葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. JA(農協)の葬儀とは?費用や流れについて解説

葬儀の知識

JA(農協)の葬儀とは?費用や流れについて解説

JA(農協)の葬儀とは?費用や流れについて解説

JA(農協)が葬儀も取り扱っていることを、ご存知ない方も多いのではないでしょうか。農業を営んでいる人ならともかく、預金口座がある人でもない限り、農協の葬儀について知る機会は少ないといえます。 

この記事では、農協の取り扱っている葬儀の特徴や費用について、メリットとデメリットを含めながら解説します。

JA(農協)の葬儀とは?

JA(農業協同組合=農協)は農業を営む人の協同組合です。農業を営む人の生活を守り、豊かにするべく設立され、広く全国で事業を展開している規模の組織です。

JAでは万一の場合に備えた共済事業を行っており、「JA葬祭」と呼ばれている葬儀事業も展開しています。協同組合が経営する事業なので、組合員価格でサービスを利用できるのが大きな特徴です。

葬祭事業は、組合員を対象とした奉仕活動的な意味合いがあり、一般的な業者に依頼する場合よりも、金額が低めに設定されています。 本来は農家のための事業ですが、葬儀が必要となった時点で会員になり、一定の条件を満たせば、JA組合員以外の方もJA葬祭を利用することができます。

ただし、注意したいのは、全国的に葬祭事業を展開していることで、より低い価格設定が可能になる反面、地域によってサービス内容に差があるということです。

JA葬祭では、農協のほかに地域の葬儀社や葬儀会場と提携して葬祭サービスを提供しています。 このため、さまざまな葬儀に対応できるサービスや備品などを、すべて全国一律に用意することができず、追加料金によって結果的に料金が高くなるケースもあります。

JA(農協)の葬儀の特徴

JAの組合員以外がJA葬祭を利用する場合に、利点となる特徴についてまとめてみました。

価格がリーズナブル

リーズナブルな価格はJA葬祭の大きな特徴です。前項でも触れたように、農協の組合員向けのサービスなので、価格が低めに設定されています。

さまざまな葬祭サービスは、JAだけでなく地域の葬儀社や葬祭ホールなどによって提供されますが、JAに依頼することでこうした業者の一般価格よりも安い割引料金でサービスを受けられます。

祭壇や棺といった物品が割引価格となっているほか、葬儀プランそのものが割引価格となっている場合もあります。

設備の良い葬儀場

全国にJA直営の葬儀場があるほか、提携の式場も豊富です。式場の規模は大小さまざまなので、こじんまりとした家族葬から大がかりな社葬まで、さまざまなタイプの葬儀が行えます。

万一、最寄りの葬儀場が混んでいる場合も、近隣のエリアから葬儀の規模に合った会場を探すことが可能です。直営式場、提携式場ともに設備が整っているのが特徴です。

宗旨・宗派、地域の儀礼に合わせた葬儀が可能

仏教の各宗派をはじめ、神式、キリスト教式などの葬儀にも対応しています。また、近年増えている家族葬や無宗教の葬儀も営むことができます。 葬儀は地元のJA葬祭や葬儀社のスタッフが行うため、地域ごとの儀礼や慣習に沿った葬儀を執り行うことが可能です。

組合員以外でも利用可能

JAの葬儀はもともとJA組会員のためのサービスですが、葬儀についての事前相談を受ける、出資金を支払うといった一定の条件を満たすことで、組合員または準組合員として、JA葬祭のサービスを受けることが可能です。

葬儀についての事前相談とは、万一の場合に備えて、JAのスタッフが葬儀の規模や進め方などについて希望を聞くもので、全国のJAで行っています。

JA(農協)の葬儀にかかる費用

JA葬祭の費用は、一般的にはリーズナブルとされていますが、葬儀費用は地域ごとのJAで決められています。 葬儀サービスを提供するJAによって、葬儀に対する取り組み方が異なるため、葬祭サービスの料金には差があります。

また、葬儀プランの価格をホームページなどでオープンにしているJAがある一方で、あくまで組合員のためのサービスという考えから、価格などを一般には開示していないJAもあります。

こうしたJAでは、問い合わせがあった場合に、資料などに基づいて詳しい内容が説明されます。一例として、信越地方のJAの葬祭プランを見てみましょう。

参考
JAライフサービス越後中央 - ご葬儀プラン
https://www.ja-sosai.co.jp/plan/

直営ホールで行う一般価格43万2千円と37万8千円のプランは、会員価格になるとそれぞれ、38万8,800円と34万200円で、一般と同じ内容のプランが会員向けとしてより低い価格で提供されていることがわかります。

別の信越地方のJAの場合は、ホームページ上で祭壇の違いによる基本料金を選択した上で、葬儀に必要な物品とその数量を入力することで、合計費用が算出されるようになっています。 このため、費用総額は入力内容によって異なります。

しかし、ホール設置の祭壇の一般料金が40万円なのに対して、会員価格では34万円と35万円の料金が設定され、会員のほうがお得なことがわかります。

JA(農協)の葬儀のメリット・デメリット

ここまで見てきたJA葬祭の特徴をもとに、JAの葬儀のメリット、デメリットをまとめてみます。

メリット

  • 会員向けサービスとしての低めの価格設定
  • 使用できる会場が多く、設備が充実している
  • さまざまな規模、様式の葬儀に対応できる

上記の3点が、JA葬祭の大きなメリットといえます。近年では、葬儀の小規模化傾向に合わせて、小規模な式場も充実しています。 また、JAバンクと連動して、葬儀費用を事前に準備するサービスを展開するなど、JAの他のサービスと組み合わせた葬祭サービスも行われています。

デメリット

  • 地域によって葬儀サービスの内容に差がある
  • 価格が明らかになっていないこともある

JA葬祭のサービスは、地域ごとのJAが行っているので、JAによって葬儀に必要な物品やサービスの充実ぶりが異なります。

また、会員価格がオープンになっていないところや、プラン内容が明らかになっていないところもあります。その結果、希望通りの葬儀を行えないというおそれがあります。

希望通りの葬儀を納得価格で行うためには、事前に地域のJAが対応できるサービスの内容を確かめるとともに、見積りを取って他社と比較検討することが必要です。

プランを検討する際には、見積もりに含まれているものと含まれていないものを明らかにすることが大切です。

もし、葬儀にどうしても必要なものが含まれていないと、たとえ安い会員価格が適応されても、追加料金が発生して結果的に料金が高くなることもあるので、注意しましょう。

まとめ

JA(農業共同組合=農協)は、会員向けに葬祭サービス事業を展開しています。会員の暮らしを支えるための事業なので、価格が低く抑えられているのが特徴です。 また、直営の式場のほか地域の連携式場も利用でき、設備の充実した式場から規模に見合ったところを選べます。

ただし、葬祭事業は各地域のJAが行っているので、サービスの内容、プランの種類や価格が異なります。希望通りの葬儀にするためには、事前にサービス内容や価格をチェックすることが大切です。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応