葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の種類
  3. 音楽葬とは?式次第や著作権、マナーなど音楽葬で知っておくべきこと

葬儀の種類

音楽葬とは?式次第や著作権、マナーなど音楽葬で知っておくべきこと

音楽葬とは?式次第や著作権、マナーなど音楽葬で知っておくべきこと

お葬式には色々な形態があり、「音楽葬」もそのうちのひとつです。

的に馴染みのあるお葬式スタイルではなく、音楽葬を行う方も多くはありませんが、音楽が好きな方にとってはとても魅力のあるお葬式の形態のようです。

しかし一般的なスタイルではないため、音楽葬のことを詳しく知っているという方は少ないのではないでしょうか。

漠然と音楽葬を希望されている方もいるかもしれませんが、お越しくださる参列者の方々に対して失礼にならないよう知っておいた方が良いこともあります。

そこで今回は、音楽葬について特徴やメリット・デメリットや著作権など全般的に解説してまいります。

音楽葬とは

まずは音楽葬とはどういう葬儀のことを示しているのか知っておきましょう。音楽葬とは簡単な言い方をしますと、その名前のとおり音楽を中心に行われるお葬式のことです。

音楽中心となるため音楽葬は仏教など、何かしらの宗教宗派に基づくのではなく無宗教で行われることが一般的です。ただし、仏教やキリスト教などの葬儀でも音楽葬の要素を取り入れることは可能です。

音楽葬は自由葬の一形態とも言えますし、無宗教で行われることが多いので音楽葬は無宗教葬の一形態と言うことも出来ます。

下記に音楽葬の特徴をまとめました。

音楽葬の特徴

音楽が中心の葬儀

音楽葬は音楽が中心の葬儀形態です。故人の好きだった音楽を流して、故人を追悼し偲ぶという葬儀スタイルとなります。

耳から入ってくる音楽が感情と結びつくことで、参列者の記憶や印象に残りやすい葬儀となる傾向が強いことも特徴です。

音楽の種類

音楽を流す方法には次のようなものがあります。

  • 生演奏…10~20人程度の楽団による演奏
  • 小規模(または中編成)の弦楽団…3~5人程度の小規模楽団による生演奏
  • CD・DVD…CDで音楽を流す方法や、オーケストラなどのDVDを上映
  • 合唱団…合唱団をお呼びするケースもあります。
  • バンド…故人や家族の趣向によってはロックバンドがライブを行うこともあります。
  • 太鼓や笛などの和楽器…その他、琴や尺八など1~3人程度の少人数での演奏が多く見られます。

音楽葬のメリット・デメリット

音楽葬にはメリットとデメリットの両面があります。音楽葬を行う際には両面を知っておき、特にデメリットについてはそれなりの対策を講じておくことが大事です。

メリット

故人の意思を葬儀に反映しやすい

基本的には特定の宗教宗派に捉われることなく音楽葬は行われます。そのため、式の全編を故人の意思に基づいた葬儀にしやすいというメリットがあります。

音楽葬の内容だけでなく、祭壇や飾り付けも宗教的な制約を受けることなく設営することが可能です。

葬儀の参列者も故人のことが印象に残りやすい

人の記憶は感情と5感が同時に働くことで、より強く残ると言われています。音楽葬では、音楽を中心に用いているため感情とともに特に聴覚が働きます。

感情と聴覚が結びつくことで参列者の印象に残りやすい葬儀となり、つまり故人のことを忘れずにいてくださる方が多くなることに繋がります。 

司祭者への御礼がかからない

音楽葬は基本的に特定の宗教宗派に捉われることなく行われるということで、寺院や教会などにお越しいただかないことが多いようです。

寺院や教会などにお越しいただかない分、御布施などの費用がかからないということがメリットとなります。

デメリット

新しい種類の葬儀なので周囲の人が納得しない可能性がある

葬儀を滞りなく行うためには周囲の方々の協力も必要です。施主として音楽葬を希望するのであれば、音楽葬で行うことを周囲の方々に納得をしていただき協力を得ることが必要となります。

しかし、音楽葬は比較的新しい葬儀形態であり、馴染みの無いスタイルであることから、周囲の方々が納得しない可能性があるというデメリットがあります。

(解決策)
可能な限り日頃から音楽葬で行いたいという希望を家族や親族に伝えておくことがポイントです。突然のご逝去で日頃から伝えることが出来なかった場合には、なぜ音楽葬を希望するのかをしっかり説明しておきましょう。

また納得を得られない家族や親族については、その理由をお聞きし、対応策を提案することで理解を得るよう努める姿勢が必要です。

故人の意思で音楽葬を行うという場合には、生前に音楽葬で行って欲しいという希望を遺言書やエンディングノートに記しておいていただくことをお勧めします。

参列者に戸惑いが生じる可能性が高い

音楽葬は参列する機会もなかなか無く、一般的な葬儀スタイルとは言えません。そのため、式の内容や香典などについて参列者が戸惑ってしまう可能性が高くなるというデメリットがあります。

