葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の種類
  3. 生前葬
  4. 生前葬とは?生前葬を総合的に解説いたします

生前葬

生前葬とは?生前葬を総合的に解説いたします

「生前葬」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

芸能人やスポーツ選手など著名人が生前葬を行いますと、テレビや新聞などでニュースとして取り上げられることもありますので、言葉を聞いたことはあるかもしれません。

しかし、生前葬についてメリット・デメリットや費用など実際の内容まではご存知ない方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、メリット・デメリット、費用、マナーなど生前葬について総合的にご紹介をしてまいります。

生前葬とは

まずは生前葬とはどういうものなのか、基本的な部分を知っておきましょう。

どのような葬儀を生前葬と指すのか

生前葬とは、生きているうちに行う葬儀のことを言います。

生前葬は「誰かのために行おう」と企画、実施されるものではなく、自らの希望や意志によって自らが主体となって考え行うものです。

たとえば職場で「うちの部長の生前葬をやってあげようよ」というように善意であっても、他者が考えて行うものではありません。

実際に行われる際には、生前葬という言葉ではなく「感謝の会」や「お別れ会」というように別の言葉が使わることもあります。

葬儀の一形態とされているものの、実際に誰かが亡くなっているわけではありませんので、明るい雰囲気で行われることが多いようです。

以前からある葬儀スタイルではありますが、現在のところ世間一般的に広くは行われていませんので、「一般的にはこうだ」という定められた形式もありません。 そういう意味で生前葬をどう行うか、どういう内容にするかは自由に決めることが出来ると言えます。

生前葬の目的

人によって行う目的は様々ですが、主に次のようなことが生前葬の目的として挙げられます。

・人生の節目において区切りをつける為の儀式
・生きているうちに、感謝を言うべき人達に気持ちを伝えておきたい
・生前葬という機会を用意して、会っておきたい人達がいる

たとえば、会社や地域などで重要な役職からの引退、スポーツや文化活動から身を引く際の区切りとして生前葬を行うケースがあります。
また、癌などの病気で余命宣告を受け、生きているうちに感謝の気持ちを伝える場を作りたいということで生前葬を行うケースも見られます。

生前葬は有名人が良く行っている

生前葬は芸能界やスポーツ界における有名人が、還暦など年齢的節目、引退時、何かしらの受賞をしたときなど、ファンや関係者に対する感謝の気持ちを伝えるイベントとして行ったケースがしばしば見られます。

また、先に紹介したように重い病気を患ったことをきっかけに生前葬を行った有名人も何人かいます。

いずれも実際の故人に対して行う葬儀のように重たい雰囲気はなく、いわばパーティーのような形で行われている生前葬がほとんどです。

生前葬のメリット、デメリット

芸能人やスポーツ選手など、有名人では行われることの多い生前葬ですが、もちろん一般の方々でも生前葬を行う方もいらっしゃいます。

ところで生前葬を行うメリットやデメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。

メリット

自分で葬儀内容を決められて結果も確認出来る

自分の死後に行われる葬儀の内容は、一般的に残された方々によって決められますが、生前葬では自分で葬儀内容を決めることが出来ます

また、たとえ生前相談で葬儀内容を自分で決めておいたとしても、自分の死後にその通りになったかどうかは自分で確認することは、もはや出来ません。

しかし、生前葬では自分が生きているわけですから、進行の経過から結果まで全て自分自身の目で確認することができます

直接お礼を伝えることができる

生きているうちに行う生前葬ですから、感謝の気持ちを伝えたい方々に対して自分自身で直接お礼を言うことが出来ます。これは、自分の死後に行われる一般的な葬儀では絶対に出来ないことです。

