葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の種類
  3. 自由葬とは?失敗せずに自由葬を行うために知っておくべき大事なこと

葬儀の種類

自由葬とは?失敗せずに自由葬を行うために知っておくべき大事なこと

自由葬とは?失敗せずに自由葬を行うために知っておくべき大事なこと

「自由葬」という名の葬儀を聞いたことはありますか。お葬式には様々なスタイルがあり、「自由葬」はそのうちのひとつです。興味を持たれる方も多いようですが、具体的にどのようなものなのか実はあまり知られていません。

何もかも自由に葬儀を行えるのかと言えば、そういうわけでもなく、あくまでもセレモニーを執り行うためにそこには一定の形式が求められます。また、喪主の希望に沿って自由に葬儀を作り上げるものだからこそ、参列者に対して特段の配慮が必要になります。

今回は、自由葬について意味、費用、流れ、メリット・デメリット、参列マナーなどを、総合的に解説してまいります。

自由葬とは

自由葬とは、特定の宗教宗派や慣習に捉われることなく、故人や家族の希望にそって、内容を決め実施するお葬式のことです。宗教者を呼ばない葬儀であることから「無宗教葬」などと同じくくりで語られます。

自由葬には「こうでなければならない」という決まった形式はありません。「宗教宗派に捉われることなく」と言いましたが、宗教色を出すかどうかも自由です。

たとえばお焼香は仏式葬儀を連想させますが、自由葬でお焼香をしても問題はありません。地域独特の葬送儀礼の慣習があれば、それを採用しても構いません。

自由葬の特徴

自由葬はその名前の通り、宗教宗派の定めに従わず、葬儀内容を自由に決めて行う点が最大の特徴です。 具体的に解説していきます。

無宗教での葬儀

仏教やキリスト教など、特定の宗教宗派に基づいて葬儀を行う場合には、それぞれ行わなければならない儀式の内容が決まっていますが、自由葬では宗教者を呼ばないために、決められた形式がなく、家族の希望する自由なスタイルで葬儀を行います。

ただし先の項で述べたように、宗教者を招かないだけで、宗教色を出すか出さないかは喪主や家族の自由です。

たとえば、僧侶は呼ばないけれど故人が好きだった般若心経をテーマにした自由葬を行う、というのは充分に有り得ます。

故人らしさをお葬式に反映しやすい

宗教儀式に時間を取られることがないため、全ての時間で故人らしさを反映できます。たとえば、最初から最後まで故人の愛聴していた音楽を流し続けるようなことも出来ます。

参列者が戸惑いを感じる可能性が高い

参列者側からすると、仏式葬儀であれば多少なりとも馴染みがあるでしょう。

しかし、自由葬というスタイルがまだまだ少数派な上、その家その家によって内容がそれぞれ異なるため、参列者が戸惑ってしまう可能性が高いでしょう。

内容を自由に決めていくだけの企画力が必要

自由葬では内容を自由に決められますが、逆に言うと何も無い状態のところから何をするのかを決めていかなければなりません。

たとえば、仏式葬儀であれば通夜や葬儀の約30分~60分の間、僧侶が読経をして参列者はお焼香をする、というように時間内で行うことが決まっています。

自由葬の場合、この30分~60分の間に何を行うかを自らで企画しなければなりません。

菩提寺がある場合には住職の理解や協力が必要

菩提寺があり、特にその境内にお墓がある場合には、注意が必要です。

仏教での葬儀は、菩提寺によって戒名授与や引導作法などの儀式を経て、火葬や納骨を行います。

この手順を無視して自由葬で行ってしまうと、菩提寺にあるお墓に納骨出来なくなってしまう可能性が高くなってしまいます。

菩提寺があるけれど自由葬で行いたいという場合には費用はかさみますが、たとえば自由葬を行ったあとに改めて菩提寺に葬儀をしていただく、あるいは菩提寺を招いて葬儀や火葬などを行ったあとにお別れ会のような形式で行うという方法も取れなくはありません。

