葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 法事の香典について解説。金額や正しい包み方

葬儀の知識

法事の香典について解説。金額や正しい包み方

法事の香典について解説。金額や正しい包み方

法事に参列をするときには香典を持参することがマナーです。

法事で持参する香典について「これで良いのかしら」と金額の相場や正しい包み方など不安を覚えることはないでしょうか。

今回は法事のときに持参する香典、そして包む金額や香典袋などについてお伝えしてまいります。

法事の香典の金額の決め方は?

一般的に法事に参列されるのは家族および親族が中心となりますが、家族や親族として葬儀に参列するときと比べますと、法事に参列するときの香典の方が低額になる傾向があります。

法事の香典は、故人や施主との関係性、親交の深さ、自身の年齢や立場などを総合的に考慮して決めます。

  四十九日、一周忌法要 四十九日、一周忌法要以外の法要
法要後の
会食有り
法要後の
会食無し
法要後の
会食有り
法要後の
会食無し
1親等~2親等
(祖父母、両親、おじおば、兄弟、子供、孫など)
3万円~5万円 1万円~3万円 1万円~3万円 5千円~2万円
3親等以降及び
血縁関係以外
1万円~3万円 5千円~1万円 1万円~2万円 5千円~1万円

*上記の表はあくまで目安の金額です 。

なお法事には法要のあとに会食の席が用意されていることが一般的です。

相場として法事に持っていく香典の金額は、法要後に会食の席が用意されている場合で1万円~5万円、法事後に会食の席が用意されていない場合で5千円~3万円です。

血縁の濃さで言えば、故人から見て1親等~2親等の方が参列する場合で3~5万円、3親等以降、またそれ以外の方で1~3万円が相場です(食事の席が設けられている場合)。

故人から見て1親等~2親等とは祖父母、両親、おじおば、兄弟、子供、孫などが該当します。3親等以降ですと、ひ孫、従兄弟・従兄弟、甥・姪なども含まれてきます。

法事とひとことで言いましても、四十九日、一周忌、三回忌、七回忌、そしてお盆やお彼岸など様々です。

基本的には節目となる法要ほど盛大に行い、また亡くなられた日から時間が経過していくにつれて省略化、簡略化されていく傾向となり、これに合わせて香典として包む金額も変わってくることがあります。

例えば、先ほどの1親等~2親等の方が参列する場合の3~5万円を例として見てみますと、四十九日、一周忌の法事までは5万円に近い金額が目安となりますが、三回忌以降の法事では3万円に近い金額が目安となります。

なお参列する家族同士、親戚同士でいくら包んでいくか相談し合って金額を決めることは特に問題ありません。 表を挿入

法事での香典袋(不祝儀袋)の種類

香典袋(不祝儀袋)には、水引が印刷されているタイプと、水引が取り外せるようになっているタイプのものとがあります。

この2タイプのうち、1万円以上を包む場合には、水引が取り外せるタイプの香典袋を使用することが一般的です。

また水引の色には、黒白、双銀、銀白、黄白、双白など数種類あります。何色の水引とするかは地域性もありますが、黒白、双銀、銀白は無難にどこでも使える色となります。

香典袋の表書きについては、四十九日の法事を迎える前までは「御霊前」、四十九日の法事以降は「御仏前」です。

ただし、浄土真宗においては常に「御仏前」の表書きを使用します。

「御香典」という表書きの香典袋については仏教であれば宗派問わず、法事の種類も問わず使用出来ますので、迷ってしまったときには「御香典」が無難です。

法事での香典の正しいお札の入れ方とは?

お札の入れ方に関するマナーも知っておきましょう。

新札は避ける

「不幸ごとを用意していたようで良くない」という理由から、弔事においては新札を使わないことがマナーとされています。 万が一、新札を使わざるを得ないときは、折り目をつけてから香典袋に納めましょう。

お札の向きを揃える

特にお札の向きについて決まりはありませんが、向きを揃えておくことは最低限の配慮として必要です。

お札の枚数など数字に注意

4および9は、忌み言葉として避けるべき数字とされていますので、お札の枚数が4枚、9枚とならないようにすることがマナーです。

一般的には無いと思われますが、9千円、4万円などの金額にもならないようにします。

中袋がある場合

香典袋によっては中袋が付属しています。中袋が付属している場合には、中袋に金額、氏名、住所を忘れずに書き入れます。

なお書き入れる際、葬儀への参列時のように薄墨を使うのではなく、法事では通常の濃さの筆記具を用います。

また中袋を封する際、中袋を閉じる折り返しがくる面が裏側になりますので、その反対側(表側)を香典袋の表側に向けて納めるようにしましょう。

法事での香典袋(不祝儀袋)の包み方のポイント

香典袋の裏側の最後の折り込みについては、上部分が下部分にかぶさるようにします。

下部分が上部分にかぶさるようにするのは結婚式などお祝いのときの包み方のため、法事の場では大変失礼な行いとなりますので要注意です。

また香典袋の表書きの下には、忘れずに氏名を書き入れます。この際、中袋と同様に薄墨ではなく通常の濃さの筆記具を使用して書くようにします。

なお氏名を書く際、家族で参列する場合には、一家の長たる方のお名前のみを書くことが一般的です。

夫婦で参列するときには、どちらかの名前を書いても、連名としてお二人の名前を書いても、どちらでも差し支えありません。

最後に

今回は法事のときに持参する香典、そして包む金額や香典袋などについてお伝えしてまいりました。

法事の時に持参する香典として包む金額の相場、香典袋の選び方、香典袋へのお札の入れ方、表書きなどについてお解りいただけたのではないでしょうか。

法事に参列する際には、故人や施主など関係される方々に対して失礼がないように、今回の内容を参考にしていただければと存じます。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応