葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 検視とは?検死や検案とは違うの?

葬儀の知識

検視とは?検死や検案とは違うの?

検視とは?検死や検案とは違うの?

病院で亡くなった場合は、通常医師による診断を受け死亡診断書が発行されます。しかし、自宅や外出先等で亡くなり、医師が死亡診断書を作成できない場合は「検視」という手続きが必要になります。

似た言葉として「検死」や「検案」という言葉がありますが、それらは何を意味するのでしょうか。 今回は検視について解説してまいります。

検視とは?

検視(けんし)とは、主に事故死など突発的要因で亡くなった方について、検察官や認定された警察職員(司法警察員)によって、身元確認や犯罪性の嫌疑の有無を調べるために行われる手続きです。

検視は、刑事訴訟法に基づいて行なわれ、検視が行われる死亡のことを変死や異状死と言います。

検視では状況に応じて、「医師からの意見聴取」「家族や発見者やその他関係者からの事情聴取」「遺体の表面的な調査および撮影や指紋採取」などが行なわれます。

検視には基本的に医師が関与します。検視に関与する医師が遺体の診立てを行うことを、検視とは別に検案(けんあん)と呼ぶ場合があります。 検視が行われる場所は様々ですが、病院の霊安室や警察署などで行われます。

検視によって犯罪性が有ると判断されると、警察は司法解剖を鑑定嘱託医師に依頼することが出来るようになり、司法解剖の実施は、遺族であっても拒否することが出来ません。

犯罪性が無いと判断された場合でも、死因究明や公衆衛生の観点から解剖が行われることがあり、地域や状況によっては遺族の承諾無しで解剖が実施されることもあります。

なお、検視を経ないで変死された方を葬ると変死者密葬罪に問われる可能性があります。変死者密葬罪では、10万円以下の罰金又は科料の処分が下されます。

どういった場合に検視が必要?

病院や医師の管理下・監視下において死亡した場合で、医師から見て死亡原因が明らかで不審な点がないときには検視の必要はありません。

一方、それ以外のケースでは検視が必要になります。言い換えますと、病院や医師側から見て次の場合には、全て変死扱いとなり検視が必要です。

  • 診療や治療中の患者ではない
  • 診察の結果、異状や不審点が認められる(診療や治療中の病気以外で亡くなった方の場合)

検視が必要となる例

  • 心筋梗塞や脳梗塞など診療中、治療中ではなかった病気による突然死 ・老衰で亡くなったと思われるが、死因がはっきりしない場合
  • 自宅や老人ホームなどで亡くなった状態で発見された場合
  • 交通事故による死亡
  • 野球、サッカー、ボクシングなどスポーツ中の事故によるもの
  • 投薬ミスや手術ミスなど医療事故によるもの
  • 転倒や転落による死亡
  • 火事で亡くなった場合
  • 海、川、プールで溺れて亡くなった場合
  • 薬物などの中毒症状を経て亡くなった場合
  • 工作機械に巻き込まれて死亡するなど仕事中の労働災害によるもの
  • 地震、落雷、津波など自然災害によるもの
  • 自殺と思われる状態で発見された場合
  • 他殺が疑われる状態で発見された場合

その他、自宅や職場で具合が悪くなり、救急車で病院に運ばれたものの、搬送途中や病院到着直後に死亡してしまうというケースもあります。

この場合、搬送先がかかりつけの病院であったときや、死因に異状が無いと明らかなときには、搬送先の医師による死亡診断書の発行を受けることができる場合もあります。

しかし、遺体の状態や搬送先の事情などによって搬送先医師による死亡診断が行なわれないときには検視が必要となります。

検視・検死の違い

検視と似た言葉に「検死」があります。 検視も検死も読み方は同じであり「けんし」です。ここでは検視と検死の違いについて説明をいたします。

検視については既にご説明したとおりですが、検死は検視とは異なり法律的な用語ではありません。 もともとは検死という言葉はありませんでしたが、検視の誤用で使われているうちに浸透していったものであると考えられます。

また検死は法律的な用語ではないため、明確に意味が定められているわけではありません。 実状として、検視は遺体の表面的な調査に留まりますが、検死は解剖まで含めた広範囲な死因等の調査というニュアンスとして使われる傾向があります。

また、警察によるものを検視、医師によって行われる検案のことを検死と呼んでいるケースもあるようです。 いずれにしましても検死ではなく、法的には検視という言葉で覚えておけば間違いないでしょう。

検視にかかる時間や費用

ここでは検視を行う場合に、いったいどれくらいの時間がかかるのか、費用はどうなるのかを見ていきましょう。

検視にかかる時間について

検視が行われる場合、遺体は一旦警察に委ねることになります。

犯罪性がなく検視だけで済む場合で半日程度、また犯罪性は無いが死因究明のため解剖も行う場合には1日~1日半程度の時間を要します。

なお、検死によって犯罪性が有ると判断されたときには司法解剖が行われますが、この場合調査を終えて自宅に戻ってくるまで数日間~1ヶ月以上を要することもあります。

また、検死が終わって死体検案書が発行されてからでないと、火葬場の利用手続きを行うことが出来ないという点は知っておいた方が良いでしょう。

死体検案書について

死体検案書とは故人名、死亡日時(推定)、死因などが記載された書類で、役所で死亡届の手続きを行う際に必要です。 通常死の場合には、医師によって死亡診断書と呼ばれる書類が発行されますが、検視が行われた際には、死亡診断書と同じ書式で死体検案書が発行されることになります。

