葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 散骨
  4. 散骨とは?流れや注意点など詳しく解説します

散骨

散骨とは?流れや注意点など詳しく解説します

散骨とは?流れや注意点など詳しく解説します

散骨をご存知でしょうか。遺骨をお墓に埋葬するのではなく、故人にゆかりのある場所などに赴き、粉末状にした遺骨を撒くのが散骨です。

遺骨の埋葬や供養の方法が多様化する昨今、葬儀後に散骨を計画されている方は以前よりは多いのではないでしょうか。しかし、現実的には、実施率は1%にも満たないと言われています。新しい葬送であり、わからないことも多い散骨。

この記事では、満足して滞りなく散骨を行うために知っておきたいことをまとめました。

散骨とは

散骨とは

散骨とは、遺骨を粉末化して、野山や海などに撒く葬法のことです。 いま現在でも故人の遺骨は墓地に埋葬するのが一般的です。

しかし、墓石の建立には費用が高くついたり、世代を超えたお墓の承継が困難な世帯が増えたりして、墓じまいの数は急増しています。そんな中、経済的で合理的な葬法として散骨が注目を浴びています。

平成31年2月現在、散骨を取り締まる法律はありません。『墓地、埋葬等に関する法律』(以下:『墓埋法』)が制定された当初、散骨が一般的ではなかったからです。

注目を集めているとはいえ、散骨に関する法整備がなされていないため、むやみな散骨がトラブルに発展する事例も出ています。たとえば、観光地や海水浴場、漁場、港などは避けるべきでしょう。

また、散骨業者も遺族に喪服ではなく平服を促しています。周囲の目を気にしてのことです。

個人でも出来る?

散骨を事業としている業者はたくさんありますが、専門業者に遺骨を粉骨してもらうことで、個人で散骨を行うことも不可能ではありません。

しかし、慣れない散骨をする上で、他人に迷惑がかからないようにするなど、よりきめの細かい節度と配慮が求められます。

散骨を行う場所

散骨を直接的に取り締まる法律はありませんが、『墓埋法』など関連法規に抵触しないため、散骨は下記の場所のみでしか行えないと考えましょう。

  • 海岸線から遠く離れた沖合
  • 人のいない沿岸
  • 墓地や霊園業者や宗教法人が行政から許可を受け、管理している墓所
  • 自分の私有地

特に山林については、普段人気のないようなところであっても誰かの土地であることにかわりはありません。むやみに散骨を行なわないよう注意を要します。

以上のことを考慮しますと、散骨を行う場所の選定は思いのほか難しいのです。 自身で散骨することに不安な人は、民間業者やNPO法人など、散骨事業を行っている業者や団体に相談しましょう。

散骨を海で行うには

海へ散骨

散骨業者の多くは海洋散骨を取り扱っています。海洋散骨の方がリスクが少ないからです。
海洋散骨には、次の3つの方法があります。

  • 委託散骨
    散骨を業者に委託します。遺族は同行しません。
  • 合同散骨
    複数の遺族が1つの船に乗り合わせて散骨します。
  • 個別散骨
    船を一艘借りて、1つの遺族だけで散骨を行います。


また、個人で散骨する人の中には沿岸で散骨する人もいますが、トラブルの原因となるため、あまりおすすめはしません。

海へ散骨する際に懸念する法律

前述のとおり、散骨を定める法律はいま現在ありません。そのため、散骨自体は違法でも合法でもない状態で、散骨に関する行政上の手続きもありません。 しかし、一部の自治体では散骨に対しての条例やガイドラインを定めている場合もあります。

散骨を計画している場合はその場所に関して条例がないかどうか、確認が必要です。

海へ散骨する際の留意点

海への散骨でも、他者への迷惑には十分配慮しましょう。法律がないからといって好き勝手にしていいというわけではありません。 考えられるトラブルには次のようなことが挙げられます。

