葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 喪中の時のお正月に控えた方がよいこととは?行ってもよいことも紹介します

葬儀の知識

喪中の時のお正月に控えた方がよいこととは?行ってもよいことも紹介します

喪中の時のお正月に控えた方がよいこととは?行ってもよいことも紹介します

近しい方が亡くなると、一定の期間「喪中」とされ、お正月のお祝いなどおめでたいことは避けるべきだといわれています。

昔からの習わしと理解していても、喪中の意味や期間など、正確に知っている人は少ないでしょう。また、お正月のお祝いに関連する内容はどこまで考慮すべきなのでしょうか。

この記事では、喪中の方が新年を迎えるうえで、ぜひ知っておいていただきたいことをわかりやすくまとめました。

喪中の意味・期間・範囲

喪中についての基本的な知識をまとめて解説します。

喪中とは

人が亡くなったときに、その死を悼み、故人を偲んで慎ましく過ごすことを「喪に服す」あるいは「服喪(ふくも)」といいます。

喪中とはこの喪に服す期間のことです。

かつては、喪中の期間は酒や肉を断ち、喪服を着て過ごしました。婚礼などの慶事は禁忌とされ、仕事を休み、晴れがましい場所や神前に出ることも避けられていたようです。

一方、「忌中」という言葉もあります。

喪中に近い意味を持っていますが、死の穢れが遺族や親族以外に及ばないように、外との接触を避ける期間という意味合いが強いのが特徴です。

かつては、家族はもちろん親族にも死の穢れが強く残っていると考えられ、家の門戸を閉じ、厳しく身を慎みました。

時代の流れとともに、こうした風習は簡略化されましたが、喪中の考え方は今も引き継がれ、お祝い事や外との派手な接触を避けるのが通常です。

喪中の期間

  明治7年(1874年)に出された『太政官布告』では、自宅に謹慎する忌中の期間、喪服を着用する服喪の期間など、喪中の期間が細かく定められていました。

こうした法令は、昭和22年(1947年)にすべて撤廃されています。

しかし、仏教の考え方に基づいた喪中の期間については、今なお太政官布告がひとつの目安とされ、父母が亡くなった場合、忌中は四十九日まで、喪中は一周忌までとすることがほとんどです。

喪中の範囲

2親等までの人が亡くなった場合に、喪中とするのが一般的です。 3親等以上の場合は、喪に服す必要はないと考えられていますが、喪に服してはいけないということではありません。

血縁の深さではなく、生前の故人や親族とのおつきあいの深さによって、喪に服すべきかどうか判断すればよいでしょう。

喪中の正月の過ごし方とは

喪中の場合、新年をどのように過ごせばいいのか、具体的に見てみましょう。

お歳暮は贈らない?

お歳暮はお祝いではなく、感謝の気持ちをこめて贈るものなので、喪中に贈っても問題ありません。

むしろ、故人がお世話になった人や、家族がお世話になっている人には、変わらないおつきあいを願って贈ることが好ましいともいえます。

年賀状は出さず、喪中はがきを送る

年賀状は新年を祝うために出すものです。正月が喪中の期間に当たる場合、年賀状を出すのは控えましょう。

年賀状の代わりに、年賀欠礼と呼ばれる喪中はがきを出します。

喪中のために年賀状が出せないことを事前に知らせるためのはがきなので、11月から、遅くとも12月15日までに相手に届くように投函しなくてはなりません。

12月半ば以降に送る場合は、1月8日~2月4日の間に「寒中見舞い」として喪中であること、新年の挨拶=年賀状を控えさせてもらった旨を伝えます。

いずれの場合も喪中はがきには誰の喪中であるかを明記してください。

喪中に送られた年賀状は受け取っていい?

また、喪中であっても年賀状の受け取りを拒否する必要はありません。

喪中はがきを出していない方や、喪中はがきの到着が遅れた方から年賀状が届いた場合には、寒中見舞いとして喪中はがきを送ります。

その際は、「お知らせできず申しわけありませんでした」と一言添えるとよいでしょう。

「おめでとう」は使わない

年賀状による新年の挨拶は控えられても、直接人と会って挨拶をされることや、電話がかかってくることもあります。

こうした場合、喪中でない人は「おめでとうございます」と挨拶するのが通例ですが、新しい年をお祝いする言葉なので、喪中の際には避けるべきです。

「旧年中はお世話になりました」、「本年もどうぞよろしくお願いします」といった表現で、感謝の気持ちを伝えるようにするとよいでしょう。

正月飾りは控える

門松や注連縄、鏡餅などは、新年を祝うために飾るものなので、喪中の家にはふさわしくありません。

毎年飾っている家庭では、物足りないように感じるかもしれませんが、故人の死を悼み、偲ぶための期間と理解してください。

とりわけ、家の外に飾る門松や注連縄は控えるようにしましょう。

年越しそばやおせちは?

年越しそばは、1年の役を落とし、長寿を願っていただくものなので、喪中の人が食べても問題ありません。

一方、おせち料理には、縁起の良い食材や料理が詰め込まれ、新年を祝していただくものなので、基本的には避けたほうがよいでしょう。

とりわけ、めでたいに通じる鯛や、紅白のかまぼこなど、おめでたい食べ物は慎みましょう。

一方、縁起物でない食材や料理を、普段の食事として食べることは問題ありません。お雑煮もお供えの餅を避ければ大丈夫です。

初詣へは行けない?

喪中は神前に出ることを慎むべき期間なので、神社への初詣は控えるべきです。死を穢れとする神道の考え方に則って、50日間あるいは13カ月間の参拝を禁じているところもあります。

一方、喪中でも寺院を訪れることは問題なく、正月に初詣に行ってもかまいません。

他の方の葬儀や法事に参列してもいい?

他の方のお通夜や葬式、法事への参列も問題ありません。

お年玉はあげてもいい?

お年玉は、神様からの贈り物という考え方が起源になっているので、本来なら喪中には避けるべきといえます。

しかし、現代ではお小遣いの延長線上にあるものなので、「お小遣い」「書籍代」など、「お年玉」以外の名目であげても問題はないでしょう。

まとめ

「喪中」は故人の死を悼み、故人を偲ぶための期間です。

通常は2親等以内の人が亡くなった場合、喪に服す必要があるとされています。仏教では父母が亡くなった際には、一周忌までが喪中です。

喪中の期間はお祝い事を避ける必要があり、正月が服喪期間に当たっている場合は、年賀状、正月飾り、おせち料理、神社への初詣などは控えましょう。

一方、感謝の思いを伝えるお歳暮、寺院への参拝、弔事への参加などは、喪中期間であっても問題ありません。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応