葬儀のご依頼/ご相談
一括見積なら | 安心葬儀
葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
通話
無料
0120-99-1835
利用規約に同意の上お電話ください。
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 霊璽(れいじ)とは?意味合いや用意の仕方、種類について解説します

葬儀の知識

霊璽(れいじ)とは?意味合いや用意の仕方、種類について解説します

霊璽(れいじ)とは?意味合いや用意の仕方、種類について解説します

「霊璽(れいじ)」は神道式の葬儀を行う際に、亡くなった人の御霊の宿る依り代です。仏教でいうところの位牌に近い神具で、仏壇の祖霊舎に祀られます。

ほとんどの葬儀が仏教の教えに則り行われている今日の日本では、神道式の葬儀で必要となる霊璽の認知度は決して高くはないようです。

本コラムでは、神式葬儀に欠かせない霊璽の基礎知識、霊璽を用意するタイミング、種類や費用相場についてご紹介します。

霊璽(れいじ)とは

霊璽とは具体的にどういったものでしょうか。また、仏教の位牌との違いは何かを確認しておきましょう。

霊璽とは故人の御霊が宿るもの

霊璽(れいじ)は「亡くなった人の御霊が宿るもの」です。霊璽以外に「御霊代(みたましろ)」「霊代(たましろ)」などの呼び方もあります。

神道と仏教とでは亡くなった人に対する考え方が異なるため、正確なたとえではありませんが、イメージとしては仏教でいうところの位牌に当たります。形状も位牌とよく似ています。

亡くなった人は、49日を経て成仏するというのが仏教の教えですが、神道ではその家の祖霊(守護霊)となり子孫を守るとされます。

この考え方は、中国に古くから存在し、儒教によりさらに発展した先祖祭祀文化の影響を受けたものです。 そんな家の守り神である祖霊の宿る依り代が霊璽なのです。

位牌との違い

仏教の位牌には、黒檀や紫檀の色味・質感をそのまま活かした唐木位牌もありますが、一般的なのは漆(または漆調の塗料)で塗られた「塗り位牌」です。

一方、霊璽は上から何も塗らない白木製です。その多くは桧で作られています。

そして、位牌は仏壇にそのまま安置しますが、霊璽には本体と同じ白木で作られた「鞘」と呼ばれるカバーか、金襴で作られた「錦覆(にしきおおい)」をかぶせます。

神聖な存在である祖霊は、目に触れないようにすべきと考えられているためです。

この覆いは、仏教の法要に当たる例祭や、お盆に当たる中元祭(盆祭)で外されることもありますが、基本的には常にかぶせたままとします。

また、霊璽の前側には鏡が必要です。自らの心を省みる、心眼をもって神様に向き合う、悪霊をはね返すなどの理由からといわれています。

錦覆には前面に鏡がつけられているものが多くありますが、白木製の鞘のように鏡がつけられていないタイプの覆いであれば、別途用意した鏡を霊璽の前に置くようにします。

霊璽を用意するタイミングと霊号とは

霊璽はどのタイミングで用意すればよいでしょうか。また、用意する際に書き入れる霊号についても確認しておきましょう。

霊璽は「遷霊祭」までに用意する

故人の御霊を霊璽へと移す儀式として「遷霊祭」があります。遷霊祭は、仏教の通夜に当たる「通夜祭」の中で行われるのが通例で、霊璽はこの遷霊祭のタイミングに必要となります。

つまり、かなり早い段階で準備しなくてはなりませんが、神葬祭(神式の葬儀)を執り行う神職が用意しますので、通常は遺族側で手配する必要はありません。

仏教では一旦、白木製の仮位牌が用意され、四十九日の法要にて本位牌へと切り替えます。一方、霊璽は遷霊祭で御霊を移したものをそのまま祀るのが一般的です。

ただし、仏教の四十九日に当たる五十日祭までは仮の霊璽とするケースも見られ、その場合には五十日祭までに正式な霊璽を用意することとなり、仏式の仮位牌から本位牌への流れと同じになります。

なお、霊璽は仏教でいうところの仏壇に当たる「祖霊舎(御霊舎などとも)」に祀ります。自宅に祖霊舎がなければ、五十日祭までに用意するようにしましょう。

霊璽へ書き入れる霊号とは?