  • 漁場や養殖場の近くで散骨を行うことで風評被害を訴えらえれる
  • 海水浴場などの近くで散骨を行うことによる観光地のイメージ低下を訴えられる
  • 橋の上や自力でボートを漕いで散骨をすることで、事故につながる危険性が高まる

このような問題を起こさないためにもできるだけ実績のある業者に依頼することをおすすめします。

散骨を山で行うには

山へ散骨

山への散骨は海よりも難易度が高いです。 なぜなら、山林は必ず誰かの土地(国有地、自治体の所有地、個人の私有地)だからです。

所有者の許可を取っていれば問題ありませんが、現実的ではありません。 散骨業者の多くが海洋散骨を行っているのは、その方がトラブルのリスクが低いからなのです。

樹木葬との違い

山への散骨を樹木葬と混同する人が多くいるのですが、似ているようで大きく異なります。 樹木葬とは石ではなく樹木を用いたれっきとしたお墓で、登記上「墓地」として認められた場所でしか行えません。

一方、散骨は遺骨を撒くだけで手を合わす礼拝施設を設けないためにお墓とは呼べません。

樹木葬は「里山型」と「霊園型」に分けられます。

里山型」では大自然の山林の中で区画割りをして、その区画内に遺骨を埋葬して植樹します。原則として石碑やカロートなどは用いません。

一方の「霊園型」は都市型霊園の中に作られた樹木葬墓地です。

墓石の代わりに樹木を植えますが、遺骨はカロートの中に納めるタイプがほとんどです。 個別の区画に埋葬して植樹するタイプと、ひとつの大樹を利用者で共有し、その周りに設けられたカロートの中に納骨するタイプなどさまざまです。

また、樹木葬の多くはやがて永代供養にすることを前提としています。

山へ散骨する際に懸念する法律

散骨を取り締まる法律がない以上、散骨は法的にはグレーの状態です。

つまり「いいとも悪いとも言えない状態」なわけです。いまはよくても今後は禁止されるという危険性は大いにあるでしょう。

地域住民のトラブルが原因で、独自に条例を設けている自治体もあります(北海道長沼町など)。

あくまでも誰かの土地であるという認識は頭の中に入れておきましょう。

山へ散骨する際の留意点

海でも山でも同じことですが、必ず粉骨しましょう。遺骨を白骨のまま土の中に埋めてしまうと死体遺棄罪に問われます。「節度を持って行う」とは、散骨という行為によって迷惑をこうむる人がいないということです。その点をしっかりわきまえて散骨しましょう。

これらの問題をクリアさせ、滞りなく故人を弔うためにも山への散骨実績のある業者に相談するのがよいでしょう。

散骨のメリット・デメリット

ここまで、海の散骨と山の散骨の概要について説明してきました。墓石への埋葬と比較して、散骨にはメリットとデメリットがあります。

メリット

散骨のメリットとして以下の点が挙げられます。

お墓にかかる費用を抑えられる

散骨することでお墓の購入費や墓石の購入費がかかりません。また、すでにお墓がある場合も、戒名の彫刻費、メンテナンスや修繕の費用、墓地への年間管理費も不要のため、お墓にかかる費用をかなり抑えることが出来ます。 さらに遠方のお墓参りには高い交通費と時間がかかりますが、こうした費用や手間も抑えることができるでしょう。

特別な許可や届け出が不要

個人で散骨する場合、特別な許可や届出が不要という点もメリットです。 ただし、多くの粉骨業者や散骨業者に対して、火葬場が発行する「埋火葬許可証」の提示が必要なので、大切に保管しておきましょう。

デメリット

散骨におけるデメリットは以下の2点が挙げられるでしょう。


周囲の理解が得難いこともある

散骨をする際は周囲の人(特に親族)の了承を得る必要がありますが、新しいタイプの供養の方法なので、特に高齢の親族をはじめとして、理解を得られない可能性もあるでしょう。

