葬儀のご依頼/ご相談
一括見積なら | 安心葬儀
葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
通話
無料
0120-99-1835
利用規約に同意の上お電話ください。
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀のマナー
  3. 追悼するとは?その意味とマナーを解説

葬儀のマナー

追悼するとは?その意味とマナーを解説

追悼するとは?その意味とマナーを解説

追悼とは、誰かの死を悼み、悲しみを表明することを言います。

身近で亡くなった方がいるなら、追悼のマナーを守り、故人を偲びたいと感じるものです。

今回の記事では、追悼とはどういう意味か、追悼・哀悼の使い分け、追悼の挨拶の作成時の注意点と文例を紹介します。

追悼と哀悼の違いや気を付ける点を、しっかり押さえていきましょう。

追悼とは

まず初めに追悼の意味、哀悼・慰霊との違いについて説明します。

追悼の意味

追悼は、故人の在りし日の姿を思い出して偲び、悼むという意味の言葉です。

また、故人を偲び、悲しみを表明する行動を指すこともあります。

「追悼する」と動詞的に用いられるだけでなく、「故人を追悼して○○する」「追悼コンサート」など、ある行為に対して「故人を偲び悼む気持ちから行う」という意味を持たせるために用いられることもあります。

哀悼との違い

同じような意味を持つ言葉として「哀悼」があり、故人が亡くなったことを悲しみ悼むことを指します。追悼が悲しみを表明することであるのに対して、哀悼は故人への悲しみの感情そのものを指して使われます。

また、故人に対する自分の悲しみを表す言葉です。

哀悼は悲しみの感情を指す言葉で、その感情を表明する行為が追悼であると言えます。

慰霊との違い

慰霊は、亡くなった人の霊魂を慰め、死後の平穏と幸せを祈る意味を持つ言葉です。

身近な人の死に限らず、不幸な事故や災害で命を絶たれた人に向けた思いを指す言葉としても使われます。身近な人の死というよりも、自然災害や戦争、不幸な事故など、不慮の出来事で命を絶たれた人に向けた言葉として使われることが多いです。

慰霊は「霊」を「慰める」意味に加えて、故人に対して幸運を祈る気持ちが含まれています。

追悼は、主に生前の故人と縁のあった人がその死を悼み悲しみを表現する言葉ですが、慰霊は不特定多数の方を指すこともあります。

また慰霊は亡くなった動物に対しても使う場合があります。例えば、生前に動物園や水族館などで人々のために尽くしてくれた動物達に対して使われることがあります。

追悼・哀悼の使い分けとは

追悼・哀悼は同じ意味として使われることもありますが、意味の違いを把握して使い分ける必要があります。

ここでは、追悼・哀悼の使い分けについて説明していきます。

「追」という字には過去にさかのぼるという意味が、「哀」という字にはあわれむ・可哀そうに思うといった意味があることも押さえておくとよいでしょう。

「追悼の意を表します」は正しい?

「哀悼」は「哀悼の意を表します」という表現で使用されることが多い一方で、「追悼の意を表します」という表現はあまり一般的に使用されることはありません。

「追悼の意」という言葉が使われる場合はあるものの、大規模災害などで多数の方が亡くなった際の公的な発表や、式典・慰霊祭などの公の場で用いられる表現です。

個人がお悔やみの言葉として使う場合は、「哀悼の意を表します」という表現を使うようにしましょう。

「哀悼の意を表します」を使う場合の注意点

「哀悼の意を表します」は、書き言葉です。弔電などの文章の中で悲しみの感情を伝える際に用いられる文語体です。

哀悼は、文語的な表現のため会話では使用しません。特に、遺族に対して口頭で伝えると違和感があり、かえって無礼な印象を与えてしまう場合があります。葬儀の場などで遺族に話しかける際、お悔やみの言葉として「哀悼」を使わないようにしましょう。

