葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 宗教・宗派別葬儀
  3. 無宗教の葬儀はどのように行えばいい?やり方からマナーまで

宗教・宗派別葬儀

無宗教の葬儀はどのように行えばいい?やり方からマナーまで

無宗教の葬儀はどのように行えばいい?やり方からマナーまで

故人の人柄にふさわしい葬儀にしたい、自由な形式で葬儀がしたいと考えるとき、最近は無宗教の葬儀を検討する人は少なくありません。

宗教やしきたりにとらわれずに葬儀を行うことができ、個性的な葬儀を営むことも可能です。

しかし、決まりごとがないだけに、どのような内容にすればいいのか、費用はどれくらいかかるのかなど、不安に思うことが多いのも現実です。

この記事では無宗教の葬儀を検討している方のために、知っておきたいこと、注意したいことなどをまとめました。

無宗教の葬儀

無宗教の葬儀とは

無宗教の葬儀とは、特定の宗教・宗派の教えに基づかず、自由な形式や作法で行われる葬儀のことです。

ただし、無宗教の葬儀だからといって、喪主や家族、親族が無宗教だとは限りません。

日本には、キリスト教徒やイスラム教徒の多い国や地域のように、日常的に信仰を意識している人がそれほど多いわけではないからです。

信仰意識が高い国や地域では、毎週末に教会に出かけたり、一日に何度も祈りを捧げたりするのが日常的な光景ですが、日本では信仰のために日常的に何かを行う機会は少ないでしょう。

それでも、正月やお盆といった行事などの際は、寺院や神社にお参りします。また、葬儀や法要は家の宗教・宗派に従って形式で行われることが多く、実際には無宗教の人はほとんどいません。

神仏の存在をまったく否定しているという人は、実際にはそれほど多くはないのです。

このため、無宗教の葬儀は無宗教主義の人のための葬儀というよりも、宗教的に中立的な立場で行う葬儀といった方が、現在行われている無宗教の葬儀の実情に近いといえます。

無宗教のお葬式の特徴

宗教的な束縛や規律がない無宗教の葬儀は「自由葬」と呼ばれることもあります。

通常の葬儀は、宗教関係者による読経や説教など、これまで綿々と伝え継がれてきた宗教的な儀式を軸にして構成されています。

故人を送るために、さまざまな宗教儀礼が順序立てて行えるように、葬儀の式次第が作られています。

これに対して無宗教の葬儀は、宗教関係者を招くことがなく、読経や説教もありません。宗教的な手順を踏む必要がないので、故人が好きだった音楽を奏でる、献花を行うなど、自由な構成が可能です。

プログラムの構成やそれぞれにかける時間も、自由に設定することができるため、故人や遺族の意志に完全に沿った葬儀が行えます。

ただし、ここで注意したいのは、自由であるがゆえに難しい一面もあるという点です。

無宗教の葬儀は、故人や遺族の意志により自由な式次第が選択できる一方で、基本的なプログラムや一般的な進行マニュアルもありません。

制約がまったくないだけに、何をすればいいのかわからなかったり、どんな構成にしようか迷ってしまったりすることも考えられます。

遺族が葬儀の意向をしっかりと持ち、無宗教の葬儀のことをよく知っている業者に依頼しなければ、満足できる葬儀が行えないおそれもあります。

式を円滑に進めるためには、故人の遺志や遺族の思いを受け止め、それを心に残るセレモニーとして形にするノウハウが必要なのです。

無宗教の葬儀の司会

無宗教の葬儀を行う場合、自宅を会場とするのなら、手作り感覚の葬儀にするのも一つの方法です。

しかし、会場を借り、参列者を招いて無宗教の葬儀を行う場合には、きちんとした式次第を用意するとともに、式をスムーズに信仰させる司会者の役割が重要です。

とりわけ無宗教の葬儀は、参列者にとっても初めてというケースが多いのが現状です。

通常の仏式の葬儀なら、式がどう進行するのか、経験上ある程度はわかります。慣れている人になると、焼香のマナーなども心得ていて、進行が滞るという心配はありません。

しかし、これまでにない形式で営まれる無宗教の葬儀の場合、適切なタイミングで司会者の誘導がないと戸惑う人が現れ、式が円滑に進行できません。参列者に不便や迷惑をかけることも考えられます。

また、知人などに司会進行を依頼しても、会場の様子などを確認しながら、適切なタイミングで案内をするのは至難の技です。

こうしたことを考えると、無宗教の葬儀を行う場合には、次のような方に司会を依頼することをお勧めします。

葬儀社スタッフに依頼する

司会者の依頼は、葬儀を任せる葬儀社に相談するという方法が、間違いがなく、安心して任せられます。

プロの司会、ナレーションを依頼する

自由な葬儀の形式にも柔軟に対応できるプロの司会者に依頼する方法もあります。 また、できることなら無宗教の葬儀司会の経験豊富な司会者に依頼されることをおすすめします。

