葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 樹木葬
  4. 樹木葬とは?流れやトラブル事例、費用など分かりやすく紹介します

樹木葬

樹木葬とは?流れやトラブル事例、費用など分かりやすく紹介します

樹木葬とは?流れやトラブル事例、費用など分かりやすく紹介します

「樹木葬」という言葉を聞いたことがありますか?樹木葬については近年メディア等で取り上げられる機会も増えてきたため、聞いたことがあるという方もいらっしゃるかと思います。

お葬式が終わったあと、遺骨はどこかに納めることになります。

墓石を建てるタイプのお墓に納骨を行うという方法が主流ではありますが、樹木葬を納骨方法として選ぶ方もいらっしゃいます。

樹木葬は1999年頃から日本で行われていますが、まだあまり一般的であるとは言えません。そのため、樹木葬の詳しい内容について理解している方はまだあまり多くはないでしょう。

より良い葬儀を行うために樹木葬ではどのように埋葬するのか、埋葬方法を選ぶ際の問題点、樹木葬についての理解を深めながら考えてみましょう。

樹木葬とは

樹木葬とは何かについて、樹木葬のタイプ別に見ていきましょう。

樹木葬とは

樹木葬とは、墓石の代わりに樹木や草花を墓標として故人を弔う埋葬方法のことをいいます。墓石の代わりに樹木を墓標とするため、通常の埋葬方法と比較するとより自然との一体感を得ることができます。

山への散骨との違い

樹木葬と似たようなものに「散骨」というものがあります。散骨は文字通り遺骨を海や山などに撒くことをいいます。

樹木葬と散骨はどちらも遺骨を自然に還すという考え方は同じですが、両者の間には明確な違いがあります。それは、遺骨を収蔵するか撒くかという違いです。

散骨は自然の中に遺骨を撒くため、撒いてしまえば遺族の手元からは完全に離れた状態となります。そのため、墓参りをしようと思っても遺骨が収蔵されているお墓はありません。

一方、樹木葬は樹木のたもとに遺骨を収蔵するため、樹木を墓標としたお墓参りをすることができます。

故人が自然への回帰を強く望んだとしても、残された遺族にとってはどこかに遺骨があり、故人を偲ぶ場があるということは心の平穏に繋がるでしょう。

樹木葬は霊園タイプと里山タイプに分かれる

樹木葬には霊園タイプと里山タイプという2つの型式のものがあります。

霊園タイプ(公園タイプ)とは、霊園が管理する敷地内に樹木を植え、そこに遺骨を埋蔵するというものです。 植樹する樹木の種類はあまり大きくならないハナミズキやサルスベリといった樹種が選ばれることが多いようです。

霊園タイプのメリットは公園等のように整備された敷地内に遺骨を埋葬できるため、墓参りに訪れることが容易であるという点でしょう。

一方、里山タイプとは都市部から遠く離れた山林に遺骨を埋葬するというものです。あくまでも散骨ではなく埋葬となるため、場所は寺院や墓地が管理する土地等、埋蔵が許可された敷地内に限られます。

こちらのタイプはより故人と自然との結びつきが強く感じられるため、自然派の方の中には里山タイプを希望する方も多いようです。 しかし、残された遺族は墓参りをする際、山林の中にある埋葬地まで赴く必要があり、負担が大きくなるという点には注意が必要です。

樹木葬のメリット

近年注目を集めてる樹木葬には次のようなメリットがあります。

メリット

費用を抑えることが出来る

樹木葬では樹木が墓標となるため、墓石を購入する必要がありません。一般的な墓石を購入すると、墓地の永代使用料と墓石の費用を合わせて200万円近くかかると言われています。それに比べて樹木葬ではその費用を半額以下に抑えることができます。

お墓管理の手間が省ける

樹木葬の多くは個人として埋葬されます。つまり家族や親族で代々使用するのではなく、一代限りで利用するお墓となります。そのため、代々お墓の管理を行う手間が省けます

通常の墓地であれば年間管理費が必要なですが、樹木葬の場合は後々にお墓の面倒を見る後継者が不要です。

ただし、樹木葬を行う団体によって例外もあるため、実際に自分で樹木葬を行う場合は事前にしっかりと内容を確認しましょう。

自然に還ることができ、環境にもやさしい

樹木葬の里山タイプでは遺骨を大自然のの山に還すことができます。また、霊園タイプではカロートが用いられますが、墓標が樹木であるために、石などの切り出しがなく、自然にやさしいお墓だと言えます。

樹木葬のトラブル

樹木葬には、他の埋葬方法には無い様々なメリットがありますが、樹木葬についての理解が不十分であるがゆえに、思わぬトラブルが発生することがあります。 考えられるトラブルの内容とその解決策について見ていきましょう。

