葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の費用
  3. 生前葬を行う際の費用の相場とは?費用が変動するポイントも紹介

葬儀の費用

生前葬を行う際の費用の相場とは?費用が変動するポイントも紹介

生前葬を行う際の費用の相場とは?費用が変動するポイントも紹介

従前は葬儀について、生前のうちに準備することはタブー視されていましたが、現在は葬儀の生前相談や、自分の死に対する備えを行うことは珍しい事ではなくなりました。 このような価値観や風潮の変化もあり、生前葬に興味を持つ方もいらっしゃいます。

ところが生前葬はまだ一般的に広く行われているものではないため、生前葬に関する情報は得にくいのが実状です。 そこで今回は費用面など生前葬について紹介してまいります。

生前葬とは

生前葬とは「存命中に行う葬儀」のことです。基本的に自分自身が主催者もしくは主催者側の立場となり、自分自身の葬儀を行うことになります。 生前葬を行う理由や目的は様々です。主に次のような理由や目的で生前葬が行なわれます。

  • 職務からの引退や年齢的節目、大病、快復などで人生の区切りをつける為。
  • 感謝の気持ちを直接伝える場を作る為。

なお生前葬を施行しても実際に亡くなった際には、最低限火葬を行うことは必要となりますし、改めて葬儀が行われることもあります。

生前葬のメリットとデメリットとは

ここでは生前葬のメリットとデメリットを紹介いたします。

生前葬のメリット

お世話になった方々に対して直接感謝を伝えられる

自分の死亡後に行われる葬儀では感謝の気持ちを直接伝えることはできませんが、生前葬では可能です。また、仲間同士で思い出を語り合うこともできます。

時間的な制限がない

生前葬では火葬日時を気にする必要がありませんし、遺体の状態が悪くなっていくという問題もないため、日程や時間設定について自由度が高いという面があります。

内容を自由に自分で決められる

生前葬では自分は生きているわけですから、内容を自分で決めることができます。そして準備から生前葬当日までの進捗、結果まで全て自分の目で確認することが出来ます。

生前葬のデメリット

周囲の理解が得られにくい場合も

一般的に広く行われているものではないため、家族など周囲の方々の理解を得ることが難しい場合があります。

参列者が戸惑う可能性がある

生前葬は普段参列する機会が滅多にあるものではなく、また生前葬には定められた形式が無いことから戸惑う参列者が多くなる可能性があります。

亡くなった時にもう一度葬儀を行う場合は更に費用がかかる

実際の死亡後に改めて葬儀を行う場合、重複して葬儀費用がかかることになります。

生前葬の費用相場とは

ここでは生前葬の費用についてお伝えしてまいります。

生前葬の費用相場

生前葬には定まった形式はなく、どのような内容で生前葬を行うかによって費用は大きく変化します。また現在のところ広く一般的に行われているものではないため、費用相場は形成されてはいない状況です。

一例として、ある大手葬儀社の事例では10名程度の生前葬でかかった費用は、約50万円~100万円となっています。

生前葬の費用が変動するポイント

生前葬の費用について、特に影響を与えるポイントを下記に挙げておきます。

招待人数・会場

招待人数に合わせた大きさの会場を用意する必要があり、大きな会場ほど利用料がかかります。また、料理やプレゼントの数量も影響します。

会食の内容

料理の内容、グレードによっても費用は変動します。またコース料理を提供するのか、ビュッフェスタイルとするのかなど会食の形式も費用に影響します。

招待客へのプレゼントの内容

生前葬では参列者にプレゼント(返礼品、記念品)を用意することがあり、プレゼントの内容、金額によって費用が変動します。

招待客の宿泊や交通費など

招待客の宿泊費用や交通費は主催者が負担する場合と、そうでない場合があり、負担をする場合には、その分生前葬の費用に加算されることになります。

生前葬の実例とは

 生前葬をどのような内容にするか、定められた形式はなく自由です。逆の考え方をすれば、定められた形式が無いため、どのような内容にするのか考えなければなりません。

しかし、生前葬の内容を考えると言われても、なかなか難しく感じるでしょう。そこで、生前葬の中で行われた企画や余興などをいくつか紹介いたします。

生前葬での企画や余興などの実例

  • 人生を振り返る映像やスライドなどの上映
  • 主催者、招待客からのスピーチや歓談 ・主催者への贈り物(サプライズで)
  • 会場に主催者や招待客の作品展示(絵画、陶器、生け花など)
  • 生演奏で思い出の曲を鑑賞
  • ビンゴやカラオケなどの余興 ・招待客の見送り、招待客へのプレゼントの贈呈

生前葬の準備とは

生前葬の準備として、主に次の項目が必要です。

  • 家族の理解を得る 生前葬を行うには家族の協力も不可欠です。
  • 生前葬の日程を決める
  • 招待者、招待人数を決める
  • 会場を決める 招待人数に合わせた大きさ、交通の利便性、料理の質などを考慮して決めます。
  • 会食の有無と内容を決める 生前葬の全体的形式として会食形式とするのかセレモニー形式とするのか決めます。セレモニー形式では、セレモニー終了後に会食の席を設けることもあります。
  • 生前葬の内容を考える
  • 業者に見積もりをとる
  • 業者の手配 生前葬を依頼する葬儀社、ホテルなどの業者を手配します。
  • 招待客への連絡 返信はがきを同封した封書で案内をお送りする方法が丁寧です。
  • 招待客へのプレゼントや宿泊などの手配など

生前葬の歴史とは

古いところでは江戸時代の記録に生前葬と見られる記述が残されているようですが、当時生前葬が一般的に行われていたという記録があるわけではありません。

現代において生前葬は1900年代初頭に落語家が「生葬式」という名称で生前葬を行っています。 1993年に芸能界で活躍していた水の江瀧子さんが、生前葬を盛大に行ったことが、生前葬の認知度が高まったきっかけと言われています。

その後、芸能界や経済界などの著名人を中心に、活動の節目となる年や引退などのタイミングで生前葬を行うケースが見られます。

最後に

今回は費用面など生前葬について紹介してまいりました。 生前葬はお世話になった方々に対して、生きている間に自分で直接感謝の気持ちが伝えられるという点が大きな特徴のひとつです。

しかし、一方で生前葬の内容を決めていくところから、自分自身があらゆる準備に関わっていかなければならないという大変な面も存在します。滞りなく失礼なく生前葬を行うためには充分な準備が重要です。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応