葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 葬儀を行いたいのにお金がない場合の対処法

葬儀の知識

葬儀を行いたいのにお金がない場合の対処法

葬儀を行いたいのにお金がない場合の対処法

葬儀費用は突然に必要となる場合が多く、また実際に用意するまでの時間が極めて限られているため、準備に慌てることの多い支出です。

本記事では、葬儀費用として用立てられるお金がない、あるいはごく限られている場合の選択肢について、それぞれの選択肢の費用相場について解説します。

葬儀にかかる費用

葬儀費用の平均は約195万円といわれています。 葬儀のスタイルや、宗教・宗旨宗派、参列者数などによって費用は大きく変わってきますが、いずれにしてもまとまった金額が必要となる場合が大半と考えられます。

葬儀にかかる費用のおおまかな内訳は次のとおりです。

  • 搬送・安置にかかる費用(寝台車、安置施設利用料、ドライアイスなど)
  • 式場利用・設営にかかる費用(式場利用費、棺、祭壇など)
  • 火葬料金(火葬料、待合室利用料など)
  • 葬儀社スタッフの人件費(手続き、企画、進行など)
  • 飲食接待費(通夜振る舞い・精進落としの料理費用、会葬返礼品など)
  • 寺院費用(僧侶に渡すお布施・車代、戒名料など)

葬儀社に見積書をもらう場合、上記のような項目が内訳として提示されるかと思います。しかし、葬儀社によっては見積時には総額を記載せずに、葬儀終了後に追加費用を提示してくる業者もあるようなので注意が必要です。 見積の内容が総額になるのか、追加料金は発生しないのかは必ず確認するようにしましょう。

葬儀のお金がない場合の対処法

十分なお金がない場合の対処法には、どのようなものがあるでしょうか。

葬祭扶助制度

国が定める生活保護法に基づく制度として、生活が困窮していて葬儀の費用を支払うことができない人を対象とした「葬祭扶助制度」があり、費用の支給を受けることができます。 ただし、この制度を利用できるのは、次の2つのケースに限られます。

  1. 遺族が生活保護を受けるなどの経済的困窮状態にあり、葬儀を行なえるだけの資産や収入のない場合
  2. 故人に身寄りがいないといった理由で葬儀を行なう者がおらず、民生委員などが行なう場合で、故人の資産や遺留金品では葬儀費用をまかなえないとき

この制度を利用して行なう葬儀は福祉葬、生活保護葬、民生葬とも呼ばれ、一般的に営まれる葬儀とは異なり、あくまで火葬のみ行なうという内容です。 したがって、支給されるのは火葬のために最低限必要とされる関連費用(遺体搬送料、棺代金、骨壺代金など)に限られます。

自治体によって異なりますが、金額としては、故人が大人の場合は概ね201,000円以内、子どもの場合は概ね160,800円以内で必要額が支給されます。 原則的に、自治体への請求がなされなければ支給されず、また、葬儀実施後の事後請求は認められませんので注意が必要です。

埋葬料・葬祭費請求

健康保険や自治体から給付される埋葬料や葬祭費を利用することで、葬儀費用の足しにできます。

故人が会社員であった場合、生前加入していた健康保険が埋葬費用の一部として「埋葬料」が給付されます。故人が会社員の被扶養者であった場合にも、給付金の名称は「家族埋葬料」と変わりますが、同様に負担されます。

費用は、霊柩車代、霊柩運搬代、霊前供物代、火葬料、僧侶の謝礼等が対象となります。 (給付金額は一律5万円。健康保険組合独自の付加給付が上乗せされる場合あり)

また、故人が自営業者などで国民健康保険に加入していた場合や、後期高齢者医療制度の被保険者であった場合には、前述の埋葬料と同様の意味合いで自治体より「葬祭費」が支給されます。(給付金額は自治体により異なりますが、概ね1~7万円程度

葬祭費は被保険者の死亡を受けて給付される埋葬料とは異なり、あくまで実際に行なった「葬祭」に対し給付されることが一般的です。 自治体によっては火葬のみのケースでも給付される場合があるようですが、葬祭(告別式など)を行なっていなければ給付されない可能性が高いといえますので注意が必要です。

葬儀ローン

葬儀会社によっては一括払いだけでなく、ローンを組んでの分割払いも受け付けています。カードローンと違い上限額が高く、負担時期を分散することもできます。

ただし、ローンは一定の金利で貸し出されるものであり、当然利息が発生します。審査時に支払い能力が調査されるとはいえ、後々の支払いに無理はないかを借りる側自身でも慎重に検討する必要があるでしょう。

ただし、どこの葬儀会社も葬儀ローンに対応しているわけではありません。事前に確認が必要であり、ローン利用の申し出も葬儀前の段階でないと原則的に受け付けられませんので注意が必要です。

クレジットカード

葬儀費用の支払い方法は現金決済が主流ですが、昨今ではクレジットカード払いが可能な葬儀会社も増えてきています。 一括払い・分割払い・リボ払い・ボーナス払いから支払い方法が選択でき、現金の準備が間に合わない場合には、これも対処法のひとつとなるでしょう。

クレジットカードには利用限度額が設定されているため、必要であれば利用限度額の一時的な引き上げをクレジット会社に依頼しておきましょう。

また、読経料や戒名料といった寺院費用の支払いはクレジットカード払いの対象外となる場合がありますので、前述の葬儀ローン同様に、事前の確認と葬儀前の申し出が必要です。

市民葬・区民葬

自治体が提携する指定葬儀会社を利用する葬儀として市民葬・区民葬があります。 故人または喪主がその自治体に居住していれば利用可能であり、料金は定額で多くの場合割安(相場は50万円以内)なため、これも対処法となり得ます。

火葬のみであれば20万円程度でできる場合もあります。 ただし、必ずしも最安値ということではなく、葬儀内容は自治体によりまちまちです。そのため、希望する内容に近づけるためには追加費用が必要となり、結果的にかえって割高となってしまうケースもあります。

自治体によって指定品目や金額が異なりますが、お布施や火葬場の待合室利用料金などは料金中に含まれないことが一般的です。

故人の財産や生命保険

故人に財産がある場合や、生命保険の保険金がおりる予定の場合、そうしたお金を葬儀費用に充てることが可能です。 ただし、故人の財産を使えるのは相続手続き完了後で、保険金も即座におりるわけではないため、現実的には遺族による立て替え払いの形となることがほとんどです。

どうしてもお金を工面できないという場合には有効ではありません。 また、葬儀費用として相続財産から控除できないもの(香典返し費用、お墓の購入費用など)を葬儀費用のつもりで支払った場合、相続財産から差し引けませんので注意が必要です。

まとめ

  • 葬儀費用の平均は約195万円。(葬儀形式や宗教、参列者数などにより上下する)
  • 喪主が生活保護を受けている場合などには葬祭扶助制度を利用できる。
  • 故人の加入していた健康保険に埋葬料(または葬祭費)の給付を請求できる。
  • 葬儀費用を分割払いする葬儀ローンやクレジットカード払いに対応する葬儀会社もある。
  • 自治体が提携する指定葬儀会社を利用して割安な定額制の市民葬・区民葬を行うことも可能。
  • 故人に財産や保険金給付予定がある場合、葬儀費用をそこから差し引ける。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応