司会を専業とする人のホームページなどをチェックするのもよいでしょう。

宗教者(僧侶)に司会を依頼することも出来る

実は、宗教者(僧侶)に司会を依頼することも出来ます。宗教関係に親しい人がいるなら、一度打診してみてもよいでしょう。

儀式の司会に慣れている人が多く、故人のことをよく知っている人なら心のこもった司会が可能です。

ただし、宗教上の立場から無宗教の葬儀の司会は難しいこともあるので、決して無理なお願いにならないように注意してください。

無宗教の葬儀の流れ

無宗教の葬儀は「自由葬」ともいわれるように、決まった式次第や進行手順はありません。それが無宗教の葬儀の個性ともいえます。

しかし、従来の葬儀の流れは、長い年月をかけて洗練され、固定化したもので、故人を送る葬儀や告別式の目的によく合っています。

また、いくら自由にやりたいと思っても、従来の流れをまったく無視して、完全オリジナルに進行することは案外難しいのが現状です。場合によっては、式がスムーズに進行できず、参列者の混乱を招くおそれがあるでしょう。

このため、実際の無宗教の葬儀の式次第は、従来の葬儀の式次第をベースにして作るのが一般的です。大きな流れは伝統的な式次第に沿いながら、そこに無宗教の葬儀らしい進行を盛り込んだり、宗教色を廃したりするのです。

ここでは、従来の基本的な葬儀の流れを活かした無宗教の葬儀の流れをご紹介します。

1.参列者入場

葬儀に参列する人が会場に入場します。会場の入り口で、着席位置などの案内を行うことでスムーズに席につくことができ、時間通りに葬儀がスタートできます。

2.開式の辞

司会者によって開式が宣言されます。無宗教の葬儀の場合は、無宗教という方式を選んだ思いなどを、開式のメッセージとして司会者に読み上げてもらってもよいでしょう。

3.黙祷

通常の葬儀では僧侶など宗教関係者が入場(入堂)して読経が始まりますが、無宗教の葬儀では、読経の代わりに参列者が黙祷を捧げることがあります。

4.献奏

故人や遺族が音楽好きの場合、このタイミングで故人の好きだった曲や思い出の曲をかけたり、オーケストラやバンドによる生演奏を行ったりすることもあります。なお、献奏の順番はスライド、ビデオの上映時というパターンもあります。

5.故人の紹介

故人の経歴が司会者によって紹介されます。エンディングノートなど資料が準備されていた場合には、故人から遺族や友人にあてたメッセージが紹介されることもあります。

また、故人の紹介に合わせて思い出の曲をかけたり、生演奏が行われたりすることもあるようです。

6.スライド、ビデオ上映

故人との思い出がしのばれるスライドやビデオが上映されます。故人の紹介と一緒に上映されるケースもあるようです。

7.別れの言葉

通常の葬儀では弔辞にあたるものです。参列者が故人との思い出や故人への思いを託したメッセージを読み上げます。

8.献花

通常の葬儀では焼香のタイミングですが、無宗教の葬儀では故人に花を捧げる献花を行うことが多いようです。

もちろん、焼香を行っても構いませんが、宗教的な意味合いを持たせることなく、あくまで故人を送るために行いましょう。

9.閉式の言葉

喪主が参列者にお礼を述べます。

10.出棺

葬儀が済むとお棺が会場から出され、火葬場へと向かいます。

11.会食

参列者に感謝の思いを伝え、遺族や葬儀の準備を手伝ってくださった方の労をねぎらうために、会食の場が持たれることもあります。

無宗教の葬儀の作法

無宗教の葬儀には宗教的なしきたりや儀礼はありません。しかし、故人の死去を悼み、弔うという気持ちは葬儀式のスタイルによって変わるものではないでしょう。

献花の作法

無宗教の葬儀では宗教的な意味合いが強い焼香を行わないケースが多く、焼香の代わりに献花として花を捧げます。献花をする際は、基本的には儀礼に従う必要はありませんが、一般的な作法をご紹介します。

  1. 遺族に一礼して、スタッフから花を受け取る。
  2. 花を右手側、茎を左手側に持つ。
  3. 故人の遺影に一礼する。
  4. 花の根元が祭壇側に向くように、献花台に置く。
  5. 故人の遺影に再度一礼して、黙祷する。
  6. 遺族に一礼して席に戻る。

一方、式次第の中に焼香が盛り込まれ、宗教的な儀礼に則らない形式的な方法で線香を捧げることもあります。こうした場合も、特に決まりはありません。

自分の番が来たら一礼して焼香台に進み、通常の葬儀の場合と同じように焼香を行ってください。額に押し頂くかどうか、合掌するかどうかはこだわらなくてよいでしょう。

また、無宗教の葬儀なので数珠は使わないほうが、葬儀の主旨に合っています。とはいえ、使ってはいけないというわけではありません。

香典の作法

喪家が辞退の意志を示していない限り、無宗教の葬儀にも香典は必要です。通常の葬儀と同様に、不祝儀袋や白い封筒に入れて持参してください。

表書きは通常の宗教と同じ「御霊前」「御香典」や「御花料」が一般的です。金額も一般の葬儀と差はなく、年齢や社会的な立場、故人や遺族との関係の深さによって決まります。

