葬儀のご依頼/ご相談
一括見積なら | 安心葬儀
葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
通話
無料
0120-99-1835
利用規約に同意の上お電話ください。
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 葬儀や法要で僧侶を手配する方法は?ネットの僧侶手配業者の事例も紹介

葬儀の知識

葬儀や法要で僧侶を手配する方法は?ネットの僧侶手配業者の事例も紹介

葬儀や法要で僧侶を手配する方法は?ネットの僧侶手配業者の事例も紹介

仏式の葬儀や法要の際には僧侶を招いて読経してもらいます。

菩提寺がある場合はその僧侶にお願いすることになりますが、菩提寺がない場合、僧侶を手配するにはどのようにすればよいのでしょうか。そもそも菩提寺とは、「菩提寺」という固有のお寺の名前ではなく、一家の先祖代々のお墓や納骨堂があるお寺の事です。「檀那寺(だんなでら)」という言葉もありますが檀那寺は、菩提寺に似た意味を持ちますが、厳密には違います。

本記事では、菩提寺がない際の僧侶の手配について、ネットでの手配方法、お布施の相場などについて解説します。

僧侶を手配する方法とは

僧侶を手配する方法は、菩提寺(檀家となっている先の寺院)があるかどうかによって変わってきます。

菩提寺がある場合

菩提寺とは、先祖代々の供養をしてもらっているお寺のことですので、葬儀を執り行う際にはまずは菩提寺に連絡をして葬儀での読経を依頼します。日頃から菩提寺と付き合いがある場合は、菩提寺の住職にもしもの時どのようにすればよいかを聞いて確認しておくのもよいかもしれません。

また、葬儀の日程や葬儀後の法要も、いつどこで行うかは菩提寺の僧侶と相談しながら決めて行きます。もともと付き合いのある寺院ですから、なじみのある僧侶に来てもらえます。

菩提寺と付き合いがあるか分からない場合は、家族や親族に確認しましょう。現在住んでいる場所から遠方の場合も多々ありますが、菩提寺がある場合は必ず菩提寺に一番先に連絡をしてください。菩提寺に連絡せずに葬儀を進めてしまうと、後の「納骨」などで受け入れてもらえなかったりとトラブルになる場合もありますので充分気を付けてください。

菩提寺がない場合

特定の寺院に依頼したい場合は、そこに問い合わせてみましょう。

ただし、寺院側から断られることもありますし、檀家となることが条件として提示される場合もあります。また、依頼した時期がお盆や年末年始といった寺院の繁忙期と重なっている場合も断られることもあります。このようなときのためにも事前に相談してみるのも一つの方法です。基本的にお寺は年中無休ですが、急に訪問しても住職が法務で不在の場合もありますので、電話で確認してから足を運ぶか、メールで問い合わせができる寺院がほとんどですので、安心して問い合わせてみましょう

特に決まった寺院はないけれど、僧侶に来てもらいたいという場合には葬儀社に手配を依頼することも可能です。また、詳細は後述しますが、インターネットで手配するという選択肢もあります。

葬儀ではどのタイミングで僧侶を手配すればいい?

家族が亡くなり、葬儀について具体的な内容を決める際には、早めに僧侶の手配を行うようにします。菩提寺がある場合はすぐに相談しましょう。葬儀日程は、遺族の希望、菩提寺の都合、式場や火葬場の空き状況などを調整しながら決めて行くため、速やかに菩提寺に連絡し、可能な日時を確認しておきます。

もし葬儀社に寺院を紹介してもらう場合は、こちらの希望する日時に合わせて僧侶を手配してくれます。

法要の場合はどのタイミングで僧侶を手配する?

