葬儀のご依頼/ご相談
一括見積なら | 安心葬儀
葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
通話
無料
0120-99-1835
利用規約に同意の上お電話ください。
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀のマナー
  3. 供物とは?適した選び方とマナーを解説

葬儀のマナー

供物とは?適した選び方とマナーを解説

供物とは?適した選び方とマナーを解説

供物は「くもつ」と読み、神仏に供える物を指します。

仏教の場合、食品や線香が挙げられますが、適切な供物を贈って、故人や遺族へ弔意を示したいと感じる方も多いでしょう。

今回の記事では、供物の選び方、相場、手配方法、供物を送る際の注意点を紹介します。

供物を贈る上での適切なマナーが知りたい方は参考にしてください。

供物とは

まず最初に供物について説明していきます。

供物とは

供物とは仏様や神様に供える物で、葬儀においては、故人への弔意や供養のためのお供えの品物でもあります。

葬儀では祭壇の脇に供えておくのが一般的です。

遺族・親族が用意する他に、葬儀に駆け付けることができない人が贈るケースもあります。

供花とは

供花(きょうか)とは故人に向けて贈るお供えのお花です。

死者の霊を慰め哀悼の意を表する意味合いと、祭壇や会場を飾る役割があります。また、生花である場合は、出棺の前に花を摘み取り、棺の中に手向けることもあります。

故人と近い親族や深い親交のあった人、勤務先の関係者など、故人と直接の関わりがある人が贈るお花でもあります。

夫婦やきょうだいなどでの二人以上の連名や、「親戚一同」「孫一同」と複数人でまとめて出すケースもあります。

仏教のお供え五空とは

仏教では基本となる5種類の供物があり、「五空」と呼ばれます。

五空とは、「香」「花」「灯明」「水」「飲食」になります。

「香」は仏様が召し上がるとされるお線香・抹香の香り、「花」は供花、「灯明」はろうそくの灯り、「水」はきれいな水やお茶(浄土真宗ではお供えしない)、「飲食」は私たちが食べている食事を意味します。

「五空」は仏様への基本的なお供え物であり、法要や仏壇のお供えにも使われています。

供物の相場とは

ここでは、供物の相場について説明します。

通夜・葬儀・告別式の供物

通夜・葬儀・告別式の供物の相場を紹介します。

これらの場面での供物の相場は5000円〜1万5000円程度供花は1万円〜3万円程度と言われています。

あまりにも高額な供物はかえって遺族に気を遣わせるだけでなく、他の供物や飾りから浮いてしまうこともあるので控えましょう。

また供物の相場は、故人との関係性により変動します。関係性による違いについては、次で解説していきます。

故人との関係性

葬儀における供物や供花の相場は、故人との関係性により代わってきます。一般的に、血縁が濃いなど、故人との関係が近い人ほど高額になります。

知人友人の立場で供物や供花を贈る場合は、遺族親族よりも高額なものは避けるようにしましょう

分からない点があれば葬儀社に問い合わせ、他の人の供物とバランスをとるのもお勧めです。

故人との関係性の目安相場を意識した上で、供物や供花を選んでみてはいかがでしょうか。

供物の選び方とは

ここでは、供物の選び方について説明します。

仏教の場合

仏教の場合、五空に沿って考えると選びやすくなります。

「香」「花」「灯明」「水」「飲食」の基本のお供え物を渡すとよいでしょう。

例として「果物」「日持ちするお菓子」「缶詰」「故人が好んだ物」「線香やろうそく・お香」などが挙げられます。

神式の場合

神式の場合、法要では焼香がありません。

そのため「線香やろうそく・お香」以外のお供え物を渡してください。

例としては「果物」「日持ちするお菓子」「五穀」「お酒」が挙げられます。

また、「海産物」を供物に選ぶことができるのが神式の特徴です。

しかし、祭壇に飾るものなので、基本的には常温で日持ちする品物を選ぶようにしましょう。

関連記事

神道の葬儀の流れとは?神道の葬儀に参列する際のマナーも紹介します

神道の葬儀の流れとは?神道の葬儀に参列する際のマナーも紹介します

神道の葬儀の流れとは?神道の葬儀に参列する際のマナーも紹介 神道は古代から信仰されている日本独自の宗教です。さまざまな宗教がありますが、神道で葬儀を行う方もいるでしょう。大切な方を亡くして...

続きを読む

キリスト教の場合

キリスト教式の場合、供物をお供えするという習慣はなく、その代わりに生花を贈ることが一般的です。

教会の考えにより生花を受け付けていないこともあるので、事前に葬儀社に確認するとよいでしょう。

例としては「生花」「百合」「胡蝶蘭」「カーネーション」「白やピンクの花」が挙げられます。

故人の好きな花を思い出して選ぶのもよいでしょう。

注意点として、バラなどのトゲのある花や目立つ色の花は避けられる傾向があります。

日本の葬式でなじみがある菊の花も、キリスト教においては一般的ではありません。

関連記事

キリスト教の葬儀の流れとは?キリスト教の葬儀マナーも紹介

キリスト教の葬儀の流れとは?キリスト教の葬儀マナーも紹介

宗教の信者数は、神道系が約8790万人(48.5%)仏教系が約8390万人(46.4%)キリスト教系が約191万人(1.1%)となっています(文化庁『宗教年鑑』令和3年版)。 日本ではキリ...

