葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 宗教・宗派別葬儀
  3. 時宗
  4. 時宗の葬儀とは?特徴や流れ、作法についてなど詳しく紹介します

時宗

時宗の葬儀とは?特徴や流れ、作法についてなど詳しく紹介します

時宗の葬儀とは?特徴や流れ、作法についてなど詳しく紹介します

「時宗」とは、日本が鎌倉時代の頃にできた仏教です。総本山は神奈川県藤沢市にある清浄光寺となります。時宗は浄土宗の教えを踏襲し、「踊念仏」を唱えるとても特徴的な宗教として知られています。

現在はあまり時宗での葬儀が執り行われることはなく、とても珍しいとされています。時宗の葬儀に参列する際に、他の宗教や宗派との違いを把握しておくと、葬儀マナーを守ることができます。

ここでは、時宗の葬儀について、基本的な事項についてまとめます。

時宗の葬儀

時宗のお葬式の特徴

時宗は浄土教の宗派です。室町時代まで日本全国に広まった宗教でした。しかし、現在は日本全国でもその寺院数が約400ほどとなり、時宗による葬儀が行われることは非常に珍しい宗派として位置づけられています。

踊念仏

時宗は他の宗派にない「踊念仏」という方法があります。鉢を打ち鳴らし、踊りながら念仏を称えるという、とても珍しいスタイルで読経を行います。

浄土宗の宗派の中でもとても珍しく、一遍が行う踊念仏が日本全国に広まり、これが「盆踊り」の起源であるとも言われているものです。

浄土宗と似ている

時宗が行う葬儀は浄土宗と同じく、故人が安らかに往生することができるよう願う葬儀として執り行われています。

葬儀の際は故人が極楽浄土へ行けるように、僧侶のみならず、参列者もそろって「南無阿弥陀仏」を10回唱えるという葬儀を行います。

合掌が独特

時宗で合掌を行う際は、両手を合わせた中央にあえて膨らみを持たせた形で手を合わせます。このふくらみは、蓮のつぼみにみたてていることから、「未敷蓮華合掌(みぶれんがっしょう)」と呼ばれています。

時宗の葬儀でなければ経験することのない合掌の方法であるため、非常に珍しいことが分かります。このように詳しい時宗のマナーを知りたい方は、導師や葬儀場の方へ確認するようにしましょう。

時宗の葬儀の流れ

時宗の葬儀はどのような流れで行われるか、ここに順を追って解説します。実際に時宗の葬儀を行う際、参列する方も喪主となられる方も、事前に葬儀の流れについて把握し、確認しておくことが大切です。

一般的な葬儀の流れ

1.病院でのご臨終

病院で亡くなられた際、葬送儀礼として「末期の水」を行います。これは在来仏教において大切な儀式で、亡き人の口に水を含めてあげます。逝去直後に行われ、故人と血縁が濃い方によって行うとされています。

2.ご遺体の搬送

ご遺体を搬送する際、葬儀社により遺体搬送車の手配を行います。

3.枕飾り・葬儀打合せ・納棺

ご遺体を自宅にご安置し、故人が使用していた敷布団があればそこへ安置してください。ご遺体の胸元に魔除けの刀を置きます。 ご遺体は仏間に北枕となるよう布団を敷き、そこへ寝かせます。顔に白い布をかけ、故人が仏門に入るため、胸元に刃先が下に向くよう刀を安置してください。

枕元に祭壇を準備し、枕飯(白いご飯のお供え)、枕団子(白い団子を6つ供える)、供花、線香、ろうそく等を捧げます。ろうそくの火とお線香の煙は、葬儀の日まで欠かさないようにします。

4.通夜式

通夜式は葬儀の前日に行われます。導師を招いて、故人に弔いのお経を読んでもらい、親族や参列者は焼香をします。通夜式は、宗教的儀礼というよりはむしろ、ご縁のあった人々の参列の場として捉えられています。元来「通夜」とは夜通し故人に寄り添うことを指しましたが、いまでは「通夜式」という儀式にすることで、親戚以外の人々を集まりやすくしています。

5.葬儀・告別式~出棺・火葬・骨上げ

葬儀の際、祭壇に白花を組み、統一感のあるようにします。この時、故人が好むお花を祭壇に組んであげましょう。

中央に「南無阿弥陀仏」の掛け軸を掲げ、遺影、焼香台、ろうそくを準備し、棺をご安置してください。

その後入堂、僧侶をお迎えし、香を炊き、三宝礼の経文を読みあげます。故人の生前の罪を反省し、仏の許しを請い、引導下炬(いんどうあこ:浄土宗独特のたいまつを用いたい引導作法)を行います。故人が極楽浄土へ行けるよう「南無阿弥陀仏」を10回唱えましょう。