明るい雰囲気で行われることが多い

一般的な葬儀と違い、実際に誰かが亡くなっているわけではありませんので、重たい雰囲気は無く、比較的明るい雰囲気で生前葬は行われる場合が多数です。

そのため、家族や親族、一般の参列者にとっても心理的負担は少なく済みます

デメリット

一般的に認知されていない

生前葬は、まだ広く浸透していないため、周囲の理解を得にくい状況であることがデメリットとして挙げられます。

そのため、たとえば職場で生前葬のために慶弔休暇は取れませんし、子供の学校を休ませることが難しいなどの問題が生じます。

また、参列される方にも普段は馴染みのない生前葬ということで、服装や香典など色々な面で惑わせてしまうことが考えられます。

更には、亡くなっていないのに葬儀を行うことに対して「不謹慎である」、「縁起でも無い」というような拒否感を示す方もいます。

このように、生前葬を行うには家族など周囲の方々の協力も必要です。しかし、広く浸透している葬儀スタイルではないため、協力どころか理解を得ることがまず最初の問題となるでしょう。

最終的に費用が高くつく可能性がある

生前葬を行っても、実際に死を迎えたときには火葬を行う必要があります。

また、残された家族の心情として生前葬が実施済であっても、死後は死後できちんと葬儀を行いたいと、改めて一般葬が行われることもあります。

菩提寺がある場合、実際の死後には仏教に基づいて戒名をいただき、改めて一般的な通夜および葬儀告別式を行うことになります。

以上のことから、生前葬の費用に加え最低限火葬の費用が必要です。

そして、家族の気持ちや菩提寺の有無などの状況によって、さらに一般葬の費用が加わってくることになり、最終的に一般的な葬儀だけを行うよりも高くつく可能性があります

生前葬の内容を決めることが難しい

仏教で行う葬儀であればお坊さんがお経を読んで、みなさんで焼香をして、淡々と儀式が進行していきますが、無宗教で行う場合には、この代わりに何を行うのか考えなければなりません。

前述のとおり、生前葬には定められたやり方や、一般的な内容はありませんので、自分で生前葬の内容を決める必要があります。

しかし、イベント業や企画系の仕事をされている方であればまだしも、多くの方々にとって生前葬の内容を考え、決めていくことは難しいものです

親族や参列者への気配りが必要

馴染みのある葬儀スタイルではないため、親族や参列者に対して様々な案内を丁寧に解りやすく行うなど一般的な葬儀を行う以上の気配りが必要です。協力していただく方々に対しても充分な説明を行い、理解を得ることが大事です。

また、生前葬をきっかけとして相続に関する意識が高まり、家族や親族間でトラブルが発生する可能性も出てくるでしょう。

そこで、状況を見て財産について家族で話し合う場を設けるなど、相続に関する対応もしておく必要があります。

生前葬の流れ

生前葬には、こうしなければならないという決まった流れはなく、個々の生前葬によって色々なやり方や流れがあります

ここでは、一例として無宗教として行う生前葬の流れを式次第に沿ってご紹介いたします。

下記は、長い間、華道の世界で生きてきた方が師匠という立場から引退をするときに、関係者や門下生に対して感謝の気持ちを伝える場ということで、「感謝の会」と称して行った生前葬のケースです。

①開式の案内
開式の定刻になり「感謝の会」が始まる旨の案内。

②代表者挨拶(主催者の夫)および主催者入場・紹介
開式にあたり代表者としての挨拶と本会の主旨の説明。
その後、代表者の導きにより主催者入場、紹介。

③乾杯(華道協会の理事)
主催者の今までの活動を労う意味と、今後の華道界の発展を願う意味で乾杯。

④自分(主催者)史の上映
主催者の生い立ちや華道における実績などを動画で紹介。
動画はスナップ写真などを集めて作成されたもの。

⑤スピーチ及びピアノ演奏の余興(孫から)

⑥スピーチ(門下生から)

⑦スピーチ(友人から)

