葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 宗教・宗派別葬儀
  3. キリスト教のお葬式で準備することは

宗教・宗派別葬儀

キリスト教のお葬式で準備することは

キリスト教のお葬式で準備することは

キリスト教のお葬式に参列されたことはありますか?

仏教で行われるお葬式が圧倒的に多いため、仏教のお葬式は参列経験があるけれど、キリスト教のお葬式は参列したことがないという方も多くいらっしゃると思います。

したがいまして、いざキリスト教でお葬式を行ったり、参列するといった立場になったとき、どうしたら良いか困ってしまうのも当然です。

そこで、キリスト教で行うお葬式の流れや費用など、知っておいた方がよいことをお伝えしていきます。

キリスト教の葬儀とは

キリスト教の葬儀は、故人や家族がキリスト教を信仰している場合に、キリスト教の教えに基づいて行われるお葬式です。キリスト教で行われる葬儀には、主に次の特徴があります。

カトリックとプロテスタント

仏教に色々な宗派があるように、キリスト教でも教義の解釈の仕方などの違いから、いくつかの宗派(教派とも言います)に分かれています。

そのうち2大宗派がカトリックプロテスタントであり、葬儀に対する考え方ややり方にも違いがあります。

キリスト教の葬儀の内容

キリスト教の葬儀は、主に聖書の朗読、司祭者による説教、讃美歌や聖歌の合唱、祈りを中心に行われます。

焼香ではなく献花

仏教の葬儀では焼香ですが、キリスト教の葬儀では献花が行われます。 (一部、通夜時のみ焼香を行う教会もあります)

葬儀の流れが危篤時点から始まる

仏教では亡くなってから寺院に連絡を行いますが、キリスト教の場合には危篤の時点で教会に連絡を行い、病床に神父または牧師にお越しいただくところから葬儀の流れが始まります。

病床に神父または牧師にお越しいただくのは、祈りを捧げていただき、死を迎える準備をするためです。

お悔やみの言葉は要らない

キリスト教では人の死について、永遠の安らぎを手に入れることであり、祝福すべきこととされます。そのため「この度はご愁傷様でございます」というようなお悔やみの言葉は言わないことがマナーとなっています。

キリスト教の葬儀の流れ

キリスト教で行う葬儀はどのような流れで進むのでしょうか。ここではカトリックとプロテスタント、それぞれに葬儀の流れを見ていきます。

カトリックの場合

葬儀は、大きく分けて「入堂式」「葬儀ミサ」「告別式」の3つで構成されます。カトリックでは儀式、形式を守ることが重要視されているのです。

なお、カトリックでは洗礼を受けた教会を葬儀会場として使用することが一般的で、参列者の人数にもよりますが、約60分~90分をかけて行われます。

入堂式

  • 入堂聖歌が流れる中、司祭(神父)が教会に入ります
  • 司祭が柩に聖水を注ぎます
  • 司祭が祭壇と柩に献香を行います
  • 司祭により開式の辞が延べられます

葬儀ミサ

「言葉の典礼」「感謝の典礼」という2つの儀式が中心です。

  • 言葉の典礼では、司祭により聖書の朗読、説教が行われ、最後に司祭、参列者全員で祈りを捧げます。
  • 感謝の典礼では、遺族がパンとぶどう酒を祭壇に捧げることから始まります。

次に、捧げられたパンとぶどう酒がキリストの体と血に見立てられ、司祭が信者(洗礼を受けている信者)にパンを分け与える聖体拝領(せいたいはいりょう)という儀式が行われます。

聖体拝領は、キリストと一体となり、またキリストと同じように死からの復活を願うものとして重要な儀式です。

  • 言葉の典礼と感謝の典礼の後、最後に聖歌の合唱、祈りが行われます。

告別式

この部分はカトリックとしての儀式というよりも、地域の慣習になぞらえて行われる性質のものです。

聖歌の合唱、弔辞弔電、献花などが行われた後、柩の蓋が開けられて故人と最期のお別れの時間となります。

出棺

参列者に見送られて、霊柩車を先頭に火葬場へと出発します。

プロテスタントの場合

プロテスタントは様々な宗派に分かれていて、宗派ごとに葬儀の行い方や考え方に違いがあります。

また、カトリックでは儀式や形式に重きを置きますが、プロテスタントはカトリックほど儀式や形式に縛られることがないため、教会によっても葬儀の行い方に違いが生じています。

ここでは一例として流れを紹介いたします。カトリックと同じく参列者の人数により前後するものの、約60分~90分かけて行われます。

カトリックは大きく分けて3部構成となっていましたが、プロテスタントでは葬儀告別式がひとつの流れの中で行われることが特徴のひとつです。

また、プロテスタントでは洗礼を受けた教会を葬儀会場として行うこともあれば、葬祭ホールや自宅や集会場など様々な場所で行われることも特徴です。

葬儀告別式

  • 牧師入場
  • オルガン演奏、賛美歌
  • 聖書朗読、祈祷、説教
  • 賛美歌
  • 献花
  • 弔辞弔電
  • 祈祷
  • お別れ(棺の蓋が開けられ故人との最後のお別れを行う)
  • 遺族親族代表挨拶
  • 出棺

