葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 喪主と施主は何が違う?それぞれの役割を解説

葬儀の知識

喪主と施主は何が違う?それぞれの役割を解説

喪主と施主は何が違う?それぞれの役割を解説

お葬式に参列することはあっても、自らが喪主や施主の立場となる機会はごく限られています。 喪主と施主との違いとは何かという点について明確に知っておくことは、いざという時の余裕や安心感につながるはずです。

本記事では喪主と施主について、立場や役割の違い、誰が務めるべきか、どのように決めればよいかなども解説します。

喪主と施主との違いとは?

喪主と施主(せしゅ)。似たような言葉ですし、共にお葬式の主催者側の立場であることに変わりはありません。この両者にはどのような違いがあるのでしょうか。

喪主とは「喪に服する主」、つまり故人から見て最も近い人、またはこれから故人の祭祀を中心的に取り仕切る人が喪主を務めます。主に故人の配偶者や子が、この役割を担います。

一方、施主とは「(金品などの)施しの主」、つまり葬儀そのものを取り仕切り、費用を負担する人のことです。 現代では、同一人物が喪主と施主の両方を務めることが一般的なので、両者を区別するのはとても難しいのですが、可能な限りその役割の違いを見ていきましょう。

喪主の役割

喪主の役割にはどういったものがあるでしょうか。

寺院とのやりとり

喪主は、故人の葬儀やその後の供養などを中心となって取り仕切ります。そのためには寺院とのやり取りは不可欠です。日程の調整、戒名やお布施など、葬儀式をどのように進めるかなどを寺院と決めていきます。

遺族代表としての挨拶や、参列者や僧侶への対応

喪主は遺族の代表という立場でもありますので、閉式時や出棺時などの挨拶や、僧侶の出迎え・見送り、弔問客対応なども務めます。

年忌法要を営む

お葬式後の法要(四十九日、一周忌、三回忌などの法事)も喪主が中心となって営みます。

施主の役割

一方、お葬式の実務面、金銭面での代表者である施主の役割にはどういったものがあるでしょうか。

昔は喪主や遺族は喪に服し、施主が葬儀を取り仕切った

昔の葬儀は、葬儀社がなく、地域共同体が協力して葬儀を執り行いました。

喪主や遺族は喪に服し、故人の供養に専念しました。葬儀を実際に進めたのは「葬式組」と呼ばれる、地域の中で割り当てられた人たちです(現代でいうところの自治会や隣組によるお手伝いの習慣はその名残だと思われます)。遺族側の代表である施主は、寺院や葬式組と折衝を重ねながら葬儀を進めていきました。

お葬式に要する費用を負担する

費用負担をするということは、葬儀社とのやりとりをも中心的に行います。お葬式の進行や内容の打合せ、見積もりや契約、お手伝いの手配、受付の準備、席順や供花の順などを、喪主と葬儀社の間に立って取り仕切ります。

ただし喪主と施主の両方を立てる場合、実際にはそれぞれの役割を完全に分担するのではなく、連携を取りながら葬儀を進めていきます。

誰が喪主・施主をすべき?決め方は?

喪主や施主は誰が務めるべきか、また、どのようにして決めればよいのでしょうか。

喪主を務めるべき人と決め方

喪主の決め方については、法律などの決まりは存在しません。そのため、親族間で話し合って決めるのが基本となります。 現代の慣習としては、配偶者や子、または血縁関係において故人にもっとも近しい人、将来的に故人の供養を中心となって執り行う人が喪主を務めることが一般的です。

施主を務めるべき人と決め方

施主についても定まった決め方はなく、関係者一同の協議により決めるというのが基本です。

関係者一同の合意の上であれば誰が施主を務めても構いませんが、傾向としては配偶者または近しい血縁者、あるいは血縁関係によらずその家の当主が施主を務めることが多いようです。

当然のこととして、費用を負担できる立場にあるということが前提となります。

喪主と施主の兼任

家制度が生きていた時代には、父親が亡くなった場合その家の跡継ぎ(一般的には長男)が喪主を務めることが当たり前とされていました。

そのため、家督を継ぐ長男がまだ幼少である場合などには、形式的な喪主としてあくまで長男を立てた上で、故人の配偶者が施主となって費用負担のほか実務も担当してお葬式を実質的に取り仕切るといったケースも珍しくありませんでした。

しかし、家制度の影響力が弱まった現代では、長男が喪主を務めるとは限らず、子どもがまだ小さいうちであればなおさら配偶者が喪主を務めることが一般的です。 そのような理由から、今日では喪主と施主とを別々に立てず、遺族の一人が兼任することが主流となっています。

ただし、社会全体の高齢化が進む近年では、高齢の配偶者を喪主として立て、成人した子供が施主として金銭面のサポートだけでなく実務も代行するという往時とは逆のパターンも増えてきている模様です。

まとめ

  • 喪主は喪に服する中心となる人、施主はお葬式の実務面、金銭面での代表者。
  • 喪主の役割は、故人の供養、寺院とのやり取り、遺族代表としての挨拶、弔問客への応対、年忌法要の主催。
  • 施主の役割は、お葬式の内容・進行に関わる事柄全般の対応、お葬式にかかる費用の負担。
  • 喪主・施主は誰が務めてもよく、定まった決め方もないが、配偶者または血縁関係の濃い者が喪主を、費用を負担できる血縁者または当主と目される者が施主を務めることが一般的。
  • 喪主と施主とを兼任し、遺族代表である喪主が費用も負担するというケースが今日では主流。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応