事前に時期を決めることが可能な法要の場合でも、寺院や僧侶側の都合がありますので、余裕をもって早めに相談するようにします。

遅くとも2週間以上前には相談しましょう。(寺院や僧侶は、土曜・日曜・祝日などに法要の予定が入りやすく、時間帯も午前中ほど入りやすくなっています。逆に平日で、さらに午後であれば法要の予定が取りやすくなります)

インターネットで僧侶を手配できるサービス

近年はインターネットで、僧侶手配ができるサービスがいくつか登場しています。

そうしたサービスの運営元は、株式会社のような法人や、僧侶による自主運営団体、個人(個別の寺院)などさまざまで、葬儀に限らず法要などのニーズにも応えてくれます。

このサービスを利用すれば、特定の菩提寺を持たない方でも希望宗派の僧侶の派遣を依頼することが可能です。

菩提寺との付き合いでは何かと気を使うこともありますが、それとは対照的に自由度が高いのがこうした僧侶手配サービスの特長です。

このサービスは、菩提寺に直接依頼するのと比べて日程の調整がしやすく、お布施の金額がHP上に明示されていて分かりやすいというのも特色の一つです。

さらに、こういったサービスは、浄土真宗・臨済宗・真言宗・曹洞宗・浄土宗・日蓮宗・天台宗など、数多くの宗派に対応してもらえるため、菩提寺やお墓が遠方にあり現地に出向くことが難しいといった方にもお勧めです(※菩提寺がある場合は必ず菩提寺に連絡して了承をもらってから進めましょう)。

檀家となるよう求められることもありませんので、菩提寺を持つのは抵抗があるような人にとっては便利なサービスでしょう。

僧侶手配サービスを選ぶポイント

僧侶手配サービスを選ぶ際、どこがポイントとなるでしょうか。

僧侶の所属人数が多く、運営実績のある大手であるかどうか

一定以上の運営実績があり、全国を網羅している大手であれば、安心できます。

また、所属する僧侶の人数が多ければ、希望に沿った僧侶を派遣してもらえる可能性が高いと言えるでしょう。

適正な価格かを調べる

寺院に渡すお布施はあくまで「気持ち」であり、通常は寺院側から必要な金額が提示されることがないため、それが悩みの種となることも少なくありません。

一方、僧侶派遣サービスの場合は明確な料金表が存在し、定額料金制を採用するサービスも多く、明朗会計と言えるでしょう。

ただ、条件によっては追加料金が発生することもありますので、確認しておくと安心です。お食事代や御車代などが追加で必要になるか、HPなどで料金形態を確認しておくようにしましょう。

料金の支払い方法は、クレジットカードや金融機関への振込に対応しているところもありますが、僧侶に現金を手渡しする場合もありますので、事前に支払い方法を確認しておくようにします。

また、複数の僧侶手配サービスの内容と料金を比較をすることで、より適正な業者を選ぶことが可能となります。

事前に僧侶とやりとりができるかどうか

当日派遣される予定の僧侶と事前にやりとりができれば、細かな要望を伝えられます。

申し込み後に派遣予定の僧侶から電話連絡があるなど、僧侶との事前のコンタクトが可能な業者を選ぶと安心です。

僧侶を手配するための費用の相場とは

僧侶を手配する際の費用の相場を、内訳ごとに確認しましょう。

僧侶派遣サービス各社では、各種費用が定額パッケージ料金内に含まれることがほとんどですが、個別料金の場合を想定した相場を紹介します

戒名料

戒名料はお布施と合わせて僧侶に渡すのが基本です。

菩提寺があり、そこの僧侶に戒名を授けてもらう場合、地域や寺院により幅がありますが、支払う戒名料の相場は、30万円から40万円と言われています。しかしそもそも定価がないものなので、安い場合は約10万円、高い場合は100万円前後の場合もあるようです。

例えば、戒名の位が信士・信女の場合は10~50万円程、院信士・院信女の場合は50万円~100万程と、戒名の位によって戒名料の相場は変わってくると言われています。

一方、僧侶派遣サービスの設定する戒名料の相場は約2万円〜数十万円になっています。居士・大姉・信士・信女などの位号によって、料金が変わってくることが多いようです。

関連記事

戒名について詳しく解説

戒名について詳しく解説

「戒名」という言葉を耳にしたことはあるけれど、具体的に戒名とは何でしょうか? 「亡くなった人に付ける名前」程度に理解している人が大半でしょうが、実はこれでは正解の半分程度です。 戒名とは亡...