以上、カトリックとプロテスタント、それぞれの葬儀の流れを紹介いたしました。それぞれ行うことは同じであっても言い方が異なる部分があります。

カトリックは「神父」「聖歌」であり、プロテスタントでは「牧師」「讃美歌」という点は覚えておくとよいでしょう。

キリスト教の葬儀に掛かる費用

仏教や神道で行う葬儀と比べてキリスト教の葬儀では、教会の指示により祭壇や式場の装飾が簡素となる場合が多いため、葬儀費用は若干安く済むことが一般的です。 特にカトリックではその傾向が強くあります。

費用の相場

キリスト教の葬儀と言っても、家族葬や一般葬などお葬式の形態や規模により、かかってくる費用は異なります。ここではお葬式の形態ごとに、キリスト教で行う葬儀費用の相場を紹介いたします。

家族葬

約45万円~90万円が家族葬の費用相場です。

仏式でいう飲食接待に関する費用がかからない分、一般葬に比べて費用が少なく済みます。また教会の使用料がかからないケースも少なくありません。しかし、仏式で言うところの御香典による収入もありませんので注意が必要です。

一般葬

約70万円~130万円が一般葬の費用相場です。家族葬に比べ、参列者が多いことで会場も広い場所で行うため、祭壇や生花などの費用が上ります。そのうえ、飲食接待や返礼品の費用もプラスされます。

一日葬

約40万円~85万円が一日葬の費用相場です。一日葬は実質的に家族葬と同程度の規模となることがほとんどです。

社葬、合同葬

社葬は会社の規模や参列者数によって大きく変動します。仮に家族親族が30名、従業員が100名、その他一般参列者が100名だとしますと、約180万~300万円が相場となります。

音楽葬

音楽葬の定義は、はっきりしたものが無く、色々なやり方があります。

ただし、キリスト教で行う葬儀の場合には、プロの演奏家を呼んで儀式の前後で音楽の演奏を行うか、通常は教会の人がオルガンを弾くところをプロの演奏家に依頼する程度しか音楽葬という色合いを出せないことになります。

いずれにしましても、キリスト教に基づいて行うお葬式ですから、教会に相談し了承を得たうえで行う必要があります。

プロの演奏家に依頼する料金が加算されますので、費用相場としては例えばオルガン奏者一人を呼ぶ場合でしたら数万円から5万円程度が目安です。複数人数になる場合は、その分費用もかかることになります。

お葬式の形態ごとに費用相場をお伝えいたしましたが、葬儀社、料理屋、返礼品業者の他に、キリスト教で行う場合には教会への御礼も別に用意する必要があります。 教会の使用、神父や牧師、オルガン奏者などへお渡しする御礼の合計で約15万円~20万円が相場です。

キリスト教の葬儀の際の服装

キリスト教の葬儀だからといって、服装のマナーについては仏式や神道で行われる場合と大きな違いはありません。

違いはキリスト教の場合、一般的に和服を着る方はいないということと、仏式で使う数珠は持たないという点だけです。

基本は男性でも女性でも、身に着けるものは黒を基調とし、派手な時計や余計な装飾品は避けるということです。

男性の場合

モーニングコートが正装ではありますが、社葬や特別な家柄で喪主や葬儀委員長を務める場合などを除いて、一般的には紳士服店で販売されている礼服黒無地のスーツが着用されます。

スーツは、シングルでもダブルでもどちらでも構いません。ネクタイ、靴と靴下は黒、ワイシャツは白が基本となります。

女性の場合

黒無地のアンサンブル(ワンピースとジャケット)、ワンピーススーツが基本です。中でもアンサンブルを選択される方が多数となっています。

スーツの場合には、パンツスタイルよりもスカートスタイルの方が無難です。インナーは黒無地のブラウスやカットソーを着用しましょう。

また、結婚指輪はそのままで問題ありませんが、それ以外のアクセサリー類は外します。ただし、アクセサリーでも真珠と黒曜石のみ問題ないとされています。

学生や子供の場合

学生の場合には、礼服があれば着用しますが、持っていなければ制服を着用することが一般的です。制服の無い子供の場合には、黒や紺などダーク系の洋服を着用すれば問題ありません。

キリスト教の葬儀のお花について

仏式の葬儀では焼香ですが、これにあたるものとしてキリスト教では献花を行います

献花のマナー

献花のマナーについてご存知ない方も多いのではないでしょうか。ここでは献花に関する主なマナーについてお伝えいたします。

花の手順

基本的には、遺族、親族、教会関係者や信徒、一般参列者の順に献花が進んでいきます。自分の順番になりましたら、次の手順で献花を行います。

  1. 教会の職員、または葬儀社スタッフからお花を受け取ります。
  2. 左手側に茎の根元、右手側に花びらという向きでお花を両手で持ち、祭壇前もしくは献花台に進みます。
  3. 献花台の前で一礼をします(神に対する礼です)。
  4. 茎の根元を祭壇に向けてお花を捧げます(台に置きます)。
  5. 一礼をして自席に戻ります。