お焼香は1〜3回行い、総願偈等、故人が仏道を全うすると誓いの経文を読み上げ、送仏偈で仏様をお送りします。

出棺前に故人と最後のお別れを行い、祭壇の花を棺に入れ、故人が愛用していたものや棺の中に一緒に入れてあげたいと思うものを納めてください。

棺の蓋は、故人が無事に三途の川を渡ることができるよう、三途の川の石に見立てた大きな石を用いて釘を打ちます(最近ではしないことも増えています)。

そして、棺を霊柩車へ乗せ、火葬場へ向かいます。火葬が無事終わり、骨上げを行った後、骨壺に収めた故人の骨を持ち帰り、納骨式まで安置しておきます。

6.還骨法要

四十九日が来たら、仏前に僧侶を招く他、ご遺骨とともに寺院へ持参し、納骨の儀を行います。

時宗の場合、葬儀が行われる際、浄土宗の形式に似たスタイルが用いられることも多く、それに従った葬儀が執り行われることになります。

このようなことから、時宗の伝統的な葬儀に遭遇することはめったにないと言えるでしょう。

時宗の葬儀の作法

時宗で葬儀を行うことは非常に珍しく、時宗は浄土宗の流れをくむことから、葬儀の形式は浄土宗に似ています。そのため、数珠や焼香も同様に行われます。

異なる点は、踊念仏を行うことですが、実際に葬儀で行われるというわけではありません。

ここからは、時宗の葬儀の作法を以下にご紹介します。

数珠の使用法

時宗で使用する数珠は、浄土宗の数珠と同じ形です。実際の種類や持ち方など、詳しくみていきましょう。

数珠の種類

時宗の数珠は2つの輪が交差し、二連の形をしています。とても珍しい形をしているため、不思議に思う方も少なくありません。しかし、時宗と浄土宗はこの形の数珠が正式な数珠として用いられています。

時宗の僧侶や信者には「念珠」と呼ばれており、男性の念珠は「三万浄土」女性の念珠を「六万浄土」と呼んでいます。

数珠の持ち方

時宗で用いる数珠を扱う際は、左手に数珠をかけ、お香は軽く額にいただき香炉にくべましょう。葬儀に参列する際に持参すべきですが、ない場合は持参しなくても良いとされています。

また、数珠はあなた自身の宗派のものを使用しても差し支えありません。数珠はとても大切な仏具であるため、畳や椅子などの上に数珠そのものを直接置くようなことは避けてください。

使用しない時でも、左手の親指と人差し指の間にかけて持っておきましょう。焼香を行う際は、左手手前に数珠をかけて左手を差し出し、右手で焼香を行ってください。

合掌する際は、数珠を両手の親指と人差し指の間にかけ行いましょう。

焼香の作法

時宗で行う焼香の回数は1〜3回となります。つまんだ抹香を額にいただき、その後香炉にくべましょう。本来、浄土宗の場合は心のこもった焼香を1回行うと記されています。

回数に明確な決まりがないとは言え、導師によって考えや方針が異なる場合もあるため、気になる場合は事前に確認しておくようにしましょう。

焼香の流れ

時宗の葬儀の際、焼香を行う時は僧侶や遺族に対して一礼をし、焼香台へ進んでください。 遺影に向かい一礼したら、抹香をつまみ額に押しいただきますが、この時、中指と人差し指、親指でお香をつまんで額へ持っていきましょう。

時宗で行う焼香は浄土宗と同じく、線香を折って寝かせて行いますが、時に立てて行うこともあるようです。

寝線香が一般的であるため、香炉は灰ではなく線香を寝かせても火が消えることのない「藁灰」を使用しています。これは、寝かせるほうがお線香がすべて燃えるためです。

香典の書き方

ここからは、時宗の香典袋の書き方を解説します。

香典袋の表書きの書き方

時宗の香典は、無地の熨斗袋に白黒の水引がかかるものの他、連の花の絵が描かれている熨斗袋を使用しましょう。その際、表書きには「御霊前」と書いてください。

この「御霊前」と書けるのは四十九日までとし、それ以降は「御佛前」「御仏前」と書きましょう。これは故人が四十九日を過ぎると、仏の世界へ旅立たれるという教えからだと言われています。

