葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の種類
  3. 生前葬
  4. 生前葬の流れとメリット

生前葬

生前葬の流れとメリット

昔は葬儀の準備をしておくことは禁忌とされていましたが、昨今は生前のうちに葬儀の準備をしておくことも珍しいことではなくなりました。

また終活ということで自分の最期の時を意識して、より今を充実したものにしようと取り組んでいる方も増えています。このような状況下、生前葬も禁忌とするのではなく、前向きに考え受け止められる時代になってきています。

今回は生前葬に興味をお持ちの方のために、流れやメリットについてお伝えしてまいります。

生前葬とは

生前葬の意味について、具体的にご存知ない方もいらっしゃるかもしれません。まず、生前葬とはどういうものなのか確認しておきましょう。

生前葬とは

生前葬とは、自分自身が生きているうちに行う葬儀のことを言います。

一般的な葬儀では、自分自身は故人として送られる立場になるわけですが、生前葬では自分自身の葬儀に、自分自身が主催者として、もしくは主催者側の立場として参加することになります。

基本的に生前葬は「誰かのために行う」よう企画、実施されるものではなく、自身による意思、希望により、自らが主体となって考え行うものです。

なお、実際に行われる際には生前葬という言葉ではなく「感謝の会」や「お別れ会」など、別の名称で行われることが一般的です。

生前葬は現在のところ一般的に広く行われているというわけではありません。そのため「一般的にはこうだ」という定められた形式はなく、どのような生前葬にするかは、自分自身で自由に決めることが出来ます。

生前葬を行う目的は人それぞれですが、主な目的として下記が挙げられます。

・定年、引退など人生の節目において区切りをつけるため
・生きているうちに、感謝の気持ちを直接伝える場を設けるため
・生前葬という機会を作り、仲間で集まる場を設けるため

生前葬が増えてきた背景

・死や葬儀に対する抵抗感の減少、価値観の変化
・終活の流行により自分の死を意識し考える人が増えたこと
・著名人が行う生前葬の影響(報道番組、ネット上のニュースなど)

生前葬を選ぶメリット

さて、生前葬にはどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは生前葬の主なメリットを紹介いたします。

自身で自由に葬式を行うことが出来る

自分の死後に行われる葬儀は、一般的に残された家族によって内容が決められて実施されます。

葬儀に対する自分の希望をエンディングノートに記しておいたり、家族に口頭で伝えておいたりすることは出来ますが、そのとおりに実施される保証はありませんし、自分で確認することもできません。

これに対して生前葬は、自分で内容を考えて決定をすることが出来るというメリットがあります。また、前述のとおり生前葬に定められた形式はありませんので、内容も自由に決めることができます。

時間に縛られない

実際に亡くなってからの葬儀では、通夜、葬儀式・告別式を経て火葬まで限られた時間の中で物事を決め、進めていくことになります。

基本的には、まず火葬の日時がおさえられ、その日時に合わせて通夜や葬儀・告別式などのスケジュールが決まっていきます。

これに対して生前葬は、火葬の日時に左右されることがないため、充分に余裕を持って内容を検討し、決めていくことができますし、式の時間設定も自由に行えます。

家族の負担が減る

生前葬の後、家族が葬儀をどうするかにもよりますが、生前葬を実施しているため、実際に亡くなった際には、火葬式などごく簡易に済ませることで、家族の負担が減ります。

通常、自分の死後に残された家族が葬儀を行う際は、内容を決めることから始まり、親族や宗教者とのやり取り、参列者への挨拶など大きな負担です。

これに対して生前葬では、基本的に自分が中心となって進めていくもので、実際に亡くなった際にごく簡易に済ませるのであれば、その分家族の負担を軽減することになるでしょう。

亡くなる前にお世話になった方へ感謝の気持ちを述べることが出来る

自分の死後に行われる葬儀では、亡くなっていますので、お世話になった方々に対して挨拶をしたり会話したりすることは当然できません。

これに対して生前葬では、自分がまだ生きている状態で行われますので、お世話になった方々に対して、自分自身で直接感謝の気持ちを伝えることができます。

生前葬の流れ

次に生前葬の流れを式次第に沿って紹介してまいります。先にもお伝えしましたとおり、生前葬には定められた形式がありませんので、あくまで一例として記載しております。

下記は、長年ベンチプレスを趣味として取り組んでいた方が、75歳になるのを機に競技としてのベンチプレスからは身を引くことを決め、自分が主催者となり「引退式および感謝の会」と称して生前葬を行ったケースです。

