葬儀のご依頼/ご相談
一括見積なら | 安心葬儀
葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
通話
無料
0120-99-1835
利用規約に同意の上お電話ください。
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の種類
  3. 樹木葬とは?流れやトラブル事例を紹介

葬儀の種類

樹木葬とは?流れやトラブル事例を紹介

樹木葬とは?流れやトラブル事例を紹介

「樹木葬」という言葉を聞いたことがありますか?樹木葬は、近年メディアなどで取り上げられる機会も増えてきたため、聞いたことがあるという方もいるかと思います。

葬式が終わると、遺骨は納骨することが大半です。墓石を建てるタイプの墓に納骨を行うという方法が主流ではありますが、納骨方法として樹木葬を選ぶ方もいます。

日本での樹木葬は、1999年ころから行われていますが、まだ一般的とは言えません。そのため、樹木葬の詳しい内容について理解している方は多くはないでしょう。

樹木葬についての知識を深めながら、樹木葬はどのように埋葬するのか、選ぶ際の問題点、よりよい埋葬の仕方について考えてみましょう。

樹木葬とは

樹木葬とは何かを、樹木葬のタイプ別に見ていきましょう。

樹木葬とは

樹木葬とは、「葬」の字が使われていますが、「葬儀」の種類のことではなく、墓石の代わりに樹木などを墓標として故人を弔う埋葬方法のことを指します。樹木を墓標とするため、通常の埋葬方法と比較するとより自然との一体感を得ることができるのが特徴です(そのため「自然葬」と言われることもあります)。

樹木葬と言っても、納骨場所に草花を植えてガーデンを思わせるタイプや、里山の中に樹木が植えられているタイプなど、その種類はさまざまです。

散骨との違い

樹木葬と似たような埋葬方法に「散骨」というものがあります。散骨は文字通り遺骨を海や山などにまくことです。

樹木葬と散骨はどちらも遺骨を自然に還すという考え方は同じですが、両者の間には明確な違いがあります。それは、遺骨を埋蔵するかまくかという違いです。

散骨は、遺骨を細かく砕いて2㎜以下に粉骨し、原則的に許可された場所にまく埋葬方法です。まいてしまえば遺骨は遺族の手元からは完全に離れた状態となります。そのため、お墓参りを行う際には、手元に分骨していない場合、海や山に向かって拝んだり、散骨した地点でお参りする形となることが多いでしょう。また、散骨に掛かる費用は5万円~30万円ほどが目安とされています。

一方、樹木葬は樹木のたもとに遺骨を埋蔵するため、樹木を墓標とした墓参りをすることができます。

故人が自然への回帰を強く望んでいたとしても、遺族にとってはどこかに遺骨があり、故人を偲ぶ場があるということは心の平穏につながるでしょう。

樹木葬の費用は平均で30万円~70万円が目安となっていて、散骨の場合よりも管理費などが生じるため、高くなる場合が多いです。

関連記事

散骨とは?流れや注意点を解説

散骨とは?流れや注意点を解説

散骨という埋葬の形を知っていますか。遺骨をお墓に埋葬するのではなく、故人にゆかりのある場所などに赴き、粉末状にした遺骨をまくのが散骨です。 遺骨の埋葬や供養の方法が多様化する昨今、葬儀後に...

続きを読む

樹木葬は霊園タイプと里山タイプに分かれる

樹木葬には霊園タイプと里山タイプという二つの型式があります。霊園タイプ(公園タイプ)とは、霊園が管理する敷地内に樹木を植え、そこに遺骨を埋蔵するというものです。

植樹する樹木の種類は、あまり大きくならないハナミズキやサルスベリといった樹種が選ばれることも多いようです。

霊園タイプは、灯籠などが配置された日本庭園タイプのものや、色とりどりの花々が植えられたガーデニングタイプ、そのジャンルは多様です。故人や遺族の希望にそった形を選ぶことができます。

霊園タイプのメリットには、公園のように整備された敷地内に遺骨を埋葬できるため、墓参りに訪れることが容易であるという点が挙げられます。

一方の里山タイプとは、エリアとして都市部から遠く離れた山林であることが多いです。散骨ではなく埋葬であり、場所は寺院や墓地が管理する土地など、埋蔵が許可された敷地内に限られます。

