葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 宗教・宗派別葬儀
  3. 真言宗
  4. 真言宗の葬儀の流れとは?真言宗葬儀のマナーもご紹介します

真言宗

真言宗の葬儀の流れとは?真言宗葬儀のマナーもご紹介します

真言宗の葬儀の流れとは?真言宗葬儀のマナーもご紹介します

色々な宗教があるなかで、日本では仏教のお葬式が圧倒的多数を誇ります。しかし、仏教とひとことで言いましても様々な宗派があり、それぞれの宗派で葬儀に対する考え方や流れなど異なる点があります。

真言宗も仏教における宗派のひとつで、真言宗には真言宗としての葬儀に対する考え方や流れが存在します。そこで今回は真言宗の葬儀について特徴、流れ、マナーを中心に解説してまいります。

真言宗の葬儀の特徴とは

まずは真言宗の葬儀に関しまして、特徴をおさえておきましょう。

真言宗は密教であり、独特な葬儀形式

密教(みっきょう)とは、顕教(けんぎょう)に対する言葉です。顕教が経典や書物などに教義が記されるなど開かれた教えであるのに対して、密教は師匠から弟子へと口頭により教義が伝承され、門外の方々へは閉じられた教えです。 密教の「密」と言う字が示すとおり秘密の教えということになります。

真言宗は、修行や祈祷による自力本願で即身成仏を目指す宗派といわれています。修行や加持(かじ)・祈祷(きとう)を通じ、全ての事柄の源である大日如来(だいにちにょらい)の存在を感じ、一体となることで仏になることを目指すという考え方です。

自力本願とはお釈迦様や阿弥陀様に身を委ねる(他力本願)のではなく、あくまで自分自身の修行や経験などを通じて悟りを開き、仏になるということです。葬儀でもこの考え方が基に進められていきます。

その他真言宗の葬儀に関する主な特徴など

  • 真言宗の開祖は空海(くうかい)
    空海は「弘法大師(こうぼうだいし)」とも呼ばれています。 真言宗が開かれた時代は平安時代(9世紀)です。
  • 葬儀で読まれるお経は「光明真言」「理趣経」など
  • 印を結ぶなど特徴的な儀式がある
  • 葬儀は故人を大日如来のもとへ送り届けるための儀式である

「密厳浄土(みつごんじょうど)」という世界に大日如来がいるとされています。

真言宗の葬儀の流れ

次に真言宗で行う葬儀の流れについてお伝えしてまいります。「亡くなってから法要までのおおまかな流れ」と、その中でも「葬儀式から四十九日法要までの詳細な流れ」をそれぞれ見ていきましょう。

真言宗の葬儀の流れ

通夜式の翌日に葬儀・告別式そして火葬を行うことが一般的です。ただし真言宗は高野山真言宗、真言宗智山派、真言宗豊山派などいくつかに分派しており、基本的な考えは同じでも、分派先によって儀式の流れや作法が違うこともあります。

また地域や寺院によっても流れが変わることがあり、たとえば葬儀・告別式の前に火葬が行われるケースもあります。下記はあくまで一例として紹介いたします。

亡くなってから法要までのおおまかな流れ

①逝去~搬送
病院で死亡診断を受け、葬儀社の寝台車で自宅など指定場所へ故人を搬送します。

②安置
自宅や葬儀社の霊安室に故人を安置します。なお、死亡後24時間以内は法律上火葬することはできません。ここでお坊さんによる枕経が行われる場合もあります。

③打ち合わせ
葬儀社と菩提寺の確認、日程、葬儀を行う場所、祭壇や棺、料理、返礼品、供物などについて打ち合わせを行います。

④納棺
故人に白装束を整え、故人を棺に納めます。この際、真言宗ならではの儀式として「土砂加持(どしゃかじ)」が行われる場合があります。

土砂加持は、「光明真言」という短いお経によって洗い清められた土砂を、お坊さんが遺体に振りかけることで、生前の罪を浄化し成仏に近づくために行われる儀式です。実際には、お坊さんが故人の身体に振りかけるのはごく少量の砂です。

⑤通夜式
お坊さんによる読経、参列者による焼香が行われます。

⑥葬儀式・告別式
お坊さんによる読経、参列者による焼香が行われます。お坊さん退席後は、故人との最後のお別れを行ったあと、火葬場へ出棺となります。

⑦火葬
火葬場にて火葬、収骨が行われます。

⑧納骨
納骨は四十九日法要や一周忌法要のときに併せて行うことが一般的です。お墓がすでにある場合には、寺院、地域性、家族の希望などによって火葬当日に納骨を行う場合もあります。

