葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の種類
  3. 自然葬とは?種類や費用、メリットデメリットなど詳しく紹介します

葬儀の種類

自然葬とは?種類や費用、メリットデメリットなど詳しく紹介します

自然葬とは?種類や費用、メリットデメリットなど詳しく紹介します

近年、墓地の費用を抑えたいという人や、遺族に墓地管理の負担をかけたくないと考える人が増え、遺骨を墓地に納めず自然に還す自然葬が注目されています。

最近でも、著名な芸能人の樹木葬が話題になりました。しかし、自然葬が行われることはまだ少なく、その特徴や費用、気をつけたいポイントなどについて知る人は、多くないのが現状です。

この記事では、話題の自然葬について知っておきたい内容をまとめました。自然葬を考える際の情報源としてお役立てください。

自然葬とは

自然葬とは、遺骨を墓地に納めるのではなく、大地や海といった自然に還すという考え方に基づいた弔いの形です。

近年、注目が集まっているので新しい考え方のように思われますが、風葬、鳥葬、土葬など、古くから行われてきた葬送は自然葬が基本といえます。

現在、日本で行われている主な自然葬には、「散骨」と「樹木葬」があります。

散骨

遺骨を海や山といった自然のなかに撒くのが散骨です。

現在のところ、日本では海に遺骨を撒く「海洋散骨」が主流です。船をチャーターして行う個別散骨のほか、複数の遺族が同じ船に乗って行う合同散骨、遺骨を業者に預けて散骨を任せる委託散骨があります。

一方、海以外にも山に撒く散骨。さらに、ヘリコプターや巨大なバルーンなどを使って空から散骨する「空中葬」や、遺骨をロケットに乗せて宇宙空間に散骨する「宇宙葬」も行われています。

米国では著名なSF作家をはじめ、すでに何人かの遺骨(遺灰)が宇宙空間に散骨されています。

樹木葬

樹木葬は、墓石の代わりに樹木を墓標とする葬送の方法です。遺骨は樹木の下に埋葬され、時間とともに大地に還っていきます。

自然物の樹木を墓標としますが、従来の墓地と同様にお参りに訪れることができるため、厳密にいえば自然葬ではないという考え方もあります。

法律的にも墓地と同様に扱われるため、墓地として許可を受けた土地でないと樹木葬は行うことはできません。

樹木葬には「里山型」と「公園・都市型」があります。里山型は、都心部から離れた森林や山林などに遺骨を埋葬する方式です。自然のままの環境を生かした弔い方で、日本初の樹木葬はこの里山型でした。

一本の樹木に対して、一人の遺骨だけが埋葬されるのではなく、家族など複数の遺骨を埋葬するケースもよく見られます。

一方の公園・都市型は、比較的都市部に近い敷地内に、樹木葬として用意された場所に埋葬します。樹木が植えられた区画内に遺骨を埋めるという方法のほか、埋葬後に樹木を植樹するという方式を取っているところもあります。

また、遺族が希望すれば墓地のように区画を代々継承できるところや、一定の年月を経た後に、永代供養塔などに合祀されるケースもあるようです。

自然葬のメリットとデメリット

自然葬を行った場合の、良い点と注意したい点を見てみましょう。

自然葬共通ののメリット、デメリット

自然葬の最大の特徴は、墓地を用意する必要や、遺族、子孫が墓地を継承する必要がないということです。

墓地を持たないことは金銭的に大きなメリットとなるだけでなく、少子化、核家族化時代に対応するための一つの方法といえます。

また、自然葬には宗教的な制約がないので、宗教・宗派にとらわれる必要がありません。自然志向、自然回帰、エコロジーといった現代的な考え方にもしっくりフィットします。

一方、こうした新しい考え方に、共感を得られない可能性もあります。特に高齢の親族に反対されるケースが予想されます。

故人が自然葬を希望していたのにも関わらず、親族などの反対がある場合は、分骨という選択肢も含めて、しっかり話し合って理解を得られるようにしましょう。

散骨のメリット、デメリット

散骨は「自然に還す」という自然葬の考え方に最もよく合った弔い方です。特に日本では海に還りたいと考える人が多く、日本人の性質に合う葬送といえるかもしれません。

また、墓地が存在しないので、墓参できる地域に住まなければならないという制約がありません。近年は故郷の墓参が難しくなるというケースも増えており、居住地の制約がないというのは大きなメリットです。