こちらのタイプは、遺骨を里山に納骨して自然に還ることを体現でき、故人と自然との結びつきが強く感じられるという理由で、希望者が多いようです。

しかし、遺族が墓参りをする際には、山林の中にある埋葬地まで赴く必要があり、負担が大きくなるという点には注意が必要です。

埋葬方法の違い

樹木葬の埋葬方法は、合祀型・共同埋葬型・個別埋葬型の大きく三つに分けられます。

合祀型は、骨壺から取り出した遺骨を他の人たちのものと一緒に墓標となる樹木の下に埋葬する方法です。まとめられた形での埋葬型であるため、亡くなった方それぞれの認識は曖昧になってしまいますが、樹木葬の中では最も安価な埋葬方法です。

墓標となる樹木の下の埋葬エリアが一人ひとりの区画に分けられているのが共同埋葬型です。他の人たちと遺骨が混ざることはありませんが、費用は合祀型よりも高くなります。家族と一緒の場合には人数制限や合祀になるまでの契約など決まりがある場合もあります。

また、1区画につき1本の樹木を植え、その下に一人分の遺骨を埋葬する個別型と呼ばれる方法もあります。自分だけの樹木を植えることになるので、好きな花や樹木を自由に選択することができます。樹木葬の中では最も高額な埋葬方法です。

遺骨の納め方

樹木葬の場合、遺骨の納め方はさまざまです。区画に穴を掘って、布に包んだ遺骨を納める方法や、遺骨を骨壺に入れた状態で納める方法、さらに遺骨を粉末にして納める方法もあります。これらは霊園によって変わってくるため、気になる方は事前に霊園に確認しておくとよいでしょう。

樹木葬のメリット

樹木葬には次のようなメリットがあります。

メリット

費用を抑えることができる

樹木が墓標となる樹木葬は、墓石を購入する必要がありません。一般的な墓石を購入すると、墓地の永代使用料と墓石の費用を合わせて200万円近く掛かると言われています。それに比べて樹木葬の場合、新しく墓石を購入する必要もなければ、納骨するエリアも一般的な墓と比べて狭くなります。そのため、一般的な墓地への埋葬と比べて費用を半額以下に抑えることができる場合が多いです。

墓管理の手間が省ける

樹木葬の多くは個人として埋葬されます。つまり家族や親族で代々使用するのではなく、永代供養として後継ぎを必要とせず、一代限りで利用する墓にする場合が多いです。そのため、代々墓の管理を行う手間が省けます。

通常の墓地であれば基本的に年間管理費が必要です。しかし、樹木葬の場合は墓の面倒を見る後継者がいない分、契約者本人が存命の間のみとされていたり、任意の寄付となったりしている場合が多いようです。

樹木葬を行う団体によって違いがあるため、実際に自分で樹木葬を行う場合は事前にしっかりと内容を確認しましょう。

自然に還ることができ、環境にもやさしい

樹木葬の里山タイプでは、遺骨を大自然の山の中に還すことができます。そのため、植物が好きだった故人ならば供養するのにはピッタリな埋葬方法です。

また、霊園タイプではカロート(墓で遺骨を納める部分)が用いられますが、墓標が樹木であるために、石などの切り出しがなく、自然にやさしい墓だと言えます。

宗教に関係なく利用することができる

墓を利用する場合、その墓を管理する寺の檀家になることが条件となっている場合もありますが、樹木葬では宗教などは問われません。宗教に関係なく誰でも利用することができるのも、樹木葬のメリットの一つです。

樹木葬のトラブル

樹木葬には、他の埋葬方法にはないメリットがありますが、樹木葬についての理解が不十分であるがゆえに、思わぬトラブルが発生することがあります。

考えられるトラブルの内容とその解決策について見ていきましょう。

トラブル

親族の理解を得られない可能性がある

樹木葬は比較的新しい埋葬方法であるため、親族や遺族から理解を得られない場合があります。

墓の継承が困難である

樹木葬は多くの場合、墓に入れる人数に制限があるため、申し込みは単数もしくは夫婦単位で行うことになります。そのため、墓は一代限りの契約となり、子や孫が代々墓を継承する事が難しいとされています。

