葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 偲ぶ会の意味とは?一般的な形式についても紹介します

葬儀の知識

偲ぶ会の意味とは?一般的な形式についても紹介します

偲ぶ会の意味とは?一般的な形式についても紹介します

これまで「偲ぶ会」は、著名人や企業の重鎮が亡くなった場合などに営まれるのが一般的でした。しかし近年は、一般の方が亡くなった場合でも、偲ぶ会を営むケースが増えています。

とはいえ、会の意味や一般的な葬儀との違い、式次第の内容など、詳細について知らない方が多いのではないでしょうか。

この記事では、偲ぶ会を開催する際に必要な知識や知っておきたい内容をまとめました。

偲ぶ会の意味と利点とは

「偲ぶ会」とはどういった意味合いを持つ会なのか、偲ぶ会を営むことでどんな利点があるのか、見てみることにしましょう。

偲ぶ会とは

「偲ぶ会」は、親族や近親者のみで葬儀を実施した後に、別途一般の会葬者などを招いて故人とのお別れをするために催す会のことです。

意味合いとしては「お別れの会」に近く、同じものと捉えても良いでしょう。

その一方で、四十九日までに開催するお別れの会に対し、偲ぶ会は四十九日以降でも開催できるものとして区別するという考え方もあります。

偲ぶ会の会場にはセレモニーホールのほか、ホテルなども使用されます。

式では、故人の足跡をたどって参加者が思い出を語り合います。また、会食を行うことで、通夜振る舞いや精進落としのような意味合いも持たせることができます。

偲ぶ会の利点

近年は、身内だけで葬儀を行う家族葬を選ぶ遺族が増えています。

こういった場合も、偲ぶ会を催すことで、家族葬に参列できなかった人にも、故人とのお別れの場を提供することができます。

また、亡くなって数日中に営む葬儀と異なり、日程にある程度の余裕があるので、参列者が参加しやすいというメリットもあります。

急な逝去で葬儀に出席できなかった人にとって、故人とのお別れの機会を得ることが可能です。

また、故人の思い出を語り合うことで、近しい人を失った悲しみや喪失感を癒す効果も期待できます。

偲ぶ会の形式とは

偲ぶ会の形式については、特別な決まりはありません。

ただし、葬儀と同じ日に行う場合と、別の日に行う場合とでは、会場の選定や会の持つ雰囲気が異なります。

葬儀と同じ日に行う場合

葬儀と同じ日に偲ぶ会を行う場合、ホテルやセレモニーホール、集会場などが利用されます。

葬儀の印象が鮮明に残っているなかでの開催となるため、必然的に「喪」の雰囲気が色濃い会になります。

とはいえ、偲ぶ会そのものは無宗教の形式で行われることが多く、儀式的な色彩はそれほど強くないのが一般的です。

葬儀と別の日に行う場合

参列する人数によって一概にはいえませんが、葬儀と別の日に行う際には、ホテルが会場に選ばれることが多いようです。

ホテルであれば飲食、宿泊施設が整っており、会食を用意しやすく、遠方からの参列者にとって便利という利点もあります。

葬儀と別日の偲ぶ会は、葬儀から日にちが経っていることや、ホテルという会場の特性から、会食と語らいを中心にした和やかな雰囲気の会になる傾向があります。

故人の好きだった料理やお酒を振る舞うなど、充実した施設を活かす演出も可能です。

その一方で、くだけた雰囲気になりすぎないように、焼香などの儀式を盛り込むこともあるようです。

ホテルで偲ぶ会を行う際の注意点

ホテルのスタッフが葬祭に十分に通じていない可能性もあるので、注意が必要です。

また、葬儀後に営む式なので、遺族の手元には遺骨がありますが、遺骨が持ち込めないホテルもあります。

焼香や読経ができないところも多いので、事前にきちんと確認しておくことをおすすめします。

偲ぶ会の服装とは

  偲ぶ会の服装のマナーは、葬儀と同日に行う場合と、別の日に行う場合で異なります。

葬儀と同日に行う場合

葬儀と同日の偲ぶ会は、喪中の開催となるため、喪服を着用するのがマナーといえます。

ただし、葬儀の際のように厳しい決まりはなく、暑い時季には上着を脱ぐなどしても問題はありません。

葬儀と別の日に行う場合

葬儀以後の別日に行う場合は、平服で良いとするのが一般的な考え方です。

ホテルが会場で、会食を中心とした式が多いので、喪服では雰囲気にそぐわないことも少なくありません。

とはいえ、「平服」というのは普段着ということではなく、故人とのお別れをする会ですので、カジュアルすぎる服装や派手な色合いの服装は避けるようにしてください。

男性は落ち着いた色合いのスーツ、女性も上品な色合いのワンピースなどを着用すれば良いでしょう。

まとめ

「偲ぶ会」は、通夜・葬儀とは別に、故人とお別れをするために催す会です。

身内だけの家族葬に参列できなかった人、何らかの事情で葬儀に参列できなかった人に、故人とのお別れの場を提供します。

葬儀と同日に開催する場合と、別の日に開催する場合があり、同日の場合はセレモニーホールや集会所、別日の場合はホテルが会場となるのが一般的です。

会では故人の足跡をたどって参加者が思い出を語り合い、通夜振る舞いや精進落としの意味合いをこめた会食の機会を持ちます。

服装は葬儀と同日の場合は喪服、別日の場合は落ち着いた色合いのスーツやワンピースを着用しましょう。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応