葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 終活の一環であるエンディングノートの書き方は?書く内容の例も紹介します

葬儀の知識

終活の一環であるエンディングノートの書き方は?書く内容の例も紹介します

終活の一環であるエンディングノートの書き方は?書く内容の例も紹介します

「エンディングノート」という言葉が知られ始めたのは、今から10年ほど前のことです。現在では、終活の一環として一般的に理解されるようになってきました。

しかし、実際にどんなものなのか、どういう内容を記せばいいのかなど、具体的な内容を把握している方は少ないのではないでしょうか。

この記事では、エンディングノートに興味を持っている方や、残したいと考えている方のために、エンディングノートの意義やメリット、書くべき内容や書き方などについてまとめました。

終活の一環であるエンディングノートとは

「エンディングノート」とは、自分の死が近くなった、あるいは亡くなった後の時のために備えて書くノートのことです。

自分自身の人生の記録、交友関係や財産、家族へのメッセージ、終末期医療や葬儀についての希望などをまとめておくことで、残される家族に対して本人しか知らない情報を伝えることができます。

また、エンディングノートを作る中で、自分自身の余生の送り方や最期の迎え方などについて、考え見直すきっかけにもなります。

エンディングノートが広く知られるようになったのは、2011年に同名のドキュメンタリー映画が公開された影響が強いといわれています。

映画の主人公は、末期がんで余命宣告を受け、残された人生を自分らしく生きるため、また後に残る家族が困らないように、ノートに記します。

遺書や遺言書との違い

エンディングノートと混同されやすいのが、遺書や遺言書です。

遺書は自分の思いを記すという点では、エンディングノートに近い部分があります。

しかし、あくまで死を前提として書かれるもので、死期が迫っていなくても書くことのできるエンディングノートとは異なります。

また、エンディングノートは財産について書かれることは少なく、書かれていても法的な拘束力はありません。

一方、遺言書は遺産や相続について、生前に決めた内容を、民法の規定に沿って書面化したものです。遺言書の内容は法律で定められた相続の規定よりも優先されます。

エンディングノートを残すメリット

エンディングノートを記す意義やメリットについて考えてみましょう。

自分の思いを伝えることができる

自分の思いを記して家族に伝えられるのがエンディングノートの大きなメリットです。

例えば、死期を迎えた場合に延命治療はどうすればいいのか、あるいはどんな葬儀を営めばいいのか、家族は頭を悩ますでしょう。

元気なうちに、普段は尋ねにくいこうした内容について、本人が具体的に記しておけば、家族の負担を軽減することが可能です。

さらに、家族や親しい人への感謝の気持ち、生前はなかなか言えなかった言葉も記すことができます。

生前整理ができる

エンディングノートを記す際には、資産の状況、生命保険をはじめとする契約を確認するとともに、これまでの人生も振り返ります。

しかも、市販のエンディングノートを入手して、項目に沿って記入するだけで、自分に関するさまざまなことを、一冊のノートにまとめることが可能です。

このため、元気なうちに身辺をある程度片付けておく「生前整理」の一環にもなります。

また、古い友人の連絡先など、老後になると忘れてしまいがちなことも記しておけば、備忘録としても活用できます。

特に、自分しか知らないような情報は、整理して記入しておくことをおすすめします。

さらに、人生を振り返り、生前整理を意識することで、以降の人生の生き方を考える機会にもなるでしょう。

エンディングノートを選ぶポイント

エンディングノートを入手する方法はいくつかあります。

書店などで購入するのが一般的ですが、インターネットからテンプレートをダウンロードして使用したり、専用のWebサービスやアプリを使って記録するという方法もあります。