交通アクセスが厳しい

里山型の樹木葬を選択した場合は、都市部から遠く離れた山林であることが多いです。そのため、埋葬地の手入れができずに荒れてしまったり、他の自生する草花や樹木と区別がつかなくなってしまったりなど、墓参りをしたいと思っても埋葬地までたどり着けないといった問題が発生することもあります。

墓埋法に触れることがある

「墓地、埋葬等に関する法律」(以下:墓埋法)によって遺骨を墓地以外の場所に埋葬することは禁止されています。

樹木葬は墓埋法に基づいて行われるため、生前に故人が自宅の庭やお気に入りの山への埋葬を希望しても実現することができない可能性が高いです。仮に勝手に墓地以外の場所に遺骨を埋葬した場合、墓埋法に触れて罰せられることがあります。

埋葬後に遺骨を取り出せない場合がある

霊園によっては、樹木葬で埋葬された遺骨は再び取り出すことができない場合があります。新たに墓を購入した際に、遺骨を移すことができないケースもあるため、注意が必要です。

管理体制がずさんな場合がある

特に里山タイプの霊園では、管理がずさんで草木が生い茂った状態でそのまま放置されているといったケースもあります。そういったことを避けるためにも、樹木葬を希望する際は、事前に現地に赴いて見学をすることをお勧めします。

トラブルの解決策

樹木葬を行う意思を事前に親族などに伝える

いきなり樹木葬を行うことを告げられた親族は、戸惑ってしまうかもしれません。

樹木葬は他の埋葬方法よりも比較的安価であるということもあり、「費用を安くしたいから樹木葬を選んだのでは?」と勘繰られてしまう可能性もあります。

樹木葬を行う意思を事前に親族に伝えるなどで理解を得るとよいでしょう。

墓の手入れをお願いする

樹木葬を行う場所が自宅から遠く離れている場合、こまめな墓の手入れは困難になります。霊園や寺院によっては、墓の手入れを引き受けてくれることもあります。

もし、埋葬地が手入れが必要な場所で、自分で手入れすることが難しいと感じる場合は、霊園や寺院に墓の管理をお願いするという手段があります。

法律面についての確認

樹木葬に選んだ場所が墓埋法に触れていないかを、依頼する寺院や霊園にしっかり確認しておきましょう。また、契約期間が定められている場合は契約終了後、合同墓地などに移される可能性もあります。

墓埋法に関してだけでなく、自分が依頼しようとしている寺院や霊園との契約内容については曖昧なまま契約を進めず、しっかりと確認しておきましょう。

埋葬方法について事前に確認しておく

遺骨を、骨壺に入れて埋葬するのか、粉末にして埋葬するのかなど、事前に埋葬方法を確認しておくとトラブルを防ぐことができます。また、将来親族が墓を購入する可能性も踏まえて、後から遺骨を取り出すことができるかも確認することもお勧めします。

それ以外の方法として手元供養として分骨しておく選択肢もあります。

関連記事

分骨の方法とは?手元供養の考え方や分骨の際の証明書についても紹介します

分骨の方法とは?手元供養の考え方や分骨の際の証明書についても紹介します

火葬後のご遺骨は通常骨壷に入れてお墓に納められますが、分割して複数箇所に納骨することも可能で、それを「分骨」と言います。 本記事では、分骨の方法、納骨先、分骨時特有の注意点などについて解説...

続きを読む

樹木葬の流れ

実際に樹木葬を行いたい場合はどういった流れで手続きを進めていけばよいのでしょうか。樹木葬に関する情報収集から埋葬地の決定、納骨までの流れについて説明します。

樹木葬の申し込みの流れ

樹木葬は、一般的には生前に予約申し込みを行う場合が多いです。樹木葬を行う場合、埋葬施設決定までの流れは次のようになります。

  1. 樹木葬の情報収集
  2. 現地へ視察
  3. 契約
  4. 使用許可を得る

樹木葬の情報収集

まずは自分の希望について整理しましょう。「自宅からどの程度離れた距離まで許容できるか」や、「予算がいくらか」などを検討します。

ある程度予算と要望が固まったら、資料請求してパンフレットなどを入手しましょう。できるだけ多くの霊園、寺院から情報収集した方がより自分の希望に沿ったものが見つかることにつながります。

