葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 葬儀での喪主のマナーについて徹底解説

葬儀の知識

葬儀での喪主のマナーについて徹底解説

葬儀での喪主のマナーについて徹底解説

葬儀に参列する機会はそれなりにあっても、自らが喪主を務めるという経験はそうあるものではありません。 それだけに喪主の立場として心がけるべきこと、気をつけなくてはいけないことなどがよくわからず、常に不安を感じながらの葬儀となってしまうこともあるでしょう。

本記事では、喪主としてのマナー全般や喪主の決め方、喪主の役割などについてご紹介します。

喪主の決め方

喪主とは葬儀の主催者であり、同時に遺族の代表でもあります。では、その喪主はどのようにして決めるのでしょうか。

結論からいうと、喪主の決定方法に法的な決まりはなく、社会的に定まった決め方といえるものはありません。

かつては「その家の跡継ぎ」が喪主を務めるのが基本であり、したがって家督を継ぐ子ども(一般的には長男)が喪主を務めることが当たり前と考えられていました。

しかし現在では、誰が喪主を務めるかは全くの自由。遺族が話し合って決めるべきものであり、合意できるのであれば誰が務めても問題ありません。

とはいえ、一般的には配偶者が喪主を務めるか、そうでなければ家族・親族の中でもっとも血縁の濃い者が務めるということが多いようです。

また、故人に子どもが複数人いる場合には次男よりも長男といったように年長の子どもが喪主を務めるケースが多く、息子と娘がいる場合には息子が務めることが多い傾向です。

しかしながら、たとえば高齢の配偶者ではなく息子が喪主を務めるケースや、海外にいる長男ではなく近くに住んでいる次男が喪主を務めるといったケースなども見られ、遺族の年齢や家庭状況などにより喪主の決め方はさまざまです。

喪主の役割

喪主の果たすべき役割にはどういったものがあるでしょうか。

葬儀の主催者・責任者

葬儀の主催者にして最高責任者である喪主は、葬儀に関わる全てを決めていく立場にありますので、葬儀会社との打ち合わせを行ないます。そのほかに各種連絡の窓口となるのも喪主です。

ただし、喪主とは別に施主(せしゅ)を立てる場合はまた別で、金銭的なことは施主が引き受けることとなります。しかし、今日では喪主と施主とを兼任するケースが一般的となっています。

遺族の代表、故人の代理

喪主には遺族代表としての役割、故人の代理としての役割もあります。故人を見送るために集まってくださった弔問客・参列者に対し、遺族を代表して挨拶・応対し、また、故人に代わってお礼を述べます。 そのうえ、僧侶のお迎えや挨拶といった応対も行ないます。

葬儀を執り仕切る監督

焼香のタイミングはいつかといったような葬儀の具体的な進行については葬儀会社の進行役が気を配ってくれますが、葬儀を営むに当たっての監督役を務めるのは喪主です。

葬儀が滞りなく進められるよう、全体を確認する立場といえます。

喪主の服装マナー

喪主はどういった服装で臨むべきなのでしょうか。喪主の服装のマナーを確認しておきましょう。

喪主を務める男性の服装マナー

男性が喪主を務める場合、御通夜では略礼装であるブラックスーツ、葬儀・告別式では正礼装であるモーニングまたは黒紋付き羽織袴が本来のマナーとされています。

正礼装を詳細に説明すると、洋装の場合は、黒のモーニングコートに黒のネクタイ、上着と共布のシングルベスト、縞柄・シングル裾のズボン。

和装の場合は、冬は羽二重、夏は平絽の黒無地五つ紋付きの羽織、仙台平か博多平の袴、白か黒の足袋、黒の草履です。

しかし、今日では葬儀全体を通して略礼装であるブラックスーツを着用することが主流となっています。喪服を着用する上での細かな点は、喪主も参列者も変わりません。

ワイシャツは白の無地、ネクタイは黒、靴下も黒、靴は光沢のない黒。ネクタイの結び方はプレーンノットが基本です。全体として清潔感のある装いとなるよう気をつけましょう。

