葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 香典辞退のマナーと対応方法を喪主・参列者それぞれの視点で解説

葬儀の知識

香典辞退のマナーと対応方法を喪主・参列者それぞれの視点で解説

香典辞退のマナーと対応方法を喪主・参列者それぞれの視点で解説

葬儀では、お香典のやりとりが当たり前のように行われます。家族が亡くなり葬儀を執り行う立場になったとき、喪主は参列者が持参する御香典をいただきます。また、知り合いが亡くなり葬儀に参列する立場になったときには、御香典を持参することが一般的です。

これに対して、近年では葬儀を出す側による「香典辞退」が増えています。参列者の「気持ち」である香典を辞退することについて、喪主と参列者それぞれの立場で、どのような点に注意すべきでしょうか。

今回は香典辞退のマナーや対応方法について解説してまいります。

香典の辞退とは。辞退する理由

香典には「相互扶助」と「弔意(ちょうい)を示すこと」の意味があります。元々香典は御不幸のあった家に対して近隣の方々が葬儀やその後の仏事で使用する御香を持ち寄ったことに由来します。

その後、近世に入り御香の入手が容易になったことなどを背景に、線香や御香ではなく現金を包んで持参するようになり、これが現在の香典の風習となっています。

香典は故人に対する供養の気持ちを表わすものであり、通夜または告別式の際に持参します。 香典を差し出した人に対して、喪主は「香典返し」と呼ばれる返礼品で御礼をします。

日本の葬儀の現場では、いまでも香典を持参するのが主流な中で、昨今増えてきた「香典辞退」とは、葬儀中および葬儀の前後も香典を受け取らないというスタイルです。香典を辞退する主な理由としては下記が挙げられます。

  • 香典返しの手間が負担である
  • 参列者に負担をかけたくない
  • 金銭的な扶助に頼りたくない

その他、社葬では税務上や事務負担軽減などの理由から香典辞退とするケースもあります。また、家族葬では一般参列だけでなく香典、供物、弔電も辞退とする場合が多く見られます。

香典を辞退したい場合どうすればいい?(喪主向け)

いまでも、訃報を聞きつけたならばお香典を包むのが一般的です。香典辞退をする際には参列者など周囲の方が戸惑うことのないように配慮することが重要です。

また、辞退するということは、香典収入がなく、その分葬儀費用の負担が大きくなります。香典を辞退することによる費用負担について考えておきましょう。 ここでは葬儀を出す側の立場として、香典辞退をするときの方法などについてお伝えいたします。

香典辞退の伝え方

香典辞退の伝え方は、主に2つあります。

1.葬儀の前に訃報や案内状などで知らせる

関係者の方に訃報や葬儀の案内状を送る際に、香典を辞退する旨を記載します。 たとえば「尚、誠に勝手ながら御香典の儀は固くご辞退申し上げます」という一文を案内状の最後に付記します。 

2.受付など葬儀会場で案内をする

訃報や案内状だけなく、葬儀式場でも香典辞退の旨が参列者に伝わるように掲示します。葬儀会場には記帳や御香典を渡す受付がありますが、この受付前やロビーに香典を辞退する旨の案内板を立てるのが一般的です。また、受付係の人が口頭で伝えてもよいでしょう。

 1および2でも曖昧な表現はせずにはっきりと香典辞退の意向を伝えることがポイントです。また供物や弔電も辞退する場合には香典辞退の案内と併せて行うようにします。

辞退しても香典を渡された場合

香典辞退の意向を相手に伝え、何度も断っても、なかにはそれでも渡したいという方もいるでしょう。 この場合には、大切な人間関係に水を差し、相手を不快な気持ちにさせてしまうかもしれないため例外として有り難く受け取っておきましょう。

香典をやむを得ず受け取る場合には、他の参列者を困惑させたり、トラブルが生じたりしないように人目の付かないところで応対するよう注意が必要です。

香典辞退の連絡があった場合どうすればいい?(参列者向け)

香典の辞退について、参列者側はどのような点に注意しなければならないのでしょうか。香典を用意して葬儀会場を訪れたものの、香典辞退の案内が掲示されているケースに遭遇することがあるかもしれません。

香典辞退の葬儀に参列する場合には、故人や家族の気持ちや考え方を尊重し、香典の受取りを無理強いしないことが原則です。 ここでは香典辞退の葬儀に参列する場合の対応方法などついてお伝えいたします。

香典のみ辞退されている場合

香典をお渡しする理由のひとつは弔意を示すことです。 そこで香典以外で弔意を示す物として、供物を送ることも代案として挙げられます。供物には生花、果物や缶詰などの盛物、線香、菓子類など数種類あります。

ただし、香典で包む平均額が5千円~1万円とするならば、生花の平均相場は1~2万円となり予算的に難しいでしょう。この場合には、線香や菓子類を香典の代わりとして贈るのもいいでしょう。

供花や供物も辞退されている場合

葬儀に参列する際、迷惑や負担にならないよう充分に配慮しつつご家族に直接声をかけたり、故人に対して手を合わせるなど気持ちを込めてお参りするだけで問題ありません

香典の他に供花や供物も辞退されている場合で、どうしても何かお渡ししたいときには、代わりに弔電を送る方法もあります。 翌日の葬儀・告別式の前に弔電が届くように送ります。

香典辞退されていて、参列もできなかった場合

いくつか対応方法がありますが、下記は主な例です。

  • 供物や弔電が辞退の意向でなければ、供物や弔電を送る(葬儀会場に届けてもらう)
  • 葬儀後、弔問する
  • 葬儀後、供物を送る
  • お中元、お歳暮、暑中見舞い、寒中見舞いを送る際、弔意を示す一文を添える

最後に

今回は香典辞退のマナーや対応方法について解説してまいりました。 喪主側としては、参列者が困惑しないように配慮すること、参列者側としては家族や故人の意向を尊重して香典を無理に渡さないことが各々重要な点です。

また葬儀は慣習的な要素が大きく、地域差もあります。 地域によって香典辞退が今後のお付き合いに悪影響を及ぼしてしまう可能性もありますので、香典辞退を希望する場合には、葬儀社にも相談することをオススメいたします。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応