葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 戒名について詳しく解説

葬儀の知識

戒名について詳しく解説

戒名について詳しく解説

「戒名」という言葉を耳にしたことはあるけれど、具体的に戒名とは何でしょうか? 「亡くなった人に付ける名前」程度に理解している人が大半でしょうが、実はこれでは正解の半分程度です。

戒名とは亡くなった人に付けるための名前というわけではありません。 日本では仏式で葬儀を行うケースが圧倒的多数であり、多くの方が戒名とは無関係でいられません。今回は戒名について詳しく解説してまいります。

戒名とは?

まず、「戒名とは何を意味しているのか」という基本的な点を解説いたします。

戒名とは何か

そもそも戒名とは、仏門を叩き、仏道に生きることを決めた者に対して師匠が弟子に授ける名前です。葬儀の場における戒名は、菩提寺の住職から戒名を授かるのが基本です。 菩提寺の住職が師匠、戒名を授けられる人が弟子という関係になり、住職を通じて仏様(お釈迦様)の門下に入るという意味合いがあります。

なお、戒名を授ける際には、必ず「授戒」と呼ばれる儀式が行われます。仏教の戒律(約束事)を守ることを誓い、仏弟子として認められるのです。

戒名は死後の名前ではない

前項のとおり、戒名は死後の名前というわけではありません。僧侶を含めて、生きているうちに仏門に入り、戒名を授かる人もいます。

分かりやすい例を出すならば瀬戸内寂聴さんがいます。もともとは「瀬戸内晴美」という俗名で作家活動をしていましたが、天台宗僧侶として得度を受けること(=授戒)で「寂聴」と名乗り始めました。

僧侶の職に就いていなくても、一般家庭の人が仏教徒になるにあたって菩提寺の住職から戒名を授かることもあります。このように生きているうちに戒名を付けていただくのが本来の形です。

亡くなってから戒名を授けるのは、仏式の葬儀を行うにあたり、授戒をし、仏教徒としての体裁を整えるためです。 生前のうちに戒名を授かっている人に対しては、葬儀の際にあらためて授戒することはありません。

戒名とは言わない宗派もある

「戒名」という呼び方が一般的ですが、正式には戒名と呼ばない宗派もあります。 たとえば浄土宗、天台宗、真言宗、曹洞宗、臨済宗では戒名と呼びますが、日蓮宗では「法号(ほうごう)」、また、戒律のない浄土真宗では「法名(ほうみょう)」と呼びます。

各宗派の戒名の特徴

まず、戒名の基本的な構成を紹介いたします。多くの戒名は、「院号」「道号」「戒名」「位号」で構成されています。

たとえば「〇〇院▲▲□□居士」と戒名を授けらた場合、〇〇院の部分が院号、▲▲の部分が道号、□□の部分が戒名、居士の部分が位号と呼ばれます。 院号、道号、戒名、位号の全体を指して戒名と呼びますが、本来の戒名は□□の部分だけです。

戒名は宗派ごとに付け方に違いがあります。それぞれの戒名の特徴を見ていきましょう。

浄土宗

浄土宗の場合、道号のうえに誉号(よごう)が付く形が多く見られますが、誉号が入り、道号が付かない場合もあります。 また一番上に梵字「キリーク」(=阿弥陀如来を表す)が1文字付くこともあります。

例) 〇〇院●誉▲▲□□居士

真言宗・天台宗

真言宗、天台宗の戒名は「院号」「道号」「戒名」「位号」で構成されます。ただし真言宗の場合には、一番上に梵字を1文字付けるケースが多く見られます。 梵字は、通常「ア」(=大日如来を表す)という字が入り、小児の場合は「カ」(=地蔵菩薩)という字が入ります。