主催者は終活に取り組む中で生前葬に興味を持ち、生前葬の実施を検討し始めたのですが、「生前葬」では印象的に重いと考え「引退式および感謝の会」という題目で行うことにしたそうです。

この「引退式および感謝の会」には、家族・親族とトレーニングジムの仲間、各地で知り合ったベンチプレス仲間を中心に招き、会食形式で行われました。

1.開式の案内
開式の定刻となり「引退式および感謝の会」が始まる旨の案内。

2.家族の代表者挨拶(主催者の長男)および主催者入場
開式にあたり家族の代表者としての挨拶と本会主旨の説明。その後、代表者の案内により主催者入場。

3.乾杯(トレーニングジムの会長)
主催者の今までの活動を労う意味と、今後のベンチプレス競技の発展を願う意味で乾杯。

4.自分(主催者)史の上映
主催者の生い立ちやベンチプレス競技における実績などを動画で紹介。

5.スピーチ及びピアノ演奏の余興(孫から)

6.スピーチ(地方のベンチプレス仲間から)

7.スピーチ(トレーニングジムの仲間から)

8.主催者(本人)挨拶
主催者として引退に際しての思いや、感謝の気持ちを述べる。また、今後の人生について思うこと、考えていることを語る。

9.閉式の案内
閉式時間となり「引退式および感謝の会」をお開きとする案内。

10.見送り・列席者への贈り物
会場出口で主催者がひとりひとりに挨拶、握手をし、贈り物を手渡して見送りを行う。

この「引退式および感謝の会」と称して行われた生前葬は会食形式ということで、ホテルで行われたものです。

式次第の各項目の合間、合間に主催者がテーブルを回って、それぞれの列席者に声をかけたり、写真撮影をしたりする時間も設けられていました。

数名ごとに円テーブルを囲んでの会食形式なので、イメージとしては結婚式の披露宴に近いものがあります。

生前葬の流れの中で注意すること

一般葬と異なり、生前葬には生前葬ならではの注意すべき点があります。ここでは生前葬の流れの中で注意点についてお伝えいたします。

生前葬は決まった流れがないので、依頼する葬儀社の技量に依存する

生前葬には定められた形式や流れがないため、内容を自分たちで決めていかなければなりません。しかし一般の方々が白紙の状態から生前葬の内容を考えることは、簡単にできることではないでしょう。

そこで葬儀社に様々な提案や助言をしてもらうことで、より良い内容の生前葬にしていくわけですが、その葬儀社の提案力や企画力が、生前葬の成功に大きな影響を与えることになります。

なお、生前葬は葬儀社に依頼しなければならないわけではありません。葬儀社のほか、ホテルや飲食店に依頼することも選択肢として考えられますので、提案力や企画力含めて依頼先の比較検討をすることをオススメいたします。

生前葬を行った方が亡くなった際、葬儀をどうするか

生前葬を行った方が実際に亡くなった場合には、最低限火葬は行う必要があります。また、生前葬は無宗教形式で行われることがほとんどですが、菩提寺があれば改めて菩提寺の宗派に則った葬儀を行うことになります。

さらに、残された家族の心情として生前葬は実施済であっても、実際に亡くなった場合には、やはり改めて通常の葬儀をしたいと考える方々もいます。

生前葬の検討をするときには、その後実際に亡くなった場合にどうするか、どうして欲しいかも家族と相談をしておいた方が良いでしょう。

最後に

今回は生前葬の流れやメリットについてお伝えしてまいりました。 生前葬は現在のところ広く一般的に定着しているものではありません。しかし終活の流行など自分の死について考え、意識する機会が増えるに伴い、今後は生前葬に関心を持つ方が増えていくかもしれません。 生前葬について検討される際には、ぜひ今回の内容を参考にしてください。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

関連する記事

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応