葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の種類
  3. 海洋散骨とは?散骨を行う場合の注意点についても解説

葬儀の種類

海洋散骨とは?散骨を行う場合の注意点についても解説

海洋散骨とは?散骨を行う場合の注意点についても解説

家族の誰かが亡くなれば、「〇〇家」として葬儀を行ない、ご遺骨はその家代々のお墓に納めるというのが従来の葬儀のスタンダードでした。

しかし、価値観の変化や少子化、出身地を離れることも普通となってきている近年では、墓地への納骨以外の選択肢を検討する人が増えてきています。

本記事では、そうした選択肢の一つである海洋散骨の特徴、費用、マナー、注意点などについてご紹介します。

海洋散骨とは

海洋散骨とは、文字通りご遺骨を海洋に散布することであり、そうした方法で故人を葬ることを指します。故人が生前海好きで、死後は自然に還りたいと希望していたというような場合に選ばれることの多いスタイルです。

では、海洋散骨には具体的にどういった特徴があるのでしょうか。

海洋散骨の特徴

納骨ではなく散骨

一般的にはお墓にご遺骨を納めますが、海洋散骨では粉末状にしたご遺骨を海に撒きます。つまり、ご遺骨をどこかに「納める」ことをしません。

墓標がない

お墓に納骨しない形式としては、総本山への納骨や、同じ自然葬であれば樹木葬もあります。

しかし、総本山に納骨するのであればそこへ赴いてお参りすればよく、樹木葬であれば特定の樹木に手を合わせればよい一方、海洋散骨では墓標(埋葬の目印)が存在しません。(分骨する場合はその限りではありません)

故人本人の希望によることが大半

海洋散骨が行なわれるケースとしては、経済的な事情や墓守がいないこと、ご遺族の考え方や信念による場合などが考えられます。 しかし、ほとんどの場合は故人が生前に海洋散骨(あるいは広く自然葬やお墓に入らない形式全般)を希望していたことが理由です。

海洋散骨にかかる平均費用

海洋散骨にかかる平均費用はいくら程度でしょうか。また、その内訳はどういったものでしょうか。

海洋散骨にかかる平均費用とその内訳

はじめに、海洋散骨を行なう場合に必要となる費用にはどういったものがあるのでしょうか。費用内訳としてはおおむね下記のようになります。

  • ご遺骨を粉末化(粉骨)する費用
  • 散骨地(出港地)までの交通費、宿泊・滞在費など(必要な場合)
  • 献花用のお花、線香などの購入費(用意する場合)

次に、平均費用を見ていきましょう。海洋散骨には、単独(1家族のみ)で行なう場合の他、複数家族が合同で散骨を行なう場合や業者に委託して行なう場合もあり、それぞれのケースで必要となる費用は異なってきます。

単独での海洋散骨の平均費用

1家族のみで海洋散骨を行なう場合の平均費用は、約20~30万円です。

合同散骨の平均費用

複数の家族が一緒に乗船し、同じポイントで海洋散骨を行なう合同散骨の場合、船が乗り合いとなってチャーター料金が割安となる分だけ費用は抑えられ、平均費用は約10万円前後です。

委託散骨の平均費用

海洋散骨委託業者に依頼して海洋散骨を代行してもらうことも可能です。その場合の平均費用は約5万円前後です。(ご遺族が同船しないケース)

海洋散骨のメリット・デメリット

海洋散骨にはどういったメリットやデメリットがあるでしょうか。 ロマンチックなイメージが先行しがちな面もある海洋散骨ですが、そのメリットおよびデメリットをしっかりと把握しておきましょう。また、デメリットについてはその解決策についても考えてみてください。

海洋散骨のメリット

海洋散骨のメリットには、次のようなものが考えられます。

自然に還ることができる

「土に還る」といわれるように、人も亡くなった後には大自然へと還っていくという考え方は今も昔も広く浸透しています。海洋散骨は、この自然に還るという感覚を現実にする一つの方法であるといえます。

故人の希望を叶えることができる

故人が生前に海洋散骨を望んでいたのであれば、その願いを叶えてあげることができます。 故人の遺志を尊重することができたという思いは、ご遺族の心に安らぎをもたらすことでしょう。