(解決策)
葬儀の案内をする際、音楽葬で行うこととともに式の内容や香典に関することなど出来るだけ丁寧に詳細に伝えることが解決策となります。

多くの方にとって慣れない葬儀形態ですから、音楽葬では一般的葬儀を行う場合以上に細やかな気遣い、心配りが必要です。

音楽葬ができない式場もある

葬儀式場によっては、1つの建物の中に複数の式場を備えているところもあります。他の葬儀に迷惑がかかるため、音楽葬ができない場合もあります。

(解決策)
葬儀社に事前相談して、音楽葬ができる式場を予め把握しておきましょう。また、式場によっては全館貸し切りにしたら実施可能というところもあるので、葬儀社にアドバイスしてもらうのがよいでしょう。

音楽葬の式次第

音楽葬では実際にどのようなことが行われるのでしょうか。ここでは音楽葬の式次第について実例を紹介いたしますので、音楽葬のイメージを膨らませていただければと思います。

音楽葬の式次第の留意点

音楽葬における式次第の実例を紹介いたしますが、音楽葬は定められた式次第というものはありません。したがいまして、音楽葬ごとに式次第は変わってくるものです。もちろん式中に流される音楽も変わってきます。

また、何かしらの宗教宗派に基づいて葬儀を行う中で、音楽葬の色を出す場合には宗教宗派によって相応しくない音楽も存在するという点には注意が必要となります。

極端な例で言いますと、仏式葬儀でキリスト教の讃美歌を流すことは避けた方が良いということです。

音楽葬の式次第(仏式)

下記は音楽葬ではありますが、仏式での葬儀の中で音楽葬の要素を取り入れたケースの式次第事例です。

御通夜

  1. 開式前に式場やロビーに故人の青春時代の歌謡曲をCD音源から編集したものを流す
  2. 通夜開式
  3. 読経
  4. 遺族親族焼香
  5. 一般参列者焼香
  6. 通夜閉式
  7. 会食場、式場、ロビーで通夜開式前と同じように歌謡曲を流す

葬儀告別式

  1. 開式前に式場やロビーで故人の青春時代の歌謡曲をCD音源から編集したものを流す
  2. 葬儀告別式開式
  3. 読経
  4. 遺族親族焼香
  5. 一般参列者焼香
  6. 弔辞として故人の孫たちによるピアノ、ハーモニカ演奏
  7. 読経
  8. 葬儀告別式閉式
  9. お別れの時間
  10. 出棺(故人の好きだった歌謡曲をBGMにしながら)


以上が2日間の式次第となります。仏式葬儀など宗教宗派に基づいて行う葬儀の中で音楽葬の要素を組み入れる場合には、寺院など司祭者に相談し、了承を得ることが必要です。

ときには司祭者の協力もいただくことになりますし、宗教宗派に基づいて葬儀を行う場合には、あくまで司祭者が式進行を司るからです。

音楽葬の式次第(無宗教)

下記は、無宗教で音楽葬を行った場合の式次第事例です。このケースでは通夜に一般参列者を招いて音楽葬として行い、翌日は家族だけで見送り、火葬を行っています。

御通夜

  1. 開式前は式場やロビーに故人の好きだった洋楽をCDで流す
  2. 音楽葬開式
  3. 黙祷
  4. 献奏(故人の音楽仲間によるバンド演奏)
  5. 献花(小規模な弦楽団による洋楽の生演奏を流しながら)
  6. 喪主挨拶
  7. 音楽葬閉式(閉式以降は会食場やロビーに故人の好きだった洋楽をCDで流す)
  8. 会食(一般的葬儀の通夜ぶるまいにあたるもの)

告別式

通夜の翌日は、家族のみでのお別れの時間を作り出棺へ。

この事例では御通夜で献奏としてバンド演奏が3組行われていますが、この部分が地域の合唱団による歌唱であったり、プロの演奏家による生演奏であったりと音楽葬ごとに変化した事例も過去に見られます。

もちろん音楽葬には定められた式次第はありませんので、実際の内容については故人や施主の意向によって自由に決められていきます。

音楽葬のマナー

音楽葬は一般的に広く浸透している葬儀形態ではないため、いざ参列する立場になったときに香典や服装などのマナーについて悩むことがあるかもしれません。

ここでは音楽葬に参列する場合のマナーについてお伝えいたします。参列する場合のマナーは、音楽葬を行う側になった場合でも同様に知っておくべきところでしょう。

自由葬のマナー

香典

音楽葬という形態のお葬式でも、御香典は持参することが一般的マナーです。

表書きと香典袋
「御香典」は、厳密には仏教で行う葬儀で使用する表書きです。ただし、社会通念上、弔意を示す金品のことを「御香典」と呼んでいるため、音楽葬でも用いても失礼には当たらないでしょう。音楽葬の場合には他に、「御霊前」や「御花料」といった表書きとすることが多く見られます。