例) 〇〇院▲▲□□居士

曹洞宗・臨済宗

曹洞宗、臨済宗の戒名も「院号」「道号」「戒名」「位号」で構成されます。 葬儀の際に使用する白木の位牌には、一番上に「新帰元(しんきげん)」と記されていることがあります。これは戒名の一部ではなく、本位牌(黒塗りの位牌)を作成するときには付きません。

例) 〇〇院▲▲□□大姉

日蓮宗

日蓮宗は戒名ではなく法号と言います。 道号の部分について、男性は「法」、女性は「妙」という1文字が入り、他宗派の戒名の部分にあたる部分(日号と言います)には、日蓮の「日」の1文字が入る形式が一派的です。

例) 〇〇院法▲日□居士

浄土真宗

浄土真宗では戒律がないため、戒名ではなく「法名」です。浄土真宗は、他宗派の道号にあたる部分がなく、この部分に男性は「釋(しゃく)」、女性は「釋尼(しゃくに)」という字が入ることが特徴です。 阿弥陀如来のもとでは全ての人は平等という考え方を重視しているため、浄土真宗では階位を示す位号がつきません。

例) 釋□□(男性) 釋尼□□

戒名が用いられるタイミング

一般的に戒名は菩提寺に依頼をして授かります。 最近は菩提寺がない世帯も多く、葬儀や法要の際、葬儀社や仲介業者から寺院が派遣されることもありますが、こうした寺院から戒名を授かることもできます。 戒名が用いられる主なタイミングは次の2つです。

位牌や過去帳に記される

まず葬儀で使用する白木の位牌に戒名が書かれます。白木の位牌に戒名を書くのは寺院の住職です。

地域や寺院によって葬儀のときには白木の位牌を2本使うことがあります。1つは仮位牌で、葬儀後自宅で祀ります。もう1つは野位牌と呼ばれ、埋葬の日にお墓に供えます。それぞれに故人の戒名が書かれます。

葬儀後、白木の位牌は四十九日法要を目途に、戒名が刻印された黒塗りの位牌に代えます。仏教では、四十九日で死者は新しい世界に生まれ変わり、日本の民俗では四十九日で死者は祖霊になると考えられています。白木から黒塗りへ位牌を変えるのは、死者が仏、あるいは先祖の仲間入りを果たしたことを意味し、遺族にとっても1つの区切りとなります。

浄土真宗など一部の宗派や寺院では黒塗りの位牌ではなく、過去帳と呼ばれる帳簿に俗名(生前の名前)や命日、年齢と併せて法名を記します。また、浄土真宗以外の宗派でも、ご先祖様の記録として過去帳を用いることもあります。

墓石に刻まれる

葬儀後、納骨にあわせて墓石にも戒名を刻印します。戒名とあわせて、生前の名前、命日、年齢などを彫刻します。

お墓によっては竿石(「●●家之墓」や「南無阿弥陀仏」と彫られた墓石)ではなく、墓石の傍らに設置された墓誌と呼ばれる石板に戒名を刻印する場合もあります。

なお、生前に戒名を授かっている場合に、実際に亡くなる前であっても墓石に戒名を刻印しておきます。存命中に墓石へ刻印する場合には文字を赤に着色しておきます。

戒名の位(ランク)とは?金額はどのくらい?

仏弟子となって授かる戒名ですが、「位号」と呼ぶくらいあって、戒名には位(ランク)があります。位は、等級、格付け、順位、階位という言葉にも言い換えることができます。

この等級は「院号」と「位号」の部分によって示されます。戒名の等級は、基本的に寺院や社会への貢献度によって決められるものです。

また、葬儀のタイミングで戒名を授かるケースが多く見られますが、このとき納める御布施の金額も戒名の等級によって異なると言われています。 お布施に関する考え方は、寺院や地域によっても大きな差があります。戒名料は不要だと言う寺院もいますし、檀家との話し合いの中で御布施の金額を定額にしている寺院もあります。