現地へ見学

事前に予約を入れて現地へ見学に行きます。見学時に契約の申し込みを行わなくても問題ありません。他の埋葬地と比較検討するためにも、見学時に契約内容や周辺環境などについてスタッフに確認しておきましょう。

見学の際には、パンフレットなども持参して、自分が想像していた通りの霊園かを確認しましょう。稀にパンフレットの写真とは違って、かなり荒れてしまっている霊園もあるので、しっかりとチェックしてください。

契約・使用許可を得る

樹木葬を行うことを決めたら、契約の申込みを行い、費用を入金します。入金が済めば霊園や寺院などの管理者から墓の使用許可を得ることができます。

樹木葬の埋蔵の流れ

墓の使用許可を得た後、納骨までの流れは次のようになります。ただし、納骨や手続きは残された遺族が行うことが大半ですので、その場合には事前に確認や情報を伝えておくと安心です。

  1. 役所で手続きを行う
  2. 遺体を火葬する
  3. 火葬済の証明がされた「埋火葬許可証」を土地の管理者に提出

役所での手続き

まずは、役所へ死亡届を提出します。死亡届が受理されると、火葬許可証が発行されます。これで、火葬場での火葬ができるようになります。

火葬

火葬場で火葬許可証を提出して遺体を火葬します。その後、火葬場から火葬済であることを証明する旨が追記された「埋葬許可証」を受け取ります。

土地の管理者に埋葬許可証を提出

事前に樹木葬を行う施設へ連絡して納骨する日程を決めておきましょう。仮に墓の使用許可を得ていたとしても、予約なしで突然納骨しようとしても断られる場合が多いようです。

納骨の日取りが決まったら、当日は埋葬施設へ遺骨と埋葬許可証を持参します。施設によっては他にも何か必要なものがある可能性がありますので、事前に必要なものがないか確認しておきましょう。

また、施設や埋蔵方法によっては遺骨を定められた大きさ以下に粉骨しておかなければならないケースもあります。

粉骨に抵抗があるという方もいるので、粉骨の要否については資料請求時や見学時に確認して、埋葬施設を選ぶ際の参考にしましょう。

樹木葬を行う際に掛かる予算

費用が安く済むと言われている樹木葬ですが、樹木葬を行う際の予算はいくらくらいが相場なのでしょうか。

樹木葬を行う際に掛かる予算

樹木葬には合祀型、共同埋葬型、個別埋葬型というタイプがあり、樹木葬を行う際に掛かる費用の相場は埋葬方法によって異なります。それぞれについて見ていきます。

合祀型

故人の遺骨を骨壺や骨袋から取り出し、同じ埋葬施設に眠る他の遺骨と一緒に埋蔵する方法で、費用は安い場合で約3万円台からあるようです。

立地条件などにもよりますが、相場としては約3万円~20万円と言われています。他の遺骨と混ざってしまうものであるため、埋葬後は特定の故人の遺骨を取り出すことはできなくなります。

共同埋蔵型

同じ埋葬地に多数の遺骨を埋蔵する点では合祀型と同じですが、それぞれの遺骨が骨壺や骨袋に分けて埋蔵されるのが共同埋葬型です。こちらの相場は、約15万円~50万円と言われています。

個別埋蔵型

遺骨をそれぞれ区切られたスペース内に埋葬します。こちらの相場は約20万円~80万円と言われています。

樹木葬の予算の内訳

樹木葬に掛かる費用の内訳相場は大まかに見ると次のようになっています。

永代供養料、永代使用料

約5万円~80万円

納骨費用(埋蔵料)

0円~3万円

年間管理費(掛かる場所も有る)

約8,000円~2万円/年間 

法要料(追加料金が掛かる場合がある)

約1万円~5万円

銘版彫刻料(追加料金が掛かる場合がある)

約1万円~10万円

ペットと一緒に埋葬してもらう場合や、埋葬地のデザインを凝ったものにする場合には追加の料金が発生します。さらに、遺骨を砕いて埋葬する霊園の場合、遺骨を粉末状にする料金が別途発生するので注意しましょう。

個人で樹木葬を行う際の留意点

樹木葬を行う際の留意点

樹木葬は墓埋法の縛りを受けるため、基本的には霊園や寺院を通さずに個人で遺骨を埋葬することはできません。似たような自然葬である「散骨」と勘違いして違法な埋蔵をしないよう注意する必要があります。