教会によっては献花台ではなく、柩の中にお花を納める場合もありますので、実際には教会や葬儀社の案内に従って行いましょう。

献花に適している花

献花には白いカーネーションが使われることが圧倒的多数です。中には家族の希望により、故人が好きだった花が使用されることもあります。

ただし、故人の好きだった花でも、菊は仏教を想像してしまいますし、薔薇は棘があるので避けられることが一般的です。

また、リンドウなど色素の濃い花は、柩へ多量に納めると火葬する際、遺骨に色が付着する可能性があるので注意が必要となります。

キリスト教の葬儀の御花料

仏教の葬儀では焼香を行うので御香典を用意しますが、キリスト教では一般的に献花であるため、御花料として現金を包みます。

金封の種類について

金封は、百合や十字架が描かれたキリスト教用の不祝儀袋を購入します。蓮の花が書かれた不祝儀袋は仏式用なので避けましょう。もし、適当な不祝儀袋が見つからないときには、白色無地の封筒でも代用可能です。

金額の相場

包む金額は故人や遺族との関係性や、自身の立場や年齢によって異なります。地域によっても異なりますが、御花料の相場を紹介しておきます。

①家族および親族内で不幸があり、葬儀に参列する場合:1万円~5万円

家族および親族内と言いましても、血縁の濃さやお付き合いの程度によって持参すべき金額は変化します。

たとえば実父が亡くなり自分の兄が喪主として葬儀を出す場合には、弟として参列するにあたり、3万円~5万円が相場です。自分から見て叔父や叔母の葬儀であれば、1万円~3万円が相場となります。

②知人や友人の身内で不幸があった場合:5,000円~1万円

特に親しかった相手の場合ほど多く包むことが一般的です。

③近所の家や職場で不幸があった場合:3,000円~1万円

通常は約3,000円~5,000円と考えて良いでしょう。部下の身内に不幸があった場合など、上の役職に立つ身分として御花料を持参するときのみ、1万円と考えるのが相場です。

キリスト教の葬儀の金封の書き方

表書きはカトリックとプロテスタントで異なることがあります。こだわる方は減ってはいますが、黒色薄墨で表書きを書くことがマナーです。

  • カトリック、プロテスタント両者に用いられる書き方
    「献花料」と「御花料」は両方の宗派で使用可能です。

  • カトリック、プロテスタント両者に用いられる書き方

    カトリック:「御花料」「御ミサ料」「御霊前」
    プロテスタント:「忌慰料(きいりょう)」

キリスト教の葬儀の前夜祭

キリスト教の葬儀では、もともと通夜という考え方がありません。しかし、日本で広く浸透している仏教や神道では通夜があるため、慣習にならって日本ではキリスト教でも通夜が行われています。

カトリックでは「通夜の祈り」、プロテスタントでは「前夜式」と呼ばれることが多いようです。通夜の祈りは、「通夜の集い」と言われることもあります。

通夜に行われること

通夜の祈り、前夜式ともに聖書の朗読、神父または牧師の説教、聖歌または讃美歌の合唱、祈祷、献花が行われることが一般的です。

もともと儀式として無かったものであるため、通夜の内容や流れは教会や地域によって様々です。通夜の祈り、または前夜式が終わった後は、仏式の葬儀と同じように飲食の席が設けられることもあります。

飲食の席は、教会の考え方により、遺族親族と教会の関係者だけが集まり、御茶菓子程度で軽く済ませることもあるようです。

一般参列者について

通夜と翌日の葬儀どちらに参列しなければならないという決まりはありません。実態として、他宗教の葬儀と同様に一般の参列者は通夜に参列することが多くなっています。

服装についてのマナーは、葬儀に参列するときと同様です。ただし、職場など出先から急遽通夜に駆けつけるといった場合には、礼服や黒スーツでなくとも、紺やダークグレー系のスーツであれば問題ないでしょう。

その際には、コンビニエンスストアなどで黒ネクタイを購入し着用出来れば、より適切な装いに近づきます。

最後に

今回はキリスト教の葬儀で準備として、流れや費用など知っておいた方がよいことをお伝えいたしました。 キリスト教のお葬式を出す遺族の立場や参列する立場の場合でも、ある程度の流れやマナーは知っておきましょう。

葬儀の費用を抑えるためのポイント

葬儀にかかる費用や葬儀内容の良し悪しは、どの葬儀社に依頼するかによって大きく異なります。複数の葬儀社から見積もりを取って内容を比較することで、費用面の負担が少ない、信頼できるベストな葬儀社を見つけることができます。複数社に自分で連絡するのは大変ですが、今は一括見積サービスがありますので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
\ 最安11万円から葬儀社をご紹介いたします /
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応