一方、墓地がないことで、供養がやりづらいと感じる人もいるでしょう。命日や彼岸などに手を合わせる場所がないことに、物足りなさを感じることもあるようです。

特にすべての遺骨を散骨すると、法要などの際に後悔することも考えられるので、遺骨の一部を残して手元供養することも検討してみましょう。

樹木葬のメリット、デメリット

樹木葬は遺骨を自然に還すという自然葬の一つでありながら、樹木が墓標の代わりを果たしています。このため、感覚的に墓地に近く、命日などにお参りできるのが大きなメリットです。

また、公園・都市型の樹木葬の場合、都心部に近い場所に埋葬することが可能で、比較的お参りしやすいところが多いのも利点です。

一方、里山型の樹木葬を選んだ場合、どうしても都心部から遠くなってしまい、お参りがしづらいというデメリットがあります。

また、骨壷ではなく、布袋などに入れて埋葬するタイプでは、後で遺骨を取り出すことができません。手元供養を行いたい場合などは分骨しておくことをおすすめします。

自然葬の流れ

自然葬がどのような手順で行われるのか、その流れを見てみましょう。

散骨の流れ

①事前相談、生前申し込み
散骨に対して親族の理解が得られるよう、しっかりと話し合うことが大切です。生前にエンディングノートを作成しておくのも良い方法です。遺骨をすべて散骨するのか、一部を残すのか、残す場合は誰が管理するのかも決めておきましょう。

散骨場所、料金など条件に問題がなければ生前申し込みも可能です。

(必要書類)
申し込み時:必要な書類は法律では決められていませんが、身分証明書の提示を求められることがあります。

散骨時:火葬後に受け取ったお骨を散骨する場合は「埋葬許可証」が必要です。一方、墓地に埋葬されている遺骨を取り出して散骨する場合は、「改葬許可証」が必要です。改葬許可証は墓地の管理者から発行される「納骨証明書」を、墓地の所在地の役所へ提出することで発行されます。

② 遺骨の受け渡し
業者が遺骨を引き取ります。遠方の場合は、発送による受け渡しになることもあります。

③粉骨
遺骨は散骨しやすいように、業者によってパウダー状に粉骨されます。

④ 出航
指定の場所からチャーター船を利用するか、合同で船に乗って散骨海域に向かいます。遺族が散骨を行わず、業者が代行する委託散骨もあります。

⑤ 散骨式
船上から散骨を行い、献花、献水(献酒)、黙祷などを行います。

⑥散骨証明書の受領
後日、業者から「散骨証明書」が送付されますので、大事に保管してください。

樹木葬の流れ

①情報収集
インターネットなどを使って樹木葬の情報を収集します。希望する条件に近いものが見つかれば、パンフレットを請求しましょう。墓地を多く取り扱っている石材店の中には、樹木葬を紹介してもらえるところもあります。