ここではそれぞれの方法について説明します。

書店などで購入する

文字を手書きすることに抵抗がない方は、書店などでノートを購入すると良いでしょう。

市販のエンディングノートには、必要な項目がほとんど網羅されているので、何を書くか悩む心配はありません。

さまざまなサイズ、デザインのものがあるので、使いやすいサイズ、気に入ったデザインのものを選んでください。

記入後は、必要な時に家族が見つけやすいよう、エンディングノートの存在と保管場所を伝えておくことが必要です。

代表的なノート

・ コクヨ エンディングノート『もしもの時に役立つノート』

大手通販サイトで、売り上げ第1位の定番。

必要な情報が詳細に書き込めるように項目が整理されています。CDなどの記録メディアを1枚収納できるケースがあるので、画像や動画を残すこともできます。

・ 終活ノート『マイウェイ』

一般社団法人終活カウンセラー協会が制作したノートです。

厳選した内容で、高齢者や白内障の方も見やすいよう、色使いや文字の大きさ、レイアウトなどが工夫されています。

インターネットからダウンロードする

書式(テンプレート)をダウンロードして使用することで、エンディングノートをデジタルデータとして残すことができます。

気軽に書きこむことができるのがメリットですが、何らかの機材トラブルなどでデータを紛失するリスクもあるので、プリントアウトしたものも用意しておくほうが安心です。

また、デジタルデータの場合は、存在自体が家族に知られにくいので、ノートの存在と保管場所、必要ならパスワードも共有しておきましょう。

代表的なテンプレート

・エンディングノート Office スタイル カタログ

マイクロソフトによる公式テンプレートサイトなので、Officeを使用している人なら手軽に使用できます。

30ページの構成で、レイアウトが美しく、機能性に富んでいるのが魅力です。

・エンディングノート無料ダウンロード版 日刊葬儀新聞社

130ページというボリュームのあるノートです。

項目数が非常に多く、それぞれの項目を記入すれば詳細なエンディングノートを作成できます。

Webサービスやアプリを使う

スマートフォンの普及により、エンディングノート用のWebサービスやアプリも登場しています。なかには無料のものもあります。

いつでもどこでも書くことができ、簡単に編集できること、動画なども取り込めるものがあるのもメリットです。

ただし、機材トラブルや通信障害により不具合が生じたり、サービスの終了で使用できなくなったりするおそれもあります。

このため、Webサービスやアプリ選びは慎重に行ない、普段からバックアップを作成してトラブルに備えてください。

万一のとき、家族がエンディングノートの存在を知らない、パスワードがわからなくてアプリにアクセスできないといったおそれもあるので、家族と情報共有しておくことも必要です。

代表的なアプリ

・エターナルメッセージ

家族や友人へのメッセージを動画で保存できる無料のアプリです。

アルバムを作って思い出を残すこともできます。ただし、エンディングノートとしての内容は葬儀関連が主となっています。

・エンディングノート ~絆~

Android端末のみ利用可能なアプリで、無料版と有料版の2種類があります。

シンプルな作りで、エンディングノートに必要な項目はある程度そろっています。

エンディングノートの書き方と内容について

エンディングノートの書き方や内容について、決まった形式があるわけではありません。

ただし、終末期医療の対応や葬儀への希望、友人や知人の連絡先、貯蓄、保険、年金、貴重品についての情報は、整理して記入しておくと残された家族の助けになります

ここでは、一般的な記入内容について種類ごとに見ていくことにします。

自分について

  生年月日をはじめ、本籍地、マイナンバーなど個人情報に関することはまとめて記しておくと、役所などでの手続きがスムーズになります。

また、家系図やこれまでの人生についてなど、若い世代があまり知らないことも記入しておくと良いでしょう。

記入項目の例

生年月日、本籍地、家系図、マイナンバー、経歴、思い出話、人生観、趣味・特技など

身の回りのこと

  ひとり暮らしの場合は、ペットを誰に引き取ってもらうのか決めておく必要があります。ペットの性格や世話をする上での注意点なども書き添えておきましょう。

一方、デジタル関係の手続きを残された家族が行なうこともあります。

携帯電話やパソコン、インターネットのプロバイダの契約、SNSなどについても、アドレスやパスワード、退会手続きなどの操作方法をノートに記しておきましょう。

遺産について

エンディングノートには法的な拘束力はなく、遺産については遺言書が優先されます。

しかし、年金証書、保険証書、介護保険証や健康保険証、通帳と印鑑など、貴重品の保管場所を記しておくと、家族の負担を軽減することができます。

また、遺言書の有無、保管場所と種類(自筆証書、公正証書、秘密証書) 、作成時に依頼した専門家の連絡先についても、明記しておきましょう。

記入項目の例

預貯金、金庫などに保管している現金、不動産、有価証券、貴金属、骨董品などのあるコレクションなど

医療・介護について

病気の末期症状や認知症によって自己判断が難しくなる前に、家族の負担を軽減するために医療・介護についての希望を明記しておきます。

記入項目の例

希望する医療機関及・介護施設、希望する治療方法、延命治療の有無、臓器移植・角膜移植への提供など

葬儀・お墓について

亡くなった後にどういう葬儀を行ってもらいたいか、どのような形でお骨を埋葬してほしいかなど、希望がある場合はその内容を記載しておきましょう。

家族が検討する際の一助になりますので、元気なうちにまとめておくことをおすすめします。

記入項目の例

宗教・宗派、檀那寺、葬儀の形式(一般葬、家族葬など)、喪主、参列者、納骨の方法(墓地への納骨、散骨など)など

家族や親しい人へのメッセージ

一緒に暮らしていてもなかなか言い出せないこと、離れて暮らしている人や長く会っていない人への思いも、ノートに記しておきましょう。

親しい人へのメッセージは、動画にして残すのもひとつの方法です。

連絡先

家族が交友関係のすべてをつかんでいることは、ほとんどありません。

万が一のとき、友人、知人の連絡先を一覧にしておけば、家族の負担は大きく軽減されます。

まとめ

エンディングノートは、より自分らしく残りの人生を生き、終焉を迎える、また、残される家族に余計な負担をかけないようにするために記します。

ノートは専用の市販品を購入するほか、インターネットのサービスやスマホアプリを活用すること可能です。

記入にあたって、自分自身のプロフィール、財産、交友関係などを見直すことで、人生を振り返り、これからの人生を考える機会となります。

また、終末期医療や介護、葬儀や埋葬についての希望、交友関係の連絡先などがまとめてあれば、万が一の時に家族の負担を軽減できます。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応