どこにでも埋葬できるわけではない

樹木葬を行う場合は、必ず墓地申請がされている敷地内に埋葬しなければなりません。個人で勝手に自宅の庭や山林に遺骨を埋蔵すると、そこが自分の土地であったとしても市町村長の許可を受けていないのであれば罰せられる可能性が十分にあります。

自宅で樹木葬を行うことも不可能ではありませんが、墓地申請などの手続きが必要になるため、樹木葬を行っている霊園への埋葬をお勧めします。

埋葬後に遺骨を取り出せない可能性がある

合祀型の場合は遺骨が他の方の遺骨と混ざってしまいますが、それ以外の共同埋葬型、個別埋葬型であっても契約期間の終了後は共同墓地へ改葬されてしまうことがあります

後々、他の墓へ改葬しようと考えていても遺骨を取り出せなくなってしまうことがあるので、事前に契約内容をよく確認しておきましょう。

手入れや墓参りが困難

霊園タイプの樹木葬で寺院や霊園が墓の管理をしてくれる場合は問題ありませんが、里山タイプの樹木葬で遠くの山林へ埋葬する場合は埋葬地の手入れや墓参りが困難となるケースがあります。

施設の管理者へ墓の手入れをお願いできるかどうかによって遺族の負担に大きく影響する可能性があります。

自分でガーデニングできるわけではない

霊園タイプの樹木葬であっても自分で好きなようにガーデニングできるわけではありません。

ほとんどの場合は施設の管理者にお任せすることになるため、自分の区画に対する権利がどのようなものかについても確認しておきましょう。

親族の理解を得られるかどうか

樹木葬を行うことは故人の遺志や遺族の希望によるものが多いですが、トラブルを起こさないためにも親族の理解は得た方がよいでしょう。

最後に

樹木葬と聞くと自然でクリーンなイメージがあるかと思います。そのため、自分が亡くなった後は遺骨を土に還して自然と一体となりたいと考える方がいるのは不思議ではありません。

また、墓の承継者が不要であるという点も樹木葬の大きなメリットです。少子化が進む中、また高齢の「おひとりさま」が増えている状況下で、樹木葬は新しい納骨スタイルであり、これからますます注目されていくかもしれません。

終活中の方や葬儀後に墓を建てるかどうかを検討されている方は、樹木葬を行っている墓所も見学に訪れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

自然葬について詳しく解説

自然葬について詳しく解説

近年、「墓地に関する費用を抑えたい」という人や、「遺族に墓地管理の負担を掛けたくない」と考える人が増え、遺骨を墓地に納めず自然に還す自然葬が注目されています。 最近も、著名な芸能人の樹木葬...

続きを読む

葬儀の費用を抑えるためのポイント

「葬儀にかかる費用」「納得の行く葬儀ができるか」は、どの葬儀社に依頼するかで大きく異なることがあります。

そのとき大事なのは、複数社に見積もり依頼して内容を「比較検討」することです。

「葬儀の費用は高額だと聞いたことがあるので、なるべく費用を抑えたい..」

「相見積もりを取りたいけど、自分で直接複数の葬儀社に問い合わせるのは面倒..」

「初めて葬儀の喪主を務めることになったが、どの葬儀社に依頼したらいいのか分からない..」

そのような方には当サイト「安心葬儀」で、簡単に無料で比較見積もりが可能ですので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら

関連記事

安心葬儀とは?相見積もりを利用するメリット、利用の流れについて

安心葬儀とは?相見積もりを利用するメリット、利用の流れについて

葬儀を依頼する葬儀社の決定は、逝去後数時間以内が大半と言われております。 時間が無い中で決定する必要があるにも関わらず、葬儀には十数万円〜数百万円のまとまった費用がかかる上、葬儀の品質は葬...

続きを読む

安心葬儀 ご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    安心葬儀お客様センター0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。24時間365日対応・通話無料です。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社をご紹介いたします(最大3社)。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください


安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能。ギフト券最大1万円分プレゼント /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。


安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。


安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能。ギフト券最大1万円分プレゼント /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。


関連する記事

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント

安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能/