葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 葬式での子どもの喪服・礼服マナーについて解説

葬儀の知識

葬式での子どもの喪服・礼服マナーについて解説

葬式での子どもの喪服・礼服マナーについて解説

突然、葬儀に参列しなければならなくなった時、子育て世代を悩ませるのが子どもたちの服装です。 大人のように喪服を持っていることはほとんどなく、どんな服を着せれば失礼にならないのか、わからないという方も多いでしょう。

この記事では、通夜や葬儀に参列する際の子どもたちの服装について、年齢、男女別に具体例を挙げながら解説します。 

赤ちゃんの葬式での服装・マナー

赤ちゃんがいる人にとっては、まず連れていくかどうか迷うのではないでしょうか?  赤ちゃんを葬儀に連れていくことは、失礼には当たりません。特に、故人の親族や親しい間柄、親族だけの小規模の葬儀や喪家から参列を請われた際には、赤ちゃん連れで出席してもまったく問題ありません。

連れて行く場合、赤ちゃんの服装は黒や白、紺、グレーなど、落ち着いた色のものを選んであげましょう。靴下は履かせておきます。 地味な色で揃えられないときは、水色やベージュなど控えめな色のものを組み合わせても問題ありません。ただし、大きくキャラクターが描かれた服は避けたほうが無難です。

会場へ到着したら、葬儀の前に遺族への挨拶を済ませます。そして、赤ちゃんが泣き出したりしたときの不測の事態に備えて、すぐ退席できるように出入り口に近い場所に座ります。親族の場合は、控え室で焼香まで待機して、焼香の際にだけ参列者に赤ちゃんを預かってもらうのも一つの方法です。

ただし、生後1カ月未満の赤ちゃんにはあまり外出を勧められません。お母さんの体調も万全ではないので、欠席しても失礼には当たりません。

また、厳粛な雰囲気の葬儀で、泣き声などで周囲に迷惑がかかりそうな場合は、事前に赤ちゃんと同席することの了解を遺族から得てもよいでしょう。それも難しい場合は欠席してもよいでしょう。こうした場合は、弔電を送るなどして、出席できないことをお詫びします。

園児や小学生の葬式での服装

制服がある場合

幼稚園や小学校の子どもの場合は、園や学校指定の制服が正式な礼服となります。ただし、赤色など鮮やかな色のリボンやネクタイがある場合は、はずしておきましょう。

靴下は黒のものがベストです。靴の中に隠れてしまうショートソックス、膝上まであるニーハイソックスは、葬儀の場合は避けてください。靴は黒の革製が望ましいのですが、黒、紺や白、グレーのスニーカーでも問題はありません。

制服がない場合

制服がない場合は、男の子は白のシャツに黒、紺、グレーなどのズボン、女の子も白いブラウスに、黒、紺、グレーなどのズボンやスカートを合わせます。 季節によって、ベストやブレザーを着用すると、いっそうフォーマルな雰囲気になります。

とはいえ、小さな子どもの場合は、ブレザーなどきちんとした洋服を持っていないことも多いので、手持ちの洋服から、黒、紺、グレー、茶色など、地味な色のものを組み合わせてください。

特に、普段きちんとした服装をすることがあまりない子どもの場合は、着慣れない洋服で長時間過ごさせると、グズグズの原因になりがちです。 無理にきちんとした装いをさせるよりは、ある程度、着慣れた服を選んであげるようにしましょう。

ただし、光る素材のものやデニム地など、カジュアル過ぎるものは避けてください。

中学生・高校生の葬式での服装

制服がある場合

中学生・高校生の場合も、学校指定の制服が正式な礼服となります。赤など派手な色のリボンやタイははずしておきましょう。

靴下は黒が基本です。ただし、靴の中に隠れるショートソックスやニーハイソックスは葬儀には向きません。

靴は黒い革靴が理想ですが、ない場合は黒、紺、白、グレーなど控えめな色のスニーカーでも問題ありません。

制服がない場合

学校指定の制服がない場合は、以降の記事を参考にしてコーディネートを考えてみてください。小さな子どもではないので、ある程度きちんとした服を選ぶようにしたいものです。

子供の葬式での服装全般

子どもが通夜や葬儀に参列する場合、必ずしも喪服を着せる必要はありません。特に小さな子どもの場合は、明るい色の服や柄物が多いので、一般的な喪服のルールに合わせようとすると、一式を購入しなければなりません。

また、葬儀に合わせて購入しても、ほとんど着用する機会がなく、無駄になることも少なくありません。できるだけ手持ちの服を活用して、葬儀の雰囲気に合ったコーディネートを工夫しましょう。 黒い服がなくても、紺、グレー、茶色などの地味な色の服なら問題ありません。