いずれにしても菩提寺の理解や協力が必要となるでしょう。

自由葬がおススメの方

どのようなお葬式スタイルで行うべきかは、故人および家族の希望や状況などによって異なってきます。では、自由葬はどのような方におススメなのでしょうか。

家族や親族が特定の宗教宗派を信仰していない

寺院などの宗教儀礼を避けたい人は自由葬がおススメです。ただし、故人の遺志と家族の意志が一致していればよいのですが、もし一致していない場合は、(たとえば故人は特定の宗教を信仰していたが、家族が自由葬を希望しているなど)きちんと家族間で話し合いをして進めましょう。

お墓が宗教宗派問わずに利用出来る墓地や霊園にあるという方

先祖代々のお墓が菩提寺にある場合、菩提寺を無視して自由葬で行うと、あとあとの仏事や埋葬の時にトラブルになりかねません。

一方で、公営墓地など宗教宗派問わずに利用できる墓地や霊園にお墓があるという場合には、自由葬で行いやすいと言えます。

故人の意思をお葬式に反映させたい方

特定の宗教宗派や慣習に捉われずに行うお葬式なので、故人の意思を反映したお葬式が実現可能です。

祭壇や式場内の飾り付けも宗教的な制約を受けることがありませんので、自由に故人らしく飾り付けることができます。

縁故知人にスピーチなどの協力をしてくれる方がいる

自由葬では、スピーチなどを式次第に盛り込むことあります。音楽の生演奏などもよく選ばれています。

家族や親族だけで自由葬の内容を企画し実行するよりも、故人とつながりのあった人たちにスピーチなどをしてもらう方が、生前の故人をより深く偲ぶことができ、自由葬の充実度が高まるでしょう。

自由葬のメリット・デメリット

自由葬にもメリットとデメリットがあり、自由葬を希望される場合には、両面を理解しておくことが大切です。ここでは自由葬のメリットとデメリットをそれぞれお伝えいたします。

メリット

葬儀の内容を自由に決めることが出来る

自由葬のもっとも大きなメリットは内容を故人や家族の希望にそって自由に決めることができるという点です。

より故人を偲ぶことができる葬儀になりやすい

自由葬は、宗教儀式に取られる時間が無く、飾り付けなどにも宗教的な制約を受けることが無いので、故人らしさを全面に出した葬儀が可能です。葬儀全体を故人の人生や人柄などを偲ぶ内容にできるでしょう。

既存宗教に意義を感じない方にとって意義ある葬儀にできる

葬儀における宗教的儀礼に意義を感じず、疑問や不満を持っている方もいます。

そのような方にとって、宗教に捉われない自由葬は自分自身の手で意義あるものに出来るというメリットがあります。

寺院や教会などへの御礼が不要

自由葬では寺院や教会などへ葬儀の依頼をしないため、御布施などの費用がかからないという点もメリットです。

浮いた費用をそのまま葬儀費用の削減に充てられますし、または飾り付けや飲食などのグレードを上げることも可能となるでしょう。

デメリット

まだまだ馴染みのない葬儀形態なので親族や家族の理解を得にくい

自由葬を行うには親族や家族の協力も必要です。
しかし、まだまだ馴染みの無い葬儀形態ですし、人と違うことをするには抵抗があるという方もいるでしょう。親族や家族に協力してもらう以前に、自由葬について理解を得られない可能性は充分にあるでしょう。

(解決策)
日頃から自由葬への思いや考えを親族や家族に伝えておくことがポイントです。

一方で、親族や家族で自由葬に抵抗感を持っている方がいれば、その理由を聞いておき、解決策や妥協案を話し合っておくことも大切でしょう。

参列者に戸惑いが生じる可能性が高い

葬儀の8割近くは仏式で行われていると言われています。 喪主や家族は自分たちが希望する葬儀スタイルで満足かもしれませんが、参列者からすると不慣れな自由葬に戸惑ってしまうかもしれません。