続きを読む

読経料

菩提寺の僧侶に読経してもらう場合、地域や寺院により幅がありますが、約15万円~20万円程度が相場と言われています。

一方、僧侶派遣サービスの設定する読経料の相場は約5万円~15万円です(読経の回数による)。

御車代

僧侶に対する交通費として渡す御車代については、お寺から葬儀場までに実際に掛かった交通費にプラスするのが相場だとされています。菩提寺の僧侶の場合、約5000円~1万円と言われていますが、僧侶派遣サービスにおいてもおおむね同程度の料金が設定されています。

御膳料

精進落としなどの会食に参加しない僧侶に対し、供されるはずだった食事の代わりに渡す御膳料の相場は約5000円~1万円と言われています。

僧侶派遣サービスにおいて御膳料が別途発生するケースは少なく、サイトに説明がない場合は確認しておくとよいでしょう。

僧侶手配サービス大手4社を比較

僧侶派遣サービス業者のうち、代表的な大手業者を紹介します。

よりそうお坊さん便

てらくる

お坊さんjp

おぼうさんどっとこむ

※ここからは、2022年1月時点の料金・サービスを元に記事を作成しています。

お坊さん便

株式会社よりそうが運営する全国規模の僧侶手配サービス会社。主要各宗派に対応しており、宗派指定は無料です。

Amazonにて「お坊さん手配チケット」としても出品・販売されており、日常的なネットショッピングと同じ感覚で決済可能なため、利便性が高く手軽です(在庫が切れている場合もあります)。

また、申し込み後に僧侶から電話連絡があるので、事前に打ち合わせができます。

葬儀のパッケージ料金は火葬式+戒名授与で5万5000円~、法要のパッケージ料金は初回3万5000円~(2回目以降4万5000円~)となっています。

葬儀の前日までに申し込みをすれば僧侶の手配が可能で、葬儀当日の2日前までであればキャンセル料が掛かりません。前日・当日キャンセルの場合は実際の支払い料金の100%がキャンセル料となります。

料金の支払い方法は、現金支払い・クレジットカード決済・後払いから選択できます。

全国のさまざまな場所へ派遣を依頼できるため、霊園や遠方の実家に僧侶を手配することも可能です。

てらくる

葬儀社仲介サービス「小さなお葬式」を運営する株式会社ユニクエストによる、全国規模の僧侶手配サービスです。

仏教主要各宗派に対応しており、宗派指定は無料です。また、仏教だけでなく神道やキリスト教についても相談できますし、僧侶の資格や身元確認・寺院の確認を徹底しており、安心して依頼できます。

葬儀のパッケージ料金は火葬式(戒名授与込み)で6万円~、法要のパッケージ料金は3万5000円~となっており、お布施以外の追加料金は発生しません。また、檀家になることを迫られるといったこともありません。

葬儀の前日までに申し込みをすれば僧侶の手配が可能です。

料金の支払い方法は、現金支払い・クレジットカード決済・銀行振込から選択できます(ただし、葬儀への僧侶手配の場合は、支払いは現金のみ)。

お坊さんjp

名古屋市の株式会社プロが運営する、全国規模の僧侶手配サービス。仏教主要各宗派に対応しており、宗派指定は無料です。

寺院所属の僧侶のみを派遣しており、僧侶はすべて資格の有無や僧籍を確認しているため、安心して依頼できます。檀家になる必要もありません。

申し込み後に僧侶から電話連絡があるので、事前打ち合わせができます。

葬儀のパッケージ料金は火葬式(戒名なし)で3万円+御車代5000円で3万5000円~、法要のパッケージ料金は3万5000円~、葬儀のみのパッケージ料金は6万円+御車代5000円で6万5000円~となっています。

法要のパッケージ料金は、3万円+御車代5000円で3万5000円~となっています。

おぼうさんどっとこむ

株式会社おぼうさんどっとこむが運営する、名古屋および関東地方を中心に全国的に展開する僧侶手配サービスです。

仏教主要7宗派、神道、キリスト教(プロテスタントに限る)といった主要な宗派に対応しています。

入会金1万円を支払って永久会員(3親等までの家族による会員権利用可能)となることにより、さまざまな費用割引や特典を受けることが可能です(非会員でもサービス利用は可能)。

