葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 自宅で死亡した場合に救急車は呼んでもいい?適切な対処についても解説

葬儀の知識

自宅で死亡した場合に救急車は呼んでもいい?適切な対処についても解説

自宅で死亡した場合に救急車は呼んでもいい?適切な対処についても解説

外出先から帰宅したら祖父が意識を失い倒れていた、朝起きて気づいたら妻が息をしていなかったなど、大切な家族の一大事に冷静でいられる人はなかなかいません。 このような一大事に遭遇したとき、まず救急車を呼ぶべきなのか、また明らかに死亡している場合には、どのような対処が適切なのでしょうか。

今回は、自宅で死亡した場合の救急車の要請など適切な対処方法について解説してまいります。

救急車を呼ぶ基準は?

救急車を呼ぶ基準については、たとえば消防庁の「救急車利用マニュアル」や神奈川県横浜市の「救急受診ガイド」によれば、次の項目にひとつでも該当する場合には、救急車を呼ぶように案内されています。

  • 呼びかけに反応しない
  • 普通に喋れない、声が出せない
  • 顔色、唇、耳の 色が悪い、冷汗をかいている
  • 冷たくなっている
  • 水没している
  • 呼吸が止まっている
  • 脈、心臓が止まっている

つまり、外観から明らかに死亡していると判断できるとき以外は、救急車を呼ぶことが基本となります。

外観からと言いますのは、腐敗していたり、変色していたり、死斑が出ていたり、身体が分離していたり、白骨化しているなどの場合です。

判断に迷ったときには、まず電話で救急相談センター「♯7119」にダイヤルして案内を受けるという対応方法もあります。

自宅で死亡した際に救急車は呼んでもいい?

明らかに死亡している場合、結論から申し上げれば「呼んでもいいが、出来れば呼ばない方が良い」です。

なぜなら、救急車が自宅に到着したとしても、死亡していると判断されれば病院に救急搬送されることはなく、救急隊員から警察に連絡が行われ、警察が介入することになるからです。

警察が介入すると、故人は一度警察に預けることになり、家族などへの事情聴取や遺体の検視が実施され、場合によっては解剖が行われることになり、時間や手間だけでなく精神的負担も増加していまいます。

特に事情聴取は、近しい人の死亡を受けて悲しみ混乱している中で、警察から事件性の有無について色々な事を聴かれることになるため、ストレスを感じる方がほとんどです。

また一度警察に預けた故人は、家族の元に戻ってくるまで一定期間かかるため、その分葬儀に関する打ち合わせや手続きが後ろ倒しになってしまいます。

それでは自宅で死亡した場合、救急車を「出来れば呼ばない方が良い」ということになるわけですが、いったいどうすれば良いのでしょうか。 警察の介入を受け入れざるを得ない場合もありますが、次の手順が考え方の基本です。

①かかりつけの医師や病院に連絡をする

往診に来てもらえる医師であれば、自宅で死亡の状態を確認して特に不審な点が無ければ死亡診断書を作成してもらえます。かかりつけの病院の場合には、病院によって対応は異なります。

たとえば訪問診療も行っている病院であれば、医師が自宅に来てくださることもありますが、警察に連絡をするよう案内を受けることになる場合もあります。

②かかりつけの医師・病院が無い場合には警察に連絡をする

警察が介入することになり色々な負担は生じることにはなりますが、救急車を呼んだ場合と比べれば救急車を待つことや救急隊員の対応が無い分、物事はスムーズに進みます。

自宅で死亡した場合の注意点など

自宅で死亡した場合には注意しておくべき点がいくつかあります。

特に警察が介入する場合は遺体を動かさない

証拠隠滅を疑われる可能性もありますし、警察が速やかに間違いなく検視を行うためにも遺体は動かさないことが原則です。

風呂場やトイレで亡くなった場合など、故人を楽な姿勢にしてあげたいという気持ちから、布団に寝かせるなど動かしてしまう方がいらっしゃいますので要注意です。

死亡診断書または死体検案書を受け取る

かかりつけの医師や病院が発行するのは死亡診断書で、警察が介入した場合には監察医などが発行する死体検案書となります。書類の名前は異なりますが、故人名や死因を書く欄など書式は同じです。

その後の死亡届や火葬の手続きに必要となりますので必ず受け取り、紛失しないよう注意しましょう。また、受け取る時点で故人の名前や生年月日など、記載内容に間違いがないかも確認をしておきます。

警察が介入した場合は故人が戻ってきてから葬儀の日程が決められる

警察が介入した場合、殺人の疑いなど特に問題が無ければ半日〜数日で故人は家族の元に戻ってきますが、各々の状況によって何時戻ってくるかは未確定です。

そのため、火葬を行う日時含めて葬儀の日程は通常、故人が戻ってきてから決めることになります。

最後に

今回は、自宅で死亡した場合の救急車の要請など適切な対処方法について解説してまいりました。

明らかに死亡していると判断出来ない場合は、救急車を呼び、死亡していることが明らかな場合には、かかりつけ医や病院または警察に連絡することになります。

特に想定外の死亡に遭遇したときには、気持ちも動転し冷静でいることは難しいかもしれませんが、今回の内容を参考にしていただき適切な対応をして頂ければと思います。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応