葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 末期の水をとるとは?手順やタイミングについても紹介します

葬儀の知識

末期の水をとるとは?手順やタイミングについても紹介します

末期の水をとるとは?手順やタイミングについても紹介します

身内の大切な方が亡くなりますと、残された家族には深い悲しみの中であっても行わなければならないことがたくさんあります。

葬儀もそのひとつですが、葬儀には様々な慣習やしきたりがあり、「末期の水」と呼ばれるものも、昔から行われてきた大切な慣習です。

そこで今回は末期の水の意味、そして手順やタイミングについて紹介してまいります。

末期(まつごのみず)とは

ここではまず末期の水について意味や由来など基本的な部分を見ていきましょう。

末期の水とは

末期の水とは、水で湿らせた脱脂綿や樒(しきみ)などの常緑樹を用いて、死亡間際や直後の方の口に水を含ませて差し上げる、口元を湿らせて差し上げる儀礼作法のことです。

「死に水(しにみず)」とも呼ばれ、末期の水を行うことは「末期の水をとる」という言い回しがされることもあります。

末期の水の由来は

末期の水は、仏教の開祖であるお釈迦様が亡くなる間際に水を求めた故事に由来すると言われています。

死期が差し迫っているお釈迦様が、喉の渇きを潤すため阿難という弟子に水を持ってくるよう頼んだところ、近くの雪山に住む鬼神がお釈迦様に水を捧げたという故事です。

この故事は、長阿含経(じょうあごんぎょう)という経典に記載されている内容です。

末期の水はこの故事を基として蘇生を願う思いや、労いや感謝の気持ちなどを込めて行われる習俗として民間に浸透しました。

末期の水をとる宗教とは

前述のとおり末期の水はお釈迦様にまつわる故事に由来するため、本来は仏式葬儀でのみ行う儀礼作法でした。

しかし、宗教を超えて習俗として広く浸透していったために、日本では仏教以外でも末期の水が行なわれることは珍しくありません。たとえば神式葬儀でも、末期の水を行う案内をしている神社が多くあります。

キリスト教については死際に「聖体拝領(せいたいはいりょう)」や「聖餐式(せいさんしき)」と呼ばれる儀式が行われるため、末期の水は行われないことが一般的です。

なお仏教であっても宗派や寺院によって考え方が異なり、浄土真宗では末期の水は不要としている寺院も多く見られます。

末期の水をとる手順とは

次に末期の水をとる手順や方法などについて紹介してまいります。

末期の水をとるタイミング

お釈迦様が亡くなる間際に水を求めたことから、本来末期の水は死亡する直前に行うものでした。しかし現在では、死亡後に自宅などで安置がなされた後に末期の水を行うケースが一般的となっています。

なお地域や病院により死亡直後、病室に末期の水を行う用意を看護師がしてくださるところもありますが、このタイミングでも問題ありません。

末期の水をとる順番

基本的には、その場に立ち会っている家族および親族の範囲で行い、血縁の濃い順番に末期の水を進めていきます。

たとえば故人から見て配偶者、長男、長男の妻、孫(長男の子供)、次男、実兄が立ち会っているとするならば、配偶者、長男、次男、実兄、長男の妻、孫という順番で末期の水を行います。

あとから長男家族が遅れて来られるようなときには、その場に立ち会っている方だけで末期の水を済ませます。(遅れて来られる長男家族が到着時に末期の水を行うかどうかは、各家庭のご判断次第です)

末期の水のとりかた

病院から自宅などへ葬儀社が故人の搬送、安置を行う場合には、葬儀社が末期の水に使用する道具の用意をしてくださり、方法などについても葬儀社から案内を受けながら進めていくことになります。

下記は末期の水のとりかたについて、葬儀社が末期の水に使用する道具を用意しない場合の一例を示したものです。

  1. 小皿やグラスなどに水を注ぎ故人の枕元に用意します。
  2. 新しい割りばしの先に脱脂綿を輪ゴムで括り付けます。(代わりに綿棒や樒や菊の葉っぱを使用する場合もあります。)
  3. 2の脱脂綿などを1で用意した水で軽く湿らせます。
  4. 水で湿らせた脱脂綿で故人の唇を優しく触れます。もしくはそっと撫でることもあります。唇をほんの少しだけ湿らす程度に留めるようにします。
  5. 3と4を血縁の濃い順番に行い、各人最後に手を合わせて終了です。

最後に

今回は末期の水の意味、そして手順やタイミングについて紹介してまいりました。

末期の水はお釈迦様の故事に由来しつつも、現在は亡くなった人への気持ちを表すひとつの儀礼作法となっています。 末期の水は全国的に浸透している儀礼作法ですが、地域、寺院や神社など司祭者によって末期の水に対する考え方が異なる場合もあります。

そのため、地域の実情に詳しい葬儀社に末期の水を含めた葬儀の流れを、事前に相談をしておくと良いのではないでしょうか。

葬儀の費用を抑えるためのポイント

葬儀にかかる費用や葬儀内容の良し悪しは、どの葬儀社に依頼するかによって大きく異なります。複数の葬儀社から見積もりを取って内容を比較することで、費用面の負担が少ない、信頼できるベストな葬儀社を見つけることができます。複数社に自分で連絡するのは大変ですが、今は一括見積サービスがありますので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
\ 最安11万円から葬儀社をご紹介いたします /
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応