葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 宗教・宗派別葬儀
  3. 浄土宗の葬儀とは?通夜と葬儀式の特徴や流れを解説|参列時のマナーも紹介

宗教・宗派別葬儀

浄土宗の葬儀とは?通夜と葬儀式の特徴や流れを解説|参列時のマナーも紹介

浄土宗の葬儀とは?通夜と葬儀式の特徴や流れを解説|参列時のマナーも紹介

親しい方が亡くなられて行われるのがお通夜や葬儀です。もしもその故人が浄土宗を信仰なさっていたら、浄土宗式の葬儀を行います。

では、浄土宗の通夜や葬儀とは、どのようなものなのでしょうか。 浄土宗のお通夜は他の仏式のお通夜と変わりませんが、葬儀には浄土宗ならではの儀式や習慣が残されています。

そこで今回は、浄土宗についてのお通夜や葬儀式について解説して、葬儀に出席する際のマナーや葬儀式の費用相場などについて紹介します。

浄土宗の葬儀の特徴

南無阿弥陀仏と唱えれば救われるという教え

浄土宗とは、平安末期に法然上人によって開かれた大乗仏教の宗派のひとつで、本尊は阿弥陀如来です。浄土三部経や経論を基にした教義は、阿弥陀仏を心身ともに信じることで必ず救われるというものです。

「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えて仏の救済を受けると、平和な毎日を送れて浄土で往生できるという「他力」の教えです。

ちなみに、私たちが日常的にもよく使われる「他力本願」という言葉は、この浄土宗の他力の教えから生まれました。

総本山は京都の東山にある「知恩院」で、さらに全国に七大本山があります。

その七大本山とは、増上寺(東京都)、金戒光明寺(京都府)、知恩寺(京都府)、清浄華院(京都府)、善導寺(福岡県)、光明寺(神奈川県)、善光寺大本願(長野県)です。

浄土宗の葬儀の特徴

浄土宗の葬儀の特徴として「念仏一会」(ねんぶついちえ)が挙げられます。

葬儀の参列者一同が故人に代わり「南無阿弥陀仏」を10回から一定時間唱えることで、故人が仏の救いを得て極楽浄土へ往生するようにという願いが込められています。

もう一つの特徴は「下炬引導」(あこいんどう)です。

僧侶が焼香をした後、松明や線香などを2本とり1本を捨てて、残りの1本で円を描きながら「下炬の偈」(あこのげ)を読んだあと、その一本も捨てます。この一連の所作で、火葬と故人を極楽浄土へ導くことを意味します。

浄土宗と浄土真宗の違い

浄土宗と浄土真宗は名前が似ているため混合されることがありますが、信仰において大きく違いがあります。まず開祖ですが、浄土宗は法然上人が開いた宗派で、浄土真宗は親鸞聖人が開きました。

法然上人が明かした浄土往生の教えをさらに発展させたのが浄土真宗のため、本尊は両宗派ともに阿弥陀如来で、基本的な教えも似ています。

ただし、念仏に対する捉え方が大きく違います。浄土宗は念仏を唱えることに重きを置いていますが、浄土真宗では念仏を唱えようとするときの気持ちが大切だと説いています。

そのため浄土真宗では念仏を唱えるだけで極楽浄土に行けるという考え方はありません。

また、規律の面でも浄土宗は厳しく、僧侶は結婚を許されず肉を食べない禁欲的な生活を送るのに対して、浄土真宗では僧侶の髪形も自由で結婚も許されています。

浄土宗の葬儀の流れ

浄土宗のお通夜

浄土宗のお通夜は、他の宗派のお通夜と特に変わりません。葬儀の前日に開かれて、故人とのお別れを惜しみます。故人は北枕に寝かせて、顔には白い布を、胸元には守り刀を置きます。

線香を絶やさないように気を配りながら、弔問客を迎え入れる準備をします。お通夜には僧侶に枕経(まくらぎょう)を唱えていただきます。その間、遺族は喪服を着て着席します。

枕経という呼び名から、故人が亡くなってすぐに読んでもらわなわなくてはならないと思われている方もいるようですが、そんなことはありません。

枕経とは、この世を去りあの世へ行くために読まれる経で、何ら特別なお経ではありません。そのためお通夜のできる体制が整ってから、僧侶に来ていただいて枕経を読んでいただいても問題はありません。

