葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. お悔やみ電報(葬儀への弔電)の送り方と宛名などのマナーについて紹介します

葬儀の知識

お悔やみ電報(葬儀への弔電)の送り方と宛名などのマナーについて紹介します

お悔やみ電報(葬儀への弔電)の送り方と宛名などのマナーについて紹介します

何らかの理由で葬儀に参列できない場合、お悔やみ電報(弔電)で弔意を伝えるという手段があります。

実際にお悔やみ電報を送る際に、どこに申し込めばいいのか、どのような文を用意すればいいのかなど、詳しい方はあまりいらっしゃらないのではないでしょうか。

今回は、送り方やお悔やみ電報に関するマナーなどについても紹介してまいります。

お悔やみ電報(葬儀への弔電)とは

お悔やみ電報とは、葬儀に参列出来ない場合や自宅などに弔問出来ない場合に、弔慰や遺族に対する想いなどを伝えるために送る電報のことを言います。

葬儀の場に送られたお悔やみ電報は、式中に司会進行担当者によって数通読まれることもあります。

お悔やみ電報は「弔電(ちょうでん)」と呼ばれることもあり、「お悔やみ電報を送る」という表現のほか「お悔やみ電報を打つ」という言い方もされます。

結婚式などお祝いの席へは祝電を送りますが、お悔やみ電報はその反対の意味を持ちます。

お悔やみ電報(葬儀への弔電)の宛先とは

お悔やみ電報の宛先をどうするかについては、一般的なお約束事があります。

送付先の宛名

基本的にお悔やみ電報の宛名は、葬儀の喪主を務める方の名前フルネーム)です。

喪主名が分からないときは「弔電を打ちたいので喪主名を教えてほしい」という内容で、葬儀が行われる会場に問い合わせても問題ありません。

喪主名がどうしても確認出来ない場合には、宛名を「(故人の名字)家ご遺族様」として送ります。

お悔やみ電報の送付先は葬儀会場?自宅?

葬儀・告別式までに間に合うようであれば、開式前には届くように葬儀会場宛に送りましょう。葬儀の際は、届いたお悔やみ電報を霊前(祭壇前)にお供えされる場合が多いようです。

仮に葬儀前に自宅にお悔やみ電報を送った場合、その後遺族が葬儀会場まで持っていくことになります。

葬儀までに届かない場合に限り、遺族の自宅に送るようにするのが無難です。

お悔やみ電報(葬儀への弔電)の申し込み方法とは

お悔やみ電報の申し込み手続きは、インターネットや電話の利用など、いくつかの方法があります。

ここではNTT、郵便局を利用する例を挙げながら、お悔やみ電報を申し込む方法について説明します。

NTTに申し込む場合

NTTでは、D-MAILというサービスの中でお悔やみ電報(弔電)を取り扱っています。D-MAILのサービスを利用し、電話またはインターネットのサイトから申込みが可能です。

お悔やみ電報の申し込みは、電話であれば8時~19時までが受付対応時間となっていて、インターネットのサイトを利用すれば、24時間受付可能となっています。

なお、電話でもインターネットの利用でも19時までに申し込めば、当日中にお悔やみ電報を配達してもらえます。

お悔み電報の料金支払い方法については、クレジットカード払い、電話料金と一緒に支払い、携帯電話料金と一緒に支払い、という3つの方法から選ぶことができます。

D-MAIL

郵便局に申し込む場合

郵便局ではレタックスというサービスを利用してお悔やみ電報(弔電)を送ることができます。

レタックスでのお悔やみ電報の申し込みは、インターネットのサイトまたは郵便局窓口から行います。郵便局窓口の場合であれば開局している時間帯、インターネットのサイトを利用すれば24時間受付可能となっています。

何時までに申し込めば当日配達が可能かという点については、地域や郵便局によって異なりますので、申込み前にインターネットのサイトや郵便局窓口での確認が必要です。

お悔み電報の料金支払い方法については、クレジットカード払い、郵便局窓口での支払いなどがあります。

レタックスは、郵便局窓口ならば切手でも支払いが出来るという点が特徴的です。

レタックス

その他の弔電サービスに申し込む場合

NTTや郵便局の他にもソフトバンクグループの「ほっと電報」やau系列の「でんぽっぽ」など、インターネットの検索サイトで「お悔やみ電報」や「弔電」という言葉で調べれば、複数の弔電サービスがヒットします。

多くの弔電サービス提供会社で、インターネットを通じた申込み方法が主流となっています。

お悔やみ電報(葬儀への弔電)の文章の選び方とは

先ほど紹介しました、NTT や郵便局など多くの弔電サービスでは例文が用意されています。 葬儀会場に届くお悔やみ電報の内容は、この例文がそのまま利用されているものがほとんどです。