トラブル

親族の理解を得られない可能性がある

樹木葬は比較的新しい埋葬方法であるため、親族や遺族から理解を得られない場合があります。

お墓の継承が困難である

樹木葬は多くの場合、故人単位もしくは夫婦単位での申し込みとなります。そのため、お墓は一代限りの契約となり、子や孫が代々お墓を継承する事が難しいとされています。

交通アクセスが厳しい

里山型の樹木葬を行う場合は、都市部から遠く離れた山林に遺骨を埋葬します。そのため、埋葬地の手入れができなかったり、お墓参りをしたい場合も埋葬地までたどり着けないといった問題が発生することもあります。

墓埋法に触れることがある

墓埋法(『墓地、埋葬等に関する法律』の略称)によって故人の遺骨を墓地以外の場所に埋葬することは禁止されています。

散骨と異なり樹木葬は墓埋法に基づいて行われるため、故人が自宅の庭やお気に入りの山への埋葬を希望しても実現することができません。仮に勝手に墓地以外の場所に遺骨を埋葬した場合、墓埋法に触れて罰せられることがあります。

トラブルの解決策

予め、樹木葬を行う意思を親族などに伝える

いきなり樹木葬を行うことを告げられると、親族は戸惑ってしまうかもしれません。 樹木葬は他の埋葬方法よりも比較的安価であるということもあり、費用を安くしたいから樹木葬を選んだのでは、と勘繰られてしまう可能性も考えられます。

予め樹木葬を行う意思を親族などに伝えることによって少しずつ理解を得ていきましょう。

お墓の手入れをお願いする

樹木葬を行う場所が自宅から遠く離れている場合、こまめにお墓の手入れをしにいくことは困難でしょう。霊園や寺院によってはお墓の手入れを引き受けてくれることもあります。

もし、埋葬地が手入れが必要な場所で、自分で手入れすることが難しいと感じる場合は、霊園や寺院にお墓の管理をお願いするという手段があります。

法律面についての確認

行おうとしている樹木葬は墓埋法に触れていないか、お願いする寺院や霊園にしっかり法律面のことを確認しておきましょう。また、契約期間が定められている場合は契約終了後、合同墓地などに移される可能性もあります。

墓埋法に関してだけでなく、自分がお願いしようとしている寺院や霊園との契約内容については曖昧なまま契約を進めず、しっかりと確認しておきましょう。

樹木葬の流れ

それでは、実際に樹木葬を行いたい場合はどういった流れで手続きを進めていけばよいのでしょうか。樹木葬に関する情報収集から埋葬地の決定、納骨までの流れについてご説明します。

樹木葬の申し込みの流れ

樹木葬を行う場合の埋葬施設決定までの流れは次のようになります。

  1. 樹木葬の情報収集 
  2. 現地へ視察 
  3. 契約 
  4. 使用許可を得る

樹木葬の情報収集

まずは自分の希望について整理しましょう。自宅からどの程度離れた距離まで許容できるかといったことや、予算がいくらかといったことを検討します。

ある程度予算と要望が固まったら、資料請求してパンフレット等を入手しましょう。できるだけ多くの霊園、寺院から情報収集した方がよりご自分の希望に沿ったものを見つけることに繋がります。

現地へ見学

事前に予約を入れて現地へ見学に行きます。見学時に契約の申し込みを行わなくても問題ありません。他の埋葬地と比較検討できるようにするためにも、見学時に契約内容や周辺環境等についてスタッフに確認しておきましょう。

契約・使用許可を得る

樹木葬を行うことを決めたら契約の申込みを行い、費用を入金します。入金が済めば霊園や寺院などの管理者からお墓の使用許可を得ることができます。

樹木葬の埋蔵の流れ

お墓の使用許可を得た後、納骨までの流れは次のようになります。

  1. 役所で手続きを行う 
  2. ご遺体を火葬する 
  3. 火葬済の証明がされた『埋火葬許可証』を土地の管理者に提出

役所での手続き

まずは、役所へ死亡届を提出します。死亡届が受理されると、火葬許可証が発行されます。これで、火葬場での火葬ができるようになります。

火葬

火葬場で火葬許可証を提出してご遺体を火葬します。その後、火葬場から火葬済であること証明する旨が追記された『埋火葬許可証』を受け取ります。

土地の管理者に埋火葬許可証を提出

事前に樹木葬を行う施設へ連絡して納骨する日程を決めておきましょう。仮にお墓の使用許可を得ていたとしても、予約なしで突然納骨しようとしても断られる場合が多いようです。

納骨の日取りが決まったら、当日は埋葬施設へ遺骨と埋火葬許可証を持参します。施設によっては他にも何か必要なものがある可能性がありますので、事前に必要なものがないか確認しておきましょう。

