葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 喪中の範囲はどこまで?喪中の期間や控えること、喪中はがきの書き方も紹介します

葬儀の知識

喪中の範囲はどこまで?喪中の期間や控えること、喪中はがきの書き方も紹介します

喪中の範囲はどこまで?喪中の期間や控えること、喪中はがきの書き方も紹介します

近しい人が亡くなると、遺族は「喪中」として祝い事などを慎むべきとされています。

故人の追善のためには、単に「昔からの決まりごとだから」として従うのではなく、喪中についての正しい知識を知って、喪中の期間を過ごしたいものです。

この記事では、喪中の意味や期間から、避けるべきこと、避ける必要のないこと、さらに喪中はがきの出し方まで、喪中の遺族として知っておきたい内容をまとめて解説します。

喪中の意味と喪に服す人の範囲とは

「喪中」にはどのような意味があり、故人とどの程度まで血縁の近い人が、どれくらいの期間喪に服すべきなのでしょうか。

喪中とは

「喪中」とは、亡くなった方に追悼の意を表して、遺族や関係者が自らの行動を慎むとともに、近しい人を亡くした悲しみから立ち直るための期間とされています。

喪中の期間は喪に服して、祝い事を避けるべきと考えられています。これは、死を「穢(けが)れ」ととらえていた時代の考え方によるものです。

慶事への出席を控えることで、社会と一定の距離を取り、穢れが外部にうつることを避けたといわれています。

喪中と忌中の違い

「喪中」とよく似た言葉に「忌中」があります。

「忌中」は、「喪中」と同じように遺族や関係者が行動を慎む期間ですが、死の穢れが外部にうつらないように、外部との接触を避けるという意味合いが強い期間です。

昔は、家の門戸を閉じて、喪服を着用し、仕事を休むなど、社会との関わりを厳しく慎しみました。一般に四十九日までが忌中の期間とされています。

喪に服す人の範囲

故人から2親等までの親族が、喪に服すというのが一般的です。 0親等の配偶者、1親等の父母、義父母、子ども、2親等の祖父母、兄弟姉妹、配偶者の義父母がそれに該当します。

3親等以上の人については、喪に服す必要はないとされていますが、故人と親しい関係にあった場合などは、個人の判断で喪に服しても問題ありません。

喪中の期間

喪中の期間は、故人との血縁の深さによって異なります。

  • 配偶者、父母、義父母:12~13カ月
  • 子ども:3~12カ月
  • 兄弟姉妹:3~6カ月
  • 祖父母:3~6カ月
  • 兄弟姉妹:1~6ヵ月

喪に服す期間は、明治7年(1874年)に『太政官布告』という法令によって詳細に定めらました。太政官布告は昭和22年(1947年)に撤廃されましたが、現在でもこの法令に定められていた期間が服喪期間の目安とされています。