葬儀式の流れ

浄土宗の葬儀は、故人が仏の弟子となり、仏に守られながら極楽浄土へと導かれて往生するための儀式です。

法要のときと同じく「序分」「正宗分」(しょうじゅうぶん)「流通分」(るつうぶん)という3つの段階があり、故人が仏の弟子となるための「授戒」と仏の教えを導く「引導」が行われます。

それでは、具体的に葬儀式の流れを見ていきましょう。

序分:御仏をお迎えする

①入堂(にゅうどう)
僧侶に入場していただきます。

②香偈(こうげ)
お香を焚いて、心を静めます。

③三宝礼(さんぽうらい)
仏・法・僧の三宝に礼をします。

④奉請(ぶじょう)
諸仏の入場をお願いします。

⑤懺悔偈(ざんげげ)
迎えた仏に自己の罪を懺悔をします。 正宗分:御仏のお話を伺う

⑥転座(てんざ)と作梵(さぼん)
ここまでは僧侶や参列者は本尊に向かって体を向けていましたが、この「転座」で体を棺に向けます。その際に「作梵」と呼ばれる梵語の四智讃を唱えます。

⑦下炬引導(あこいんどう)
前述した「下炬引導」を行います。

⑧弔辞(ちょうじ)
弔辞や弔電が読まれます。

⑨開経偈(かいきょうげ)
これから経文を読みにあたり、故人が御仏の教えを体得できることを願うために行われます。

⑩誦経(ずきょう)と焼香
阿弥陀経の「四誓偈」か「仏身観文」が読まれます。この間に、参列者は焼香をします。

⑪摂益文(しゅうやくもん)
念仏を唱える者は阿弥陀仏の光明に照らされて利益を得られるという意味の偈文が読まれます。

⑫念仏一会
僧侶とともに参列者一同が御仏に感謝して「南無阿弥陀仏」と念仏を複数回唱えます。またこの間に複座して、体を本尊に向けます。

⑬回向(えこう)
故人の霊に念仏の功徳を捧げます。

⑭総回向(そうえこう)
念仏の功徳一切を受けて、故人の往生の願います。 流通分:御仏を送り出す

⑮総願偈(そうがんげ)
御仏の人々を救い、極楽浄土の願いが広大であることを意味する偈文が読まれます。

⑯三身礼(さんじんらい)
阿弥陀仏の3つの功徳を讃えて帰依を表明します。3つの功徳とは、阿弥陀仏の人々を救済するために悟りを開いたこと、人々を救済しようという御心、極楽浄土に導いてくれることです。

⑰送仏偈(そうぶつげ)
お迎えしていた御仏を仏が本来いた本国へと送るための偈文が読まれます。

⑱退堂

⑲最後の対面
遺族や親族は、故人と最後の対面をします。

⑳出棺
棺に蓋をしてくぎを打ち、棺を数人で霊柩車まで運びます。その後、喪主や親族、遺族などが同行して、火葬場へ向かいます。また出棺前に喪主、または親族の代表者が参列者に挨拶を述べることがあります。

浄土宗の告別式

告別式とは、故人の友人や知人が故人に最後のお別れをするための儀式です。本来は、葬儀式が行われた後、参列者全員で遺骨を墓地に埋葬する前に行われていました。

しかし、最近では参列者の多くの方が火葬場にまでいらっしゃれないため、葬儀式と告別式が同時に行われ、告別式の主な内容は焼香と弔電の代読などになります。

浄土宗の葬儀の作法

浄土宗の葬儀の大まかな流れを見ていただきましたが、続いて葬儀の作法やマナーについても説明します。

数珠の種類と使い方

数珠の種類

浄土宗では「日課数珠」と呼ばれる、二つの輪がつながっている二連の数珠を用います。男性と女性で持つべき数珠は異なり、男性用が「三万浄土」、女性用は「六万浄土」になります。

数珠の持ち方

数珠は、合掌した親指と人差し指のあいだの指の股に数珠をかけ、余った部分は親指の後ろから腕へとかかるようにします。合掌をしないときは、数珠は左の手首にかけておきます。

両掌の間で数珠をこすり合わせて音を鳴らしたり、振り回したりすることのないように注意しましょう。また、数珠は故人にも持たせます。数珠を持たせた故人の手を胸の上で合掌させます。