霊号は、諡(おくりな)または諡号(しごう)とも呼ばれ、霊璽に書き入れられます。

仏教の戒名に当たりますが、成仏するために仏弟子となる故人にふさわしい名前を寺院にお願いしてつけてもらう戒名とは異なり、生前の名前(フルネーム)をそのまま使います。

名前に続けて、成人男性なら「大人(うし)」、成人女性なら「刀自(とじ)」といった年齢・性別に応じた称名(たたえな)をつけ、それに「命(みこと)」などの尊称を続けます。

たとえば、男性の安心太郎さんなら「安心太郎大人之命」など。 なお、霊璽の裏面には帰幽日(亡くなった日)を書き入れます。それに加え、故人の生誕日や享年を書き入れる場合もあります。

諡(おくりな)についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事

神道は戒名がない?諡(おくりな)のつけ方も紹介します

神道は戒名がない?諡(おくりな)のつけ方も紹介します

墓石や位牌に刻まれた戒名を目にしたことがある人は多くいるでしょう。戒名は仏教徒に授けられる名前です。 それでは仏教ではなく、神道を信仰されている方が亡くなった場合はどうなるのでしょうか。 ...

続きを読む

霊璽の種類とは

霊璽の形状には、次の2種類があります。

一体型

一人の故人に対し、一つを用意する一体型は霊璽の基本形です。その霊璽しかお祀りしない場合、複数の霊璽があっても祖霊舎内に余裕があるようなら、この一体型が選ばれるのが一般的です。

繰り出し型

先祖代々の複数の位牌を札板に替えたものをまとめられる「繰り出し位牌」があるように、霊璽にも同様の方式の繰り出し型(回出型)があります。

10枚前後の札板を収められますので(つまり10人前後のご先祖様をまとめられる)、霊璽が増えてお祀りするスペースがなくなってきたときに、一体型から繰り出し型へと替える例が多いようです。

また、複数家族の霊璽を一箇所でお祀りするのは避けるべきともいわれてきましたが、社会や家族構成の変化に伴いそうしたケースもどうしても出てくるようになりました。

たとえば、配偶者の実家の家族の霊璽も祀るなど、数家族分の霊璽を預かっている場合にも繰り出し型が便利でしょう。

霊璽の費用相場とは

素地を活かした白木製の霊璽には、桧(ヒノキ)がもっともよく使われ、そのほか檜葉(ヒバ)や欅(ケヤキ)、栓(セン)なども一般的です。

霊璽にかかる費用はそうした素材(桧か栓か、桧なら木曽桧か尾州桧かなど)やサイズ、覆いの材質などによって変わってきますが、相場としては5千~1万円前後です。 高級素材を用いていてサイズも大きめの霊璽になると、2万円台などの例もあるようですが、塗りの施されない白木製ということもあり、飛び抜けて高額なものはほぼ見かけないといってよいでしょう。

まとめ

霊璽とは亡くなった人の御霊の宿る依り代で、神道式の葬儀で利用されます。

仏教でいう位牌と近しいですが、異なる点として、常に覆いをしておくのが基本であることや、位牌によく見られるような漆塗りあるいは漆調の塗料による塗装は施されず、白木で作られていることなどが大きな違いです。

霊璽は、通夜祭と同日に行われる遷霊祭までに準備しなくてはなりませんが、一般的には神葬祭を執り行う神職が用意します。 また、霊璽に書き入れる霊号は、仏教の戒名に当たりますが、生前の名前がそのまま使われます。

霊璽には故人一人につき一つが用意される一体型と、複数名分をまとめて祀る繰り出し型の2種類がありますので、状況に応じて使い分けるとよいでしょう。

費用相場は5千~1万円前後で、中には2万円台のものなどもありますが、飛び抜けて高額な霊璽はほとんど見かけません。

葬儀の費用を抑えるためのポイント

「葬儀にかかる費用」「納得の行く葬儀ができるか」は、どの葬儀社に依頼するかで大きく異なることがあります。

そのとき大事なのは、複数社に見積もり依頼して内容を「比較検討」することです。

「葬儀の費用は高額だと聞いたことがあるので、なるべく費用を抑えたい..」

「相見積もりを取りたいけど、自分で直接複数の葬儀社に問い合わせるのは面倒..」

「初めて葬儀の喪主を務めることになったが、どの葬儀社に依頼したらいいのか分からない..」

そのような方には当サイト「安心葬儀」で、簡単に無料で比較見積もりが可能ですので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら

関連記事

安心葬儀とは?相見積もりを利用するメリット、利用の流れについて

安心葬儀とは?相見積もりを利用するメリット、利用の流れについて

葬儀を依頼する葬儀社の決定は、逝去後数時間以内が大半と言われております。 時間が無い中で決定する必要があるにも関わらず、葬儀には十数万円〜数百万円のまとまった費用がかかる上、葬儀の品質は葬...