自由葬への参列の機会がそもそも少なく、さらには自由葬ごとに内容も異なるためです。 服装、香典、式の内容など、参列者の戸惑いはデメリットのひとつと言えるでしょう。

(解決策)
葬儀の案内をする際、香典、服装、式の内容などを出来るだけ詳細に伝えておくことが解決策となります。

自由葬は、いつも以上に参列者への配慮が必要であると認識しておいた方が良いでしょう。

葬儀社によって葬儀の質が変わる

葬儀の内容を白紙の状態から企画していくのが自由葬です。そのため葬儀の質や満足度は、企画力や運営力などの面から葬儀社の技量によって大きく左右されます。

逆の見方をすれば、葬儀社に企画力、提案力そして運営力があれば、より良いお葬式に繋がるでしょう。

(解決策)
事前相談を複数社で行い、企画や提案に説得力のある葬儀社を見つけることです。

自由葬を希望する場合の優良な葬儀社の選び方は、別の項でポイントを紹介いたしますので参考にしてください。

菩提寺がある場合には自由葬は行いにくい

菩提寺がある場合、特に菩提寺の境内にお墓がある場合には、自由葬をすることによって支障を来す可能性があります。菩提寺から戒名をいただいた上で葬儀の供養をしてもらわないと、お墓への納骨を受け付けてもらえなくなるからです。

(解決策)
費用はかさんでしまいますが、菩提寺に相談し了承を得たうえで、自由葬を行ったあとに改めて仏式の葬儀をしてもらうこと、あるいは先に仏式の葬儀を行って、その後自由葬を行いましょう。
または、仏式葬儀の中で自由葬の要素をわずかでも取り入れてもらえるか相談してみるのもよいでしょう。

葬儀と告別式を厳密に分け、告別式をより自由度の高い内容にすることもできるでしょう。

自由葬の流れ

お葬式を自由葬で行う場合、ご逝去から火葬までどのように流れていくのでしょうか。ここでは自由葬の流れについて解説してまいります。

自由葬の流れに関する留意点

自由葬とは、あくまでもセレモニーの内容を自由に行うかどうかの問題です。
葬儀前の役所への対応や、自宅へのご安置などは、他のスタイルの葬儀と大きく違う点はありません。

自由葬の流れ

故人や家族の意向によって変わってくる部分もありますが、一例として自由葬の流れを見ていきましょう。 

①ご逝去
医師の死亡診断を受け、葬儀社の手配をします。自由葬を希望しているのであれば、葬儀社に連絡をするときに自由葬希望であることもあわせて伝えておいた方が今後の流れがスムーズに進みます。

付き合いの深い親戚には、この時点でご逝去の連絡を入れます。

②搬送~安置
葬儀社の寝台車で自宅、または斎場や葬儀社の霊安室へ搬送し、安置します。

仏教や神道では北枕で安置します。無宗教ということで拘る必要はないものの、実際には北枕で安置することが多いようです。

③葬儀社との打ち合わせ
日程、場所、規模、自由葬の内容、料理、返礼品などについて決めていきます。自由葬の場合には、セレモニーの内容をどのように作り上げていくかの相談に多くの時間が使われるでしょう。

もちろん結婚式のように何か月も時間的余裕があるわけではなく、数時間、あるいは数日の間に内容を決めていかなければなりません。だからこそ自由葬希望の場合は、元気なうちの事前相談をしておくのがよいでしょう。 また、日程や場所が決まり次第、自由葬で行う旨を添えて親戚や会社などに連絡をします。

④納棺
仏教や神道では、納棺式のときにそれぞれ定められた衣装を故人に着せますが、自由葬では故人の好きだった服を用意するなど、宗教的制約無く行われます。

また、仏教や神道で行うお葬式の場合には通夜開式前には納棺を済ませますが、家族のみで自由葬を行う場合には、通夜式の中で納棺を行うこともあります。

⑤通夜
内容は自由葬ごとに異なります。大きく分けて結婚式の披露宴のような会食中心のスタイルと、仏式葬儀と同じように式次第にセレモニーとして故人を偲ぶスタイルがあります。