手紙などで伝える分にはよいですが、会話では「ご愁傷さまです」「お悔やみ申し上げます」の言葉で言い表していきましょう。

しかし、故人や遺族が信仰する宗教によっては適切でない場合もあります。

キリスト教では、死は神様の元にいける喜ばしいことと考えられています。

「天国で安らかに憩われますよう心よりお祈り申し上げます」などの言葉で気持ちを伝えましょう。

相手の宗教ごとに最大限の配慮をすることも大切です。

追悼式

追悼式は故人を偲ぶための式典です。

集まった人々がともに故人を偲び追悼するセレモニーを催すことで、「偲ぶ会」と言い表す場合もあります。

追悼式はありますが、哀悼式という式典は存在しません。

哀悼はあわれみや悲しみの感情そのものを言い表す言葉であり、故人を偲ぶ行為を表す言葉ではないためです。

ミュージシャンの追悼式では、故人と親交のあった人、ファンなどが集まりコンサートを行うケースもあります。

参加者一人ひとりが生前の故人の活躍を思い起こしながら悲しみの気持ちを表明し、集まった人同士で感情を共有できる場です。

追悼式ではなく追悼コンサートと言い表すこともあります。

追悼式は時期や回数に制限はないので、複数回開かれることもあります。

亡くなった人の思い出を複数人で振り返る会は、追悼式に当たると言えるでしょう。

関連記事

偲ぶ会の意味とは?一般的な形式についても紹介します

偲ぶ会の意味とは?一般的な形式についても紹介します

これまで「偲ぶ会」は、著名人や企業の重鎮が亡くなった場合などに営まれるのが一般的でした。しかし近年は、一般の方が亡くなった場合でも、偲ぶ会を営むケースが増えています。 とはいえ、会の意味や...

続きを読む

追悼の挨拶とは

ここでは、追悼の気持ちを伝えるお悔やみの挨拶について説明していきます。

主に使われるのは「ご愁傷さまです」「お悔やみ申し上げます」「ご冥福をお祈りいたします」の三つの表現です。

ご愁傷さまです

「ご愁傷さまです」は葬儀の際、遺族への挨拶で使用します。

口語的な表現となるため、メールなどの文章では使用しません。

「ご愁傷さまです」の「愁」は、憂いの気持ちがあるので、相手を気の毒に思うことを意味しています。

葬儀の際、耳にすることが多い、一般的な追悼の挨拶です。

使い方の例は、弔問の時「この度は、ご愁傷さまでした」と遺族に対して伝えるケースです。

しかし、同情や慰めの気持ちが含まれることもあり、受け手によっては快く思わない可能性があります。

伝える相手や状況を見た上で、過度に強調せずに使用することをお勧めします。

お悔やみ申し上げます

「お悔やみ申し上げます」は葬儀の際、遺族への挨拶で使用します。

弔電にも使用できます。

「お悔やみ申し上げます」は人の死を弔う気持ちが含まれている言葉で、「ご愁傷さまです」と併用して使われるケースも多いです。

弔電などの文面では「突然の悲報に接し、心からお悔やみ申し上げます」という表現を使い、会話においては「このたびは心からお悔やみ申し上げます」などと伝えると丁寧な印象になるでしょう。

ご冥福をお祈りいたします

「ご冥福をお祈りいたします」は故人に向けた、弔電や文書での挨拶で使用する言葉で、口頭での挨拶には適していません。

「ご冥福をお祈りいたします」は、死後の幸福を願う気持ちを伝えるために使われる言葉です。

遺族ではなく、亡くなった本人に対して使われる追悼の挨拶となります。

また、「冥福」は仏教用語であるため、神道やキリスト教においては「ご冥福をお祈りいたします」という表現は避けましょう。また仏式でも教えの違いから、浄土真宗では「冥福」という言葉は用いません