僧侶派遣は火葬式(戒名なし)で4万円〜で、戒名料を含めると7万5000円〜になります。法要のパッケージ料金は、会員価格4万5000円~(午後割引、平日割引など各種割引適用可能)となっています。

おぼうさんどっとこむでは、僧侶派遣だけではなく、葬儀の施行も含めたプランもパッケージングしており、料金は火葬式(宗派指定なし、戒名なしのシンプルプラン)で会員価格18万円です。

家族葬・一日葬についても対応しており、料金は会員価格で32万円です。

利用料金については事前に見積もりを出してくれるため、費用がどのくらいかをクリアにしたうえで依頼できるのも魅力の一つです。

僧侶の派遣を依頼する場合の注意点

僧侶手配サービス各社に僧侶の派遣を依頼する場合の注意点は、どういったものがあるでしょうか。

菩提寺への納骨を断られる場合がある

菩提寺がある場合、安易に僧侶手配サービスを利用することにはリスクがあります。

菩提寺に葬儀を依頼するのでなければ、同寺院敷地内の先祖代々の墓への納骨が認められない場合があるためです。

菩提寺がありながら僧侶手配サービスの利用を望み、菩提寺への納骨を希望する場合は、事前に菩提寺との話し合いが必要です。

菩提寺内での法要には僧侶手配サービス利用不可

菩提寺には当然その寺院に属する僧侶がおり、同寺院内で法要を執り行います。

したがって、菩提寺内で行われる法要を、僧侶手配サービスを通じて派遣される僧侶が執り行なうことはできません。

僧侶の身元をきちんと確認する

悪質な僧侶派遣会社では、僧籍の資格を持っていない「ニセ僧侶」を派遣している場合があります。そのような僧侶に当たらないためにも、こういったサービスを利用する際には、事前に僧侶の僧籍の確認や、僧侶の所属する寺院の有無を確認するようにしましょう。

まとめ

檀家制度は時代が移り変わっても一種の慣習として根強く残っています。しかし、昔ほど一般的ではなくなってきており、今では菩提寺がないという状況も珍しくありません。

一方、葬儀では僧侶に供養してもらいたいというニーズは多く、葬儀社を通じて紹介してもらったり、近年ではインターネットで僧侶を手配するという方法も広がってきました。

こうしたサービスをうまく活用し、故人や遺族の希望に沿った葬儀をあげるために本記事を参考にしてください。

葬儀の費用を抑えるためのポイント

「葬儀にかかる費用」「納得の行く葬儀ができるか」は、どの葬儀社に依頼するかで大きく異なることがあります。

そのとき大事なのは、複数社に見積もり依頼して内容を「比較検討」することです。

「葬儀の費用は高額だと聞いたことがあるので、なるべく費用を抑えたい..」

「相見積もりを取りたいけど、自分で直接複数の葬儀社に問い合わせるのは面倒..」

「初めて葬儀の喪主を務めることになったが、どの葬儀社に依頼したらいいのか分からない..」

そのような方には当サイト「安心葬儀」で、簡単に無料で比較見積もりが可能ですので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら

関連記事

安心葬儀とは?相見積もりを利用するメリット、利用の流れについて

安心葬儀とは?相見積もりを利用するメリット、利用の流れについて

葬儀を依頼する葬儀社の決定は、逝去後数時間以内が大半と言われております。 時間が無い中で決定する必要があるにも関わらず、葬儀には十数万円〜数百万円のまとまった費用がかかる上、葬儀の品質は葬...

続きを読む

安心葬儀 ご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    安心葬儀お客様センター0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。24時間365日対応・通話無料です。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社をご紹介いたします(最大3社)。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください


安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能。ギフト券最大1万円分プレゼント /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。


安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。


安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能。ギフト券最大1万円分プレゼント /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。


関連する記事

  • 霊柩車とは?寝台車との違いや、霊柩車の手配の方法も紹介

    霊柩車とは?寝台車との違いや、霊柩車の手配の方法も紹介

    告別式が終わった後、棺は霊柩車(れいきゅうしゃ)に乗せられ、遺族に見送られながら火葬場まで搬送されます。 霊柩車といえば、豪華な飾り付けがされているイメージを持っている方が多いかもしれませ...