②現地見学
業者に予約して現地に見学に出かけます。環境、交通アクセス、プランなどをしっかり確認し、不明なことは遠慮なく質問しましょう。

③契約
気に入った場合は契約し、必要な費用を納めます。

④使用許可を得る
業者への入金確認の後、使用許可証が発行されます。

⑤役所で手続きを行う
役所に死亡届を提出して、火葬許可証を受け取ります。

⑥火葬
火葬場に火葬許可証を提出して、ご遺体の火葬が行われます。火葬場から返却される火葬許可証が埋葬許可証となります。

⑦ 埋葬
あらかじめ定めておいた日に遺骨と埋葬許可証を持参して埋葬します。墓地に埋葬されていた遺骨の場合は、埋葬許可証の代わりに改葬許可証を持参してください。

埋葬方法によっては、事前に遺骨をパウダー状に粉骨しておく必要があります。

自然葬を行う際に掛かる予算

気になる自然葬の費用についてご紹介しましょう。

散骨を行う際の予算相場

海洋散骨に必要な費用は、遺骨をパウダー状に粉骨するための費用、船のチャーター費用、現地までの交通費や宿泊費、散骨する際の献花やお供え物の費用です。

費用の相場は散骨方法によって異なり、業者に依頼せず個人で散骨を行う場合は、遺骨をパウダー状に粉骨するための費用が約1〜3万円、船のチャーター費用は約30〜50万円が相場です。

この他に、現地までの交通費や宿泊費、花や供物の費用も必要です。

一方、散骨業者がチャーターするクルーザーなどに一家族のみが乗り込んで散骨を行う場合、相場は粉骨料金を含めて約30万円前後です。通常、船には10名程度乗船できます。

複数の家族による合同散骨になると、相場は粉骨料金を含めて約10万円前後になりますが、この場合一家族で乗船できるのは2〜3名程度です。

散骨を業者に任せる委託散骨の場合は、粉骨料金を含めて約5万円程度が相場です。

樹木葬を行う際の予算相場

樹木葬は埋葬する場所が必要なので、埋葬場所の広さや立地などによって費用が異なります。また、管理費も埋葬場所によって違います。

シンボルツリーなどと呼ばれる大きな樹木の下に、他の家族と一緒に埋葬する合祀型樹木葬の場合、費用の相場は約5〜20万円。年間の管理費は不要という場合が多いようです。

大きな樹木の下に他の家族と一緒に埋葬するものの、埋葬場所が区分けされている集合型樹木葬の場合、費用の相場は約15〜60万円。年間管理費は約8千円〜2万円が相場です。

一区画ごとに樹木を植えて、その下に一家族のみを埋葬する個別型樹木葬の場合、費用の相場は約20〜80万円。年間管理費は約8千円〜2万円が一般的な価格です。

この他、樹木葬は墓地と同様に扱われるため、永代供養料または永代使用料が必要となります。墓地の場合は100万円以上かかる場合もありますが、樹木葬の場合、永代供養料/永代使用料は約20〜80万円が相場です。

これらに加えて、法要料や銘版彫刻料が必要となるケースもあるので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

個人で自然葬を行なう際の留意点

業者に依頼せず個人で自然葬を行う場合は、いくつか注意すべきポイントがあります。

個人で散骨を行なう際の留意点

個人で散骨を行う場合に気をつけたいのは散骨場所です。遺骨の埋葬については「墓地、埋葬に関する法律」が国によって定められており、自治体が許可した場所にしか納骨できませんが、散骨については明確な記述がないため、法的にはグレーゾーンといえます。

しかし、個人で勝手に散骨をすると、苦情の原因になります。散骨を行う場合はまず自治体に確認して、散骨可能なエリアで行うほうが安心です。

個人で樹木葬を行なう際の留意点

埋葬については「墓地、埋葬に関する法律」によって定められており、墓地として開発された場所以外での埋葬は禁止されています。好きなところに埋葬できるわけではなく、勝手に埋葬すると違法行為となります。 必ず専門業者に相談して依頼しましょう。

最後に

自然葬は、少子高齢化、核家族化、儀式の簡略化といった世の中の動きに対応した葬送の形として、注目を集めるようになりました。

自然志向、エコロジーなど、自然環境に配慮する働きにも沿っており、今後はさらに増えることが予想されます。

しかし、現時点では幅広い層の理解を得られないこともあり、業者によっては期待通りの弔いが行えないおそれもあります。自然葬を希望する場合は、本記事を参考にしてじっくりと比較検討してください。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応