葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 宗教・宗派別葬儀
  3. 真言宗
  4. 真言宗の葬儀|しきたり・マナー・お金まで

真言宗

真言宗の葬儀|しきたり・マナー・お金まで

真言宗の葬儀|しきたり・マナー・お金まで

葬儀に参列した際、香典の表書きや焼香の仕方がわからなくて、困った経験はありませんか?

同じ仏式の葬儀でも、宗派が異なると葬儀の流れやしきたり、お布施や香典の相場も異なります。自分の家の宗派でさえわからないことがあるのに、宗派が違えば、戸惑ってしまうこともたくさんあります。

この記事では、いざというときに困ったり、間違ったりしないよう、真言宗の葬儀について知っておきたいこと、理解を深めるために役立つ知識などをわかりやすく紹介します。

真言宗の葬儀

真言宗は空海(弘法大師)によって平安時代に開かれました。空海は遣唐使として唐(当時の中国)に渡り、真言密教を深く学びました。真言宗の教義は、空海が中国で会得した密教の教えがもととなっています。

密教では、生きたまま仏になる「即身成仏」をめざして、厳しい修行や熱心な勉学を行います。広く一般に開かれた仏教ではなく、修行をする限られた人のための仏教という特性を持っています。

密教を母体にして、即身成仏を最終目標とする真言宗は、他の宗派に比べて死後の世界を身近にとらえているのが特徴です。このため、葬儀の際には、他の宗派では見られない独特の儀式が行われます。

故人の枕元でお経を唱える「枕経(まくらぎょう)」は、もともとは臨終の際に、死に対して恐怖を抱くことないようと行われていました。

また、真言宗では、葬儀は宇宙の中心である大日如来が支配する「密厳浄土(みつごんじょうど)」へと、故人を送るための儀式と考えられています。

故人の頭に水をかける「灌頂(かんじょう)」や、洗い清め火で焚いた砂を納棺前にご遺体にかける「土砂加持(どしゃかじ)」は、現世(この世)でついた悪いものを落とす滅罪生善(めつざいしょうぜん)のための儀式です。

閻魔様の裁きを受ける前に故人の汚れを落とすことで、仏の加護を得られて、密厳浄土へ旅立てるようにするものです。

真言宗の葬儀の流れ

真言宗の葬儀の流れを見てみましょう。

1.入堂

僧侶(導師)が葬儀会場に入堂します。

2.塗香・三密観・護身法・加持香水の法

いずれも、葬儀を進行するための準備として僧侶(導師)が行う儀式です。

塗香(ずこう):けがれを取るために体に香をぬります。密教では香は6種の供物のひとつです。

三密観(さんみつかん):三密観は密教の修行のひとつで、罪障を消滅させるため、吽(うん)の字を体で表現し、口で唱え、心に念じます。これを究めることにより即身成仏が叶うと考えられています。

護身法(ごしんぼう):お経を唱えながら五種類の印を結ぶことです。密教ではさまざまな修行に先立って護身法を行うことが定められており、修行する人の心身を整えます。

加持香水(かじこうずい):仏教では仏に供える水を香水と呼びます。加持香水は儀式に使用する水を祈りによって浄化し、清められた香水を故人にかけます。

3.三礼・表白・神分

さらに、真言宗ならではの儀式が続きます。 三礼(さんらい):三礼文を唱えることで、「三宝」と呼ばれる仏・法(教え)・僧に帰依することを表明します。

表白(ひょうびゃく):表白には大日如来に祈るという意味があります。故人の教下(きょうげ=密教浄土への往生)が叶うように祈ります。

神分(じんぶん):大日如来が降臨されたことに感謝し、お礼を述べます。

4.剃髪・授戒

ここからは、大日如来の弟子として仏門に帰すための受戒の儀式です。

僧侶(導師)が故人の髪の毛を剃り(剃る真似をして)、お経を唱えて、故人が大日如来の弟子として帰依することを誓います。戒名はこの段階で授けられます

5.引導

故人に、あなたはもう現世にいるべきではないので、密教浄土へ旅立ってくださいということを伝えるための儀式です。

再度、表白、神分、灌頂を行うことで、故人が成仏できると考えられています。さらに、死後の苦しみを失くし、地獄へ堕ちることを防ぐ弥勒三種の印が授けられることで、成仏が果たされます。