セレモニーの内容としては、献花、参列者からのスピーチ、音楽の生演奏、追悼動画の上映などがよく行われます。

⑥葬儀・告別式
通夜と同様に内容は自由葬ごとに異なりますが、献花、参列者からのスピーチ、音楽の生演奏、追悼動画の上映などが多いでしょう。

また、一般的な葬儀と同じように出棺前に故人との最後のお別れを行う時間が設けられます。

⑦火葬
仏式葬儀であれば火葬場で、お坊さんの読経や参列者の焼香が行われますが、自由葬では特にしなければならないことはありません。

以上が自由葬における火葬までの流れです。ここでは通夜も流れに含んでいますが、通夜は行わず葬儀・告別式のみを行うケースもあります。

また、火葬後には一般的な葬儀と同じように、参列者への労いや感謝の気持ちを込めて飲食の席が設けられることが多いようです。

自由葬のマナー

自由葬において参列者が戸惑うもののひとつが、香典や服装などのマナーについてです。ここでは参列者の視点で自由葬のマナーをお伝えいたします。

マナーについては、主催者側も知っておくとよいでしょう。

自由葬のマナー

香典

まず自由葬であっても、会費制である旨の事前案内が無い限り、御香典は持参することが一般的です。

  • 表書きと香典袋
    また、香典袋については蓮の花や十字架の描かれたものは特定の宗教を想像させてしまうので避けた方が良いでしょう。
  • 香典の相場
    自由葬と言っても、仏教で行われる一般的葬儀と包む金額に違いはありません。香典で包む金額は故人や遺族との関係性や、参列者の立場や年齢によって異なります。

地域によっても異なることがありますが、香典として包む金額は下記が相場です。

  1. 家族および親族内で不幸があり、葬儀に参列する場合:約10,000円~100,000円
  2. 知人や友人の身内で不幸があった場合:約5,000円~10,000円
  3. 近所の家や職場で不幸があった場合:約3,000円~10,000円

服装

主催者から服装についての指定や案内がなければ、一般的な葬儀に参列するときと同様の服装で参列します。

男性であれば、喪服として販売されているブラックスーツ、白ワイシャツ、黒ネクタイ、黒の靴下、黒の革靴が基本です。

女性であれば、黒色のアンサンブル、ワンピース、スーツで、黒のインナー、黒のストッキング、黒のパンプスが基本となります。

男性も女性も、余計なアクセサリー、派手な時計は外しておくようにするのがマナーです。なお、数珠は仏式葬儀で持参するものですから、自由葬では不要です。

葬儀の主催者から指定があれば、その指定に従った服装を整えます。ときおり「平服で」と案内される自由葬もあり、この平服の判断に迷う方もいるようです。

自由葬に参列する場合の平服は、男性でも女性でも喪服として販売されているもの以外のブラックスーツやアンサンブルやワンピースの着用が無難なところです。

自由葬を開く際に掛かる予算

自由葬で行う場合、費用としてはどれくらい必要なのでしょうか。費用面も多くの方が気にされるところです。

自由葬を開く際に掛かる予算

一般的な葬儀でも規模や地域などによって費用は変わってくるため、一概に相場を出すことは難しいとされています。

そして自由葬は葬儀ごとに内容が様々であるという性質のため、一般的葬儀よりも更に費用の相場を出すことが難しくなります。

飲食中心なのか、通夜は行うのか、祭壇はどうするのか、飾り付けや演出はどの程度行うのかなど、自由葬では規模以外にも、式の形式や内容など費用の変動要素が多くあります。

参考までに、日本消費者協会が実施した「葬儀についてのアンケート調査」(第11回・2017年発表分)では、葬儀の費用平均は全国で約195万円となっています。このうち約47万円はお布施など寺院関係の費用であるため、残りの約148万円という数字がひとつの目安になるのではないでしょうか。

