葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 準確定申告とは?亡くなった人も確定申告が必要?

葬儀の知識

準確定申告とは?亡くなった人も確定申告が必要?

準確定申告とは?亡くなった人も確定申告が必要?

相続人になった場合、代理で確定申告を行なう「準確定申告」の手続きが必要な場合があります。

準確定申告を怠りますと、余計な税金を納めることになってしまう場合もありますので、注意が必要です。

今回は準確定申告の意味や期限などについてお伝えしてまいります。

準確定申告とは?

会社などへお勤めの方で、勤務先が源泉徴収や年末調整を行なっている場合は基本的に必要ありませんが、そうでない自営業や個人事業主の方などは自分で確定申告を行ないます。

確定申告とは「この期間、この金額の所得があったので、この金額の税金を納めますよ」ということを税務署に伝える手続きです。

この確定申告を行なう必要がある方が亡くなった場合に、故人の所得や納税額を相続人(包括受遺者を含みます)が税務署に伝える手続きのことを「準確定申告」と言います。

相続人とは故人の相続財産を受け取る人のことです。

通常の確定申告では、その年の1月1日~12月31日までを課税期間とし、翌年2月16日~3月15日までが申告期間として定められています。

準確定申告の場合、亡くなった年の1月1日から亡くなった日までが課税期間となります。

なお、前年分の申告をしないままに亡くなった場合には、その前年分についても準確定申告の対象となります。

準確定申告が必要な人

準確定申告は亡くなった方の全てが対象になるというわけではありません。亡くなった方が、主に下記に該当する場合には準確定申告が必要となります。

  • 事業取得や不動産所得がある自営業者や個人事業主の場合
  • 給与の年間収入が2000万円を超えている場合
  • 勤務先から源泉徴収をしてもらっていたが、年の途中で退職したため年末調整をしてもらっていない場合
  • 災害減免法により源泉徴収の猶予や還付の対象となっていた場合
  • 給与所得や退職所得以外で20万円を超える所得があった場合
  • 給与が2か所以上から支払われていて、源泉徴収や年末調整をされなかった給与の収入と、給与所得と退職所得の他の所得金額の合計が20万円を超える場合
  • 年金の受給額が年400万円を超えていた場合
  • 年金以外の所得が20万円を超えていた場合
  • 不動産の売却所得があった場合
  • 医療費控除や寄附金控除、高額医療費の還付などを受けたい場合(ふるさと納税で5カ所以上の市区町村に対して寄付をしていた場合は寄附金控除に含みます)
  • 生命保険金や損害保険金など各種保険の一時金、給付金、満期金を受け取った場合
  • 同族会社の役員や親戚などで、給与の他に貸付金の利子、家賃などを受け取っていた場合

準確定申告の提出期限

通常の確定申告は毎年3月15日が申告期限となっています。

準確定申告については、相続の開始があったことを知った日の翌日から4か月以内に行なわなければならない、と所得税法によって定められています。

「相続の開始があったことを知った日」というのは一般的に死亡日です(例外的に、死亡し数日経過してから孤独死の状態で発見されたり、海外にいて連絡が取れなかったなど特別の事情がある場合は死亡の事実を知った日になります)。

また、前年も確定申告が必要だったにも関わらず、申告をしないままに亡くなった場合には、その前年分についても「相続の開始があったことを知った日」の翌日から4カ月以内が申告の期限です。

なお準確定申告に基づく納税の期限も、「相続の開始があったことを知った日」の翌日から4カ月以内となっています。

申告や納付の期限を過ぎてしまいますと、無申告加算税や延滞税など余計に納税しなくてはなりません。

たとえば、無申告加算税では経過期間や納付額によって異なりますが、法定申告期限から1ヵ月以内に自ら納税し、かつ期限内にきちんと申告する意思があったと認められる場合を除き、納付額に対しておおよそ15%~20%を乗じた分を余計に負担することになってしまいます。

相続税の申告および納付の期限は、「相続の開始があったことを知った日」の翌日から10カ月以内なのに対して、準確定申告は申告も税金の納付も4カ月以内と短いので、納付資金の確保を含めて注意が必要です。

準確定申告の提出先

準確定申告の提出先は、亡くなった方の納税地の税務署で、亡くなった方が住民登録していた地域を管轄する税務署です。

どこの税務署が管轄しているのかは、国税庁の公式サイトで調べることができます。

提出先について注意していただきたいのは、相続人の納税地ではなく、亡くなった方の納税地の税務署が提出先となる点です。

なお、通常は税務署に足を運んで申告書類の提出を行なうことになりますが、相続人が国外にいる場合や身体的事情などによる場合には、郵送による提出も基本的に認められます。

郵送による提出を行なう場合には、申告書類が税務署に届いた日ではなく、郵便消印の日付が申告の受付日となります。

最後に

今回は準確定申告の意味や期限などについてお伝えしてまいりました。

準確定申告とは、亡くなった方の所得や納税について相続人(包括受遺者を含みます)が行なう手続きのことです。

準確定申告には、相続が開始されたことを知った日の翌日から4カ月以内という申告期限が定められていて、遅延してしまいますと余計な税負担をすることになってしまいます。

死亡に関する手続きは多種多様で大変だとは思いますが、準確定申告が必要な場合には漏れのないように対応しておきたいところです。

今回の内容をみなさまの参考にしていただければと存じます。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応