葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
通話
無料
0120-99-1835
利用規約に同意の上お電話ください。
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 葬儀の際に必要な棺の種類や相場とは?棺に入れる副葬品の選び方も紹介します

葬儀の知識

葬儀の際に必要な棺の種類や相場とは?棺に入れる副葬品の選び方も紹介します

葬儀の際に必要な棺の種類や相場とは?棺に入れる副葬品の選び方も紹介します

棺は故人が最期にお休みになる空間で、出棺の際には花や副葬品を納めて見送ります。

葬儀社との打合せの際、カタログ等から棺を選ぶ機会があるかもしれません。色々な種類の棺があり、値段も異なりますので、どれを選ぶべきか分からず葬儀社の言われるがままになってしまうこともしばしばです。

そこで今回は、葬儀で使用する棺の種類や相場、さらには棺の中に故人様と一緒に納める副葬品についてお伝えしてまいります。

葬儀における棺とは何か

棺(ひつぎ)とは遺体を納める箱、容れ物のことです。

日本の火葬場では、棺に納められた状態で火葬を行うのが基本であるため、棺は葬儀に必須の用具です。

なお、空の棺に遺体を納めることを「納棺(のうかん)」と言います。

棺と柩の表記は何が異なる?

棺の表記については、遺体を納める前の状態であれば「棺」、納めた後は「柩(ひつぎ)」と使い分けます。霊柩車の「柩」という文字は、まさに遺体が納められた柩のことを表しています。

昔の棺について

現在は、故人が横たわったままの状態で納めることのできる箱状の棺が一般的ですが、桶状の棺を用いた時代もあり、その名残で「棺桶(かんおけ)」と呼ばれることもあります。

桶状の棺の場合は、故人は座ったままの状態、現代で言えば「体育座り」の恰好で納められており、現代の棺を「寝棺」と呼ぶのに対し、「座棺」と呼びます。

時代を遡れば、桶状のもの以外にも石材で作られた石棺(せっかん)、陶製の甕や壺でできた甕棺(かめかん)が使われていたこともあったようです。

棺の準備方法

棺は、基本的に葬儀社が用意するものです。

葬儀の打ち合わせを行う際、葬儀社が用意したパンフレットなどを見ながら、棺を選びます。

最近では、「葬儀基本プラン」や「葬祭用品一式」という形で、葬儀で必要となる基本的な葬祭用品に含まれる形で棺が提供される場合がほとんどです。希望の棺があれば個別に選べますが、オプションとして別途差額分の費用負担が伴います。

棺は、納棺の時に運び込まれます。多くの場合、打ち合わせで決めた棺を遺族が初めて目にするのは、この納棺のタイミングになります。

棺はインターネットでも購入できる

例外として、葬儀社を通さずにインターネットショッピングで棺を購入する方法もあります。

ただし、予め棺を購入して家に置いておくわけにもいきませんし、死亡してからの注文では葬儀までに配送が間に合う保証もないことから、インターネットショッピングでの購入者はほとんどいないのが実状です。

棺の種類

 棺は、いくつかの種類に分けることができます。

ここでは、棺にどのような種類があるのか、それぞれの特徴も織り交ぜながら紹介いたします。

木棺

木製の棺のことを木棺(もくかん、もっかん)と言い、20~30年前まで、葬儀の棺と言えば、この木棺タイプが一般的でした。

木の材質、装飾の有無や程度によって値段が変わり、素材としては檜、樅(もみ)桐、杉、などが使用されます。

装飾については、棺の蓋をアール型にしたもの、棺の角を金具で装飾したもの、蓋や側面に彫り物がされているもの、珍しいものだと輪島塗や漆塗りが施されているものなどがあります。

なお、葬儀社の提供する基本的な葬儀プランやセットには、合板の表面にごく薄い桐の素材を張り付けたシンプルなタイプの木棺が含まれているケースが多数です。

布張棺

布張棺は、合板に布を貼り付けたタイプの棺です。

布は棺の底以外の全面に貼り付けられており、木棺よりも柔らかい雰囲気を醸し出すという特徴があります。

布にはジャガード織り、ビロード生地(ベルベット生地)など、様々な素材が使われています。

また、色もホワイト、ピンク、ブルーなどから選べ、絵柄や模様の入ったものもあります。絵柄や模様については、ジャガード織りで作られるもの、プリント、刺繍など多種多様です。

布張棺は木棺よりも色、絵柄、模様など色々な種類があるため、故人の個性に合わせた選択がしやすいことが利点です。

エンバー棺

エンバー棺は、主にエンバーミングを施された故人用に提供されている棺です。

一般的な木棺や布張棺にも、故人との対面がし易いように棺の蓋に開閉可能な窓が付いていますが、エンバー棺では棺の蓋部分が透明なアクリル板になっていることが多く、開口部が大きいことが特徴的です。

エコ棺

エコ棺は、段ボールや再生紙など主に紙を素材として作られ、二酸化炭素や汚染物質の排出を抑えて、資源の再生など環境に配慮した棺です。

外観は布張棺と同じように色、絵柄、模様など色々なエコ棺が流通しています。

合板製と比べても強度は問題なく、環境問題に対する関心の高まりからエコ棺を選ぶ方も増えています。

棺の費用相場

棺は種類、装飾の有無や程度によって数万円から数十万円と費用が変わってきます。なかには100万円を超える高級な棺もあります。

種類別に棺の費用を見ますと、木棺では約3万円~7万円、布張棺で約8万円~12万円、エンバー棺で約10万円~20万円、エコ棺で約5万円~12万円が相場です。

エンバー棺やエコ棺は、現在のところ木棺や布張棺に比べますと、生産量が少ないため費用が高額になりがちですが、今後、需要が増えてくれば費用は下がってくるものと考えられます。

