葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
通話
無料
0120-99-1835
利用規約に同意の上お電話ください。
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 神道は戒名がない?諡(おくりな)のつけ方も紹介します

葬儀の知識

神道は戒名がない?諡(おくりな)のつけ方も紹介します

神道は戒名がない?諡(おくりな)のつけ方も紹介します

墓石や位牌に刻まれた戒名を目にしたことがある人は多くいるでしょう。戒名は仏教徒に授けられる名前です。 それでは仏教ではなく、神道を信仰されている方が亡くなった場合はどうなるのでしょうか。

戒名とは意味合いが異なりますが、神道では諡(おくりな)が授けられます。 今回は神道における諡について解説してまいります。

神道では戒名はつけない

仏教では戒名、神道では諡を授けられることになるわけですが、そもそも戒名とは何を意味するのでしょうか。

戒名は仏教徒が授かる名前

戒名は、仏教徒になる証として授かる名前を意味します。亡くなってからではなく生きているうちに仏門に入り、その際戒名をつけてもらうことが本来の形です。 お坊さんはもちろんのこと、一般の方でも生前に戒名を頂く方はいらっしゃいます。

しかし、現実的にはほとんどの方が亡くなった後、戒名をつけてもらうことになります。 亡くなってから戒名をつけるのは、仏教で葬儀を行うために仏教徒である体裁をまず整える必要があるためです。

神道の葬儀では諡を授かる

「戒名」は仏教用語です。上記のように戒名は仏教徒が授かる名前であり、神道では戒名を付けることはありません。 神道では諡を授かります。

戒名が本来であれば生前に授かる名前であるのに対して、諡は死後に授かる名前であることが大きな違いです。諡とは一体何を意味するのでしょうか。次章で詳しく触れます。

神道の諡(おくりな)とつけ方

ここでは諡について、そもそもの意味や付け方などについて紹介してまいります。

諡(おくりな)とは

神道において故人の名前は「生前の本名+諡+命」となり、諡は「諡号(しごう)」「諡名(おくりな)」「零号(れいごう)」「神号(しんごう)」と呼ばれることもあります。

神道では亡くなった方は、残された家族など子孫や家を守る神様になると考えられているので、諡は故人を神様として敬い称えるための敬称を意味しています。

たとえば、鈴木太郎という方が亡くなった場合には「鈴木太郎大人命(すずきたろううしのみこと)」という名前になり「大人」の部分が諡です。 また「生前の本名+諡+命」全体のことを指して諡と呼ぶケースも見られます。

諡のつけかた

諡は誰かに依頼してつけてもらうものではありません。生まれた時に両親からつけてもらった名前をそのままに神となり、私たちの側にいてくれるという考え方です。 ただし、諡は亡くなった年齢によってさまざまに分類されています。

男性の諡の分類

下記は男性における年齢別の諡を一例として示しています。

・3歳まで :嬰児(みどりご)
・6歳まで :稚郎子(わかいらつこ)、稚児(ちご)
・15歳まで:童男(わらべ)、郎子(いらつこ)
・19歳まで:彦(ひこ)、郎子彦(ひこ)
・40歳まで:郎男(いらつお)
・70歳まで:大人(うし)
・70歳を超えると翁(おきな)

女性の厳密な諡の分類

下記は女性の年齢ごとに定められた諡の一例です。

・3歳まで :嬰児(みどりご)
・6歳まで :稚郎女(わかいらつめ)、稚児(ちご)
・15歳まで:童女(わらめ)
・19歳まで:姫(ひめ)
・40歳まで:郎女(いらつめ)
・70歳まで:刀自(とじ)
・70歳を超えると媼(おうな)

現代では大きく分類されることが多い

上記で男女、年齢別における諡の分類を紹介いたしましたが、最近はもっと簡略化し大きく分類している神社もあります。 たとえば、大人の男性で大人、女性は刀自、子供であれば男子で彦、女子で姫という分類のみのケースです。

諡にお布施はかからない

仏式の葬儀の場合、いただく戒名の階級によってお布施の金額が変わると言われています。 しかし、神道では諡に対しての謝礼はありません。 葬儀の時には「祭祀料」を包みますが、それはあくまでも祭儀に対しての謝礼であり、諡に対してではありません。

祭祀料は20万円~30万円と言われています。 ただし神葬祭の場合は、斎主と斎員と言って、宮司さんが複数名で葬儀を執り行い、その人数などによって費用が異なります。 詳しいことは直接葬儀社や神社に問い合わせてみましょう。

神道の位牌や墓の呼び名と諡の記載について

仏教の葬儀では位牌やお墓に戒名が刻印されますが、神道にも位牌に代わるものがあり、お墓も使用します。 ここでは神道式で葬儀を行う場合の位牌やお墓について触れてまいります。

位牌に代わるもの

神道では霊璽(れいじ)という白木の位牌のようなものを用い、通夜のときに故人の霊を霊璽に移す儀式が行われます。 霊璽には諡(生前の本名+諡+命)が書かれます。

たとえば生前の名前が鈴木太郎であれば、鈴木太郎大人命と霊璽に表記されます。 なお霊璽には、神社の宮司に諡を書いていただくことが一般的です。

神道におけるお墓

仏教のお墓には戒名が彫刻されますが、神道では戒名ではなく霊璽と同じように諡(生前の本名+諡+命)が彫刻されます。

また仏教のお墓では「〇〇家之墓」と刻印されている墓石を目にすることがありますが、神道では「〇〇家奥津城」や「〇〇家奥都城」となります。 「奥津城」と「奥都城」は両方とも「おくつき」と読み「~の眠る場所(墓所・墓)」という意味です。

最後に

今回は神道における諡について解説してまいりました。 神道には神道ならではの葬儀のやり方があり、戒名ではなく諡をつけることもそのひとつです。

諡は、神道の考え方に基づき神様として家族や子孫をお守りくださる故人に対して、称え敬う気持ちを表した尊称です。 神道式の葬儀をお考えの方など、今回の内容を参考にしていただければと思います。

葬儀の費用を抑えるためのポイント

葬儀にかかる費用や葬儀内容の良し悪しは、どの葬儀社に依頼するかによって大きく異なります。複数の葬儀社から見積もりを取って内容を比較することで、費用面の負担が少ない、信頼できるベストな葬儀社を見つけることができます。複数社に自分で連絡するのは大変ですが、今は一括見積サービスがありますので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
\ 最安11万円から葬儀社をご紹介いたします /
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応