追悼の意思を文章で伝える際の注意点

ここでは、故人を追悼する気持ちを文章で伝える方法として一般的な「弔電」を例に、文章作成時の注意点を説明します。

マナーを守らないと遺族に失礼な印象を与えてしまうので気を付けましょう。

内容は簡潔にし、敬称を正しく使う

弔電は、短く簡潔に作成することが大切です。

長すぎると、読む方に迷惑を掛けてしまうことがあります。

短く簡潔にまとめて、後日会ったときにお悔やみの気持ちを伝えていきましょう。

また弔電は、敬称に気を付けることも大切です。

名宛人と故人の関係により敬称は変わります。

例として、故人が名宛人の父である場合「ご尊父様」「お父様」「お父上様」と表記します。

母である場合「ご母堂様」「お母様」「お母上様」です。

夫の場合「ご主人様」「旦那様」「ご夫君様」です。

妻の場合「ご令室様」「ご令閨様」「奥様」となります。

喪主が分からない場合は、訃報で確認する、葬儀が行われる斎場に問い合わせるなど、喪主のフルネームと故人との続柄を確認してから弔電を送るようにします。

弔電の言葉遣いに不安がある場合は、定型文を参考にするとよいでしょう。

忌み言葉を避ける

お悔やみの文章を作成する場合、忌み言葉を避ける必要があります。

「数字の4と9」「死」「生きていたころ」「苦しむ」「重ね言葉(たびたび、再びなど)」が忌み言葉に挙げられます。

不幸が繰り返すことを連想させる言葉はマナー違反です。

宗教に配慮する

追悼文の作成時に注意すべきこととして、相手の宗教に配慮することも大切です。

神式・キリスト教の場合、仏教用語は避けてください。

例として「成仏」「弔う」「冥福」「往生」「合掌」「仏」「供養」などは、神道やキリスト教では使用を避けるよう注意しましょう。。

また、仏教の場合、「浮かばれない」「迷う」は、故人が浄土の旅で迷いさまようことを連想させるとして避けるべき言葉です。「天国」「神様」「天に召される」など、他宗教の概念を感じさせるものにも配慮してください。

関連記事

お悔やみ電報(葬儀への弔電)の送り方と宛名などのマナーについて紹介

お悔やみ電報(葬儀への弔電)の送り方と宛名などのマナーについて紹介

何らかの理由で葬儀に参列できない場合、お悔やみ電報(弔電)で弔意を伝えることができます。 実際にお悔やみ電報を送る際に、どこに申し込めばいいのか、どのような文を用意すればいいのかなど、詳し...

続きを読む

追悼の文例

ここでは、追悼の気持ちを伝える弔電の文例を紹介します。

一般的な文例とキリスト教の文例には違いが見受けられます。

ポイントを押さえた上で、自身の気持ちが込められた追悼の文面を作成しましょう。

一般的な文例

一般的な追悼の文例は以下となります。

「〇〇様のご訃報に接し、大変驚いております。

またお会いできると思っておりましたので、残念でなりません。

共に過ごした日々が、今でも思い出されます。

ご生前のご厚情に深く感謝するとともに、心よりご冥福をお祈り申し上げます。」

「〇〇様のご逝去のお悲しみに対し、衷心より哀悼の意を表します。

在りし日のお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします。」

「突然の悲しいお知らせに呆然としております。

いつまでもお元気で長生きしてくださるものと思っていましたので、残念でなりません。

安らかにご永眠されますよう心よりお祈り申し上げます。」

キリスト教の文例

キリスト教での追悼の文例は以下となります。

「〇〇様と出会えたことを神に深く感謝いたします。

ご家族の皆様の上に、主イエス様からの深い慰めが注がれますように心よりお祈り申し上げます。」

「〇〇様、追悼ミサにあたり心より哀悼の意を捧げます。

天国での平安をお祈り申し上げます。」

「神の御許に召されました○○様の、安らかなお眠りを心よりお祈りいたします。」

【まとめ】

追悼は、故人を偲び悲しみを表明する行為を指す言葉です。

哀悼は、故人への悲しみの感情そのものを指す言葉であり、追悼と混合して覚える方も多いです。

意味を把握した上で、使い分ける必要があります。

葬儀の際、遺族への挨拶・弔電にも使用できる「お悔やみ申し上げます」があるように、追悼の挨拶には口語的・文語的な表現に注意が必要です。

大切な方が亡くなったときには、マナーを守り、遺族に失礼のないように適切な表現を使って、故人を偲び悲しむ気持ちを伝えましょう。

葬儀の費用を抑えるためのポイント

「葬儀にかかる費用」「納得の行く葬儀ができるか」は、どの葬儀社に依頼するかで大きく異なることがあります。

そのとき大事なのは、複数社に見積もり依頼して内容を「比較検討」することです。

「葬儀の費用は高額だと聞いたことがあるので、なるべく費用を抑えたい..」

「相見積もりを取りたいけど、自分で直接複数の葬儀社に問い合わせるのは面倒..」

「初めて葬儀の喪主を務めることになったが、どの葬儀社に依頼したらいいのか分からない..」

そのような方には当サイト「安心葬儀」で、簡単に無料で比較見積もりが可能ですので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら

関連記事

安心葬儀とは?相見積もりを利用するメリット、利用の流れについて

安心葬儀とは?相見積もりを利用するメリット、利用の流れについて

葬儀を依頼する葬儀社の決定は、逝去後数時間以内が大半と言われております。 時間が無い中で決定する必要があるにも関わらず、葬儀には十数万円〜数百万円のまとまった費用がかかる上、葬儀の品質は葬...

