葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 葬儀の祭壇にはどんな種類がある?宗教別の選び方や費用について

葬儀の知識

葬儀の祭壇にはどんな種類がある?宗教別の選び方や費用について

葬儀の祭壇にはどんな種類がある?宗教別の選び方や費用について

葬儀の際には、花などで華やかに飾られた祭壇を用意し、遺影写真や供物、さらに宗教宗派ごとに異なる宗教用具などを飾ります。

祭壇は通夜や葬儀式で供養の中心となる重要な存在です。

近年は、家族葬など葬儀の形式が多様になり、それに合わせて遺族が祭壇を選ぶことが多くなってきました。

この記事では、葬儀の祭壇の選び方や種類・費用相場に加え、遺影写真の選び方、葬儀の写真撮影などについても解説します。

葬儀の祭壇の選び方について

祭壇は、葬儀社との打ち合わせの際にカタログ等からいくつかの選択肢を提示され、遺族がその中から選ぶというのが一般的です。

あるいは、葬儀社のWebサイトに祭壇の種類や価格が記載されている場合があり、そこから選ぶこともできます。

どのような観点で選ぶといいか、ポイントを見てみましょう。

葬儀の規模と宗派で選ぶ

祭壇を選ぶ際に考慮するポイントとなるのは、主に下記です。

  • 式場の大きさ
  • 自宅葬かどうか
  • 祭壇の種類(白木祭壇、花祭壇など)
  • 祭壇の豪華さ・価格 ・宗教宗派

式場の大きさ・自宅葬かどうか

大人数での葬儀は、大きな式場で行われることがほとんどです。その場合、大きなサイズの祭壇の方が見栄えが良く、反対に小さな祭壇だと、式場の広さに対して寂しい印象になってしまいます。

家族葬などの少人数の葬儀の場合は、使用するのは小さな会場ですので、大きい祭壇だとバランスが悪い上にそもそも搬入できない可能性もあります。

このように通常は、会場のサイズに合わせた祭壇を選ぶようになります。

自宅で通夜・葬儀を執り行う場合は、場所や広さが限られていることが多いので、葬儀社と相談しながら祭壇の設置場所やサイズを決めていくようにしましょう。

祭壇の種類

祭壇は白木祭壇、花祭壇などから選ぶことができます。詳細は後述します。

祭壇の豪華さ・価格

基本的にはサイズが大きく、豪華な祭壇ほど高額です。葬儀社や祭壇の種類によって異なりますが、価格は約10万円〜100万円以上と幅広くあります。

高価な祭壇は大きく豪華に見えるものの、葬儀の規模や形式、故人の人柄に合っていないなら、ちぐはぐな印象を与えることになります。

見た目の豪華さに惑わされたり、見栄を張ったりすることなく、葬儀社と相談して適切なものを選ぶようにしましょう。

宗教宗派

仏式葬儀用の祭壇については、多くの葬儀社が対応していますが、神道やキリスト教など宗教宗派によっては対応が難しい場合があります。希望の宗旨宗派の葬儀に対応できるか、事前に葬儀社のスタッフに確認しておきましょう。

個性的な祭壇は葬儀社に相談

故人の遺志や遺族の意向に合わせて、葬儀社が提示するもの以外の祭壇を希望するという場合は、葬儀社に相談してみましょう。

こうした場合、土台となる祭壇は葬儀社が用意して、祭壇を飾る花や供物は遺族が準備するというケースもあります。

葬儀で使用する祭壇の種類と費用の目安

葬儀で使用される祭壇には、さまざまな種類があります。ここでは代表的な祭壇の種類と、費用の目安を見てみましょう。

白木祭壇

白木祭壇は、その名の通り白木で作られた祭壇で、日本の葬儀で使用される最も一般的な祭壇といえます。

一部の宗派を除いて、広く仏式の葬儀で使われています。宗派によっては供物などの配置が細かく規定されることもありますが、通常は祭壇の中央に遺影を飾り、その周辺は白い生花で飾ります。