喪主を務める女性の服装マナー

女性が喪主を務める場合、御通夜ではブラックフォーマル、葬儀・告別式ではブラックフォーマルまたは黒無地染め抜き五つ紋付きの着物がマナーとされています。

具体的には、洋装の場合は、光沢感のない生地の黒のアンサンブル(ワンピース+ジャケット)やワンピース、ツーピースなど、いずれの場合も肌の露出が少ないものを着用しましょう。 そして飾りのついていない黒のパンプス、黒のストッキングとなります。

和装の場合は、黒の五つ紋付きの色無地、黒の帯、帯揚げや帯締めなどの小物も黒、白の足袋、黒の草履です。

メイクは控えめに、アクセサリーは結婚指輪の他には洋装の際に身につけるネックレス(一連のもの)やイヤリングのみ。日本では真珠(ホワイトまたはブラック)が主流ですが、ジェットなどでも構いません。

バッグはできればマットな質感の布製のものを持ちましょう。派手なもの光るものは避け、全体として華美とならないよう、男性の場合と同じく清潔感のある装いとするようにします。

喪主の挨拶マナー

喪主は遺族の代表として、また、故人の代理として、葬儀のいくつかの場面において挨拶を行なうのが通例です。 そうした挨拶を行なう際のマナーとして、まず不幸が繰り返されることを連想させる重ね言葉(「重ね重ね」「返す返す」など)は使わないということが挙げられます。

また、形式に則った定型文のような挨拶で問題ありませんが、弔問客・参列者への感謝を心から述べることが大切です。

通夜式の終了時の挨拶例文

本日は、ご多用のところ、母〇〇の通夜にお集まりいただき、誠にありがとうございました。
故人が生前に賜りましたひとかたならぬご厚情に、故人に代わりまして心より御礼申し上げます。

なお、明日の葬儀および告別式につきましては、明日午前10時30分より当式場にて執り行なう予定でございます。どうぞよろしくお願いいたします。

ささやかではございますが、別室に軽いお食事とお飲み物を用意しております。お時間が許すようでしたら、ぜひお召し上がりになっていただければと存じます。

本日は本当にありがとうございました。

通夜振る舞いでの挨拶例文

本日はお足元の悪い中お運びくださいまして、誠にありがとうございました。
亡き〇〇に代わりまして御礼申し上げます。

故人を偲ぶ話などもっとゆっくりとお伺いしたいところではございますが、夜も更けてまいりましたので、本日はこの辺りでお開きとさせていただきます。

明日の葬儀ならびに告別式は午前10時からの予定となっております。ご都合がつくようでございましたら、ご会葬いただければ幸いです。

まだ雨が降り続いておりますので、どうぞお足元にお気をつけてお帰りください。本日は誠にありがとうございました。

告別式終了時・出棺時の挨拶例文

故人の妻の〇〇と申します。遺族を代表いたしましてご挨拶申し上げます。
本日は、お忙しい中ご会葬いただき、誠にありがとうございました。

こんなに大勢の方々にお見送りいただき、亡き夫もさぞ喜んでいることと存じます。故人に代わりまして心よりお礼申し上げます。

夫〇〇は、去る△月△日、入院先の病院にて、家族に見守られ静かに息を引き取りました。

最後の最後まで私と娘たちのことを心配していた夫でしたが、安心して見守ってもらえるよう、残された家族一同力を合わせ、支え合って歩んでまいりたいと存じます。

今後とも皆様のお力添えを賜りますようお願い申し上げます。本日は誠にありがとうございました。

精進落としでの挨拶例文

本日は、おかげさまをもちまして葬儀を無事終えることができました。

亡き母もホッとひと安心していることと存じます。これもひとえにご住職はじめ皆様方のお力添えのおかげと感謝しております。改めまして厚く御礼申し上げます。

心ばかりではございますがお食事を用意させていただきましたので、ごゆっくりとお寛ぎになってお召し上がりいただきながら、故人の思い出話などお聞かせいただければ嬉しく存じます。

御通夜の際の弔問客への対応・マナー

故人に代わり、また、遺族を代表し、喪主は御通夜に来てくださった弔問客に対し礼を尽くして対応しなくてはなりません。その際どういった点に気をつければよいか、具体的なマナーを確認しておきましょう。

