葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 遺族が勤務先などから受け取れる死亡弔慰金とは?弔慰金を渡す際のマナーも紹介します

葬儀の知識

遺族が勤務先などから受け取れる死亡弔慰金とは?弔慰金を渡す際のマナーも紹介します

遺族が勤務先などから受け取れる死亡弔慰金とは?弔慰金を渡す際のマナーも紹介します

亡くなった故人が会社員であった場合には、勤め先から支給される「死亡弔慰金」というものがあることをご存知でしょうか。

本記事では、死亡弔慰金とは何か、その相場、課税方式などについて解説します。

死亡弔慰金とは

死亡弔慰金とは、慶弔見舞金の一種として、社員本人やその家族が亡くなった際に勤務先より支給されるお見舞金です。

亡くなったのが社員本人である場合、故人への功労金の意味合いもあります。

法律で義務として定められている制度ではないため、すべての会社が死亡弔慰金の制度を導入しているわけではありませんが、およそ9割の会社で死亡弔慰金が支給されているといわれています。

死亡弔慰金を受け取る人は、社員本人が亡くなった場合にはその配偶者や子ども、両親などの家族、社員の家族が亡くなった場合には社員本人となります。

死亡退職金との違いとは

死亡弔慰金と似たものに死亡退職金がありますが、どちらも会社から支給されるお金に変わりはなく、受け取る側としては同じようなものに感じられます。

ただし、死亡弔慰金は社員の家族が亡くなった場合にも支給されることが多い一方、死亡退職金は社員本人が亡くなった場合にのみ支給されるという点が異なります。

そしてもう一つ、被相続人が死亡後3年以内に支給が確定した死亡退職金は、みなし相続財産として相続税の課税対象になりますが、死亡弔慰金は、実質上退職手当金等に該当すると認められる部分を除き、原則として非課税であるという点も大きな違いといえます。(金額によっては課税対象となるケースがあります。詳細は後述)

そのため、会社側により死亡弔慰金を死亡退職金としてまとめて会計処理されてしまった場合、死亡弔慰金も死亡退職金とみなされて課税対象となってしまう可能性がありますので注意が必要です。

死亡弔慰金の相場は

死亡弔慰金の制度はあくまで会社の判断により導入されるものであり、決まった支給金額というものはありません。

そのため、各会社から支給される死亡弔慰金の金額にはかなり幅があり、相場はいくら程度と一概にいうことはできません。

ただし、相続税法で定められている死亡弔慰金相当額(後述)の範囲を超えた部分については課税対象となるため、同範囲を超えないよう配慮された金額であることがほとんどです。

したがって、相続税法上の死亡弔慰金相当額(後述)が上限の目安であると考えて良いでしょう。 また、死亡弔慰金の金額が大きく変動するいくつかの要素として、以下のようなものがあります。

業務中の死亡か、業務外の死亡か

業務中や業務に関連する時間(出張中や通勤中など)に亡くなったケースでは、業務外の時間に亡くなったケースよりも高額の死亡弔慰金が支給されることが一般的です。

団体保険の加入有無

社員を被保険者とし、会社が契約者・受取人となり団体保険に加入している場合があります。これは、比較的規模の大きい会社が加入しているケースが多い傾向です。

こうした団体保険の死亡保険金が死亡弔慰金に充てられるため、通常は加入していない場合より高額になります。

勤続年数

功労に報いるという意味合いを重視する会社では、一律ではなく勤続年数に応じた金額が設定されている場合があります。

勤続年数が長いほど死亡弔慰金も多く支給されます。

死亡弔慰金が非課税となる範囲は

前述のとおり、死亡弔慰金の課税対象となる金額は死亡退職金とは異なります。

相続税法で定められた死亡弔慰金相当額を超過した部分については、死亡弔慰金ではなく「退職手当金等」であるとみなされ、別途相続税の課税対象となってしまいます。

死亡弔慰金の非課税額は次のとおりです。

被相続人の死亡が業務上の死亡であるとき

被相続人の死亡当時の普通給与の3年分に相当する額 (死亡当時年収が600万円とした場合、最大1800万円まで非課税)

被相続人の死亡が業務上の死亡でないとき

被相続人の死亡当時の普通給与の半年分に相当する額 (死亡当時年収が600万円とした場合、最大300万円まで非課税)

弔慰金の名目で受け取ったものであっても、上記非課税額を超える部分については、実質上退職手当金等に該当すると認められ、相続税の課税対象となる点に注意が必要です。

弔慰金と死亡退職金を両方受け取った場合

故人が社員本人であれば、勤め先の規定にもよりますが、死亡弔慰金と死亡退職金の両方を受け取ることになるでしょう。

死亡弔慰金と死亡退職金それぞれの非課税枠は異なるため、そうしたケースにおける相続税の計算では、死亡弔慰金と死亡退職金を別々に処理します。

まず、死亡弔慰金が上記の死亡弔慰金相当額の範囲内であることを確認します。万一超過していた場合は、超過分が課税対象となります。

被相続人が死亡後3年以内に支給が確定した死亡退職金については「500万円×法定相続人数」の金額が非課税となりますので、その額を超過した部分がみなし相続財産として相続税の課税対象となります。

なお、この法定相続人数には、相続放棄した人も人数に含めますが、非課税枠の適用を受けることはできません。また、相続人以外が受け取る場合には相続ではないため、非課税枠が適用されない点に注意が必要です。

たとえば、死亡退職金が1200万円で法定相続人が2名いた場合、500万円×2人=1000万円までは非課税ですが、残りの200万円については課税対象となります。

税率は金額により変わってきます。詳細は国税庁のウェブサイトなどで確認しましょう。

弔慰金を渡す際の会社側のマナー

死亡弔慰金を社員やその家族に渡す際に、会社側として気をつけたい点には次のようなものがあります。

基本的には葬儀後に渡す

社員やその家族が亡くなった場合、会社からも香典を出すことが一般的ですが、死亡弔慰金はいわば福利厚生の一環として支給されるものであり、香典とは性質が異なります。

そのため、葬儀の際に渡すよりも、葬儀を終えて一段落した頃を見計らって渡すことが適切と考えられるでしょう。(ただし、会社ごとの考え方によりますので、葬儀の際に渡すという会社もあります)

葬儀に持参する場合は香典同様のマナーで

葬儀に参列する社員が死亡弔慰金を持参する場合は「新札は避けるか、折り目をつける」「袱紗に包んで持参する」といった香典のマナーに準じます。

まとめ

  • 死亡弔慰金とは、社員本人やその家族が亡くなった際に会社から支給されるお見舞金のこと。
  • 死亡弔慰金は会社が任意に導入している制度であるため、会社によりその金額には幅がある。
  • 死亡弔慰金は死亡退職金とは別物。会社から支給されるお金である点は同じだが、死亡弔慰金は非課税の範囲内で支給されることが多いのに対し、死亡退職金は一定の控除額を超える部分がみなし相続財産として相続税の課税対象となる。
  • 死亡弔慰金は相続税法で定められている弔慰金相当額の範囲を超過する部分は課税対象となる。
  • 課税方式が異なるため、死亡弔慰金と死亡退職金の両方を受け取った場合は、別々に処理する必要がある。
  • 死亡弔慰金は香典とは性質が異なるため、葬儀当日ではなく後日渡すという対応で問題なく、むしろそのほうが適切と考えられることも多い。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応