ここで明示する相場は、あくまで一般的な葬儀のお布施金額の目安です。この中には通夜と葬儀の読経料とあわせて戒名料が含まれているものとします。くれぐれも参考程度にしてください。まずはお寺に相談しましょう。

信士・信女

信士(しんし、しんじ)は男性、信女(しんにょ)は女性に付けられる位号です。信士・信女は仏教を信仰している人を意味していて、戒名の位の中では標準的な位号となります。 信士・信女を授けていただく場合の御布施は、約20万円~30万円が相場です。

居士・大姉

居士(こじ)は男性、大姉(たいし)は女性に付けられる位号です。信士・信女よりも仏教に対する信仰度や寺院への貢献度が高かった方に対して授けられる位号です。

もともと、貴族や武家など上流階級の家柄の方のみが対象とされた位号といわれています。居士・大姉を授けていただく場合の御布施は、約40万円~60万円が相場です。

院居士・院大姉

院居士(いんこじ)は男性、院大姉(いんたいし)は女性に付けられる位号です。

「院」は建物を表わす言葉で、出家した皇族が寺院に付属して建てた住居を意味しているように、もともとは皇族かその関係者に対してのみ院居士・院大姉は授けられた位号です。

現在は、本堂建立に多大な貢献を行うに匹敵するような功績があった人に授けられる位号という意味合いとなっています。

院居士・院大姉を授けていただく場合の御布施は、約80万円~100万円が相場です。

院殿居士・院殿大姉

院殿居士(いんでんこじ)は男性、院殿大姉(いんでんたいし)は女性に付けられる位号です。院居士・院大姉よりも更に寺院に対する大きな貢献があった方に対して授けられます。

その他、寺院を超えて宗派全体や社会全体に功績があった方にも授けられることがあり、滅多に見ることのない位号でもあります。

院殿居士・院殿大姉を授けていただく場合の御布施は、約100万円~300万円以上が相場です。

戒名の付け方とは?

戒名は誰がどのようにして付けるものなのでしょうか。ここでは戒名の付け方について基本的な部分を解説してまいります。

戒名は誰が付けるものなのか

戒名は原則的に菩提寺の住職か、今後菩提寺としてお付き合いをする寺院の住職に付けていただくものです。したがいまして、本人や家族が自由に好きな戒名を付けられるというわけではありません。

ただし、現実的な葬儀の現場では、菩提寺との付き合いが減ったため、戒名授与のみを行う僧侶や、戒名授与と葬儀だけの付き合いとなる寺院も数多くあります。

戒名の位は誰が決めるのか

前項で戒名の位(ランク)ごとの御布施の金額相場を紹介いたしましたが、戒名の位については原則的に本人や家族が決めるものではなく住職が決めるものです。寺院や社会への貢献度などから住職の判断で戒名の位が決められます。

また、寺院や社会への貢献度の他に、すでに亡くなっている家族や先祖が授けられた戒名の位に合わせる場合もあります。 ここでも原則的にという言い方をしてるのは、本人や家族の希望に添った位の戒名を付けてくださる僧侶や寺院の紹介を行う会社も見られるようになっているためです。

なお、最終的に戒名の位を決めるのは住職ではありますが、戒名の位について希望を伝えることは問題ありません。

御布施の金額によって位が変わる理由

前述のとおり、生前のうちに仏門に入り戒名を授けられることが本来の形です。そして戒名の位は主に寺院や社会への貢献度によって決められるものです。

しかし現代において多くの方は、生前のうちに仏教や寺院に関わることが少なくなり死後に戒名を授与されるケースの方が多いでしょう。 そのため、寺院への貢献度は御布施という金品にとって代わり、その金額の大小が戒名の位に影響してきます。

最後に

今回は、戒名の意味や付け方などについて解説してまいりました。 戒名は、死後に付けられることが多いものの、本来は死後に付ける名前という意味ではないということや、信士・信女や居士・大師など戒名の位などについてお解りいただけたのではないでしょうか。 

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応