葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. お花代とは?意味や相場を解説

葬儀の知識

お花代とは?意味や相場を解説

お花代とは?意味や相場を解説

葬儀など弔事の場では「お花代」という名目でお金を包み、喪主や遺族にお渡しすることがあります。

日常生活で「お花代」と言えば単純に「お花の代金」という意味合いですが、葬儀など弔事の場で使われる「お花代」にはどういう意味があるのでしょうか。

また、お花代を包むときに注意すべきことはあるのでしょうか。 今回はお花代について、意味や相場を解説してまいります。

お花代とは?

まず、お花代の意味を確認しておきましょう。 お花代には主に次の2つの意味があります。

  1. 施主を通じて供花を注文した場合に、供花の代金として包むもの。
  2. 仏教式の葬式でいうところの御香典と同じ意味合いで包むもの。

1については葬儀や法要で供花を出す場合に、施主が一括して取り纏めて注文、代金支払いを行うことがあり、施主に対し供花代として「お花代」や「御花料」をお渡しするようなケースが考えられます。

2については、御香典は仏式葬儀でのみ使用する言葉であり、キリスト教では「御花代」や「御花料」という名目でお金を包んで葬儀や法要に持参します。

つまりこの場合、供花の代金としてではなく、葬式の場などで香典同様に哀悼の意を示したり、相互扶助の気持ちを示したりするために包むお金を意味します。

お花代の相場

ここではお花代として包む金額の相場を紹介してまいります。 前述のとおり、お花代には2つの意味がありますので、それぞれの意味ごとに包む金額の相場も変わってきます。

供花代としてのお花代

供花の代金として包むお花代の相場は、10,000円〜15000円です。

これはつまり、施主が供花を注文するときの値段と同じです。施主は供花の値段を把握していますので、通常であれば施主に供花の依頼を行う時点で包む金額は確認ができます。

仏式葬儀でいう御香典としてのお花代

「御香典」と「お花代」や「御花料」という言葉が違うことによって、包む金額が変わるということはありません。

包む金額が変わってくるのは、故人や遺族との関係性、お付き合いの程度、自分の年齢や社会的地位・役職、地域性などの影響によるものです。

様々な状況が存在しますので一括りにして言うことは難しいですが、概ね下記が包む金額の相場です。

  1. 家族および親族内で不幸があった場合:約10,000円~100,000円
  2. 知人や友人の身内で不幸があった場合:約5,000円~10,000円
  3. 近所の家や職場で不幸があった場合:約3,000円~10,000円

注意点として、地域によって包む金額が決まっている場合がありますので、確認しておくと良いでしょう。

お花代の包み方

お花代の包み方についても、お花代の意味ごとに紹介いたします。

供花代としてのお花代

供花代としてのお花代は、施主にごく近い身内の方の場合、包まないで現金をそのまま渡すというケースも見られますが、それは丁寧な方法とは言えません。

最低限、白や茶色の封筒に現金を納めて渡しましょう

基本的に白無地の封筒に「お花代」と書き、裏面に金額、住所、名前を書き添えて現金を入れる形が丁寧な方法です。

仏式葬儀でいう御香典としてのお花代

香典という意味合いでのお花代の場合、表書きは「御花代」「御花料」「献花料」などとしますが、御霊前と印刷された不祝儀袋のようにどこでも入手できるわけではありません。

入手できないときには無地の不祝儀袋か白い封筒を用意して、自分で「御花代」などの表書きをすることで対応します。

その際、葬式に参列する場合には御霊前などの不祝儀袋同様に、表書きや名前は薄墨の筆記具を使用するのがマナーです。

お花代の渡し方

御花代の渡し方についても確認しておきましょう。

供花代としてのお花代

施主へ「お花代です」と一言添えて直接手渡しします。

お花代を渡すタイミングは、通夜式の前後、もしくは葬儀式告別式の前後となりますが、開式の直前は施主も慌ただしくされていることが多いので避けた方が良いでしょう。

また施主によっては、供花の取り纏め係を他の方に依頼していることもあり、この場合には取り纏め係の方にお花代をお渡しします。

仏式葬儀でいう御香典としてのお花代

御香典という意味合いのお花代については、葬儀に参列するときには会場の受付で受付係に渡します。

受付が設置されていない場合には喪主・施主や遺族に直接手渡しをします。

お花代を頂いたときのお返しの仕方

お花代を頂いたときには、お返しを行うのが礼儀です。

供花代としてのお花代のみを頂いた場合

お花代の半額程度の品物をお返しします。香典返しとして用意した返礼品を、供花代のお花代に対するお礼としてお返しする場合もあります。

お花代と別に香典を頂いた場合

頂いた香典に対して香典返しを行いますが、供花代としてのお花代については別途お返しをする場合としない場合があり、施主の判断に委ねられます。

地域によって、香典返しを2セットお返しするというところもあります。

返礼不要といわれた場合

無理強いは相手に不快感を与えてしまうことになりかねませんので、そのまま相手のご意向に従います。

その場で丁寧にお礼を申し上げつつ、後日改めて礼状をお送りすると良いでしょう。

連名の場合

連名の人数や包まれた金額によって対応は変わりますので、葬儀社や返礼品業者に都度相談をして決める方法が無難です。

最後に

今回はお花代について意味や相場を解説してまいりました。

お花代には、主に供花代という意味と、仏式葬儀での御香典と同じ意味があります。それぞれの意味をしっかり確認しておき、葬儀や法要など弔事の場で戸惑うことがないようにしておきましょう。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応