また、一般的に葬儀では柄物は避けるべきですが、細かなチェック、ストライプ、ボーダーの服や、キャラクターの柄もワンポイント程度なら失礼には当たりません。 どうしても、柄が気になる場合には、上着を羽織って隠すのも一つの方法です。

肌の露出も控えるべきですが、暑い時季に長袖の服や上着を着せると、熱中症の心配もあります。白い半袖のシャツや半袖のワンピースなど、気温に合った服装をさせてあげましょう。

女の子なら、ノースリーブのワンピースでもかまいません。ただし、肌の露出が多いキャミソールタイプのワンピースは、通夜や葬儀には不向きです。 一方、小学校高学年以降の子どもの場合は、葬儀ではある程度きちんとした服装をさせたほうが無難です。

特に学校指定の制服がないという場合は、入学式などのフォーマルシーンに着回しできる、黒、紺、グレーのズボンやスカート、ジャケットの購入を検討しても良いでしょう。 また、レンタルを利用すれば、靴や小物なども含めて用意することができるので便利です。

男の子の喪服コーディネート

通夜、葬儀の際のコーディネートの参考にしていただけるよう、基本的な組み合わせを紹介します。

男の子の場合は、白いシャツに、黒・紺・グレーなど地味な色のズボン、必要に応じて地味な色のジャケットを合わせます。 ズボン、ジャケットともにサテンなど光沢のある生地や、デニム、フリースといったカジュアルな素材のもの、光るボタンがついたものは避けてください。

ジャケットがない場合は、地味な色のセーターやベストを着用するのも良いでしょう。 暑い時季は無理に上着を着るのではなく、白いシャツまたは黒・紺・グレーなどのポロシャツに濃色のズボンを組み合わせるのがおすすめです。

靴下はショートソックス以外で、白、黒、グレーの無地。靴は黒の革靴が理想的ですが、黒・紺・グレーのスニーカーでも失礼には当たりません。

男の子の基本コーディネート

  • 白シャツ+ブレザー(黒・紺・グレー) +ズボン(黒・紺・グレー)
  • 白シャツ+セーターまたはベスト(黒・紺・グレー)+ ズボン(黒・紺・グレー) (暑い時季のコーディネート)
  • 白シャツ+ズボン(黒・紺・グレー)
  • ポロシャツ(黒・紺・グレー) + ズボン(黒・紺・グレー)

女の子の喪服コーディネート

女の子のコーディネートを見てみましょう。

基本は衿のついた白いブラウスに、黒・紺・グレーといった地味な色のスカートまたはズボンを組み合わせ、同じく地味な色のジャケットを合わせます。 ジャケットがない場合は、グレー、ベージュ、紺、黒といった落ち着いた色合いのカーディガンやセーター、ベストを着ても問題はありません。

また、女の子の場合は、黒や紺といった地味な色合いのワンピースを選ぶこともできます、 男の子と同様、スカート(ズボン)、上着ともに光沢のある生地のものや、デニムなどカジュアルな素材のものは避けましょう。光る素材のボタンや飾りがついているものも葬儀には向いていません。

髪飾りも基本的にはつけないほうが無難でしょう。

暑い時季は、白いブラウスまたは黒・紺・グレーなどのポロシャツに、濃色のスカートまたはズボンを合わせます。地味な色合いの半袖のワンピースも選べます。

靴下は白、黒、グレーの無地が基本で、靴の中に隠れるショートソックス、ニーハイソックスは避けてください。靴は黒の革靴があればいのですが、ない場合は黒・紺・グレーのスニーカーでもルール違反ではありません。

女の子の基本コーディネート

  • 白ブラウス+ブレザー(黒・紺・グレー) +スカートまたはズボン(黒・紺・グレー)
  • 白ブラウス+カーディガンまたはベスト(黒・紺・グレー)+ スカートまたはズボン(黒・紺・グレー)
  • 地味な色なワンピース (暑い時季のコーディネート)
  • 白ブラウス+スカートまたはズボン(黒・紺・グレー)
  • ポロシャツ(黒・紺・グレー) + スカートまたはズボン(黒・紺・グレー)
  • 地味な色のワンピース

まとめ

子どもが通夜、葬儀に参列する場合、必ずしも喪服を用意する必要はありません。幼稚園や学校指定の制服がある場合は、制服が礼装になります。

制服がない場合、小さな子どもなら、手持ちのなかから派手でないものを組み合わせて着せても問題はありません。

一方、小学校高学年以上になると、ある程度きちんとした服装のほうが好印象を与えます。学校指定の制服がない場合は、入学式などに着回せるものを購入してもよいでしょう。 レンタルを利用すれば小物までトータルに準備できます。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応