また香典袋のデザイン的な問題ですが、蓮の花や十字架の描かれたものは特定の宗教を想像させますので避けた方が無難です。

香典の相場
音楽葬であっても、一般的な葬儀と包む金額に違いはありません。香典で包む金額は故人や遺族との関係性や、参列者の立場や年齢によって異なります。地域によっても異なりますが、御香典として包む金額は下記が相場です。

  1. 家族や親族内で不幸があり、葬儀に参列する場合:約10,000円~100,000円
  2. 知人や友人の身内で不幸があった場合:約5,000円~10,000円
  3. 近所の家や職場で不幸があった場合:約3,000円~10,000円

服装

主催者から服装についての指定や案内がなければ、音楽葬も一般的な葬儀に参列するときと同様のいわゆる喪服で参列することがマナーです。

男性であれば、紳士服店などで喪服として販売されているブラックスーツ、白ワイシャツ、その他黒のネクタイ、靴下、革靴が基本です。

女性であれば、黒色のアンサンブルやワンピースを着用し、黒のインナー、黒のストッキング、黒のパンプスが基本となります。

男性も女性も、余計なアクセサリーや派手な時計は外しておくことがマナーです。なお、数珠は仏式葬儀で用います。音楽葬でも弔意の示し方が焼香であれば数珠を用いますし、献花であれば用いません。

もし葬儀の主催者から服装の指定があった場合には、その指定に従った服装を整えます。

音楽葬で良く流される曲

音楽葬で良く流される曲については、故人が生前に好んで聴いていたものを複数選択するという場合が多いようです。その他音楽葬で一般的によく流される曲をジャンルごとで下記に紹介しておきます。

〇クラシック

  • カノン
  • G線上のアリア
  • アベマリア
  • 亡き王女のためのパヴァーヌ
  • レクイエム
  • 別れの曲

〇ポピュラーソング

  • 星に願いを
  • エデンの東
  • サウンドオブサイレンス
  • イエスタデイ
  • レット・イット・ビー
  • マイ・ウェイ

〇日本の叙述曲

  • コスモス
  • 川の流れのように
  • ふるさと
  • 小さい秋見つけた
  • 赤とんぼ
  • 千の風になって
  • 見上げてごらん夜の星を
  • さくらさくら

なお、生演奏以外の場合には、遺族にてCDなど葬儀会場で流す音源を用意して、葬儀社に流していただくという方法が一般的です。

音楽葬を開く際に掛かる予算

音楽葬を行う場合、費用はどれくらいかかってくるのでしょうか。ここでは音楽葬を開く際に掛かる予算的な側面について説明いたします。

音楽葬を開く際に掛かる予算

一般的な葬儀でも同じですが、音楽葬についても規模や内容によって費用は変わってくるため、一概に費用相場を出すことは困難です。

特に音楽葬では、音楽をプロの演奏家による生演奏にするか、CDを流すかなど、どのように音楽を流すのかによって費用が大きく変わります。

参考までに、一般的な葬儀で寺院に関する費用を除いた全国平均は約147万円となっています。音楽葬でプロの演奏家を依頼した場合には、その依頼料金が加算されることになります。

プロの演奏家に依頼する場合の料金は、演奏家のレベルや人数によって変動しますが、おおむね通夜または葬儀告別式の数時間で1人当たり、約5万円前後が目安です。

一般的な家庭で音楽葬を行った場合、2人~4人程度の弦楽団を依頼することが多いので、約10万円~20万円がプロの演奏家に依頼する際に必要な料金相場となります。

プロの演奏家による生演奏を依頼すると費用が高くなりますので、音楽をCDやDVDで流すのであれば費用を抑えることが出来ます。

またプロの演奏家ではなく、知人や地域の音楽サークルなどに演奏を依頼することでも費用を抑えることが可能です。

音楽葬を行う葬儀社を選ぶ際の着目点

故人を充分に偲ぶことの出来る音楽葬、喪主や施主として満足ができ、参列者の方々に対しても失礼のない音楽葬を行うには、良い葬儀写を見つけることも重要なポイントです。

良い葬儀社を見つけるには、どのような点に着目したらよいのでしょうか。

音楽葬を行う葬儀社を選ぶ際の着目点

質問の対応が丁寧かどうか

葬儀は葬儀社にとって日常的なことであるため、なかには質問への対応が粗雑になるスタッフもいるようです。

葬儀社にとっては日常的なことでも、わたしたちにとって葬儀は日常的なことではありませんし、1人の故人に対する葬儀は1回限りのことでやり直しは出来ません。

そこで質問の対応が丁寧かどうかというところは、ひとつの大切な着目点です。どのような質問に対しても嫌な顔ひとつせずに、快く応じてくれるかどうか十分に観察しておきましょう。