ただし、喪中の期間は各家庭の考え方や地域によって異なることがあります。さらに近年では、ライフスタイルの多様化に伴って、喪中の期間が短くなるなど変化しています。

喪中に控えるべきことと、しても問題ないこととは

喪中の期間に控えるべきこととは、具体的にどのようなことなのでしょうか。また、喪中に行っても問題ないこともあるのでしょうか。

喪中に控えるべきこと

喪に服している期間は、お祝い事や式典といった晴れがましい催しへの参加、派手な遊興は避けるべきとされています。

近年は、厳しく制限しない傾向もありますが、基本的に避けるべきことを挙げてみましょう。

正月のお祝い

新しい年の始まりを祝う正月のさまざまな風習は、避けるべきでしょう。

年賀状の送付、神社への初詣は控え、おめでたい飲食であるお屠蘇、おせちも本来は慎むほうが良いといえます。

お年玉についてもお祝いの意味がありますが、小さなポチ袋に「お小遣い」などと書いて子どもに渡す程度なら問題ありません。

結婚式をはじめとする慶事への参加

本来は、自身や親族の慶事を祝うことはもちろん、友人、知人の場合も、改まった慶事の席は控えるべきです。

ただし、先方が忌中・喪中を気にせず、出席を望んでいる、気持ちが落ち着いていて、慶事を心から祝えるという場合は出席してもいいでしょう。

近年では忌中が明ける四十九日以降なら、慶事への参加は問題ないという考え方もあります。

旅行などのレジャー

かつては、旅行はもちろんレジャーや遊興についても控えるべきとされていました。

しかし、現代の生活ですべてのレジャーや遊興を避けることは困難です。

仕事の取引先の宴席に招かれるなど、避けられない場合もあるので、派手にならないように節度を持って行動することが大切です。

神社への参拝

神社は聖域とされ死の穢れを嫌うので、四十九日が済んで忌中が明けるまでは、初詣以外でも神社への参拝は避けるべきです。通常は忌中が明ければ参拝可能です。

喪中にしても問題ないこと

喪中に行っても問題ないことも挙げてみます。

寺院への参拝

仏教では死を穢れとしないため、寺院への参拝は忌中であっても可能です。

葬儀への参列

故人を偲ぶための通夜、葬儀、法要には参加できます。式典後の会食についても、節度を持って出席すれば問題ないでしょう。

飲み会、ゴルフ、スポーツ観戦、コンサート

仕事上避けるのが難しい場合や友人、知人同士の気軽な飲み会なら参加しても良いようです。ただし、お祝い事のための宴席なら、控える方が無難でしょう。

ゴルフやスポーツ観戦、コンサートなど、個人的な遊興について、近年では問題ないとされています。

節分の豆まき

節分の豆まきには、災いを追い払うという意味があり、喪中の人が行っても問題ありません。

お中元、お歳暮を送る

お中元、お歳暮はお祝いではなく、お世話になった方への感謝の贈り物なので、送っても良いでしょう。

暑中見舞い、寒中見舞い

暑中見舞い、残暑見舞いもお祝いではなく、受け取る方の健康を気遣うものなので、服喪期間であっても送付できます。

喪中はがきについて

喪中の期間に新年を迎える場合には、年賀状の準備を始めるシーズンまでに喪中はがきを送付します。

喪中はがきとは

喪中には年賀状のやり取りを控える必要があります。

喪に服している期間に、お正月がめぐってくる場合、年賀状での年始の挨拶を差し控えたいという旨を伝えるために出すはがきが、喪中はがきです。

つまり、喪中はがきを出すことは、毎年、年賀状を送ってくださる方への配慮といえます。

喪中はがきを送る時期

喪中はがきは、年賀状のやり取りを控えるために出すので、年賀状の準備を始める前に届くように送るのがマナーです。

早い方の場合、12月上旬には年賀状の準備を終えていることもあるので、12月初旬には届くようにしましょう。

喪中はがきを送る相手とは

喪中はがきを送るのは、毎年のように年賀状をやり取りしている方と、お世話になった、新しく知り合いになったなどの理由で、今後、年賀状のやり取りが始まると予想される方です。

もう何年も年賀状のやり取りをしていない方には、あえて喪中はがきを送る必要はないでしょう。

喪中であることを既に知られている方には

通夜や葬儀に出席いただいた等の理由で喪中であることを知られている方に対しては、改めて喪中はがきを送る必要はあるのでしょうか。

その場合でも、喪中で新年の挨拶ができないことを詫びる旨を伝えるために、喪中はがきを送るのがマナーとされています。

喪中はがきの準備

喪中はがきには、市販されている既製品のほか、インターネットで注文できるものもあります。かつては、黒一色が主流でしたが、最近ではカラー印刷のものや花などの挿絵が入ったものもあります。

特に書式やデザインが決まっているわけではないので、パソコンなどを使って自分で作成することも可能です。

私製の喪中はがきを出す際には、郵便局で弔事用の切手を購入して貼ると良いでしょう。近年は通常の切手でも問題ないとされています。

喪中はがきの文例

喪中はがきの文面は、故人がいつ、何歳で亡くなったのかということと、年賀状のやり取りを控える旨、生前のお礼などで構成します。

喪中はがきのような儀礼的な文章には、句読点を入れないのが一般的な作法です。ただし、私製はがきで親しい方に送るような場合、最近は句読点の入った文章にすることも増えてきました。

一般的な文例を紹介します。

喪中はがきの文例

喪中につき新年のご挨拶をご遠慮申し上げます

○ 月○日○○○○が享年◯歳にて永眠いたしました

これまで賜りましたご厚情に 故人になり代わりまして 厚く御礼申し上げますとともに

これまでと変わらぬご指導ご鞭撻のほど 謹んでお願い申し上げます

まとめ

  • 「喪中」は故人に哀悼を示して行動を慎み、近しい人を亡くした悲しみから立ち直るための期間とされています。
  • 故人から見て、2親等までの遺族が喪に服すとされ、血縁の濃さによって13カ月〜1カ月までの期間が目安として定められています。
  • 喪中の期間は、結婚式などの慶事への参加、お正月のお祝い、派手な遊興、神社への参拝などを避けます。一方、寺院への参拝、通夜・葬儀への参列、飲み会など私的な遊興への参加は、節度を守れば喪中期間であっても可能です。
  • 喪中の期間に新年を迎える場合は、年賀状をやり取りしている方に喪中はがきを送付して、喪中であること、新年の挨拶を辞退したい旨を伝えます。葬儀に出席された方など、喪中であることを知っている方でも、本来なら年賀状をやり取りする間柄の方には、喪中はがきを出すのがマナーです。

葬儀の費用を抑えるためのポイント

葬儀にかかる費用や葬儀内容の良し悪しは、どの葬儀社に依頼するかによって大きく異なります。複数の葬儀社から見積もりを取って内容を比較することで、費用面の負担が少ない、信頼できるベストな葬儀社を見つけることができます。複数社に自分で連絡するのは大変ですが、今は一括見積サービスがありますので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
\ 最安11万円から葬儀社をご紹介いたします /
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応