葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の種類
  3. 自由葬はどんな流れで進行する?メリットや注意点なども紹介します

葬儀の種類

自由葬はどんな流れで進行する?メリットや注意点なども紹介します

自由葬はどんな流れで進行する?メリットや注意点なども紹介します

色々なお葬式のスタイルがある中で「自由葬」も選択肢のひとつです。

「型にはまりたくない」「既存の宗教に意味を感じない」「お寺とのお付き合いは嫌だ」等々、自由葬を希望される方の理由も様々です。

その名のとおり、ある意味で自由な葬儀ですが、定まった形式や流れがなく、自由だからこそ成功させるには難しいお葬式のスタイルでもあります。

今回は、この自由葬について流れや、注意点などをお伝えしてまいります。

自由葬とは

自由葬の流れや注意点などについてお伝えする前に、まず自由葬とはどのようなお葬式スタイルなのかを説明します。

自由葬とは

自由葬とは、特定の宗教宗派や地域の慣習、しきたりに捉われることなく行われる葬儀のことを言います。自由葬は「無宗教葬」と呼ばれる場合もあります。 「音楽葬」と言われるスタイルも、広い意味でこの自由葬のひとつです。

「特定の宗教宗派や地域の慣習やしきたりに捉われることなく」ということですが、これは宗教色を出してはいけないということではありません。

たとえば、般若心経が好きだった故人であれば、般若心経をテーマにした自由葬を行っても良いことになります。自由葬において「こうしなければらない」という形はないのです

葬儀社との打ち合わせでは、自由葬の内容もゼロから決めていくことになります。葬儀社から内容について提案や助言を受けることも出来ますが、最終的に内容を決めるのは施主やその家族です。

また内容にもよりますが、自由葬では実際の式や準備も施主やその家族が主体的・積極的に動いていく必要があります。

自由葬の費用

定められた形式がない自由度の高い葬儀スタイルということで、自由葬の費用相場を把握することは難しいところです。葬儀費用の全国平均は約195万円と言われています。

この金額には葬儀一式費用、飲食接待費用、 寺院費用が含まれていますが、このうち寺院費用(平均約47万円分)は自由葬においてかからないことになります。

自由葬のメリット

  • 葬儀の内容を自由に決めることが出来る。
  • より故人らしさを表現した葬儀にしやすい。
  • 既存宗教に意義を感じない方にとって意義ある葬儀ができる。
  • 寺院や教会など司祭者に関する費用負担が不要。

自由葬のデメリット

  • 世間的に馴染みのない葬儀形態なので、家族や親族の理解を得にくい。
  • 不慣れな葬儀形態であるため、参列者に戸惑いが生じる可能性が高い。
  • 一般葬に比べ自由葬は、葬儀社の技量が葬儀の良し悪しに大きく影響する。

自由葬が増えてきた背景

自由葬が増えてきた背景として考えられる主な理由は次のとおりです。

  • 信仰心の希薄化に伴い、信仰する宗教がない人の増加
  • 分家の増加による菩提寺が無い家の増加。
  • 寺院との付き合いを負担と感じる人の増加。
  • 葬儀の小規模化、家族葬の増加(世間に対する体裁を気にする必要性の減少)。
  • 葬儀に関する情報が入手しやすくなったこと(既存宗教に則った以外の葬儀スタイルについても一般の方が知る機会が増えたこと)。

自由葬の流れ

自由葬はどのような流れで行われるのでしょうか。ここでは式次第に沿って自由葬の流れについて解説してまいります。なお、自由葬に定まった形はありませんので、下記の流れはあくまでも一例としての紹介となります。

受付

開式の1時間程度前から受付を開始します。一般参列者だけでなく、親族も受付にて記帳を済ませていただきます。

遺族親族・参列者の着席

開式の5分~10分前には遺族親族および一般参列者は式場内に入り、着席をします。遺族親族の席順について、通常は葬儀社係員から案内があります。

開式

開式の定刻になりますと、葬儀社の司会進行担当者が開式のアナウンスを行います。このアナウンスでは、故人の名前、没年月日、自由葬として行うこと、喪主の名前などが紹介されます。