自由葬を行う葬儀社を選ぶ際の着目点

自由葬のデメリットの項でも述べましたが、自由葬では葬儀の質の高さが葬儀社の技量に左右される部分が大きくなります。

そこで良い葬儀社を選ぶためのポイントをお伝えいたします。

資料請求や電話相談など相談出来る環境が整っているかどうか

満足できる自由葬を行うためには、実際に不幸が発生する前に出来るだけ事前相談をしておくことが理想です。

そこで、資料請求や電話相談の対応がしっかりしているかどうかはも良い葬儀社を見つけるための大事なポイントとなります。

まずは複数の葬儀社に電話してみましょう。電話越しの対応がずさんだと感じたら、その段階でその葬儀社は選択肢から外しましょう。

自由葬の実績があるか

自由葬の実績があるかないかを確認しましょう。もしも実績があるのであれば、どのような内容の葬儀を企画、実施したのかを詳しく聞きましょう。

可能であれば、式場内の写真や、見積書や企画書など、参考になるものを見せてもらいましょう。

こちらの想いに耳を傾けてくれた上で、豊富な企画提案をしてくれるか

事前相談は必ず複数社で行い、自由葬の内容を色々と葬儀社屋さんから提案してもらいましょう。葬儀社の企画力、提案力、実行力が試されます。

葬儀社から提案が豊富かどうかも大切ですが、まずはこちらの想いにきちんと耳を傾けてくれるかどうかが大切です。喪主や遺族の気持ちに寄り添った上で、それを形にする企画力が求められます。

さらには、こちらの言ったことをそのまま形にするだけでなく、プロとして付加価値をつけた提案が帰ってくるか葬儀社の方がよりよい自由葬にしてくれるでしょう。

質問の対応が丁寧で分かりやすいかかどうか

質問に対して丁寧に解りやすく説明してくれるかは大事な着目点です。

葬儀は、非日常的な時間であり、普段慣れていない分、分からないことばかりです。葬儀に不慣れな私たちに対して、ひとつひとつ分かるように説明するのはプロとして当然の役目です。

喪主や家族は、大切な身内を亡くすというとてもデリケートな状態にあります。対応ひとつで、喪主の気持ちが救われることもあれば、より傷つくこともあります。複数の葬儀社を比較するのであれば、電話でも対面でも、丁寧な対応をしてくれる所を選びましょう。

一般的な葬儀と異なる点を丁寧に教えてくれるか 分からないことを丁寧に教えてくれるだけではなく、一般的な葬儀との違いをことさら丁寧に教えてくれるかどうかは、葬儀社の技量を測る上での1つのポイントとなるでしょう。

自由葬は、これまでの葬儀と何が違うのか。そこでもたらされるメリットやデメリット、まわりに及ぼす影響などを、きちんと分かりやすく説明できるかどうかを見極めましょう。

葬儀費用の見積もりも丁寧で分かりやすい

自由葬の場合には、施主側の意向によって内容が千差万別です。見積もりも、それぞれの自由葬ごとにオリジナル性のある内容となります。

必要な商品やサービスについて、出来るだけ詳細に解りやすい見積もりを提示してくれるかどうかも良い葬儀社見分けるポイントのひとつです。

葬儀後のアフターサポートが充実しているかどうか

自由葬が終わったあとも、家族には納骨や行政手続き、保険手続き、相続など行わなければならないことがたくさんあります。

そこでアフターサポートも丁寧に対応してくれるかどうかも要チェックです。

最後に

今回は自由葬について、意味やメリット・デメリットや参列マナーなど総合的に解説いたしました。

自由葬は、内容を自由に決められるが故に、自分たちで内容をどう企画するか、また自由葬への対応に強い葬儀社を選ぶことが重要となります。

また、馴染みの無い葬儀スタイルでもあるため、一般的な葬儀以上に参列してくださる方々への配慮も大切です。

葬儀の費用を抑えるためのポイント

葬儀にかかる費用や葬儀内容の良し悪しは、どの葬儀社に依頼するかによって大きく異なります。複数の葬儀社から見積もりを取って内容を比較することで、費用面の負担が少ない、信頼できるベストな葬儀社を見つけることができます。複数社に自分で連絡するのは大変ですが、今は一括見積サービスがありますので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
\ 最安11万円から葬儀社をご紹介いたします /
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応