子孫に負担をかけずに済む

「家」の制度や考え方が残っていた時代とは価値観も大きく変わってきており、子ども世代が故郷を離れて暮らすことも今では珍しくありません。

お墓の維持やお世話の苦労を子孫にかける心配がなくなるということは、海洋散骨のメリットであるといえます。

経済的負担を軽減できる

お墓に納骨する場合、寺院へのお布施や諸費用が必要ですし、お墓を新たに建立することになれば、墓石代などの費用もかかります。また、納骨後のお墓のお世話や法要のための費用なども考えなければなりません。

海洋散骨ではそういった費用が発生しませんので、その分経済的だといえます。

海洋散骨のデメリット

海洋散骨のデメリットには、次のようなものが考えられます。

手元にご遺骨が残らない

全てのご遺骨を散骨する場合、当然のことながら手元にご遺骨は一切残りません。どこに向かって手を合わせればよいか分からず、寂しさを覚えるご遺族も少なくないようです。

お墓参りや年忌法要などが行なえない

故人の供養全般を負担と感じるか、故人を思い起こす大切な機会と捉えるかは人それぞれです。

海洋散骨の結果、ご遺族が「海がお墓のようなもの」「海を見ると故人を思い出せる」と感じられるのであればよいですが、お参りするお墓や手を合わせる仏壇がないことを悲しく感じてしまうケースもあるでしょう。

海洋散骨のデメリットの解決策

上記のような海洋散骨のデメリットの解決策には、次のようなものが考えられます。

ご遺骨の一部を手元に残す

海洋散骨する際、必ずしも全てのご遺骨を散骨しなくてはならないわけではありません。ご遺骨の一部を散骨せずに手元に残して供養する(手元供養)という選択も一般的に行なわれていますので、検討してみましょう。

海洋散骨を行う方法と流れ

海洋散骨を行なうに当たっての大まかな流れは次のようになります。

  1. 散骨までの準備
  2. 業者申し込み
  3. ご遺骨引き渡し
  4. 粉骨
  5. 出航
  6. 散骨

各段階とその方法については、以下の通りです。

散骨までの準備

実際に海洋散骨を行うまでに、準備を進めます。

海洋散骨に対応している業者を探す

現時点で海洋散骨は、まだ一般的とはいえない状況です。まず、海洋散骨に対応している業者を探す必要があります。

大手の葬儀会社であれば海洋散骨プランを提供している場合もありますし、海洋散骨専門の業者もあります。お住まいの地域や提供サービス内容など、さまざまな角度から検討しましょう。

必要な証書類を用意する(葬儀後そのまま散骨するケース)

葬儀後にそのまま散骨する場合に必要となるのが「埋葬許可証」です。

その名の通り、埋葬を許可する証書となりますので、埋葬・納骨しない海洋散骨では不要とも考えられますが、原則として再発行されることのない種類の公的証書ですので、保管が望ましいでしょう。

一部のご遺骨を手元に残す場合は、将来的にそのご遺骨を納骨することになる可能性もありますので、必ず保管するようにしましょう。(許可証がないと納骨することが不可能となってしまいます)

なお、厳密には、「埋葬許可証」は土葬が認められている一部地域のみで必要となるものです。

その他大半の地域では、役所に死亡届を提出する際に発行される「火葬許可証」に火葬執行済みの証明印が捺されたものをもって「埋葬許可証」と解釈します。

必要な証書類を用意する(埋葬済みのご遺骨を散骨するケース)

既に納骨されているご遺骨を散骨する場合には、納骨の事実を証明する「納骨証明書」や、ご遺骨が取り出され引き渡しが行なわれたことを証明する「遺骨引渡証」などが必要です。

業者によって必要書類が異なる場合がありますので、依頼する業者に確認の上手配しましょう。いずれの証明書も納骨先の墓地や霊園などの管理者に発行してもらいます。

散骨の流れ

海洋散骨の流れは以下のようになります。

①業者申し込み
海洋散骨に対応する業者を探し、比較検討して依頼先を決めたら、申し込みます。申し込み手続き方法を業者に確認しながら進めましょう。

②ご遺骨引き渡し
事前に業者にご遺骨を受け渡します。「業者が依頼者宅まで引き取りに来る」「依頼者が業者に持ち込む」「郵送する」といったケースがありますので、業者に確認します。