焼香の作法

焼香の作法には、浄土宗独特の方法はありません。他の仏式の葬儀と同じ作法で焼香をします。

焼香の流れ

焼香は、順番が回ってきたら、香炉の前に進み出て合掌をします。 一礼した後、香合のお香を右手の親指と人差し指、そして中指の3指で香を軽く摘まみ上げます。この手を上に向けて左手を添えて、額のあたりまで持ち上げます。

そして手にした香を香炉の灰の上にくべます。最後に合掌してから一礼して、焼香を終わります。

焼香の回数は3回とは限らない

形式的には焼香の回数は3回とされていますが、1回でも構いません。大切なことは、故人への思いですので、焼香の回数にこだわることなく焼香を済ませましょう。それでも不安な方は葬儀社に事前に聞いても良いでしょう。

香典のマナー

通常は、葬儀出席の受付時に渡すのが一般的ですが、お通夜や葬儀の出席の際に遺族に渡すこともできます。

香典袋の書き方

香典袋の表書きは、水引上の中央に「御霊前」または「御香典」と書きます。水引下の中央にはすこし小さめの字で氏名を書きます。香典袋の裏には、住所と金額を書き入れます。

香典を渡すときの注意点

お通夜や葬儀で香典を渡すときは、受付で氏名の書かれている方を受付に向けて渡します。

お通夜や葬儀に出席できないため香典を他の参列者に託される方がいますが、どうしても手渡しを希望される方は四十九日までに渡せばよいでしょう。。

香典の金額の相場

香典に包む金額ですが、故人との関係性や香典を渡す方の年齢によっても変わってきます。故人の近親者なら1万円~10万円程度です。

ただ近親者と言っても20代なら1万円、30代なら1万円~3万円程度を包みます。会社の関係者や友人なら5千円~1万円程度が相場です。また香典を持参するときは、袱紗に包んでいくのが一般的です。

葬儀に参列時の持ち物や服装

遺族は正喪服か準喪服を着用

遺族や近親者、並びに葬儀委員長や世話役代表は、本式の喪服を着用します。洋装なら、男性の正喪服は黒のモーニングコートに、黒地にグレーのストライプの入ったズボン、白いシャツに黒無地のネクタイです。

しかしダブルかシングルを問わず、ブラックスーツの準喪服も一般的です。靴や靴下は黒で揃えて、金具などが目立たない靴を選びましょう。

女性の場合は、黒のスーツかワンピース、アンサンブルです。光沢がなく、肌の露出を控えたデザインにしましょう。ストッキングは黒で、靴も黒で揃えます。バッグも同様に、光沢のない黒いものを選びます。

アクセサリーは結婚指輪以外は身に着けません。真珠や黒石ならばいいと言われますが、地域によってはそれらのアクセサリーもよくないこともあるので、身に着けないほうが無難です。

子供の服装

子供や学生は、制服を喪服として着用できます。もしも制服がなければ、ダーク系の洋服を着て、右腕には腕章を巻くか胸に喪章か黒いリボンをつけるようにします。

一般参列者の服装

一般参列者は略式の喪服でも構いません。男性ならダークカラーのスーツに白いワイシャツ、そして黒無地か黒の織り柄のネクタイを身につけます。光沢のある素材の物は避けて、靴や靴下も黒で統一します。

女性の場合は、ダークカラーのワンピースやスーツであれば、ストライプなどの柄の入った洋服でも失礼に当たりません。

パンツスーツも略喪服として認められています。肌の露出を控えて、派手にならないように配慮します。

浄土宗の葬儀のお供え物の送り方

故人を悼み、故人や御仏に感謝の意を表すためにお供え物として「供物」(くもつ)や「供花」(きょうか)を送ります。

故人と親しかった方や親族、近親者などが送りますが、浄土宗特有の供物や供花の送り方はありません。そこで一般的な仏式の葬儀での供物・供花の送り方をご紹介します。

供物の内容

供物は肉や魚などの生ものを避けるのが仏式に限らず葬儀でのマナーです。それ以外の物ならば基本的には供物として送ることができます。供物として一般的なものは、線香やろうそく、菓子、果物や缶詰などです。また、故人が好きだったものを供物として送ることもできます。

供花は、ユリや白菊、カーネーションなどが生花が一般的な供花ですが、ここでも故人の好きだった花を送ることができます。

供物・供花の辞退があったら受け入れる

葬儀の案内に「供物などはご辞退申し上げます」などと供物を遠慮する案内がされているときは、施主の意向を汲んで、供物や供花を送りません。その代わりとして香典を送ることができます。

