葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
通話
無料
0120-99-1835
利用規約に同意の上お電話ください。
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. コロナ禍での葬儀はマスクを付けるべき?通常時の場合も紹介します

葬儀の知識

コロナ禍での葬儀はマスクを付けるべき?通常時の場合も紹介します

コロナ禍での葬儀はマスクを付けるべき?通常時の場合も紹介します

※この記事は2020/8/19時点の状況を元に執筆されています。

世界中で新型コロナウイルスが猛威をふるっています。

有効なワクチンや薬品の開発を待ち望む状況下において、わたしたちが今できる感染対策としてマスクの着用があります。昨今、外出時のマスク着用はマナーとしても定着しつつあるようです。

では、葬儀の場においてマスクの着用は問題ないでしょうか。

今回は、新型コロナウイルス対策含め、葬儀時のマスク使用に関するマナーについてお伝えしてまいります。

新型コロナウィルス流行時の葬儀でのマスク使用マナーとは

新型コロナウイルスは、まだその全貌を解明されているわけではありませんが、感染経路として飛沫感染と接触感染が主であるといわれています。

特に飛沫感染を防ぐため、マスクの着用は有効な手段とされています。

マスク着用は問題無い

まず結論として、新型コロナウイルスの現状を踏まえれば、遺族親族の立場でも、一般参列者の立場でも、葬儀時にマスクを着用してもマナーとして問題はありません。

ただし、従来は主に目上の人やお客様など敬意を表すべき相手に接するときや、儀式の場や挨拶を行うときなど、マスク姿は相応しくないと考える風潮があったことは認識しておいた方が良いでしょう。

人は分からない状態を不安、不快に感じる性質があります。一説には口元を隠されると表情から相手の気持ちを察しにくくなるため、不安、不快に繋がるといわれます。

むしろマスク着用が適切

しかしながら、新型コロナウイルスの根本的治療方法が確立されていない現状では、マスクをしない人に対して逆に嫌悪感や抵抗感を抱く方も少なくありません。

マスクを着用していない方が、批判を浴びる事例もあります。そのため、コロナ禍においては、むしろマスク着用が適切な対応です。

マスク着用は自分を守るためだけではない

症状がでていなくても、自分自身が既に新型コロナウイルスに感染している可能性、また感染していなくてもウイルスを運んでしまっている可能性もあります。

そういう意味において、マスク着用はウイルスの拡散を防ぐため、周囲の方々の感染リスクを避けるためでもあるのです。

葬儀社スタッフもマスク着用が一般的

最近は、葬儀社スタッフもマスクを着用して業務にあたることが一般的になっています。マスク以外にフェイスシールドやマウスガードを装着しているケースが見られます。

マナーに厳しい接客業界においても、感染対策としてスタッフのマスク着用が一般化されている現状です。

食事の席ではどうしたら良い?

葬儀では、通夜ぶるまいや精進落としなど、食事の席に参加することもあります。

食事の席に参加する際、食事の前後はマスクを着用したままでいることが望ましいですが、食事中はマスクを外してもやむを得ないでしょう。

その他、参列時の感染予防に関する注意点

なるべく対人距離を取ること、手洗いやアルコール消毒など手指衛生の徹底が重要です。もちろん発熱など体調に不具合を感じるときには、参列そのものを控えることもマナーです。

葬儀で使用するマスクの色は白が無難

新型コロナウイルスの感染リスクを避けるためにマスクの着用は適切だとしても、どのようなマスクでも構わないというわけではありません。

たとえば、マスクの色にも配慮が必要です。マスクの色に関してもっとも無難なのは白色です。

また、色だけでなく、マスクは無地のもの、模様やロゴの入っていないもの選ぶことが適切です。

葬儀の場で持つハンカチについては、同色のレースや刺しゅう入りであればマナー違反ではないとされていますが、マスクにおいては常に人の目につくものですし、レースや刺しゅうも避けた方が良いでしょう。

