があるわけではなく、寺院の導師が葬儀ごとに作成しても良いのですが、浄土真宗の宗派が発刊している『葬儀勤行集』などに記載されている事例を引用やアレンジをしたものを表白としているケースが多いようです。

表白の内容としては、要約すると次のようなことが盛り込まれている場合が多く見られます。

・人の世の無常  
・阿弥陀如来への称賛  
・故人を偲ぶ  
・南無阿弥陀仏と唱えること

浄土真宗の葬儀の香典

作法やマナーの項目にも関連しますが、浄土真宗の葬儀における香典についても知っておきましょう。浄土真宗は香典に関して、その他宗派とは異なる注意点があります。

香典の表書きなどについて、気にされる遺族もいますし、故人や遺族に対して失礼にならないように香典に関するポイントをお伝えいたします。

浄土真宗の葬儀の表書きなどのマナー

表書き

浄土真宗の葬儀で持参する香典の表書きは「御仏前」や「御香典」とするのがマナーです。「御仏前」は、旧字を使用した「御佛前」でも問題ありません。

「御香典」は、浄土真宗でも仏教であればどの宗派でも使用可能な表書きです。浄土真宗の考えに基づきますと、亡くなられた時点で故人は成仏しており、「霊」としての期間がないため、「御霊前」は使用しません。

通夜に御香典を持参するときに薄墨で書くという点は、他宗派と同じです。

香典袋

香典袋は、コンビニエンスストアや仏具店で販売されている不祝儀袋を使用します。もちろん「御霊前」と最初から印刷されているものは使いません。

香典袋の水引は、一般的には白黒が多いですが、地域によっては黄白の場合がありますので、参列前に確認を行っておいた方が良いでしょう。

香典の相場

香典の相場は故人や遺族との関係性や、参列者となる自分の年齢や立場などによって異なってきますので難しいところです。浄土真宗だからと言って。他の宗派と香典の相場に違いはありません。

また地域によっても上下する場合がありますが、下記を参考にしてみてください。

①家族や親族内で不幸が発生し葬儀に参列する場合:1万円~10万円
②知人や友人の身内で不幸があり葬儀に参列する場合:5千円~1万円
③近所の家や職場で不幸があり葬儀に参列する場合:3千円~1万円

浄土真宗の葬儀の布施

浄土真宗の寺院に葬儀を依頼するときには、他宗派と同じように御布施を用意する必要があります。ここでは御布施に関して説明いたします。

浄土真宗の葬儀のお布施の相場

浄土真宗の寺院に葬儀を依頼した場合、約20~30万円がお布施の相場です。この金額は臨終勤行、通夜、葬儀式、火葬場での読経、初七日法要、納骨までの分を含みます。

初七日法要や納骨を葬儀式と別の日に行う場合には、改めて別に御布施を用意することになります。ただし御布施の金額は、地域や寺院とのお付き合いの程度によっても変動することがあります。

御布施にいくら包んだら良いかは、葬儀を依頼する寺院に直接尋ねていただいて問題ありません。なかには「お気持ちで」という寺院もあると思いますが、その場合には上記の金額を参考にして御布施を用意すれば良いのではないでしょうか。

浄土真宗の葬儀のお布施の金額

御布施の相場については上記のとおりですが、その他留意点です。

・法名料は取らない

浄土真宗では戒名ではなく法名が授けられますが、法名料という名目で金銭を包むことはありません。法名料という名目がないのは、浄土真宗では、死後には皆等しく仏様になるという教えがあるためと言われています。

・御車代

葬儀会場まで、お坊さんが寺院の自家用車で来られたり、タクシーやバスなど公共の交通機関を利用して来られたりする場合には御車代を御布施と一緒にお渡しします。御車代は寺院から葬儀会場まで市内間の移動をする場合で約5千円が相場です。

・御膳料

火葬後の食事の席にお坊さんが同席しない場合に御膳料をお渡しします。 御膳料の相場は約5千円~1万円です。

最後に

今回は、浄土真宗で行う葬儀に関して式の流れやマナーなどについてお伝えいたしました。 自分の家が浄土真宗であることを知っていたとしても、いざ葬儀という場面になりますと浄土真宗の作法やマナーについてよく分かっていないという方も多いものです。 また、浄土真宗で行われる葬儀に参列する立場になった場合でも、やはり浄土真宗での作法やマナーは知らないという方が多いでしょう。 いくら気持ちを込めて葬儀を行ったり、参列したりしたとしても外観として現れる作法やマナーがなっていなければ無礼と受け止められてしまうこともあります。 今回の内容が皆様のより良い葬儀に繋がりますことをお祈りしています。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

関連する記事

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応