また、祭壇の前には僧侶の読経用の経机が置かれます。価格は約10万円からあり、高価なものであれば100万円を超えます。

花祭壇

花を使って作られる祭壇です。生花を使用するのが一般的ですが、造花のものもあります。

生花の場合は故人が好きだった花や故人をイメージさせる花が使われることが多く、宗教色が薄く、宗教・宗派を問わず使用できる祭壇といえます。 生花をふんだんに使用するために、季節や花の種類によって価格はかなり変動します。一般的なサイズの祭壇で約20万円からが相場です。

一方、造花を使って作られるものは「アートフラワー祭壇」とも呼ばれます。花の加工技術が進んだおかげで、見た目では造花とわかりにくく、花が傷むことがないので、祭壇のイメージが変わることがありません。

神式祭壇
 

神式の葬儀で用いられる祭壇です。

白木で作られていることが多く、三種の神器とされる「八咫鏡(やたのかがみ)」「天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)」、「八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)」のレプリカを飾ります。

通常は、祭壇の中央に鏡を置き、五色旗に吊るした刀と勾玉をその脇に飾ります。遺影は鏡の場所より一段低い右側に置くのが一般的とされています。

価格は通常サイズのもので約30万円からが相場です。

キリスト教式祭壇

キリスト教の葬儀は教会で行われるのが一般的で、この場合は、教会の祭壇に飾り付けをすることになります。

このため、他の宗教と比較すると飾り付けは質素で、両脇に燭台とロウソク、祭壇の手前に棺、棺の奥側中央に遺影を置き、白い花を飾ります。

また、葬儀会場で行う場合には、必ず十字架を置きます。

祭壇の飾り方には、教会ごとの決まりがあるので、カトリックなら神父様、プロテスタントなら牧師様に相談して決めてください。 価格は約30万円からが相場です。

オリジナル祭壇

保管してあるものをレンタル使用する祭壇や、一定のルールに従って花で飾られる花祭壇と異なり、故人のためにオリジナルのデザインで作られる祭壇です。

価格はデザインや使用材料によって大きく異なりますが、通常サイズのもので約30万円からが相場です。

祭壇にお供えできるもの・できないもの

祭壇に供えたり、飾ったりするものについては、宗教宗派ごとに決まったものに加え、故人の好きだった食べ物などを供えることができます。 ただ、祭壇にふさわしくないものはお供えしないよう注意が必要です。 ここでは、一般的なルールを紹介しますが、もし、供えていいかわからないという場合は、葬儀社や菩提寺、地域の方などに相談することをおすすめします。

仏教の祭壇

仏教のお供えは、香、花、灯明、水、飲食の「五供(ごくう)」が基本です。

祭壇へのお供えも線香、生花、ロウソクのほか、果物、干菓子、お茶、缶詰といった飲食物を用意します。

ただし、肉や魚など「殺生」をイメージさせる飲食物や、バラなど棘がある花、色が派手な花や香り強すぎる花は、お供えには向きません。

また、飲食物については、日持ちするものを選ぶのが良いとされていますが、最近は多少日持ちが悪くても故人の好物をお供えすることもあります。

神式祭壇

白木で作られた案(あん)と呼ばれる台の上に三方を置いて、その上に神饌(しんせん)、幣帛(へいはく、みてぐら)をお供えします。

神饌とは神に捧げる飲食物のことで、洗ったお米、御神酒、餅、魚介、海藻、野菜、菓子や果物、塩、水などです。

神饌の供え方には順番があり、祭壇の中央や高い場所など神様に近い場所から、上記の順に並べます。

一方、幣帛は神饌以外の神への捧げものことで、古くには衣服、紙、農耕具などを供えていました。近年では、絹や木綿、麻でできた、くすんだ赤地の織物を用いるのが一般的です。

神道では生花を飾る習慣がないので、花を飾るのは避けてください。また、仏式のように線香を使うこともありません。

キリスト教式祭壇

キリスト教では、祭壇にお供えをするという考え方そのものがありませんが、近年では、葬儀の際には生花を飾ることが多くなっています。

ただし、使えるのは白い花のみ。花輪はマナー違反で、花束や籠に盛ったアレンジメントを用いるのが一般的です。

祭壇に飾る遺影写真の選び方は?

祭壇に飾る遺影写真は、どのように選べばいいのでしょうか。

どんな写真を選べば良い?