近隣の人が亡くなった場合は、約5千円〜1万円が相場です。仕事関係の場合、20代なら約1万円、30代なら約1〜3万円を目安にするとよいでしょう。

持ち物や服装の作法

持ち物や服装についても、無宗教の葬儀だからといって特に決まりがあるわけではありませんが、葬儀の場に合ったものをお勧めします。

男性の服装は、遺族や親族の場合はモーニングまたはブラックスーツ、一般の参列者はブラックスーツに白いワイシャツ、黒いネクタイ、黒の革靴と靴下を着用します。

女性の服装は、遺族や親族の場合は、黒のワンピースやアンサンブル、スーツ、一般の参列者は黒のワンピースやスーツなどを着用します。光るアクセサリーは外しておきましょう。

「平服でお越しください」という案内がある場合、男性は黒、紺、ダークグレーのスーツを着用しても問題ありません。女性は控え目な色のワンピースやスーツなど地味な洋服を着用するのが礼儀です。

無宗教の葬式の費用

無宗教の葬儀は「自由葬」とも呼ばれるほど、葬儀の内容や規模がさまざまです。このため、平均的な葬儀費用を算出するのが難しく、相場も基本的には存在しません。

しかし、無宗教の葬儀を検討している人のために、参考までに一般的な費用を見てみましょう。

無宗教の葬儀では、寺院へのお布施など宗教関係への支出がないので、大がかりな演出などを行わず、少人数の参列者で式を営めば約40〜50万円で済ませることも可能です。

式場のレンタル料やスタッフの人件費、飲食にかかる費用や香典返しの購入費用などは、一般的な葬儀と違いはありません。 会場が大きくなり、参列者が多くなると、当然費用も高額になります。場合によっては100万円を超えることも珍しくないので、無宗教の葬儀だからといって費用を抑えられると考えるのは間違いです。

もっとも、葬儀にかかるさまざまな支出のうち、寺院など宗教関係者への支払いは大きなウェイトを占めています。それだけに、工夫次第で葬儀費用を抑えることも可能と考えてよいでしょう。

無宗教の葬儀のメリット・デメリット

無宗教の葬儀にはどのような利点があるのか、どういった点に注意すればよいのか、見てみることにしましょう。

無宗教の葬儀のメリット

無宗教の葬儀の最大のメリットは、宗教的なしきたりに縛られることなく、故人や遺族の意志で葬儀の内容を自由に決められることです。

エンディングノートなどにあらかじめ葬儀についての希望を記しておけば、故人の遺志にそった葬儀を行うことも可能となります。

また、一般的な葬儀費用の少なくない割合を占める宗教関係への支払いが必要ないことも無宗教の葬儀の利点です。

同じ規模の葬儀を行っても、無宗教の葬儀なら通常の仏式の葬儀よりも大分安く費用を抑えることができるでしょう。

費用が割安になるのは、葬儀だけではありません。通常の仏式葬儀を行うと、葬儀の後には、初七日から始まって四十九日、一周忌、三回忌、七回忌と定期的に法要を行います。

また、命日や春と秋の彼岸、お盆に僧侶が読経を行うこともあるでしょう。しかし、無宗教の葬儀を行うと、こうした行事や節目の法要にかかる費用のうち、寺院への支払い費用を抑えることができます。

一つずつ見れば葬儀のように大きな節約にはなりませんが、何年もの期間にわたって積み重なると相当な金額になるはずです。

無宗教の葬儀のデメリット

無宗教の葬儀を行う場合、親族や周囲の同意を得るのが難しいことがあります。宗教に帰依している人や高齢者の中には、戒名がなく、僧侶の読経もない葬儀に、不安を覚える人がいるかもしれません。

また、参列者にとっても慣れない無宗教の葬儀への出席に、戸惑いを感じる人がいると考えられます。

こうした不安や戸惑いをできる限り少なくするためには、事前に親族間でしっかりとした話し合いを行うとよいでしょう

さらに葬儀の際にも、無宗教で葬儀を行う思いなどを、丁寧に参列者に伝えるとともに、作法に迷ったりしないように司会者などによる適切なアドバイスが必要です。

他にも、菩提寺がある方が相談せずに無宗教の葬儀を行った場合、菩提寺のお墓への納骨を断られてしまう可能性もあります。

さらに、宗教の教えに従った法要も行わず、家庭に仏壇を置くこともないので、故人を供養するという点で物足りなさや、心の拠り所がないという気持ちを抱いてしまう可能性があります。

こうした事態を防ぐためには、命日に故人を偲ぶ会を開いたり、自宅に供養のためのスペースを設けることを、検討してみてください。

最後に

無宗教の葬儀は、故人や遺族の希望に沿った葬儀を実現できる新しい葬儀の形です。戒名や読経に対する支払いがなく、費用の面でも営みやすいスタイルといえます。

しかし、まだあまり前例がないだけに、葬儀のプランニングや実施が難しいのが現状です。また、周囲の反対を受けたり、誤解を招くおそれもあります。

無宗教の葬儀を希望する場合は、家族や親族で葬儀についての考えを話し合うとともに、無宗教の葬儀に理解があり、実績を持った業者をしっかりと見定めましょう。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応