⑨法要
葬儀後、初七日法要や納骨法要など時期に応じて必要な法要が行われます。

葬儀式から四十九日法要までの詳細な流れ

①僧侶の入場

②葬儀式開式にたり密教の準備の行法
塗香(ずこう)、三密観(さんみつかん)、護身法(ごしんぼう)、加持香水(かじこうずい)の法と呼ばれる作法が行われます。

③三礼(さんらい)、表白(ひょうびゃく)、神分(じんぶん)
三礼は仏法僧への礼拝、表白は御本尊様や仏様へ故人の死や葬儀の趣旨に関する報告、神分は御本尊様や仏様が降臨してくださることへの感謝の意味合いがある作法です。

④声明(しょうみょう)

⑤授戒作法
戒名が故人に授けられます。

⑥引導の儀式 
引導は故人に自己の死を認識させ、この世からあの世へ送り出すための区切りとして行われる重要な儀式です。特に真言宗では、このときに「灌頂(かんじょう)」と呼ばれる特徴的な儀式があります。

真言宗の葬儀の特徴は「灌頂」だとも言われます。灌頂は故人の頭に水をそそぎかける作法で、空海が中国にて密教を授かった際に行なわれたことに由来するもので、この作法により、故人は大日如来と一体化するものとされています。  

また、あの世へ送り出すため弥勒三種の印も故人に授けます。弥勒三種とは弥勒菩薩の姿、教え、速やかなる実行力のことを意味しています。

⑦破地獄(はじごく)の儀式
お経により故人の煩悩を取り除くものですが、省略されることもあります。

⑧開眼・血脈
位牌を開眼し、真言密教の師資相承の血脈が授けられます。

⑨焼香
僧侶が諷誦文(ふじゅもん)を唱える間に焼香を行うことが多いようです。

⑩出棺
僧侶が導師最極秘印という印を結び、3回指を鳴らしたあとに出棺します。

⑪火葬
火葬場では炉に入る前に「舎利礼文(しゃりらいもん)」や「光明真言」などの読経、参列者焼香が行われます。

⑫お骨迎え、初七日法要
初七日法要は繰上げとして葬儀式当日に行われるケースも多く見られます。

⑬三十五日法要、四十九日法要
特に四十九日法要は盛大に行われ、お墓の準備が出来ている場合には四十九日法要当日に納骨を行う場合もあります。

真言宗の葬儀のマナー

真言宗で行われる葬儀で気を付けるべきマナーにはどのようなものがあるでしょうか。ここでは真言宗の葬儀について主なマナーを紹介しておきます。

不祝儀袋の表書き

通夜、葬儀、初七日法要など四十九日法要までは「御香典」「御霊前」が表書きとなります。四十九日法要以降は「御香典」か「御仏前」を表書きとして使用します。

四十九日法要の当日は「御仏前」を用いることが一般的ですが、地域により「御霊前」を使うこともありますので事前に確認をしておいた方が無難です。

焼香は3回

焼香の回数について、真言宗では3回とされています。なぜ3回なのかという意味については諸説ありますが、主に次の理由が挙げられます。

  • 大日如来、空海、先祖に向けるという意味
  • 仏、法、僧という三宝に捧げる意味
  • 身口意(行動、言葉、気持ち)を浄める意味

なお、お線香も同じ意味で3本手向けることが基本です。

数珠は108個の玉が入ったもの

真言宗の数珠は108個の玉から成るものが正式です。男女で形状は同じですが、一般的に男性用の数珠の方が大きい玉が使われています。

真言宗の葬儀を開く際に掛かる予算

一般的な葬儀で全国平均は約195万円となっています。しかし葬儀の規模や地域などによって必要な予算は大きく変わってくるものです。

したがいまして、葬儀の依頼を希望する葬儀社に個々の状況や希望を伝えたうえで、葬儀に必要な予算について確認を行っていただくことが良いでしょう。必要な予算については、次の項目別に詳細に確認を行っておくことがポイントです。

  • 施設費用(親族控え室なども考慮)
  • 祭壇、お棺、骨壷などのグレード別費用
  • ご遺体の保管、搬送、火葬費用
  • 返礼品や飲食費用など
  • 僧侶に払う御布施など

特に予想した参列者数よりも増えた場合、減った場合など、後々のトラブル防止のためにも変動する可能性がある項目については充分確認を行っておく必要があります。

最後に

今回は真言宗の葬儀について特徴、流れ、マナーを中心に解説してまいりました。 真言宗の葬儀では、「土砂加持」と「灌頂」が特徴と言われています。

葬儀を出す立場になっても、参列する立場になっても、行われる儀式の意味合いが解ると、その場に臨む際の気持ちも変わってくるのではないでしょうか。

葬儀の費用を抑えるためのポイント

葬儀にかかる費用や葬儀内容の良し悪しは、どの葬儀社に依頼するかによって大きく異なります。複数の葬儀社から見積もりを取って内容を比較することで、費用面の負担が少ない、信頼できるベストな葬儀社を見つけることができます。複数社に自分で連絡するのは大変ですが、今は一括見積サービスがありますので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
\ 最安11万円から葬儀社をご紹介いたします /
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応