葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 手元供養とは?アクセサリーや保存の容器、費用についても紹介します

葬儀の知識

手元供養とは?アクセサリーや保存の容器、費用についても紹介します

手元供養とは?アクセサリーや保存の容器、費用についても紹介します

亡くなってしまった大切な方を、より身近に感じていたいという希望を叶える方法として「手元供養」があります。

従来は葬儀を終えれば、お墓に納骨することがあたりまえでしたが、昨今は散骨や樹木葬など他の方法を選択をされる方も増えています。

手元供養もその選択肢のひとつです。

今回は、手元供養の方法や費用などについてお伝えしてまいります。

手元供養とは

手元供養(てもとくよう)とは、遺骨を自宅など身近に置いておく、または遺骨をアクセサリーの一部として身に着けておくという供養スタイルです。

手元供養のことを「自宅供養」と言う場合もあり、一般的に手元供養が選ばれる主な理由は次の2つです。

  • 故人といつまでも近くにいたいという希望を叶えるため
  • 納骨先が決まらない、お墓を購入できないといった事情のため

法律的には遺骨は必ずお墓に納めなければならないと定まっているわけではないので、手元供養を行うこと自体は、法的にも何ら問題はありません。

地域によって墓地不足といわれる状況の中、遺骨の新しい供養方法としても手元供養が注目されています。

手元供養の方法について

手元供養は遺骨の全てを対象とする場合と、遺骨の一部のみ対象とする場合があります。

遺骨の一部のみとする場合、最初から遺骨の一部を取り分けてしまう方法と、すでに納骨されているお墓から、遺骨の一部を取り出すという2パターンがあります。

葬儀を行う時点で遺骨の一部を取り分けることを決めている場合には、葬儀社に依頼をしておけば分骨用の小さな骨壺を用意してもらえますので、火葬場で取り分ける形になります。

なお、このときに火葬場から「分骨証明書」の交付を受けます。

一方、既にお墓に納められている遺骨の一部を取り出す場合には、墓地の管理者から「分骨証明書」を発行してもらいます。

分骨証明書は手元に遺骨を置いている間は必要ありませんが、後になって遺骨をお墓に納めることになった場合に必要となりますので、大事に保管しておきましょう。

手元供養のメリットとデメリットとは

手元供養にはメリットとデメリットがありますので、手元供養を検討する際には、その両面を知っておくことも大事です。

手元供養のメリット

故人を身近に感じられる

お墓に納骨されているのと異なり、遺骨を自宅に安置したり、身に着けることで故人がいつも側にいる感覚になります。

供養のために遠方に出向く必要がない

遠方にお墓がある場合など、手元の遺骨に手を合わせることでお墓参りの代わりとする方もいらっしゃいます。

費用を抑えることが可能

遺骨全てを手元供養とする場合には、お墓の購入費用や管理費用がかからないため、大きく負担が軽減されます。

逆に遺骨の一部のみ手元供養とする場合には、お墓への購入や納骨に係る費用にプラスして手元供養のための費用がかかってくることになります。

悲しみを和らげる働きも

身近に遺骨を置くことで喪失感の緩和に繋がることもあります。

宗教や様式にとらわれずに行える

墓地によっては宗教宗派の制限があったり、お供え物の種類にルールが定まっていたりしますが、手元供養ではこのようなしばりはなく、基本的に自由です。

手元供養のデメリット

分骨に対してマイナスな意見を持つ方もいる

骨を分けることについて「成仏できない」とか「故人があの世で迷う」などと抵抗感を覚える人もいます。

特に家族や主だった親族にも充分な説明を行い、理解を得ることが大事です。

手元供養を行っていた人が死亡した場合に残された遺骨に困る

たとえば、2人暮らしをしていた老夫婦のご主人が亡くなり、奥様が手元供養を行っていた場合、その奥様が亡くなったあとご主人の遺骨をどうするか、残された人が困る可能性があります。

手元供養の種類と費用相場とは

手元供養にはいくつかの種類があります。ここでは手元供養の主な種類と、その費用相場を紹介してまいります。

骨壺

分骨用の骨壺は、自宅の見える場所に安置しておけるように配慮され、その形や色なども様々なものがあります。

サイズとしては高さ5㎝~10㎝程度のものが多く、一見して骨壺には見えないようなデザインのものもあります。

材質は陶器製が主流で、その他ガラス製や樹脂製の骨壺も見られます。

分骨用の骨壺は、約5千円~1万5千円が相場です。

アクセサリー

ごく少量の遺骨をペンダントトップに納められるようになっているタイプのものが主流です。ペンダント以外にも指輪やブレスレットの手元供養用アクセサリーもあります。

遺骨を納めるタイプの手元供養用アクセサリーは、約1万円~3万円が相場です。

この他、遺骨そのものをダイヤモンドに加工したアクセサリーもあります。ダイヤモンドへの加工費用はサイズによって変動し、0.20カラットでおおよそ40万円台、1.0カラットでおおよそ200万円が相場です。

先に紹介した骨壺の安置に適したサイズ感のミニ仏壇も手元供養では多く利用されています。

場所を取らず、デザイン性の高いお洒落なものなど、選択肢は豊富にあります。ミニ仏壇は約1万円~3万円が相場です。

最後に

今回は、手元供養の方法や費用などについてお伝えしてまいりました。

手元供養は遺骨を身近においておく、または身に着けておくという遺骨の供養方法です。

故人を身近に感じていられるなどメリットの方が多いようですが、マイナスな意見をお持ちの方への配慮や、遺骨の後々のことまで考えておくなどの対応もしておきましょう。

価値観の変化や家族構造の変化などを背景に、手元供養を選ぶ方は今後ますます増えていくのかもしれません。

手元供養を検討される際には、今回の内容を参考にして頂ければ幸いです。

 

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応