一方、浄土真宗や曹洞宗では、「御霊前」という言葉は使用しません。

香典の金額の相場

関係性 金額
家族 3万円~10万円
親族 1万円~3万円
ご近隣関係 3000円・5000円
一般の会葬者 5000円・1万円
関係者 1万円・3万円

持ち物や服装

ダークスーツや地味な色の服装

遺族は正式喪服、略式喪服を着用、喪服の色は黒のスーツや暗めの色の服を着用し、弔意を表す服装で参列してください。

地味な色の服装であれば、必ずしも黒やダークグレーのスーツを着用しなければならないということはありません。

派手なアクセサリーは避ける

男性の場合はネクタイや時計、女性の場合はアクセサリーやネイルなどは身に付けないようにしてください。結婚指輪は付けていても問題ありません。

その他の持ち物、服装の留意点

女性は特に持ち物や服装において、バッグなど煌びやかな光沢感のあるような素材のものは避けてください。

それと同時に、黒のパンプスを履くことになりますが、これもヒールのあるもの(5〜6cmほど)で光沢感のないものを履くようにしましょう。

時宗の葬儀のお供え

時宗の葬儀のお供えについて

時宗の葬儀の際は、祭壇にお花を供えます。その際、お花は生花を購入するようにしましょう。

最近では故人が好んでいたお花をお供えすることも多く、それを希望されていた場合などはその通りに行うようにしてあげましょう。

また、祭壇にはたくさんの果物や食べ物など、あらゆるものがお供えされると思います。これは時宗だけに留まらず、どの宗教・宗派でも同様のものがお供えものとして備えられるでしょう。

その他、お供えものは宗教や宗派によって異なるものもありますが、共通して代表的なお供えものとして「盛竜」「線香」「お菓子」「果物」「花環」「灯篭」などがあります。

特に、仏式で行われる葬儀の際は、「お菓子」「蝋燭」「線香」「果物」が代表的です。神式の場合は「お菓子」「果物」「お酒」となります。

果物などをお供えする場合は、盛り篭でお供えすることでより立派な存在感があるため、故人も喜んでくれるのではないでしょうか。

どのようなものをお供えものとして良いか迷った時は、香典の由来ともなるお供えものとして、香り高い「高級線香」などが挙げられます。

また、お供え後のお下がりとして分けやすいよう、焼き菓子やせんべいなど、個包装されているものなどがよく選ばれています。

その他生花のお供えを行う際、切り花ではなく、アレンジメントを選ぶことでその後少しの間飾ることができますので、故人を偲ぶことができます。

時宗の葬式の費用

時宗の葬式の費用

時宗の葬儀を執り行う際、参列者の人数や葬儀場所、祭壇の種類、お供えものなどの選択によって相場が異なります。

最近では参列者が親族のみなどという家族葬が主流となっています。家族葬の場合は小規模になりますので、葬儀費用を抑えることもできます。

一方で規模の大きい葬儀を執り行われる方もいらっしゃるため、葬儀の相場費用については、その規模や選択される内容によって大きく金額が異なることが分かります。

時宗の葬儀を行う際、葬儀社を利用する場合は、その葬儀を執り行うことが可能であるか、また参列者の人数や規模など、事前に葬儀社へ見積もり依頼されることをおすすめします。

依頼者が希望されている規模によって金額は大きく異なるため、急な手配でも対応できるようにしておくと安心です。

まとめ

時宗の葬儀について、基本的な事項についてまとめました。

時宗の葬儀は現在執り行われることが非常に珍しいのですが、浄土宗が起源となっていることから、実際には浄土宗に似た葬儀が行われることになります。

しかしながら、葬儀マナーも他の宗教や宗派と異なる点もあるため、葬儀へ参列される前に事前にきちんと葬儀の流れを確認しておきましょう。

葬儀の費用を抑えるためのポイント

葬儀にかかる費用や葬儀内容の良し悪しは、どの葬儀社に依頼するかによって大きく異なります。複数の葬儀社から見積もりを取って内容を比較することで、費用面の負担が少ない、信頼できるベストな葬儀社を見つけることができます。複数社に自分で連絡するのは大変ですが、今は一括見積サービスがありますので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
\ 最安11万円から葬儀社をご紹介いたします /
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応