また、納骨する際に施設や埋蔵方法によっては遺骨を定められた大きさ以下に粉骨しておかなければならないケースもあります。 粉骨に抵抗があるという方もいらっしゃるため、粉骨の要否については資料請求時や見学時に確認して埋葬施設を選ぶ際の参考にしましょう。

樹木葬を行う際に掛かる予算

費用が安く済むと言われている樹木葬ですが、樹木葬を行う際の予算はいくらくらいが相場なのでしょうか。

樹木葬を行う際に掛かる予算

樹木葬には合祀型、共同埋葬型、個別埋葬型というタイプがあり、樹木葬を行う際に掛かる費用の相場は埋葬方法によって異なります。それぞれについて見ていきます。

合祀型

故人の遺骨を骨壺や骨袋から取り出し、同じ埋葬施設に眠る他の故人と一緒に埋蔵する方法で、費用は安い場合で約30,000円台からあるようです。

立地条件などにもよりますが、相場としては約30,000円~200,000円と言われているようです。埋葬後の遺骨は他の遺骨と混ざってしまうため、ある特定の故人の遺骨を取り出すことはできなくなります。

共同埋蔵型

同じ埋葬地に多数の遺骨を埋蔵する点では合祀型と同じですが、それぞれの遺骨が骨壺や骨袋に分けて埋蔵されるのが共同埋葬型です。こちらの相場は、約150,000円~500,000円と言われています。

個別埋蔵型

遺骨をそれぞれ区切られたスペース内に埋葬します。こちらの相場は約200,000円~800,000円と言われています。

樹木葬の予算の内訳

樹木葬にかかる費用の内訳相場は大まかに見ると次のようになっています。

  • 永代供養料、永代使用料:約50,000円~800,000円
  • 納骨費用(埋蔵料):約0円~30,000円
  • 年間管理費(掛かる場所も有る):約8,000円~20,000円/年間
  • 法要料(追加料金が掛かる場合がある):約10,000円~50,000円
  • 銘版彫刻料(追加料金が掛かる場合がある):約10,000円~100,000円

個人で樹木葬を行なう際の留意点

樹木葬を行なう際の留意点

樹木葬は墓埋法の縛りを受けるため、基本的には霊園や寺院を通さずに個人で遺骨を埋葬することはできません。似たような自然葬である「散骨」と勘違いして違法な埋蔵をしてしまわないよう注意する必要があります。

どこにでも埋葬できるわけではない

樹木葬を行う場合は、必ず定められた敷地内に埋葬しなければなりません。個人で勝手に自宅の庭や山林に遺骨を埋蔵すると、たとえそこが自分の土地であったとしても「死体遺棄罪」に該当して罰せられます。

埋葬後に遺骨を取り出せない可能性がある

合祀型の場合は初めから遺骨が他の方の遺骨と混じってしまいますが、それ以外の共同埋葬型、個別埋葬型であっても契約期間の終了後は共同墓地へ改葬されてしまうことがあります。

後々他のお墓へ改葬しようと考えていても遺骨を取り出せなくなってしまうことがありますので、埋葬前に契約内容をよく確認しておきましょう。

手入れやお墓参りが困難である

霊園タイプの樹木葬で寺院や霊園がお墓の管理をしてくれる場合は問題ありませんが、里山タイプの樹木葬で遠くの山林へ埋葬する場合は埋葬地の手入れやお墓参りが困難となるケースがあります。

施設の管理者へお墓の手入れをお願いできるかどうかによって残された遺族の負担に大きく影響する可能性があります。

自分でガーデニングできるわけではない

霊園タイプの樹木葬であっても自分で好きなようにガーデニングできるわけではありません。 ほとんどの場合は施設の管理者にお任せすることになるため、自分の区画に対する権利がどのようなものであるかについても確認しておきましょう。

親族の理解を得られるかどうか

どのような形で埋葬するかは喪主の家族の自由ですが、樹木葬を選ぶのであれば親族の理解を得た方がよいでしょう。

最後に

樹木葬というと自然でクリーンなイメージを持つ方が多いかと思います。そのため、自分が亡くなった後は遺骨を土に還して自然と一体となりたいと考える方がいらっしゃるのは不思議ではありません。

また、お墓の承継者が不要であるという点も樹木葬の大きなメリットです。少子化が進む中、また高齢のおひとりさまが増えている状況下で、樹木葬は新しい納骨スタイルではありますが、これからますます注目されていくかもしれません。

終活中の方や葬儀後にお墓を検討されている方は、樹木葬を行っている墓所も一度見学に訪れてみてはいかがでしょうか。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応