葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
通話
無料
0120-99-1835
利用規約に同意の上お電話ください。
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 仮通夜とは?本通夜との違いや服装マナー

葬儀の知識

仮通夜とは?本通夜との違いや服装マナー

仮通夜とは?本通夜との違いや服装マナー

「通夜」については知っていても「仮通夜」についてご存知の方は多くないのではないでしょうか。 この記事では仮通夜についての知識を分かりやすく解説します。

仮通夜とは?通夜・本通夜との違い

通夜(本通夜)について

一般的に執り行われる通夜式は正式には「本通夜」と呼ばれます。 本通夜は、葬儀の前夜に営まれ、遺族や親族のほか、知人や地域の人、遠い親戚なども参列します。 僧侶を招いて読経が行われ、参列者には「通夜ぶるまい」と呼ばれる簡単な食事や飲み物が提供されることもあります。

仮通夜とは

それに対して「仮通夜」とは、故人が亡くなった日に親族のみで執り行われる通夜のことをいいます。

仮通夜は、亡くなった日に遺族や故人とごく近しい関係にある親族のみで、基本的には自宅で営まれます。

親しい人たちが故人とゆっくり過ごす最後の夜という位置づけで、故人を見守り、ともに過ごすことに重点が置かれます。

そのため、訃報を知って弔問に駆けつけた一般の参列者がいても、多くの場合、仮通夜に参加することはありません。また、基本的には一定の式次第もなく、儀式的なことも行なわれません。

どのような場合に仮通夜を行う?

故人が深夜に亡くなったなどの理由で本通夜の準備が間に合わない場合や、本通夜に家族や親族が参加できない、また、葬儀場の休みや葬儀の予定日が「友引」といった場合などに営まれます。

かつては、自宅で亡くなる人が多く、病院で亡くなっても遺体を自宅に搬送していたので、仮通夜が営みやすい環境でした。

しかし、近年では大半の人が病院で亡くなるようになり、臨終後は病院の霊安室や葬儀会場に搬送されることが多くなったことから、仮通夜が営まれることは少なくなっています。

仮通夜での読経・地域性について

かつては、僧侶を招いて読経をお願いすることもありましたが、近年は省略されることが多くなっています。

ただし、地域によっては「夜通し灯明(とうみょう)」と呼ばれる古くからの慣習を行なうところもあります。 これは、線香の火を一晩中絶やさないようにして、親しい人たちが故人の遺体を守るというものです。

また、仮通夜の日の食事を、肉や魚を用いない精進料理にするという風習が残っている地域もあるようです。

仮通夜の服装とマナー

仮通夜は遺族や故人と近しい親族のみで執り行われるため、しきたりやマナーについて細かい決まり事はありません。

服装のルール

服装についても厳密なルールはありません。 本通夜の場合は、喪服または略礼服を着用するのが一般的ですが、仮通夜では落ち着いた色で地味な服装であれば問題ないとされています。

殺生を連想させる動物の毛皮やレザーを使ったもの、大きな絵柄が描かれたもの、デニム生地などカジュアル過ぎるもの、肌の露出が多いものなどは、避けたほうが良いでしょう。

また、キラキラ光るアクセサリーなどは着用しないようにしましょう。

香典のマナー

本通夜や葬儀にも参列できる場合は、仮通夜に持参するよりも、本通夜や葬儀に参列した時に渡すとよいでしょう。 金額は故人との関係や年齢によって異なり、祖父母の場合は約1〜5万円、両親は約3〜10万円、兄弟は約3〜5万円が平均的な額です。

仮通夜と本通夜どちらに参列すべき?

前項でも解説したように、仮通夜は遺族・親族が、故人とゆっくり過ごす最後の夜と考えられています。

このため、訃報を知った場合でも、一般の参列者は仮通夜に参加しないのがマナーといえます。本通夜、葬儀・告別式に参列するようにしてください。

親族の場合には、通常は三親等までならすぐに訃報が届くはずです。訃報が届いたときには、可能であれば仮通夜に駆けつけましょう。

一方、三親等より遠い関係の場合や、すぐに訃報が届けられなかった場合、あるいは近しい関係でありながら参列すべきか悩むときは、無理して参列する必要はないようです。

「故人と近しい人だけで過ごしたい」という遺族の思いを汲んで、本通夜、葬儀・告別式に参列することをおすすめします。

まとめ

「仮通夜」は、亡くなった当日の夜に、遺族や故人と近しい親族のみで執り行われます。

親しい人たちが故人と過ごす最後の夜という位置づけなので、「本通夜」のような一定の式次第はなく、僧侶を招いての読経なども行なわないのが一般的です。

また、服装などに厳しい決まり事はないので、派手なものを避けて落ち着いた服装で参列すれば問題ありません。 仮通夜は基本的に、故人と親しい人だけで行なわれるため、一般の参列者が参列する必要はないでしょう。

葬儀の費用を抑えるためのポイント

葬儀にかかる費用や葬儀内容の良し悪しは、どの葬儀社に依頼するかによって大きく異なります。複数の葬儀社から見積もりを取って内容を比較することで、費用面の負担が少ない、信頼できるベストな葬儀社を見つけることができます。複数社に自分で連絡するのは大変ですが、今は一括見積サービスがありますので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
\ 最安11万円から葬儀社をご紹介いたします /
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応