続きを読む

安心葬儀 ご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    安心葬儀お客様センター0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。24時間365日対応・通話無料です。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社をご紹介いたします(最大3社)。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください


安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能。ギフト券最大1万円分プレゼント /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。


安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。


安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能。ギフト券最大1万円分プレゼント /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。


関連する記事

  • 死に化粧やエンゼルケアとは?行うタイミングや手順とエンバーミングについても紹介

    死に化粧やエンゼルケアとは?行うタイミングや手順とエンバーミングについても紹介

    死に化粧(しにげしょう)という言葉を知っている人は多いのではないでしょうか。しかし、故人に施す処置(化粧)であること以上に詳しく知る方は少ないと思います。 本記事では、死に化粧とは何か、誰...

    葬儀の知識

  • 葬式での食事はいつ行う?マナーやメニューについても解説

    葬式での食事はいつ行う?マナーやメニューについても解説

    葬式の食事は伝統やしきたりにのっとったものなので、それぞれに意味やルール、マナーがあります。参列者をもてなす喪家は、こうしたことを理解した上で、食事を振舞うことが求められます。 この記事で...

    葬儀の知識

  • 遺体安置までの準備や流れ、費用について解説

    遺体安置までの準備や流れ、費用について解説

    人が亡くなってから葬儀・火葬を行うまでの間、遺体を適切な場所に保管(安置)しておく必要があります。 本記事では、安置するまでの流れ、安置に必要な準備や費用、宗教ごとの安置方法、各安置場所の...

    葬儀の知識

  • 遺体搬送の費用や流れは?海外からの遺体搬送についても解説

    遺体搬送の費用や流れは?海外からの遺体搬送についても解説

    病院で逝去された場合、最初の段階で家族が行うべきことの一つは、遺体搬送を依頼する業者の手配です。 亡くなる場所は日本国内とは限らず、出張先や旅行中など海外で亡くなって、飛行機で遺体搬送を行...

    葬儀の知識

  • 霊柩車とは?寝台車との違いや、霊柩車の手配の方法も紹介

    霊柩車とは?寝台車との違いや、霊柩車の手配の方法も紹介

    告別式が終わった後、棺は霊柩車(れいきゅうしゃ)に乗せられ、遺族に見送られながら火葬場まで搬送されます。 霊柩車といえば、豪華な飾り付けがされているイメージを持っている方が多いかもしれませ...

    葬儀の知識

  • 喪主の挨拶では何を話す?マナーや例文を紹介

    喪主の挨拶では何を話す?マナーや例文を紹介

    喪主は葬儀の主催者であり、遺族の代表者です。ほとんどの場合、故人との関係性が深い人が務めます。そのような立場から、葬儀のさまざまな場面で故人に代わって、あるいは遺族を代表して挨拶することが求めら...

    葬儀の知識

  • 献体をした場合の葬儀とは?費用や葬儀のタイミングも解説

    献体をした場合の葬儀とは?費用や葬儀のタイミングも解説

    自分や家族の死、葬儀についていろいろと調べたり、考えたりする中で「献体」に興味を持つ方もいるのではないかと思います。しかし、献体は望めば誰でもできるわけではありません。 また、遺された家族...

    葬儀の知識

  • 葬儀の案内状の書き方は?マナーや例文を解説

    葬儀の案内状の書き方は?マナーや例文を解説

    葬儀では、さまざまな案内状を送りますが、その内容はタイミングや目的によって変わってきます。 最近では、電話やファックス、メールなどのいろいろなコミュニケーションツールが利用されていますが、...

    葬儀の知識

  • 訃報の連絡方法を詳しく解説

    訃報の連絡方法を詳しく解説

    家族を失って深い悲しみの中にいても、訃報の連絡は迅速かつ的確に行わなければなりません。 本記事では、訃報の連絡の優先順位やタイミング、連絡方法、連絡先、注意点などについて詳しく解説します。...

    葬儀の知識

  • 葬儀場(斎場)の種類と選ぶ際のポイント

    葬儀場(斎場)の種類と選ぶ際のポイント

    葬儀を満足のいくものにするためには、どこで葬儀を行うかという点も重要なところです。昔であれば自宅やお寺で葬儀をすることが一般的でしたが、現在は公営斎場、葬儀社の葬祭ホール、民間の貸し斎場などいろ...

    葬儀の知識

  • 死亡診断書の発行方法は?費用は掛かる?その内容を詳しく解説

    死亡診断書の発行方法は?費用は掛かる?その内容を詳しく解説

    「死亡診断書」とは、読んで字のごとく、死亡を診断する書類であり、人が亡くなった際には法律上で必ず必要となる書類です。 死亡診断書が発行されて初めて法的に死亡が認められることになるため、家族...

    葬儀の知識

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント

安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能/