香典と供物・供花は同じ意味になるので、供物を送れない場合は香典を送ることができます。

供物を並べる際の順番

供物や供花を並べる一般的な順番は、祭壇の脇から近親者、友人、知人、関係者の順で供物を飾ります。職場の社長など地位の高い順ではなく、あくまで故人との関係性によって供物を並べます。

供物を送るときの注意点

送られた供物や供花は葬儀場内の祭壇のそばに飾られるため、供物が大きい場合は、葬儀関係者に事前に供物を送ってもいいかどうかを確認します。その際、供花に関してだけは、送り主の名札だけを残し、祭壇にその供花を充当することも可能です。

また、葬儀に間に合うように供物が届けられるように手配し、のし紙は弔辞用のものを使います。

浄土宗の葬式費用の相場

仏式の葬儀の費用の相場は、約200万円と言われています。しかし葬儀の規模や参列者の数などで必要とされる費用は大きく変わります。 そこで葬儀費用の内訳を解説して、浄土宗での葬儀費用として必要となるお布施について解説します。

葬儀費用の内訳

葬儀費用の内訳は、祭壇や棺を含む葬儀一式の費用、接待飲食費用、そしてお布施などの謝礼費です。

葬儀一式費用の中でも、祭壇についてはを白木か花祭壇にするかで、費用も大きく変わってきます。 接待飲食費用は参列者の数によって変わってきます。

全国的な平均は、一人につき3千円~5万円と言われています。

浄土宗のお布施の相場

お布施の相場

地域差もあるのですが、お布施の相場は15万円~20万円程度です。戒名料はまた別で、その金額は10万円からはじまり100万円を超えることもあります。

また、お車代として別途5千円~1万円をお渡しすることもあります。

お布施の渡し方

お布施袋には表書きに「御布施」と書き、葬儀式前の挨拶のときか、葬儀後のお見送りの際などのお礼を言うときに渡します。小さなお盆の上に袱紗を乗せて、その上にお布施を置いて渡します。

浄土宗の葬儀に送る弔電

訃報を受けても弔問に訪れることができないときや、葬儀式に出席できないときなどに送られるのが弔電です。

弔電はインターネットや電話で申し込みをすることができます。そこで、弔電を送る際の気をつけることから例文までご紹介します。

弔電は通夜や葬儀の前日までに送る

弔電は通夜や葬儀の前日までに先方に着くように手配するのがマナーです。

あて名は喪主になりますが、企業や団体などが通夜や葬儀を手配する場合は、その葬儀責任者や主催者宛てに弔電を送ります。差出人名はフルネームにして、故人との関係をわかりやすく書きます。

また弔電は形式的なものですから、後日時間を作って改めて弔問するようにします。

弔電を打つ時の留意点

故人の名前は敬称を使う

故人への敬意をこめて、故人の名前は敬称を使います。

実父ならば「ご尊父様(ごそんぷさま)」や「お父様」、実母なら「ご尊母様(ごそんぼさま)」や「お母様」です。

忌み言葉は使わない

忌み言葉(いみことば)とは、避けるべき言葉です。たとえば「重ね重ね」など1つの言葉を連続して使う表現や、生死を表す言葉。また「四」や「九」など死を想起させるような言葉は使わないようにします。

遺族に不快な思いをさせないように配慮しましょう。

浄土宗以外の宗教用語を入れない

浄土宗の教えに則った通夜や葬儀式に送られる弔辞に、別宗教の言葉が入っていては弔電を受ける方に対して失礼です。

また、親族が知らないようなプライベートな話題を弔辞に盛り込むべきではありません。これは、後々トラブルになることを避けるためです。

弔電の例文

弔電に用いられる一般的な例文には下記のようなものがあります。送られる故人との関係などから弔電の内容は変わりますので、参考までにご覧ください。

「謹んで哀悼の意を表します」
「○○様のご訃報の折、心からお悔やみ申し上げます」
「当然の訃報を受け、驚きのあまり言葉がありません。○○様には大変にお世話になり、痛惜の念を禁じえません。心よりお悔やみを申し上げ、安らかにお眠りになられることをお祈り申し上げます」

最後に

浄土宗の葬儀では、故人を懐かしみ、悼み、そして「南無阿弥陀仏」と念仏を唱えて故人を極楽浄土へと導くために行われます。「念仏一会」や「下炬引導」という特別な儀式を考慮をしたうえで、通夜や葬儀の準備を進めましょう。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応