⑧主催者(本人)挨拶 主催者として感謝の気持ちを述べる。
また、今後の人生について思っていることを語る。

⑨閉式の案内
閉式時間となり「感謝の会」をお開きとする案内。

上記の「感謝の会」として行われた生前葬は、ホテルにて会食スタイルで行われたものです。演出として、会場内には主催者や門下生などの作品も多数展示されました。

余興メインの生前葬が行われることもありますが、上記「感謝の会」は会食と歓談の時間がメインです。

結婚式の披露宴ほどの華やかさや賑やかさはありませんが、会食スタイルはイメージとして披露宴に近いものがあります。

ここで紹介した流れの中では「乾杯」を行っていますが、乾杯は行うか行わないかも自由ですし、乾杯は行われないこともあります。

生前葬の挨拶

生前葬では、基本的に主催者(本人)の挨拶が式中に行われます。

一般的な葬儀と違い、主催者から直接の言葉が聞けるという点は、参列者にとっても生前葬の大きな魅力のひとつです。

したがいまして、主催者挨拶は生前葬を成功させるための重要な要素です。

挨拶の内容

生前葬での主催者挨拶では、次の3つがポイントです。

これまでの感謝の気持ちや思い出を語る

生前葬を行う目的によって挨拶の内容は変わってくるものですが、これまでの感謝の気持ちはどのような目的で行う場合でも伝えた方が良いでしょう。

また、思い出話をひとつか、ふたつほど語るのも主催者の人生や人柄を伝えるために有効です。参列者にも関係する思い出話であれば、より参列者の共感も得られて、良い雰囲気づくりに繋がります。

楽しい気持ちになる内容や前向きな気持ちになる内容が一般的

葬儀スタイルと言いましても、一般葬と大きく異なるのは生前葬では実際に誰かが亡くなったわけではないということです。

ですから生前葬では多くの場合、参列者の方々の気持ちが沈んでしまうような挨拶ではなく、楽しく前向きな気持ちになるような内容の挨拶が行われます。

たとえ末期がんで余命宣告を受けたことをきっかけに行う生前葬であっても、まだ実際に死を迎えているわけではありませんから、楽しく前向きな内容の挨拶を用意することが参列者への配慮でもあります。

生前葬自体が明るい雰囲気で催されるので堅苦しい挨拶は避ける

どのような方が参列してくださっているかによって調整は必要ですが、基本的に堅苦しい挨拶は避けた方が良いでしょう。

参列者の気持ちが萎縮するのではなく、和やかな気持ちになるような語調で挨拶を行いたいところです。

生前葬を開く際の費用

生前葬を行うにはどれくらいの費用がかかるのでしょうか。この章では、生前葬の費用について説明します。

生前葬を開く際の費用

先にお伝えしましたように、生前葬に定まった形式はなく内容は自由であり、どのような内容で生前葬を行うかによって費用は大きく変化します。

特に生前葬の規模(参列者数)は、費用の大きな変動要因です。

生前葬では料理や飲み物、返礼品(記念品)が用意されることが多いですが、これらの単価も費用に影響します。

この他、たとえば専門業者に自分史などの動画を作成してもらい、この動画を上映するためにプロジェクターやスクリーンを借りることになれば、その分の費用も上乗せとなります。

またプロの演奏家を呼んで生演奏を行えば、演奏にかかる費用もかかってきます。

・小規模の場合の相場
30人~50人程度の小規模で行う場合、会場利用費、受付設備、会場設営費、生花などでの装飾費用などの費用が約30万円です。これに飲食費用と返礼品費用を人数分加算した金額が総費用の目安となります。

・ホテルなどの宴会場などで行う場合
10人~20人程度でさらに小規模でホテルなどの宴会場で行う場合は約20万円です。上記同様、これに飲食費用と返礼品費用を人数分加算した金額が総費用の目安となります。

生前葬に参列する際の服装

普段なかなか参列する機会のない生前葬ですから、いざ参列することになった場合には「どうしたら良いのだろう?」と戸惑う面が出てくるものです。

生前葬に参列する際にどのような服装をしていくべきかということもそのひとつでしょう。

服装のマナー

「葬」という字は含まれていますが、まず生前葬では喪服は着用しません。

生前葬の案内状に「平服でお越しください」など、服装について記載してある場合には、その案内に従います。

案内状に服装に関する記載が無い場合には、男性はスーツ、女性はワンピースやアンサンブルなどの平服で問題ないでしょう。

どうしても心配な場合には、主催者や生前葬を行う会場の担当者に問い合わせて確認しても差し支えありません。

小物

ふくさ、手袋、ハンカチ、傘などの小物類については、派手にならないように留意して用意します。ふくさは、御香典など金封を持参する場合のみ用意します。

なお、ふくさは慶事用、弔事用、慶弔両用といくつかの種類がありますが、慶弔両用を使用するのが無難です。

メイク、アクセサリー、髪型

メイク、アクセサリー、髪型についても派手にならないよう気を付けます。一般的なスーツスタイルのように、ビジネスの場で許されるような装いを基準に考えて仕度をしていただければ良いでしょう。