また、最近は簡略化されることが多くなりましたが、「破地獄(はじごく)」という儀式を行うこともあります。

破地獄には地獄を脱して、その苦しみから逃れるという意味があり、故人が地獄の苦しみを味わうことがないように祈る儀式です。

6.焼香・諷誦文

これまでの儀式が無事に営まれることで故人が成仏したと考え、続いて参列者による焼香が行われます。

焼香の間、僧侶(導師)は「諷誦文(ふじゅもん)」と呼ばれるお経を唱えます。諷誦文は故人の人生における功績を讃える内容で、かつては遺族が作っていましたが、現在では寺院に作成を依頼するのが一般的です。

諷誦文の最後は、心配せずに安らかに成仏するように、故人に伝える言葉で締めくくられています。

7. 出棺

僧侶(導師)が、導師最極秘印(どうしさいごくひいん)という弘法大師から伝わる印を結び、指を3回鳴らすと出棺の合図です。他の宗派の葬儀と同様に、棺には花が入れられ、遺族にとっては最後のお別れとなります。

8.退堂

僧侶(導師)が葬儀場から退堂します。

真言宗の葬儀のマナー

真言宗の葬儀では独特の儀式が行われ、作法も他の宗派と違う部分があります。参列する人も基本的なマナーを知っておきましょう。

焼香のマナー

真言宗以外の他の宗派では、葬儀の際の焼香の回数は1〜2回というのが一般的です。しかし、真言宗の葬儀では、焼香の回数は正式には3回とされています

3回焼香を行うのは、仏・法・僧の「三宝」に帰依するという意味のほか、大日如来、開祖の弘法大師、ご先祖に帰依する意味もあります。

焼香する際は、3回とも香を額に押し頂いてから香炉にくべるという方法のほか、最初の1回だけを額に押し頂き、残りの2回はそのまま香炉へくべるという方法もあります。

また、大規模な葬儀になると、時間の関係で焼香の回数が制限されることもあります。

数珠のマナー

真言宗の葬儀で使用される正式な数珠は「振分数珠」と呼ばれる長いものです。108個の主玉(おもだま)、主玉のうち素材が違う4個の四天玉、親玉と呼ばれる2個の大きな玉から成っています。

主玉は108の煩悩やそれらを滅する智慧、親玉は大日如来の智慧、天玉は大日如来を中心とした曼荼羅の四方四仏、または四菩薩(普賢菩薩・観音菩薩・文殊菩薩・弥勒菩薩)を表します。

真言宗の葬儀では、信者は正式の振分念珠または略式の片手念珠を使用します。男女の区別はあまりありませんが、男性は略式念珠が多く、女性は振分念珠や片手念珠を使う人もいます。

持ち方は、房を外に出し、両手の中指にまっすぐ掛けて合掌します。合掌しないときは、二重にして手のひらにかけ、親指で押さえて持ちます。長さがある数珠とはいえ、だらりと下に垂らすのは避けましょう。

真言宗の葬儀では、読経や焼香の際に、長い数珠をこすり合わせてジャラジャラと音を出す様子を目にします。これは、108個の主玉を鳴らすことで、108の煩悩が払えると考えられているからです。