かつて遺影写真といえば、和服などのフォーマルな装いを着用して、真顔で写っているものとされていました。 しかし最近では、自然な表情の写真やカジュアルな装いの写真が多くなってきました。

遺影写真は、葬儀後も仏壇に飾ったり、法事の際に使用したりするので、故人の人柄が感じられ、遺族が愛着を持って接することができるものが良いでしょう。

遺影写真は、スナップ写真や証明写真のほか、他の人と撮った写真から遺影写真を作ることもできます。大きく引き伸ばした時にぼやけないように、ピントが合っている写真を選ぶようにしましょう。

遺影写真について詳しくは下記記事で解説しております。

関連記事

遺影写真の用意の仕方とは?遺影素材の選び方や写真サイズなども紹介します

遺影写真の用意の仕方とは?遺影素材の選び方や写真サイズなども紹介します

葬儀の際に祭壇に飾る遺影写真は、無地の背景にスーツや着物を着て正面を向いたものが一般的でした。しかし近年では「故人らしさ」が出ている写真を遺影に選ぶなど、従来のしきたりに必ずしも縛られなくなって...

続きを読む

いつごろ撮った写真がいい?

遺影写真には、できるだけ最近撮られた写真を選ぶのが基本です。故人がなくなった年齢まで、寿命をまっとうしたという証しになります。

ただし、長く入院していたなどの理由で、最近撮った写真がないという場合は、病気をする前の写真や少し若いころの写真を使っても良いでしょう。

また、手持ちの写真に適当なものがない場合は、故人が親しくしていた友人などに聞いてみるのも、良い表情の写真を用意するひとつの方法です。

葬儀の祭壇は写真を撮影してもいい?

近年はスマートフォンが普及して、さまざまな場面で誰もが手軽に写真を撮るようになりました。 では、葬儀の際に祭壇などを写真に撮っても、良いのでしょうか?

基本的には、遺族の許可なく葬儀の様子を写真に撮るのはマナー違反です。

たとえ親族や故人と親しかった参列者が、葬儀の様子や故人の顔を写真に残しておきたいと思っても、勝手に撮影することは避けましょう。

一方、遺族の意向によって、葬儀の写真撮影が行われることもあります。この場合、通常は遺族から依頼されたプロのカメラマンや親族の代表が撮るのが一般的です。

それ以外の人は、必ず遺族、葬儀社のスタッフや僧侶に確認してください。

撮影が許可された場合も、喪主の挨拶中や参列者の弔辞の際などに、写真を撮るのは大変失礼な行為です。SNSなどに投稿するのも、言うまでもなく厳禁です。

祭壇前での集合写真について

葬儀の際に、祭壇の前で集合写真を撮るという風習は昔からあります。一部の地域では、葬儀後や出棺の前に、故人の遺影を中央にして、祭壇を背にして撮影されます。

葬儀では、普段はなかなか会う機会がない親戚が一堂に会するため、集合写真を撮るのだそうです。

通常、こうした写真は葬儀社に依頼すると思われがちですが、親戚のなかから撮影者を選んでも問題はありません。

まとめ

祭壇は通夜や葬儀の際に、遺影や供物を乗せる壇(だん)のことです。故人の棺のそばに設置されて供養の中心となります。

さまざまなサイズ、種類がありますが、葬儀会場の規模や、宗教宗派、予算、さらに故人の遺志や遺族の意向に合わせて選びましょう。

価格は最も一般的な白木祭壇で、約10万円〜100万円以上、近年人気の花祭壇なら通常サイズで約20万円からが相場です。

どんな供物をどのように飾るのかは、宗教宗派によって異なるので、葬儀社のスタッフや菩提寺の僧侶に確認すると良いでしょう。

葬儀の費用を抑えるためのポイント

葬儀にかかる費用や葬儀内容の良し悪しは、どの葬儀社に依頼するかによって大きく異なります。複数の葬儀社から見積もりを取って内容を比較することで、費用面の負担が少ない、信頼できるベストな葬儀社を見つけることができます。複数社に自分で連絡するのは大変ですが、今は一括見積サービスがありますので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
\ 最安11万円から葬儀社をご紹介いたします /
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応