検視にかかる費用について

検視を担当する警察署の所在地や死亡の状況によって費用は変わってきます。

基本的に死体検案書発行料は遺族負担であり、検案料は約20,000円~30,000円、死体検案書発行料は約5,000円~10,000円がそれぞれの費用相場です。

これらの費用については、死体検案書を発行する医師に葬儀社が一旦立替えて支払いを行い、その後搬送料や葬儀代と合わせて、葬儀社から遺族に請求される形が一般的です。

なお、司法解剖にかかる費用は国の負担ですが、行政解剖は遺族負担で行われます。行政解剖料は約80,000円~120,000円が相場です。

このほか、地域によって死亡場所、警察署、解剖施設から移動する際の遺体搬送は葬儀社が行うところがあり、その費用は遺族の負担となる場合があります。 遺体の搬送料は10㎞以内の基本料金ですと、約12,000~15,000円が相場です。

検視の流れ

検視について基本的な流れを紹介いたします。実際は死亡の状況などによって流れは変わってきます。

  1. 警察署員によって死亡場所の状況確認や記録、証拠保全などが行われたあと、遺体が死亡場所から警察署の霊安室に搬送されます。 搬送は、警察署の車両で行われることもあれば、葬儀社や遺体搬送専門業者の車両で行われることもあります。

    葬儀社や遺体搬送専門業者の手配についても、ケースバイケースで警察署が手配することもあれば、遺族が手配することもあります。

    警察署から遺族に対して希望する業者の有無が確認される場合もありますが、遺族と連絡が取れない場合や遺族の希望が特に無い場合には警察署が近隣の葬儀社を手配します。  
  2. 警察署の霊安室に到着後、遺体が着用していた衣服は全て脱がされます。脱がされた衣服については犯罪性が無ければ、遺留品として遺族に返還されます。
  3. 遺体の表面的な部分について警察職員が調査します。その際、遺体の写真撮影、指紋採取が行われます。
  4. 警察書が依頼した医師によって死因の調査、診断が行われ、医師は推定死亡時刻や死因などを記入した死体検案書を発行します。死体検案書は、検視後に遺体を搬送する葬儀社などを通じて遺族の手元に渡るケースが一般的です。
  5. 検死後は、葬儀社などが自宅など遺族の元へ遺体を搬送します。検視の終了を待つ間に、検視後に遺体をどこに搬送するか(どこに安置するか)を決めおくとスムーズに事が進みます。

    なお、病院や老人ホームで死亡した場合には、看護師などが死後の処置をしてくださいますが、検視を行った場合には葬儀社や遺体搬送専門業者が死後の処置を行います。 死後の処置とは、裸であった遺体に浴衣などを整え、体液や老廃物の漏れ防止などを行うことを言います。

    また検視中や検視後、捜査上の確認事項について警察署から遺族に電話連絡が入ることもあります。 検視の進捗状況や関連する質問事項については、遺族から直接警察署に問い合せても良いですが、葬儀社を通じて連絡を行ってもらうことも可能です。

検視を拒否する事はできる?

変死や異状死であった場合、必ず検視が必要です。 つまり、通常死として医師が死亡診断書の発行を行うことができない死については、検視が行なわれることになります。

遺族は検視を拒否することはできません。 拒否できない理由は、変死の場合には検視を行わなければならないと刑事訴訟法という法律で定められているからです。 このため検察官や認定を受けている警察職員は、捜査令状は必要とせず、職権として遺族が拒否を示したとしても検視を行うことができます。

検視には犯罪性の嫌疑の有無を見極めるために行う遺族などへの事情聴取も含まれていますので、この事情聴取を拒否することもできないことになります。

なお、検視によって犯罪性の嫌疑が有ると判断された場合には、司法解剖が行われることになりますが、この司法解剖も遺族が拒否することはできません。

最後に

今回は検視について解説してまいりました。

何かしらの病気について治療を受けながら最後は病院で亡くなる方が多いのが現状ですが、事故的な突然死含めて病院外で亡くなる方もいらっしゃいます。

突然の死を迎えてしまう可能性は誰にでもあり、検視は多数の人にとって無関係な話ではありません。

今回の内容を参考にしていただければ幸いです。

葬儀の費用を抑えるためのポイント

葬儀にかかる費用や葬儀内容の良し悪しは、どの葬儀社に依頼するかによって大きく異なります。複数の葬儀社から見積もりを取って内容を比較することで、費用面の負担が少ない、信頼できるベストな葬儀社を見つけることができます。複数社に自分で連絡するのは大変ですが、今は一括見積サービスがありますので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
\ 最安11万円から葬儀社をご紹介いたします /
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応