基本的には装飾が華やかに、または凝った造りになればなるほど、棺は高価になっていきます。

また、棺の費用は葬儀社が用意するプランやセットに含まれている場合もあり、必ずしも棺単体の価格が見積もりや請求書に表記されているとは限りません。

仮にプランやセットに含まれている棺とは異なる棺を希望する場合には、差額分を支払うことで希望する棺を使用することが可能になる場合がほとんどです。

棺に入れる副葬品で入れてよいものと入れられないもの

棺には、故人のお身体とともに副葬品を一緒に納めることがあります。ここでは、副葬品について基本的なところを抑えておきましょう。

副葬品とは

副葬品とは、故人の葬送を行うにあたって、故人に添える品物のことを言います。

昔は故人とともに埋蔵する品物のことを意味していましたが、現代において副葬品は棺のなかに一緒に納める品物のことを示しています。

副葬品としてよく入れられるもの

副葬品としてよく棺に入れられるものとしては、下記のようなものがあります。

故人の好きだった食料品など

煎餅、チョコレート、饅頭、カステラ、飴のような菓子類が多く見られます。

その他、ナッツ類などおつまみ系の食べ物を入れる方もいらっしゃいます。

故人の好きだった飲み物など

ジュース、お酒など故人が好きだった飲み物を入れる場合もあります。

ただし、火葬場で缶や瓶は不可とされるため、紙コップに移すか、あるいは紙パックに入った飲料が良いでしょう。

故人が好んだ衣類や小物など

故人が好きだった衣服、帽子、マフラーなどを入れるケースもあります。

衣類や小物で金具が付いているものは、燃えずに残ってしまうため避けた方が無難です。

写真や手紙

写真や手紙も棺に入れられることが多くあります。

ただし、写真については参列者が一緒に写っている場合など、抵抗感を覚える人がいる可能性がありますので、写真が他の人に見えないよう封筒に納めるなどの配慮が必要です。

副葬品として入れてはいけないもの

火葬場では「燃えないものは副葬品として禁止」が原則であり、一般的に次のものは副葬品として入れないよう注意喚起がなされています。

  • 火葬炉設備破損の原因となるもの…たとえばスプレー缶、携帯電話、電池、カーボン製品(釣り竿やゴルフクラブ)など爆発の恐れがあるもの、ガラスや金属類など融解して癒着する恐れのあるもの
  • 大気汚染物質の発生するもの…たとえばビニール製品、プラスティック製品、皮革製品、発泡スチロール製品などが該当します。
  • 不完全燃焼の原因となるもの…大きな果実、厚みのある書籍、厚みのある衣服、大きなぬいぐるみなどです。

副葬品についてはこちらの記事でより詳しく解説していますので、あわせてご覧ください。

関連記事

副葬品とは?葬儀の際に棺に入れて良いものといけないものを紹介します

副葬品とは?葬儀の際に棺に入れて良いものといけないものを紹介します

故人と共に柩の中に納める副葬品。送り出す側は副葬品に想いを託して、故人が生前に愛用していたものや、送る側の想いを込めたものを納めます。しかし、どんなものでも副葬品として柩の中に入れてよいわけでは...

続きを読む

最後に

今回は、棺の種類や相場、副葬品についてお伝えしてまいりました。

棺は遺体を納めるための箱、容れ物です。

棺には木棺や布張棺などの種類があり、故人の個性や予算に合わせて選択肢がたくさんありますので、葬儀社の用意するカタログなどを見ながら充分に検討されると良いでしょう。

また、副葬品については火葬場で棺に入れられるものと、そうでないものが決まっていますので、葬儀社に確認をしながら選ぶことが無難です。 棺や副葬品を選ぶ際には、今回の内容を参考にして頂ければと存じます。

葬儀の費用を抑えるためのポイント

「葬儀にかかる費用」「納得の行く葬儀ができるか」は、どの葬儀社に依頼するかで大きく異なることがあります。

そのとき大事なのは、複数社に見積もり依頼して内容を「比較検討」することです。

「葬儀の費用は高額だと聞いたことがあるので、なるべく費用を抑えたい..」

「相見積もりを取りたいけど、自分で直接複数の葬儀社に問い合わせるのは面倒..」

「初めて葬儀の喪主を務めることになったが、どの葬儀社に依頼したらいいのか分からない..」

そのような方には当サイト「安心葬儀」で、簡単に無料で比較見積もりが可能ですので、ぜひご利用ください。

関連記事

安心葬儀とは?相見積もりを利用するメリット、利用の流れについて

安心葬儀とは?相見積もりを利用するメリット、利用の流れについて

葬儀を依頼する葬儀社の決定は、逝去後数時間以内が大半と言われております。 時間が無い中で決定する必要があるにも関わらず、葬儀には十数万円〜数百万円のまとまった費用がかかる上、葬儀の品質は葬...

続きを読む

安心葬儀 ご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    安心葬儀お客様センター0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。24時間365日対応・通話無料です。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社をご紹介いたします(最大3社)。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能。ギフト券最大1万円分プレゼント /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能。ギフト券最大1万円分プレゼント /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。

関連する記事

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能/