お参りする固有の場所がない

散骨をしてしまうと、固有の場所に墓標を設けることができません。お墓参りをして故人を偲ぶことに慣れている人にとっては、精神的、心理的な満足が得難いかもしれません。

デメリットの解決策

では、これらのデメリットはどのように解決することができるでしょうか。

故人の遺志として文面に残しておく

散骨を計画した場合、あらかじめ散骨を行う意思を親族などに伝え、了承を得ましょう。 もし故人の意思であるのなら、文面に残しておくのも方法の一つです。故人の意志であることが分かれば、理解を得やすくなるでしょう。

自宅に仏壇を設ける

手を合わせる場所がないことを不満に思うのであれば、自宅に仏壇を設けるなどして、故人を偲ぶことが出来る環境を作ることで故人を弔うことができます。

以上のように散骨によるデメリットも準備次第で解決することができます。 散骨を計画する際に生じる問題をひとつずつクリアして、希望通りの散骨ができるよう、専門の業者に相談するのもよいでしょう。

散骨の流れ

申し込み~粉骨までの流れ

事前相談、生前申し込み

家族間で事前に話し合って意思疎通を図っておきます。どのような場所に散骨して欲しいのかなど、希望があれば家族に伝えておくことも大切です。

また、遺骨をすべて散骨するのか、それとも一部を散骨するのかどうかについても話し合っておきます。生前に申し込みができる業者もありますので、事前にじっくりと時間をかけて業者を決めておくと安心です。

申し込み

散骨と一言で言っても様々なスタイルがあり、プランも色々です。海がいいのか、山がいいのか、散骨を委託するのか、家族が乗船して散骨するのか、どのような場所でどのようなプランにするのか希望を伝え、申し込みをします。

申し込みの際に必要な書類は、申込書、同意書、埋火葬許可証、依頼者の身分証明書などです。業者に依頼する際にどのような書類が必要か確認して準備しましょう。

散骨を業者に依頼する場合は、火葬済であることの証明がされている「埋火葬許可証」が必要です。一般的なお墓であれば墓地の管理者に提出する書類です。

ただ厳密に言うならば、散骨とは埋葬行為ではないため、埋火葬許可証を不要とする業者もあります。 すでにお墓に埋葬してある遺骨を取り出して散骨する場合は、改葬許可証が必要です。埋葬している墓地で納骨証明書を発行してもらいます。

次にその書類を墓地の所在地である自治体に提出して、改葬許可証をもらいます。

遺骨の受け渡し~粉骨

散骨をする前に、遺骨を粉骨しなければなりません。粉骨は業者が行ってくれます。業者が受け取りに来る方法と郵送する方法とが選べます。 粉骨作業を行ったあと、骨壷は業者が適切に処分してくれます。

散骨の当日の流れ

業者に散骨を委託する場合は、遺族がすべきことは特にはありません。当日の様子を写真にして渡してくれるところもあるでしょう。 業者に散骨を委託せず、家族が乗船して海で散骨する場合は以下のような流れになります。

出航(海の場合)
港から指定の船に乗船し、散骨する沖へ向けて出航します。

散骨式(献花、献水、黙祷など)
散骨する場所についたら、散骨式が始まります。散骨と前後して献花・献水、黙祷などを行い、故人の冥福を祈ります。

帰港

散骨後の流れ

散骨証明書の受領
帰港後、散骨証明書を受領して散骨に関連した一連の流れが終了します。散骨時の写真や散骨場所の写真、散骨位置の詳細がわかる資料が提供されるサービスもあります。

メモリアルクルーズ
散骨後、散骨した場所に訪れるクルーズを実施している業者もあります。チャーターだけでなく、合同で訪れるプランもあります。

散骨を行う際に掛かる費用

それでは実際に散骨を行う際、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。

散骨を行う際に掛かる費用の相場

個人で散骨する場合

個人で散骨を希望する場合、必要なのは粉骨にかかる費用のみになります。粉骨費用は約3万円くらいが相場です。なお、粉骨業者に依頼する際、遺骨の受け取りは業者が直接受け取りにくる場合と、それが困難な場合には郵送する場合があります。