「お洒落」を目指すのではなく、清潔感、相手に不快感を与えないスタイルが基本です。

生前葬の香典について

生前葬の参列マナーに関して、御香典を持参すべきかという点も多くの方が迷うところです。生前葬に参列することになった際、香典はどうしたらよいのでしょうか。

生前葬の香典

生前葬は会費制で行われるケースが多いのですが、会費制の場合には香典を持参する必要はありません。

会費制では無い場合には、約1万円~2万円が香典の相場です。

なお、お祝いの色が強い生前葬であれば祝儀袋でも良いですが、そうでないときには白無地の封筒か奉書紙で包む方法が良いでしょう。

また、香典の表書きは「御霊前」や「御香典」とするのではなく、「寸志」、「御花料」、「御礼」とするのが手堅いところです。

案内状などに香典を辞退する旨が記載されている場合

案内状などに香典を辞退する旨が記載されている場合には、香典を持参しないようにします。

もし、香典の代わりに何か気持ちを示したいときには、後日、メッセージを添えて贈り物をする方法も有ります。

添えるメッセージには、生前葬にお声掛けいただいたことの御礼と、今後の健康と幸せを祈るような内容が良いでしょう。

弔事における贈り物は、食品や消耗品など「残らない物」が良いとされていますが、生前葬の場合にはそこまで気にする必要ありません。

ただし生前葬を行った方には、終活の一環として所有品の整理を済ませている方、これから整理しようとされている方がいる可能性がありますので、あまり大きな物は贈るのを避けた方が良いでしょう。

生前葬後の葬式はどうなるか

生前葬を行った方が、その後実際に亡くなったときはどうするのでしょうか。

生きているうちに生前葬として葬儀を行っているわけですが、死後に葬儀は改めて行うのか行わないのか、この点について説明いたします。

生前葬後の葬式はどうなるか

生前葬を実施済であっても、実際に亡くなったときには火葬が最低限必要です。

火葬(直葬)だけで済ませるケースもありますが、残された家族の心情的理由もあり、家族葬など近親者のみで小規模な葬儀を改めて行うことが多いようです。

また、生前葬は広く浸透し理解されているものではないため、世間体の面から実際の死後には通常の一般的葬儀を行うという選択をされる家族もいます。

菩提寺がある場合

生前葬は無宗教で行われることがほとんどですが、菩提寺がある場合やお墓が菩提寺にある場合は、実際に亡くなった際に菩提寺に依頼し、戒名の授与を受け、通夜および葬儀告別式を行うことになります。

火葬だけで済ませてしまうなど、この手順を踏まないと菩提寺にあるお墓に納骨が出来なくなってしまうなどトラブルに発展する可能性が高くなります

実際の死後に行われる葬儀での香典は?

なお、生前葬に参列した方が、主催者の実際に亡くなり改めて行われる葬儀に参列することになった場合、香典はどうしたら良いか判断に迷う方もいるかもしれません。

これは仮に生前葬で香典や会費を渡したとしても、改めて行われる葬儀では香典の持参が必要です。

この場合の香典は友人知人であれば約5千円~1万円家族親族で約3万円~10万円が相場になります。

最後に

今回は、生前葬についてメリット・デメリット、費用、マナーなど総合的にご紹介いたしました。

生前葬に興味を持たれていた方は、生前葬がどのようなものかお解りいただけたのではないでしょうか。

また、生前葬に参列するかもしれないという方も、服装や香典など生前葬のマナーに関して参考になる部分があったかと思います。

生前葬は広く行われているものではありませんが、終活のブームとも相まって以前よりは認知度も高くなっています。

とは言いましても、周囲の方々の理解を得て、参列者を戸惑わせることなく生前葬を行うことは現時点ではなかなか難しいところです。

生前葬を行ってみたい!とお考えの方は、まず家族や身近な方と充分話し合って理解や協力を得るところからスタートしてみてはいかがでしょうか。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

関連する記事

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応