③粉骨
ご遺骨を預かった業者側にて、ご遺骨を粉砕してパウダー状に加工します。

④出航
散骨を行うポイントまで船で向かいます。

⑤散骨
散骨ポイントに到着後、散骨します。

海洋散骨のマナー

海洋散骨自体がまだ一般的とはいえない状況ですので、そのマナーについても詳しいことはあまり知られていないのが実情です。 ここでは、海洋散骨のマナーについてご紹介します。

海洋散骨のマナーとして気をつけたい点

海洋散骨に当たりマナーとして気をつけたい点には、下記のようなことがあります。

海水浴場や観光地、漁業区域に配慮する

法律(墓地埋葬法)制定時に散骨というスタイルが想定されていなかったため、現在のところ散骨に関する法律上の制限はありません。

しかし、それは海洋散骨が合法であるというよりは、あくまで「違法とはいえない」と解釈されるということであると理解すべきです。

法律で定められていないため、業者独自のルールに則って行なっているというのが現状ですが、それだけに節度を守ることが重要となってきます。

ご遺族にとってはかけがえのない家族の遺骨であっても、周囲の心情としては少なからず不快なものですので、その点には最大限の配慮をする必要があります。

多くの人がレジャー目的で訪れる観光地や海水浴場、漁業船が操業する区域などでの散骨は、宗教的感情や衛生観念に反する行為といえますので、避けなくてはなりません。

喪服を着用しない

出航時に利用するのは公共の船着き場やマリーナです。喪服を着た人たちがぞろぞろと船に乗り込めば、海洋散骨に向かうということが容易に想像され、主に楽しむために集まっている他の利用者の感情を害することとなります。

しめやかに故人を見送りたいというご遺族の気持ちは理解できますが、周囲に不快感を与えないための配慮として、喪服の着用は慎みましょう。

また、船の上では海水を浴びて大切な衣服を濡らすことや、揺れが起きた際に不安定なパンプスでは耐えきれずに滑って転ぶことも考えられます。

そういった観点からも、足元はスニーカーのような履物でのカジュアルな平服が望ましいといえるでしょう。

自然に還らないような副葬品はNG

ご遺骨自体は成分的には大半がリン酸カルシウムであり、環境破壊につながるものではありませんが、副葬品(遺品)については自然に還らず海洋汚染の原因となりかねないことから基本的に撒いてはいけません。

しかし、たとえば花びらやお酒、ごく少量の食べ物など自然に還るものであれば、ご遺骨と一緒に撒くことが認められるケースも多いようです。まずは業者に相談してアドバイスを求めるとよいでしょう。

海洋散骨を行なう場合の注意点

海洋散骨を行なうに当たっての注意点としては、次のようなものがあります。

ご遺族でしっかりと話し合う

海洋散骨を行なう場合、分骨するのでなければご遺骨は残りません。跡形もなく消えてしまったのはやはり寂しかったと後から悔いても、取り返しがつかないということです。 海洋散骨がたとえ故人の遺志であったとしても、それは義務ではありません。最終的には残されたご遺族の気持ちが優先されるべきですので、改めてご遺族でじっくりと話し合い、後悔のないようにしましょう。

ご遺骨の全てを散骨することに抵抗がある場合、前述の通り、一部を手元に残して故人を偲ぶという選択肢もあります。

残し方としては、「小型の骨壺に保管」「ペンダント内部に収納」「人工宝石に加工」などといった方法があります。

ご親族に十分な説明を行なう

海洋散骨という葬送方法に抵抗感を覚える人は少なからずいるため、ご親族に対し十分な説明なく海洋散骨を行うと、後になって揉め事となるというケースも見受けられます。

故人の生前の希望であること、ご遺族の気持ち、海洋散骨の具体的な方法などを丁寧に説明し、事前に理解を得ておくようにしましょう。

満足の行く海洋散骨のために

海洋散骨のすそ野は広がりつつあるもののまだ一般的といえるほどではなく、海洋散骨を希望はしていても不安を覚えたり、大切な家族を送る方法としてふさわしいとは思えなかったりすることもあるでしょう。

海洋散骨は一つの葬送の形に過ぎず、どういった葬送が最善であるかは、故人の想い、ご遺族の気持ちや事情、周囲の環境などにより変わってきます。

海洋散骨を検討するのであれば、良かったと心から満足できるようなお見送りとなるよう、ご遺族・ご親族で十分に話し合うことが何より大切です。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応