続きを読む

安心葬儀 ご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    安心葬儀お客様センター0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。24時間365日対応・通話無料です。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社をご紹介いたします(最大3社)。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください


安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能。ギフト券最大1万円分プレゼント /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。


安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。


安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能。ギフト券最大1万円分プレゼント /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。


関連する記事

  • 喪主の挨拶では何を話す?マナーや例文を紹介

    喪主の挨拶では何を話す?マナーや例文を紹介

    喪主は葬儀の主催者であり、遺族の代表者です。ほとんどの場合、故人との関係性が深い人が務めます。そのような立場から、葬儀のさまざまな場面で故人に代わって、あるいは遺族を代表して挨拶することが求めら...

    葬儀のマナー

  • 葬式での食事はいつ行う?マナーやメニューについても解説

    葬式での食事はいつ行う?マナーやメニューについても解説

    葬式の食事は伝統やしきたりにのっとったものなので、それぞれに意味やルール、マナーがあります。参列者をもてなす喪家は、こうしたことを理解した上で、食事を振舞うことが求められます。 この記事で...

    葬儀のマナー

  • 供物とは?適した選び方とマナーを解説

    供物とは?適した選び方とマナーを解説

    供物は「くもつ」と読み、神仏に供える物を指します。 仏教の場合、食品や線香が挙げられますが、適切な供物を贈って、故人や遺族へ弔意を示したいと感じる方も多いでしょう。 今回の記事では、...

    葬儀のマナー

  • お悔やみ電報(葬儀への弔電)の送り方と宛名などのマナーについて紹介

    お悔やみ電報(葬儀への弔電)の送り方と宛名などのマナーについて紹介

    何らかの理由で葬儀に参列できない場合、お悔やみ電報(弔電)で弔意を伝えることができます。 実際にお悔やみ電報を送る際に、どこに申し込めばいいのか、どのような文を用意すればいいのかなど、詳し...

    葬儀のマナー

  • 宗派ごとの焼香の回数を詳しく解説

    宗派ごとの焼香の回数を詳しく解説

    日本国内の葬儀では、大半を占めると言われている仏式葬儀。その仏式の葬儀に参列する場合に行うことになるのが焼香です。 葬儀に参列する方の中には、普段不馴れであるがゆえに、前の人の所作を見よう...

    葬儀のマナー

  • お葬式に参列する際のマナーとは?服装や香典に数珠などの基本も紹介

    お葬式に参列する際のマナーとは?服装や香典に数珠などの基本も紹介

    お葬式には、さまざまなマナーが存在します。亡き人を偲び、遺された家族と悲しみを分かち合うという同じ目的のために、たくさんの人々が式場に集います。だからこそ、そこでは個性の表現を慎み、周りの人と同...

    葬儀のマナー

  • お葬式の流れやマナー、礼儀作法も全て解説

    お葬式の流れやマナー、礼儀作法も全て解説

    宗教が違えば葬儀の作法もそれぞれ異なってきますが、故人との最期の別れの場として、その全体的な流れは共通していると言えます。 また、日本国内で行われる葬儀で多くを占める仏式葬儀の内容に限れば...

    葬儀のマナー

  • 葬式での子供の喪服・礼服マナーについて解説

    葬式での子供の喪服・礼服マナーについて解説

    葬儀に参列しなければならなくなったとき、子育て世代を悩ませるのが子供たちの服装です。 大人のように喪服を持っていることはほとんどなく、どんな服を着せれば失礼にならないのかが分からないという...

    葬儀のマナー

  • 葬儀の案内状の書き方は?マナーや例文を解説

    葬儀の案内状の書き方は?マナーや例文を解説

    葬儀では、さまざまな案内状を送りますが、その内容はタイミングや目的によって変わってきます。 最近では、電話やファックス、メールなどのいろいろなコミュニケーションツールが利用されていますが、...

    葬儀のマナー

  • 赤ちゃんをお葬式に連れていってもいい?参列する際のマナーも紹介します

    赤ちゃんをお葬式に連れていってもいい?参列する際のマナーも紹介します

    お葬式は突然知らされるものです。赤ちゃんがいるから外出を控えているような時期に、訃報を受けることもあり得るでしょう。 本記事では、赤ちゃん連れでお葬式に参列するかどうかの判断基準、参列する...

    葬儀のマナー

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント

安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能/