葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 身内の危篤を連絡する際の考え方や注意点とは?メールの内容や返信の際のマナーなども紹介します

葬儀の知識

身内の危篤を連絡する際の考え方や注意点とは?メールの内容や返信の際のマナーなども紹介します

身内の危篤を連絡する際の考え方や注意点とは?メールの内容や返信の際のマナーなども紹介します

身内が危篤に陥った場合、誰にどのように連絡すれば良いでしょうか。反対に危篤の報を受けた場合には、どのように対処すべきでしょうか。

落ち着いて的確に行動するためには、ある程度シミュレーションしておくと安心です。

本記事では、身内の危篤の連絡範囲と方法、伝える内容、連絡を受けた側の対応などについて解説します。

危篤の際に連絡する範囲や方法とは

身内が危篤に陥った際、具体的に誰にどのような方法で、どういった内容を伝えれば良いのでしょうか。

危篤とは

危篤とは、回復の見込みがほとんどなく、残された時間が数時間、あるいは数日間であるか予測できないものの、いつ息を引き取ってもおかしくない身体状態を指します。

危篤状態から回復することもあり得ますが、基本的には「亡くなる寸前」であると考えられ、その前提で周囲は行動することになります。

危篤の連絡をする人の範囲とは

身内が危篤状態に陥ったら、まだ息のあるうちに会ってもらえるよう、近しい人たちに連絡をします。

具体的な連絡範囲としては、親族については3親等まで(孫やひ孫、伯叔父母や甥姪などまで)が目安とされ、親族以外の友人・知人については日頃のつきあいの深さを考慮して連絡すべきか判断します。

危篤の電話連絡で伝えるべきこと

緊急連絡という性質上、危篤の連絡は電話で行なわれることが一般的です。

身内の危篤に際し、多かれ少なかれ混乱している状態で連絡することになるため、下記のような伝えるべき内容をあらかじめ整理しておくと安心です。

  • 電話をかけている本人の氏名、危篤者との続柄、連絡先電話番号
  • 危篤者の病状
  • 入院している医療機関の情報(名称、住所、電話番号、病室)

電話がつながらない場合

危篤の連絡はとにかく急いで知らせることが重要です。

後でまた電話をかけ直すにしても、留守電にメッセージを残したり、メールで知らせるなど、相手にもっとも早く用件が伝わるようにするためのあらゆる手段を試みましょう。

なお、メールで連絡する場合にも、電話連絡時に伝えるべき上記内容を含めるようにします。

連絡の際に配慮すべきこと

遠方の相手に対しては、現状や医師の見解などを正確に伝え、すぐに駆けつけるか、駆けつける準備だけ整えて次の連絡を待つなどの判断をしてもらえるよう配慮が必要です。

加えて、遠方から来てもらう場合には、来てほしいとお願いした側が交通費や宿泊費を負担するという考え方もあることを念頭に置いておきましょう。

また、危篤者の属している組織(会社など)のメンバーなど、人数の多いグループの連絡の際には、代表者に連絡をしてグループ内への周知を依頼します。

危篤連絡を受けた際の対応とは

危篤の連絡を受けた側の立場である場合、どのように対応すべきでしょうか。

危篤の連絡を受けた際に確認すべきこと

身内の危篤に際して慌ただしさの中にある連絡者に対し、後になって再確認の電話をするようなことがあってはいけません。

入院先の医療機関の情報(名称、住所,電話番号、病室)や連絡者の連絡先といった必要な情報を復唱する、メモを取るなどして確実にしておきます。

また、駆けつける場合には、いつ頃到着見込みかを含め、その旨をご家族に伝えておくようにしましょう。

すぐにも駆けつける際のマナーとは

いち早く駆けつけることが最優先ですので、スーツなどのきちんとした格好でなくても失礼には当たりませんが、華やかなアクセサリー類は身につけない、あまりに派手な服装は避けるといった程度の配慮は必要です。

また、何日間も昏睡状態が続くこともあれば、ほどなく亡くなりすぐに葬儀が営まれることもあります。

遠方の場合は、必要となればしばらく滞在することができるよう宿泊の準備と、自宅に戻らずそのまま葬儀に参列できるよう喪服類一式の準備とをした上で駆けつけます。

ただし、喪服をあらかじめコインロッカーに預けてから病院へ向かうなど、もしかすると回復するかもしれないというわずかな望みを持っているご家族の目に触れさせない気遣いを忘れないようにしましょう。

駆けつけた際の注意点

残された最期の時間を過ごすべきは、やはり誰よりもご家族です。

ご家族の邪魔にならないような振る舞いを心がけましょう。

駆けつけられない場合

さまざまな事情により、すぐには駆けつけられないということもあるでしょう。駆けつけられるから誠実で、駆けつけられないから不誠実といった話ではありません。

連絡をくれたご家族に正直に状況を話し、今すぐ駆けつけることが無理である旨を伝えます。

手土産などは不要

親族や知人のもとを訪ねる際に手土産を持参することは一般的ですが、危篤時に駆けつける場面に手土産は不要です。

思い出の写真など、危篤者やそのご家族を勇気づけるような品であれば、持参してもよいでしょう。

そのほかのマナー

危篤者が亡くなった後の話をしないのは最低限のマナーです。

また、ご家族の体調を気遣う言葉をかける、自分にできることがあればさせてほしいという思いを伝えるなどの配慮も忘れないようにしましょう。

まとめ

  • 危篤とは、回復の見込みがほとんどなく、遠からず息を引き取ると予想される状態を指す。
  • 危篤を連絡する先としては、親族(目安としては3親等以内)や親しいつきあいのある友人・知人など。
  • 危篤の連絡の手段としては電話が一般的だが、すぐに連絡がつかなければ留守電やメールなども活用する。
  • 連絡内容としては、連絡者本人の情報、危篤者の病状、医療機関の情報が最低限必要。
  • 遠方に住む相手に連絡する際は、駆けつけるタイミングを相手に判断してもらえるよう、状況を詳細に知らせる。
  • 危篤の連絡を受けたら、基本的には大至急駆けつけることを最優先するが、遠方の場合は宿泊や葬儀参列の準備も整えておく。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応