服装のマナー

服装については、真言宗独自のマナーやしきたりはありません。お通夜は略式の喪服でも構いませんが、葬儀では本式の喪服を着用しましょう。

ただし、遺族はお通夜でも本式の喪服を着用するのが礼儀です。また、参列者でも結婚指輪以外のアクセサリーははずしておきます。

真言宗の葬儀のお布施

真言宗の葬儀における、お布施の額やマナーについて見てみましょう。

寺院や僧侶に対するお布施は、どの宗派に限らず正確な金額がわかりにくく、相場がとてもつかみづらいのが現状です。

真言宗でも宗派の目安となる金額が決まっているわけではありません。他の宗派と同様に、地域や寺院の格、喪家と寺院の関係によって決まります。

とはいえ、平均的な金額を知っておくと、いざ準備するというときに、ひとつの目安になることは確かです。

真言宗の葬儀のお布施は、お通夜から初七日まででおおよそ10万円〜30万円と考えてよいでしょう。一般に西日本よりも東日本のほうが、金額が高いといわれています。

お布施は葬儀の前の僧侶への挨拶の際に、渡すとよいでしょう。時間がないなどの理由で渡せなかった場合は、葬儀後でも失礼には当たりません。

お布施は慶兆両方に使える黒塗りの「切手盆」に載せて渡すのが正式とされています。切手盆がない場合は、袱紗を使っても構わないでしょう。

注意したいのは、ここでご紹介しているお布施とは、葬儀での儀式や読経に対するお礼だということです。

この他にも、戒名をつけてもらうためには戒名料が必要です。真言宗では、戒名のランクを特に指定しない場合は、30万円程度が相場です。

一方、「大居士」「清大姉」といったランクの高い戒名をつけると、数百万円にもなるといわれています。戒名のランクは、喪家の希望のほか、寺院への帰依の度合いによって決まります。

このため、いくら故人や遺族の意思でも、不相応な戒名を希望するのはよくないとされています。また、家族で戒名の位が違うというのも、あまり好ましいとはいえません。

見栄を張って高望みしたりするのは、やめておきましょう。

この他、葬儀会場まで僧侶に来ていただく際には、「お車代」として5千円程度が必要です。ただし、遺族や参列者が自家用車などで送迎する場合、お車代は不要です。

また、法要の会食を僧侶が辞退された場合には、5千円程度の「御膳料」も必要になってきます。お車代や御膳料は、白い封筒にお金を入れてその都度渡すのが礼儀です。

真言宗の葬儀の香典

真言宗の方が亡くなった場合や葬儀に参列する際の、真言宗の香典について見てみましょう。

真言宗はさまざまな仏教の宗派の中でも比較的信者が多い宗派なので、基本的なしきたりやマナーを身につけておくと、役に立つ機会が増えます。

香典の金額については、真言宗だからといって高いとも安いともいえず、特定の額が決まっているわけでもありません。

他の宗派の葬儀と同様に、地域や喪家の格、喪家や故人との関係によって香典の額は違います。このため、一般的な葬儀の香典を目安にして金額を決めるとよいでしょう。

喪家と親族でない場合、香典の額は5千円程度が相場です。ただし、生前に親しくしていた方や、お世話になった方であれば、1万円程度を包むこともあるようです。

一方、親族の場合は、故人や喪家との血縁関係の深さによって金額が変わります。親の場合は10万円、祖父母や従兄弟の場合は5万円、兄弟姉妹なら3万円程度を目安にしてください。

真言宗の葬儀では、香典の表書きは「御霊前」とするのが一般的です。ただし、四十九日を過ぎてから渡す場合の表書きは、御霊前ではなく「御仏前」または「御香典」としましょう。

なお、「御香典」は各宗派の表書きに使えるので。真言宗の葬儀で使用しても問題ありません。表書きの下には、フルネームで名前を記入します。また、中袋には香典の額を漢数字で記します。