最近はお洒落を意識したマスクも流通していますが、葬儀はお洒落をしていく場ではありませんのでデザイン性の高いものではなく、シンプルなものを選ぶことがポイントです。

コロナ禍ではない通常時の葬儀でのマスク利用について

時代、環境などの変化に伴って、マナーに対する考え方も変化していくことがあります。

新型コロナウイルスの流行によって、マスク着用がマナーとされる場面が増えました。葬儀の場でも、マスク着用はマナーに適した行動となっています。

しかし、新型コロナウイルスが流行する前においても、状況に応じてマスクをすることがマナーの場合もあります。

ここでは、コロナ禍ではない場合におけるマスク着用のマナーについても確認しておきましょう。

通常時の葬儀での状況や立場別マスク使用マナー

自分が体調不良であるとき、風邪やインフルエンザが流行しているときなど、原則は「葬儀参列時でも感染対策としてのマスク着用は適切」です。

コロナ禍ではない場合におけるマスク着用のマナーについて、下記にポイントをまとめておきますので参考にしてください。

喪主や親族の場合

喪主や親族の立場であっても、咳やくしゃみの症状があるときにはマスクを着用した方が、かえって周囲の方々に安心感を与えることに繋がります。

挨拶をする場面では「マスクをしたままで失礼します」とひとこと添えると丁寧です。

参列者が体調不良の場合

参列者の立場でも咳やくしゃみがある場合には、マスクを着用しておくことがマナーといえます。

参列者として遺族に挨拶をするときなども「マスクをしたままですみません」などと付け加えると良いでしょう。

花粉症などアレルギーの場合

花粉症や喘息などアレルギーが理由で、マスク着用が必要な方もいるかもしれません。この場合もマスク着用は、特にマナー違反ではありません。

マスクを着用されている参列者が少ない状況において、自分がマスクを着用していることに抵抗感を覚える方は、喪主や顔見知り親族などにマスク着用の事情をお伝えすることも対応方法のひとつです。

妊婦の場合

妊婦の方にとって、ご自身の体調管理はとても気にされるところでしょうし、マスクの着用はマナーとして問題はありません。

ただ、葬儀の場のマスク着用に自分自身が抵抗感を覚えたり、周りの方に違和感を与える可能性があることなどを気にされるのであれば、他のケース同様に相手に応じてにひとこと添えるなど、臨機応変に対応されると良いでしょう。

通常時の葬儀でマスクを外した方がよいタイミングとは

通常時の葬儀(コロナ禍ではない時)にマスク姿で参列した際、状況に応じてマスクを一時的に外した方が良い場面もあります。

必ず外さないといけないということではなく、自分の体調や置かれた立場などを考えながら対応していただくことが適切という意味です。

また、マスクに手を触れる行為は感染リスクを高めますので、マスクを外すとき、再び着用するときには、手を清潔にしてから行うよう注意が必要です。

焼香時

焼香時には、遺族に自分の顔を見せるためにマスクを外した方が良いという考え方もあります。

たとえば、会社を代表して参列する場合など「参列してますよ」ということを遺族にわかってもらうためです。

また、前述のとおり従来はマスク着用がマナー違反という風潮もありましたので、焼香時にマスクを外すことは故人にも遺族にも丁寧な振る舞いであると考える方もいます。

受付を担当する場合

受付での挨拶や案内をする際に、マスクを着用していると自分の声が相手に伝わりにくいというケースがあるかもしれません。

相手や状況に応じてマスクを一時的に外すことは、即マナー違反となるわけではありません。もし外すのであれば、自分の口から飛沫が相手に飛ばないよう充分に注意しましょう。

あくまでも体調面を優先して参列やマスクの有無を判断すべき

まず自己の体調面を見て、具合が悪ければ参列自体を控えるという判断も必要です。

また、マスクを着用するかどうか、一時的に外すかどうかなど咳やくしゃみがひどいのに無理して外すことはありません。やはり自分の体調優先で判断して差し支えないでしょう。

無理をしての参列、無理をしてマスクをしないことが、かえって相手に対して迷惑や失礼につながってしまうことがあるという点は留意しておくべきです。

最後に

今回は、新型コロナウイルス対策含め、葬儀時のマスク使用に関するマナーについてお伝えしてまいりました。

コロナ禍において、葬儀含めて公衆の場に出る際、もはやマスクを着用することがマナーとなっています。 コロナ禍ではない通常時においても、風邪やインフルエンザの流行時など自他を守るため、自分の体調や体質に応じてマスクを着用してもマナー違反にはなりません。

特に先の見えないコロナ禍に対して、うつらない、うつさない意識でのマスク着用は重要な感染対策のひとつです。

葬儀に参列する際など、今回の内容を参考にしていただければと存じます。

葬儀の費用を抑えるためのポイント

「葬儀にかかる費用」「納得の行く葬儀ができるか」は、どの葬儀社に依頼するかで大きく異なることがあります。

そのとき大事なのは、複数社に見積もり依頼して内容を「比較検討」することです。

「葬儀の費用は高額だと聞いたことがあるので、なるべく費用を抑えたい..」

「相見積もりを取りたいけど、自分で直接複数の葬儀社に問い合わせるのは面倒..」

「初めて葬儀の喪主を務めることになったが、どの葬儀社に依頼したらいいのか分からない..」

そのような方には当サイト「安心葬儀」で、簡単に無料で比較見積もりが可能ですので、ぜひご利用ください。

関連記事

安心葬儀とは?相見積もりを利用するメリット、利用の流れについて

安心葬儀とは?相見積もりを利用するメリット、利用の流れについて

葬儀を依頼する葬儀社の決定は、逝去後数時間以内が大半と言われております。 時間が無い中で決定する必要があるにも関わらず、葬儀には十数万円〜数百万円のまとまった費用がかかる上、葬儀の品質は葬...

続きを読む

安心葬儀 ご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    安心葬儀お客様センター0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。24時間365日対応・通話無料です。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社をご紹介いたします(最大3社)。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能。ギフト券最大1万円分プレゼント /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能。ギフト券最大1万円分プレゼント /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。

関連する記事

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能/