業者に散骨を委託する(委託散骨)

次に費用がかからないのは散骨の委託代行です。これは遺骨を業者に渡し、業者が粉骨から散骨までを行ってくれるサービスです。家族は散骨に同行しません。 散骨を業者が行ってくれるので、個人で散骨する場合より高く、約5万円くらいが相場になります。

複数の家族と合同で乗船する(合同散骨)

また、海に散骨する場合は合同乗船という方法があります。これは海洋散骨のところでも少し触れましたが、一つの船に複数の家族が乗船し沖に出て散骨するという方法です。 この場合は粉骨と乗船料がかかり、約15万円くらいかかります。

船をチャーターする(個別散骨)

最後は海で散骨する場合のチャーター便です。この場合は、一つの船に一つの家族のみが乗船して沖から散骨するという方法です。これには粉骨と船のチャーター代が含まれて、約20万~30万円くらいが相場になります。

費用の内訳

大まかには上記で説明したとおり、粉骨の費用と散骨地までの交通費(乗船料)が費用に含まれます。そのほかに献花などのお供え物の費用が含まれることもありますので、業者に依頼する場合には確認が必要です。

業者への支払いは以上になりますが、個人で散骨を行う場合は散骨場所までの費用やお供え物の準備費用は別途かかります。

個人で散骨を行う際の留意点

個人で散骨を行う際は以下の点について注意が必要です。 個人で散骨を行う場合は、遺骨をきちんと粉末状にして、遺骨が遺骨と分からないようにする必要があります。なぜなら、粉骨しない状態で散骨すると「死体遺棄罪」に抵触するからです。

次に、散骨する場所を適切に選定する必要があります。散骨することで地域住民に迷惑かけてしまう可能性があるからです。前述のとおり、海の場合は観光地や漁場、海水浴場は避けましょう。 特に漁場などの場合には民事訴訟に発展することもあるので注意が必要です。

また、定期船を利用してデッキから散骨する方もいるようですが、航路が漁場になっているだけでなく、他の乗客の目に触れやすいのでやめましょう。

山へ散骨する場合も、他人に迷惑をかけることがないかよく考えましょう。 業者に依頼するとこれらの問題は比較的クリアになるので安心です。

散骨当日は喪服ではなく平服を着用しましょう。一見して散骨しているとは分からない配慮が望ましいでしょう。

散骨した場所に花束を置いたり、お酒を撒くこともありますが、ゴミになってしまう包装紙やビンなどは必ず持ち帰りましょう。 花束はそのままの形ではなく、ばらして海へ献花しましょう。

散骨を規制する法律がないため、行政上の手続きもないため個人で散骨すること自体はそれほどハードルは高くないでしょう。 だからこそ周囲への配慮という点で注意を怠らないようにしなければなりません。

また、自治体によっては散骨を規制する条例やガイドラインを設けていることもあるため、事前に確認しておきましょう。

まとめ

今回は近年、注目を集めつつある散骨という供養方法について説明しました。 お墓にかける手間や費用が不要なため、合理的で経済的な供養方法として注目を集めていますが、法整備がなされていない分、さまざまな面に注意しなくてはなりません。

できるだけ多くの情報を集めて、周りの人たちに迷惑の掛からない散骨をすることが、故人の望むことでもあるでしょう。

葬儀の費用を抑えるためのポイント

葬儀にかかる費用や葬儀内容の良し悪しは、どの葬儀社に依頼するかによって大きく異なります。複数の葬儀社から見積もりを取って内容を比較することで、費用面の負担が少ない、信頼できるベストな葬儀社を見つけることができます。複数社に自分で連絡するのは大変ですが、今は一括見積サービスがありますので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
\ 最安11万円から葬儀社をご紹介いたします /
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応