解りやすい説明をしてくれるか

葬儀や宗教的な専門用語を連発してくるような葬儀社は、お客様の目線に立てない人だと判断して避けた方が無難です。

専門用語を噛み砕いて、素人にも解りやすく説明するのがプロフェッショナルな良い葬儀社です。

また、遺族が解っていないのに話を前へ前と進めていく葬儀社もいるかもしれません。このようなお客様の解っていない状態を察知出来ない葬儀社も、積極的に避けた方が良いでしょう。

音楽葬の経験が豊富にあるか

音楽葬という葬儀スタイルは、葬儀業界でも取り扱いの多いものではありません。したがいまして、音楽葬をほとんど経験したことのない葬儀社も存在します。

そこで葬儀社に過去の音楽葬の事例をいくつか挙げてもらうことで、経験が豊富かどうかの判断材料とします。やはり音楽葬の経験がたくさんある葬儀社の方が、安心して葬儀を任せることが出来ます。

著作権についても知識があるか

後述しますが音楽葬を行う際には、著作権という問題も絡んでまいります。そのため音楽葬を行うにあたり葬儀社にも著作権の知識が必要です。

音楽葬の相談や依頼をするときに、葬儀社に対して著作権に関する質問をして、はっきりとした回答が返ってくるかどうかも大事な着目点です。

葬儀後のアフターサポートが充実しているかどうか

音楽葬で行ったあとには、一般的な葬儀と同じように納骨やお墓のこと、相続のこと、色々な名義変更など対応しなければならないことが山のようにあります。

これら葬儀後のことに関して丁寧にアフターサポートしてくれるかどうかも、良い葬儀社を選ぶ際のポイントとなります。

音楽葬の著作権

著作権とは、文芸・学術・美術・音楽の範囲に属する創作物に関する著作者が自分の作品(創作物)を独占的に利用できる権利のこと言います。音楽葬では、音楽の著作権が関係いたしますので注意が必要です。

著作権では、著作者以外の人が著作者に無断で音楽を演奏したり複製したりすること禁じていて、音楽の利用がなされた場合、著作者は使用料を得ることが出来ることになっています。

著作権に対する違反行為は刑事罰の対象となり、著作者から使用差し止めだけでなく損害賠償を求められることもあります。著作料の支払いに関して、個々の著作者が音楽使用の許可や料金の収受を行うことは困難です。

そのため日本音楽著作権協会(JASRAC、ジャスラック)という団体が個々の著作者から委託を受ける形で使用料の収受など著作物の管理業務を行っています。

楽葬の著作権の許諾が必要な場合

  • 著作権のある音楽
  • 著作権のある音楽の生演奏

音楽葬の著作権の許諾が不必要な場合

  • 著作者の死後50年を経過している音楽
  • 著作権のないCD
  • 遺族が生演奏する著作権のある曲
  • 著作権のない音楽の生演奏
  • 自宅で音楽葬を行う場合で自宅の音響機器を使って流す場合

音楽葬で使用される音楽は「家族が持ち込むもので葬儀社は家族からの依頼で音楽を流しているだけであれば、著作権は関係無いのではないか」という意見もあります。

しかし、日本音楽著作権協会は家族の持ち込んだ音楽であっても営利企業である葬儀社が流す以上は著作権に該当するという見解です。

これはあくまで日本音楽著作権協会の見解であり、最終的には個々のケースに応じて裁判所の判断に委ねられることになります。

その他音楽葬で著作権のトラブルを避けるためのポイント

  • 音楽葬で使用したい曲が著作権に該当するものかどうか、事前に日本音楽著作権協会に確認を行っておく。
  • 日本音楽著作権協会と契約をしている葬儀社に音楽葬を依頼する。逆に日本音楽著作権協会と契約をしていない葬儀社は、著作権のある音楽について 本来は葬儀で流すことが基本的に出来ません。

最後に

今回は音楽葬について、特徴やメリット・デメリットや著作権など全般的に解説してまいりました。

音楽葬は無宗教葬や自由葬のひとつとして考えられ、内容は自由に決めて行うことが出来る反面、自由だからこそ施主や家族が積極的に主体的に動かなければならないという特徴があります。

そして良い音楽葬を行うためには、音楽葬の経験がある良い葬儀社を見つけることも大切なポイントです。また、著作権のことも認識し確認しながら進めることが必要となります。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応