何人かで香典を用意した場合は、表書きは「◯◯一同」とします。さらに、お金を出した人の名前、住所、出した金額を紙に書き︎、中袋に入れておきます。

香典は袱紗に包んで持参し、葬儀の受付で渡します。

真言宗の葬儀のお経

真言宗の葬儀で読まれる、代表的なお経についてご紹介します。

般若心経

「般若心経」は最も広く知られているお経です。正式名称は「般若波羅蜜多心経」といい、仏様が説かれた彼岸に至るための、偉大なる智慧、大事な教えという意味を持っています。

全体は大きく4つの部分に分かれ、彼岸に至るためには、どんな智慧をどのようにして身につけるべきかについて説かれています

理趣経

密教の経典の「理趣広経」を漢字に訳したものが「理趣経(りしゅきょう)」です。「般若理趣経」「百五十頌般若」とも呼ばれており、般若経典の一種です。

本文に読誦すれば功徳があるという記述があるなど、さまざまなお経の中でも非常に特徴のあるお経です。

金剛頂経

「金剛頂経(こんごうちょうぎょう)」は真言宗の三部秘境のひとつです。金剛頂にはさまざまな経典の中の最高峰という意味があり、密教の根本的な聖典となっています。

大日経

「大日経」も真言宗の三部秘境のひとつです。その名の通り、真言宗では宇宙の中心と考えられている大日如来の説法を編纂したものです。

真言宗の葬儀の仏具

真言宗の葬儀で使用される仏具を紹介しましょう。仏具の中には、他の宗派でも使われ広く知られているものもあります。

木魚

「木魚」は僧侶が読経する際に使用する仏具で、真言宗のほか、天台宗、浄土宗、臨済宗、曹洞宗などの宗派でも使われます。

魚のうろこの柄が彫られた丸い木製の仏具で、主にクスノキやクワなどが材料となっています。響孔と呼ばれる割れ目があり、そこから中がくり抜かれて、中空の構造をしています。

使用する際は、専用の布団に置き、先端に革や布を巻いた「木魚バイ」と呼ばれる棒で叩いて、読経に合わせてポクポクという音を出します。

魚の図柄になっているのは、魚が昼も夜も目を閉じない生き物であることに由来し、寝る間も惜しんで修行に励むという行者の思いを託したものといわれています。

鉦吾

「鉦吾(しょうご)」は、真言宗のほか天台宗、浄土宗などの宗派でも用いられます。読経の念仏を唱える際に、拍子を取るために叩いて音を出す金属製の仏具です。

お皿を伏せたような形をしていることから、伏鉦(ふせがね)という別名もあります。

畳の上などに置いて、撞木(しゅもく)と呼ばれる木製の仏具で叩くと、カンカンと甲高い音で鳴ります。仏事のほか、祭囃子や民族芸能にも使用されています。

内敷

「内敷」は、錦や金襴など豪華な織物で作られた敷物のことです。法事、お盆、彼岸、命日など、特別な日に仏壇に敷いて、その上に仏膳をお供えします。

真言宗、天台宗、浄土宗、日蓮宗、禅宗などで使われ、浄土真宗では三角形のもの、それ以外の宗派では四角形の角内敷を用います。

妙鉢

「妙鉢(みょうばち)」は、葬儀や法事の際に使われるシンバルのような仏具です。

平安時代に中国から伝えられ、当時は宮中で打楽器として使われていました。その後、寺院の説法の際などに鳴らされるようになりました。

音を出すのは、葬儀や法要の場に仏様を呼び、終了後には帰っていただくという意味があります。また、参列者にとっても、儀式の開始、終了を知らせる役割を持っています。

まとめ

真言宗の葬儀について、ぜひ知っておきたいしきたりやマナー、知っていると真言宗や真言宗の葬儀のことが、もっと深く理解できる知識をご紹介しました。

疑問に思っていたことや不安に感じていたことは、解決できたでしょうか?真言宗の葬儀に参列されるときはもちろん、真言宗の葬儀を出すことになったときも、ぜひガイドとしてお役立てください。

また、周りに真言宗の葬儀について困っている方がおられたら、記事の内容をぜひ教えてあげてください。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応