葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 無縁仏とは?だれが弔うのかやお墓についても紹介します

葬儀の知識

無縁仏とは?だれが弔うのかやお墓についても紹介します

無縁仏とは?だれが弔うのかやお墓についても紹介します

無縁仏と聞くと特殊なことのように感じられるかもしれませんが、社会の変化に伴い近年では無縁仏が増加しているといわれています。

本記事では、無縁仏とは何か、無縁仏となるケース例、無縁仏の葬儀、無縁仏のお墓の扱いなどについて解説します。

無縁仏とは

無縁仏とは、下記のような状態のことを指します。

  • 葬儀を行なったり供養をしたりする親類縁者を持たない故人
  • 供養をする人がいない方々の眠る墓(無縁墓)

無縁仏となるケース

故人が弔われることのない無縁仏となるケースとして、主に次のような理由が挙げられます。

故人に子孫や親類縁者がおらず、且つ故人自らでお墓を用意していなかった

たとえ子孫や親類縁者がいなくても、生前に自らの納骨先を手配していれば無縁仏となることは避けられます。

しかし、そうした生前の手配がなければ、故人は高い確率で無縁仏となると考えられるでしょう。

子孫や親類縁者に遺体や遺骨の引き取りを拒否された

子孫や親類縁者がいるからといって、必ずしも弔ってもらえるというわけではありません。

血のつながりのある子孫でさえ、生前に何らかの事情で絶縁状態にあれば、遺体や遺骨の受け取りを拒否するというケースもあります。

会ったこともないような遠縁の親類であればなおのこと「知りもしない人の葬儀や供養は引き受けられない」と考えるのも無理はないでしょう。

お墓を受け継ぐ人がいなくなった

お墓は代々受け継ぎ、世代を超えて維持・管理していく性質のものです。

しかし、かつての家制度が消失し、跡を継いで家や墓を守っていくという従来の考え方は近年ますます希薄になっており、継がせる子どもがいないというケースも増えています。

当初は丁寧にお世話がなされていたお墓でも、継ぐ人がいなくなれば無縁仏(無縁墓)となってしまいます。

無縁仏の葬儀について

昔は、身寄りのない人の遺体は投げ込み寺と呼ばれる寺院に持ち込まれ、無縁仏として葬られました。

今日では、引き取り手の見つからない遺体は地方自治体が引き取り、葬儀の手配を行ないます。

その場合の葬儀は、火葬のみのごく簡単で最小限のものとなり、火葬後の遺骨は行政が管理する霊園か無縁仏を引き取る寺院で合葬(他の遺骨と混在させた状態での納骨)されます。

無縁仏のお墓の管理について

無縁仏の入るお墓のお世話や法要は誰が行ない、また、無縁仏(無縁墓)となったお墓はどのように処理されるのでしょうか。

無縁仏のお墓の管理・法要は行政に委託された業者や寺院が行なう

霊園や寺院に合祀された後のお墓の管理や法要については、行政から委託された業者や寺院が行ないます。

一般に法要は合同法要として合祀先で行なわれ、そうした法要の費用やお墓管理の費用は行政が負担します。

管理する人がいなくなったお墓は整理される可能性がある

さまざまな事情により管理をする人がいなくなり、一定期間以上管理料が支払われていない無縁仏(無縁墓)については、一定の手続きを経て整理できるように、法律が改訂されました。

未払いの旨を官報に掲載した上、墓地に立て札を1年間にわたり立てるという方法で当該の区画の使用者への通知を試み、それでも申し出や管理料の支払いがなかった場合にお墓の整理が可能となります。

無縁仏の多くは合祀墓に移される

整理対象になったお墓に納められていた遺骨は「引き取り手のない遺骨」ということになり、もともとの個別のお墓から合祀墓へと移されます。(ただし、遺骨の一部のみが合祀され、残りの遺骨は産業廃棄物となるケースもあります)

中には霊園・寺院の廃業や倒産により無縁仏となってしまう例もあり、そういったケースでは引き取り手のない遺骨は自治体の管理する霊園で合祀されます。

いずれにしても、合祀後には遺骨を個別に引き取ることは不可能です。

無縁仏とならないようにするには

無縁仏とならないよう、無縁仏となる可能性を下げるためにできる準備・対策にはどういったものがあるでしょうか。

お墓のお世話をする人がいない場合

合祀墓を選択する

合祀墓への納骨を生前に申し込んでおけば、お墓の管理は合祀墓のある霊園・寺院側で行なってくれますので、墓守の心配は不要です。

永代供養墓を選択する

合葬に抵抗感がある場合は、納骨先として個別の墓や納骨堂なども選べる永代供養墓という選択肢もあります。

この永代供養墓は、霊園や寺院に費用(永代供養料)を支払い、供養とお墓の維持・管理を委託するものです。

ただし、一定の時期が来れば合祀されるという点に注意が必要で、合祀への移行タイミングは霊園・寺院により異なりますので、確認しておきましょう。

墓じまいをする

先祖代々のお墓はあるが、将来的に自分自身がそのお墓に入った後、お墓を受け継ぎお世話をしてくれる人がいないというケースでは、墓じまいすることにより、先祖代々の墓が無縁仏(無縁墓)となることを避けられます。

具体的には、中に納められている遺骨を合祀墓や永代供養墓に移してお墓を閉じます。

葬儀や供養を行なう親類縁者がいない場合

業者との事前相談を行ない、事務手続きを委託する

葬儀やお墓について業者に事前相談してプランを立てておいた上で、自分の死後にそのプランを実行してくれる人(友人・知人の他、弁護士や行政書士といった専門家など)を見つけ、依頼します。

葬儀や埋葬に必要な事務手続きの履行を委任する依頼を「死後事務委任契約」と称しますが、血縁関係のない依頼相手の立場を守るためにも、口約束ではなく契約書(できれば公正証書)を作成しておきましょう。

日頃から周囲とのコミュニケーションを密にしておく

無縁仏とならないようにするためには、「周囲の人とのコミュニケーションを密にしておく」「自宅へ訪問してもらうタイプのサービスを利用する」などもおすすめです。

少なくとも、死後長期間誰にも発見されないいわゆる孤独死の可能性を下げられますし、自分に何かあったときには業者に連絡してほしいとお願いしておくこともできます。

まとめ

  • 無縁仏とは、葬儀・供養を行なってくれる人のいない故人、お世話する人のいないお墓のこと
  • 引き取り手のない遺体は地方自治体が引き取って火葬の手配をする。遺骨は行政の管理する霊園か無縁仏を引き取る寺院で合祀される
  • 一定期間以上管理料が納められなかったお墓は、定められた手続きを経て整理される
  • 霊園・寺院墓地が閉じられる際に引き取られなかった遺骨は、無縁仏として合祀される
  • 後を任せられるような親類縁者を持たない場合には、生前に何らかの対策を行なっておくことで無縁仏となる可能性を下げられる

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応