弔問は祭壇脇で受ける

喪主はじめ遺族は、祭壇の脇で弔問を受けましょう。喪主は火葬が済むまで故人に付き添っていることがマナーですので、たとえ目上の人であっても会場出入口まで出向くようなことはしません。

また、お悔やみの言葉をいただいた場合には手短にお礼の言葉を返しますが、弔問客から目礼を受けた際には同じように目礼を返すだけでも失礼に当たりません。

相手が上司などの場合、失礼があってはならないとつい喪主側から出向いてしまいそうになりがちですが、弔問客の立場によらず喪主自身は必要以上の応対をせず、祭壇脇の位置にとどまります。

お見送りやお茶出しは他の人に任せる

弔問を受ける場合同様に、お見送りやお茶出しといった弔問客の接待全般を喪主はしません。そうした接待が必要であれば喪主以外の遺族か葬儀会社スタッフが対応しますので、任せましょう。

少なくともお茶出しのような弔問客全体への接待については、葬儀会社スタッフが対応することが一般的です。

お布施を渡す際の喪主のマナー

喪主と施主とを兼ねることがほとんどとなっている今日、僧侶にお布施を渡すのも喪主の務めの一つです。その際のマナーを確認しておきましょう。

奉書紙か白の封筒に包む

水引のかかった不祝儀袋ではなく、奉書紙か白封筒に包みましょう。(地域によって異なる場合があります)

奉書紙に包む場合は不祝儀袋の場合と同じように、紙幣を一旦中袋に入れるか半紙でくるみ(中包み)、その上で奉書紙で包むようにします。

丁寧さでいえば奉書紙が上ですが、無地の白封筒でも構いません。封筒に入れる場合は中包みは必要ないでしょう。

表書きは「お布施」もしくは空白

奉書紙または白封筒に包んだものの表書きは「御布施」とするか、もしくは何も書きません。なお、お布施はお香典とは異なりますので、表書きを書くに当たり薄墨を用いる必要はなく、普通に濃い黒の墨で書きます。

裏面に詳細を記入する

お布施の場合にも裏面の書き方は一般的な不祝儀袋と同じです。 喪主の住所・氏名と包んだ金額を書きます。

なお、金額を書く際に漢数字の旧字体(壱、弐、参……)を用いることが通例であることも一般的な不祝儀袋同様です。

渡す際はお盆に載せるか袱紗に包む

お布施を手渡す際は、切手盆のような小ぶりのお盆に載せるか、袱紗をお盆代わりに使って渡すようにすると丁寧で作法にも適っています。

お布施の相場は15~30万円

お布施はあくまでも気持ちであり、決まった金額があるわけではありませんが、相場は概ね15~30万円程度といわれています。(ただし戒名料によって大きく変わります)

おもてなしを行なう際の喪主のマナー

喪主の大切な役目の一つが、僧侶や弔問客・参列者へのおもてなし(接待)です。葬儀の各場面におけるおもてなしのマナーを確認しておきましょう。

会食事は喪主と遺族は末席に

精進落としなどの会食の席は、本来の趣旨はともかく、今日では僧侶や親族、弔問客・参列者の労をねぎらい謝意を示す意味合いで設けられます。したがって、もてなす側である喪主や遺族は末席に座るようにします。

返礼品はかさばらないものを

親族や知人が軒並み近隣に居住していた昔とは違い、現在では遠方からお越しいただく方も少なくありません。そうした方々が遠路帰宅することを考慮し、かさばったり重かったりする返礼品は避けるようにしましょう。

会食に同席しない僧侶には御膳料を

その後のお勤めのスケジュールによっては、僧侶が精進落としなどの会食の席に同席でないケースもあります。 そうした場合には召し上がっていただくはずだった料理を箱詰めにして持ち帰ってもらうか、御膳料として現金を包んで渡すかするようにしましょう。

まとめ

喪主の役目をある程度理解していても、そうした役目を果たすに当たってのマナーについて知る機会はあまりありません。喪主のマナーといっても見当がつかないという方も少なくないでしょう。

大切な家族を失った喪失感と、大役を果たさなくてはならないというプレッシャーの中、失礼のないよう気を配ることは簡単ではないかもしれませんが、葬儀は故人をお見送りする最初で最後の機会。 悔いのない葬儀とするために最低限のマナーを心得ておくと安心です。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応