    葬儀の知識

  • 火葬の後に葬儀を行う骨葬とは?流れやマナーも紹介

    火葬の後に葬儀を行う骨葬とは?流れやマナーも紹介

    葬儀にはさまざまなスタイルがありますが、そのうちの一つである「骨葬」というものを知っていますか? 通常の葬儀では、通夜や葬儀告別式を終えてから、火葬場へ出棺し、故人の遺体を火葬します。 ...

    葬儀の知識

  • お葬式の流れやマナー、礼儀作法も全て解説

    お葬式の流れやマナー、礼儀作法も全て解説

    宗教が違えば葬儀の作法もそれぞれ異なってきますが、故人との最期の別れの場として、その全体的な流れは共通していると言えます。 また、日本国内で行われる葬儀で多くを占める仏式葬儀の内容に限れば...

    葬儀の知識

  • 一日葬とは?通夜を省略して行う一日葬の流れや注意点を紹介

    一日葬とは?通夜を省略して行う一日葬の流れや注意点を紹介

    葬儀は通常、1日目に通夜、2日目に告別式と、2日にわたって行われることが一般的です。 しかし近年では、通夜を行わずに1日だけで儀式を完了する「一日葬」という形式の葬儀が徐々に増加しています...

    葬儀の知識

  • 訃報の連絡方法を詳しく解説

    訃報の連絡方法を詳しく解説

    家族を失って深い悲しみの中にいても、訃報の連絡は迅速かつ的確に行わなければなりません。 本記事では、訃報の連絡の優先順位やタイミング、連絡方法、連絡先、注意点などについて詳しく解説します。...

    葬儀の知識

  • 危篤の連絡をする際の考え方や注意点とは?メールの内容や返信の際のマナーなども解説

    危篤の連絡をする際の考え方や注意点とは?メールの内容や返信の際のマナーなども解説

    身内が危篤に陥った場合、誰にどのように連絡すればよいのでしょうか。反対に危篤の報を受けた場合には、どのように対処すべきでしょうか。 落ち着いて的確に行動するためには、事前にシミュレーション...

    葬儀の知識

  • 危篤とはどのような状態?危篤の連絡を受けたときにすべきこと

    危篤とはどのような状態?危篤の連絡を受けたときにすべきこと

    近しい方が危篤状態になってしまった際は、気が動転してしまって「何をしていいかわからない」という状態になるかもしれません。 しかしそのような中でもやらなければならないことは多くあります。 ...

    葬儀の知識

  • 葬式での子供の喪服・礼服マナーについて解説

    葬式での子供の喪服・礼服マナーについて解説

    葬儀に参列しなければならなくなったとき、子育て世代を悩ませるのが子供たちの服装です。 大人のように喪服を持っていることはほとんどなく、どんな服を着せれば失礼にならないのかが分からないという...

    葬儀の知識

  • 老人ホームで身内が亡くなった場合に必要な手続きを解説

    老人ホームで身内が亡くなった場合に必要な手続きを解説

    近年、老人ホームで息を引き取る人が増えています。 厚生労働書の2019年の統計調査(参考:「死因別統計データ」国土交通省)によると、死亡者全体の71.3%が病院で亡くなっているのに対し、老...

    葬儀の知識

  • 献杯とは?注意点や挨拶の例文を紹介

    献杯とは?注意点や挨拶の例文を紹介

    結婚式などお祝いの食事の場では「乾杯」が行われますが、葬儀や法要後に用意される食事の席では「献杯(けんぱい)」が行われます。献杯と乾杯は持っている意味がまったく異なり、マナーや注意点にも違いがあ...

    葬儀の知識

  • 社葬とは?社葬を行う場合と開催の流れを紹介

    社葬とは?社葬を行う場合と開催の流れを紹介

    社葬は、社内的にはもちろんのこと、対外的にも重要な意味を持つ会社行事です。 一般的な葬儀については何となくイメージができる方も、会葬の機会が非常に少ない社葬については、詳しく知らない方がほ...

    葬儀の知識

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント

安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能/