お悔やみ電報は、文字数によって料金が変わることが多いので予算を考慮しつつ、また故人や遺族との関係性に適した例文を選べば無難に送ることができます。

自分で考え作成した文章のお悔やみ電報を送ることも可能です。遺族にとっては例文どおりの内容よりも好印象となる場合もあるでしょう。

弔電サービスで紹介されている例文をアレンジするのもひとつの手です。たとえば例文に、個人的、具体的なエピソードを追加することが考えられます。

自分で文章を考え作成したり、例文に文章を追加したりする場合などについては、あまり長文にならないような配慮を行いましょう。

お悔やみ電報(葬儀への弔電)の文例

ここではお悔やみ電報の内容について、ケースごとにいくつかの文例を紹介いたします。

広く一般的に使えるもの 1

●●●●様ご逝去の報に接し、心より哀悼の意を表します。ご家族皆様方のお悲しみをお察し申し上げますとともに、謹んで故人のご冥福をお祈りいたします。

広く一般的に使えるもの 2

●●●●様のご訃報に接し、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。

受取人の配偶者(夫)が亡くなった場合

ご主人様のご逝去の報に接し、ご家族の皆様におかれましてはさぞやご心痛のことと拝察いたします。謹んでお悔やみ申し上げますとともに、故人のご冥福をお祈りいたします。

受取人の配偶者(妻)が亡くなった場合

御令室様のご訃報を受け、驚きと悲しみにたえません。在りし日のお姿を偲び、安らかにご永眠されますことをお祈り申し上げます。

親しい友人・知人が亡くなった場合

●●●●様のご訃報に接し、突然のことで驚くばかりです。ご家族皆様方のお悲しみもいかばかりかとお察しいたします。親しいお付き合いをしてくださったことに感謝を申し上げつつ、謹んでご冥福をお祈りいたします。

受取人の実の父が亡くなった場合

御尊父様のご逝去を悼み、心より哀悼の意を表します。

受取人の実の母が亡くなった場合

御母堂様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心よりご冥福をお祈りいたします。

受取人の義理の父が亡くなった場合

ご岳父様のご逝去を悼み、ご遺族様の心中をお察しいたします。ここに謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

受取人の義理の母が亡くなった場合

ご丈母様のご逝去の報に接し、心から哀悼の意を表し、安らかにご永眠されますようお祈り申し上げます。

会社関係の方が亡くなった場合

貴社●●●●様のご急逝の報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。ご功労に敬意を表しますとともに、謹んで故人のご冥福をお祈りいたします。

故人がキリスト教を信仰されていた場合

●●●●様ご逝去の報に接し、生前のご厚誼に感謝しますとともに、安らかな眠りにつかれますよう心よりお祈り申し上げます。

お悔やみ電報(葬儀への弔電)を送る際の注意点

お悔やみ電報を送るときに注意すべき点についても確認しておきましょう。

お悔やみ電報を送るタイミング

先の項目でも少し触れましたが、お悔やみ電報の宛先は葬儀会場とし、おそくとも葬儀・告別式の開式に間に合うように送ることが基本です。

故人の呼び名

お悔やみ電報において故人に対する敬称は、宛名の方(基本的には喪主)と故人との関係性で変わってくるので注意が必要です。 下記は宛名の方から見た主な続柄ごとの敬称です。

  • 実の父: ご尊父(そんぷ)様、お父様、お父上
  • 実の母: ご母堂(ぼどう)様、お母様、お母上
  • 義理の父: ご岳父(がくふ)様、お義父様
  • 義理の母: ご岳母(がくぼ)様、ご丈母(ごじょうぼ)、義母様
  • 両親: ご両親様
  • 夫: ご主人様、旦那様
  • 妻: ご令室(れいしつ)様、奥様
  • 祖父: お祖父(じい)様、ご祖父(そふ)様、祖父君(おじぎみ)
  • 祖母: お祖母(ばあ)様、ご祖母(そぼ)様、祖母君(おばぎみ)
  • 兄: 兄上様、ご令兄(れいけい)様、お兄様
  • 姉: 姉上様、ご令姉(れいし)様、お姉様
  • 弟: ご令弟(れいてい)様、弟様
  • 妹: ご令妹(れいまい)様、妹様
  • 息子:ご子息(ごしそく)様、ご令息(れいそく)様
  • 娘:ご令嬢(ごれいじょう)様、ご息女(ごそくじょ)様

忌み言葉、重ね言葉、音が良くない言葉を避ける

葬儀などの弔事では不幸や不幸の繰り返し、不吉、不運、死、苦しみを連想させる言葉の使用は避けることがマナーであり、お悔やみ電報を送る際も同様です。

忌み言葉の例

浮かばれない、迷う、くれぐれ、またまた、再三、九(苦)・四(死)など

故人のプライベートに関することは避ける

故人にとってオープンにされたくない事柄があるかもしれませんし、弔電では故人のプライベートに関わる内容は避けることがマナーです。

お悔やみ電報(葬儀への弔電)の費用相場

お悔やみ電報を送ると、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。 お悔やみ電報の料金は、主に文字数と台紙の種類によって変動することが一般的で、お悔やみ電報の費用相場は、個人的に送る場合、約2,500~3,500円です。 仕事上のお付き合いで会社としてお悔やみ電報を送る場合は、3,000円~5,000円が費用相場となっています。 安く済ませる場合でも約1,000円~1,500円程度は必要となります。 なお文字数による料金の変動の例として、NTTの場合には通常料金として次のように文字数に応じた設定となっています。

  • 25文字までは 660円(税抜)
  • 26~30文字 750円(税抜)
  • 31~35文字 840円(税抜)
  • 36~40文字 930円(税抜)

最後に

今回はお悔やみ電報に関するマナーなどについて紹介してまいりました。

お悔やみ電報は、たとえば大切な知人がお亡くなりになり、葬式に参列したいのに参列できないというような、哀悼の気持ちを伝えるために利用するケースがほとんどでしょう。

御不幸ごとということで、送り先のご家族も心情的に過敏になられていることも考えられますので、お悔やみ電報は適切な配慮とともにマナーを守って送ることが大切です。

お悔やみ電報を送る際には今回の内容を参考にしていただければ幸いです。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応