黙祷

司会進行担当者のアナウンスに従い、故人への感謝の気持ち、故人の安らかな眠りへの祈りなど各人の想いを込めて参列者全員で黙祷を行います。

追悼ビデオ

故人の写真や動画をまとめたものを式場内に設置されたスクリーンに上映します。

お別れの言葉(故人の友人から)

故人の友人からのスピーチです。スピーチを依頼する場合には、時間にして3分~5分程度でまとめていただくようお願いをしておきます。

お別れの言葉(故人の孫から)

次に故人の孫からのスピーチです。1人とは限らず、孫数名で故人の前に進み出て行うケースも見られます。

献花

式場内に故人の好きだった音楽が流れる中、喪主から順番に参列者全員が献花を行います。

喪主・親族代表の挨拶

参列に対する御礼として、喪主または親族の代表者が挨拶を行います。

閉式

葬儀社の司会進行担当者が閉式のアナウンスを行い式が閉じられます。

通夜ぶるまい

式後には飲食の席が用意されます。参列者の人数や会場の広さにもよりますが、立食形式の場合もあれば着席形式の場合もあります。

通夜ぶるまいは特に何時までと終了時間が決められているものではなく、長くても30分~1時間程度で一般参列者は解散となり帰途につきます。

以上が自由葬の流れの一例です。

なお上記の例は、通夜時に一般参列者にもお越しいただく形式で自由葬として行ったものです。翌日はセレモニー的なことは行わず、遺族親族だけで故人と最後のお別れをする時間を設け、その後火葬を行っています。

逆に通夜を行わない自由葬も見られますし、この日程的な設定も特に定められた形式は無いのが自由葬です。

自由葬を行うにあたって注意すること

現在のところ多くの方にとって馴染みのない葬儀スタイルでもあり、また自由だからこそ企画や運営が難しい面もあり、自由葬を行うにあたって注意すべき点があります。

葬儀社選びに注意する

自由葬は一般的に広く行われている葬儀スタイルではなく、その葬儀内容も様々であるため、葬儀社の経験や技量が自由葬の成功可否に大きく影響します。

自由葬を希望する場合には、出来るだけ生前のうちに複数の葬儀社で自由葬の提案をしてもらい、比較検討をしておくことをオススメいたします。

自由葬を行うことについて親族に理解を得る

「お経をあげてもらわないなんて成仏できないのでは!?」などと、中には自由葬に対して否定的な意見をお持ちの方もいます。円満に葬儀を終えるには家族や親族の協力が不可欠です。

自由葬で行うことについて、家族や親族にも理解していただけるよう、充分な話し合いや丁寧な説明が必要となります。

菩提寺がある場合には自由葬は基本的にできない

菩提寺があり、特に菩提寺に墓地がある場合には、自由葬を希望していても自由葬は一般的に出来ません。また、仮に菩提寺を無視して自由葬で行ってしまった場合、納骨を拒否されてしまう可能性もあります。

葬式後の流れも考えておく

仏式葬儀で行ったあとには、四十九日や一周忌の法要があります。しかし自由葬で行った場合には、定められた法要はありませんので、この点どうしていくか葬儀後の流れも考えておかねばなりません。

たとえば、「納骨時に故人を偲んでの会食をする」「1年後の命日を節目として食事会をする」など家族や親族間で検討し決めておくことが必要です。

最後に

自由葬は既存宗教に基づいた葬儀と比べて施主や家族として主体的・積極的に動かねばならず、また参列者が戸惑う可能性など色々と大変な面もあります。 しかし自由葬は、宗教的などの制約を受けることもありませんので、企画内容や運営次第では、より故人を偲び、心に残る葬儀にすることが出来るでしょう。 

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応