続きを読む

供物の手配方法とは

ここでは、供物の手配方法について説明します。

故人や遺族に失礼に当たらないように、正しい贈り方を心得ておきましょう。

供物を届ける期限

供物を届ける期限は、通夜・葬儀の場合は当日の午前中まで告別式の場合は前日までとなります。

式が始まる直前に届くと、遺族が慌ただしく対応することになってしまいます。なるべく期限に余裕を持つようにして、供物の手配を行いましょう。

供物の手配をする

供物の手配は、担当の葬儀社に依頼します。

遺族・親戚が同じ葬儀社に頼むことで統一感がある供物の手配が行えます。

親族間の場合、代表者を選んで対応するとスムーズです。

親族から「まとめての手配」の申し出があるなら、お言葉に甘えてお願いするのがよいでしょう。

仏教式、神式の供物の手配は、直接会場へ送るのが一般的ですが、キリスト教式の場合、遺族の自宅に送る必要があります。

相手方の宗教に配慮した供物の手配を行うことが大切です。不明点や不安があれば葬儀社に問い合わせて確認するとよいでしょう。

供物の支払いは、参列当日に直接支払うだけでなく、事前または後日の振込みによる支払いや、遺族や親族が取りまとめるケースもあります。金額や期日をしっかり押さえて遅滞なく支払うようにしましょう。

持参する場合

供物を持参するなら掛け紙を付ける必要があります。

「のし紙」と呼ぶ方もいますが、不祝儀の場合は「掛け紙」です。

蓮の花が描かれている掛け紙は、仏式の葬儀や法要などでの供物に使用します。蓮の花がなく、水引のみの掛け紙であれば仏式に限らず神式やキリスト教式でも使用できます。

表書きには「御霊前」や「御供」、「御供物」と書きます。

氏名を書く際には、名前の間違いがないように気を付けてください。

水引は、黒白の水引を使うのが一般的ですが、地域性や贈るタイミングにより黄白や双銀が使われることもあります。

不幸が一度きりで繰り返さないという意味が込められている「結び切り」を使います。

供物を持参する際、あれば地味色の風呂敷で包むか、購入した店の紙袋などに入れて持ち運びます。

派手な色の風呂敷で包むと遺族に対して失礼に当たるので気を付けましょう。

供物を包むのは、持っていく途中で掛け紙が破れてしまうことを防ぐ目的があります。

供物を贈る際の注意点とは

ここでは、供物を贈る際の注意点を説明していきます。

しっかりマナーを守っていきましょう。

選び方の注意点

供物の選び方にはいくつかの注意点があります。

仏式の場合、殺生を連想させる肉や海産物は避けるようにします。

また仏式に限らず、常温で日持ちするものを選ぶようにしましょう。

宗派による供物の違いにも注意が必要です。

焼香や線香は仏式で用いるものなので、神式やキリスト教式では供物に選ぶことのないように気を付けましょう。

キリスト教式では供物の習慣がなく生花を贈りますが、教会や斎場に生花を飾ることに対して制限がある場合があります。

その他、匂いの強い食べ物、香りの強い花、トゲのある花は、供物として好まれないため避けましょう。

これらの点に注意して供物を選んでいきましょう。

遺族への配慮

供物を贈る際、遺族への配慮も忘れてはなりません。

押さえておきたいポイントは五つです。

一つ目は、供物を贈る場合には葬儀社へ問合せをすることです。

祭壇の飾りの統一感を出すために、遺族と打ち合わせた上で供物や供花を受け付けている場合があるためです。また葬儀社の多くは供物や供花の注文を直接受け付けているため、会場に届くのが遅れる心配もありません。もし遺族が供物を辞退している場合でも、注文する前に知ることができます。

宗教の違いで供物の内容も変わるので、トラブルを避けるためにも直接問い合わせておくと安心でしょう。

二つ目は、供物を辞退されている場合は贈らないことです。

遠慮と受け取って構わずに贈ってしまうと、一律に断っている遺族としては気まずい思いをすることになるなど、ありがた迷惑になる場合があります。

金額的に値が張る品物ほど、かえって気を遣わせやすいです。

三つ目は、遺族に質問や相談をするための電話は、どうしても必要な場合のみになるようになるべく控えることです。

遺族は、葬儀の打ち合わせなどで忙しいことが予想されます。

供物の受け付けなどに関してはできるだけ訃報の際に確認するようにし、その上で分からないことは、担当の葬儀社に聞くようにしましょう

四つ目は、供物に関わらず香典を準備することです。

供物を辞退されても香典は少額でも用意する必要があります。

しかし、遺族が香典も辞退していると事前に明確に分かっている場合は用意しなくても構いません。はっきりしない場合は基本的に持参するようにしましょう。

五つ目は、供物のおすそ分けは感謝して受け取ることです。

仏様や神様にお供えしたあとの供物を「お下がり」と呼び、それをいただくことがよいとされる考え方もあり、勧められたら受け取るのがマナーです。

おすそ分けを提案されたらご厚意に甘えていきましょう。

関連記事

香典辞退のマナーと対応方法を喪主・参列者それぞれの視点で解説

香典辞退のマナーと対応方法を喪主・参列者それぞれの視点で解説

葬儀では、お香典のやりとりが当たり前のように行われます。家族が亡くなり葬儀を執り行う立場になったとき、喪主は参列者が持参する御香典をいただきます。また、知り合いが亡くなり葬儀に参列する立場になっ...

続きを読む

【まとめ】

供物は、故人に向けて贈るお供え物です。相場や選び方、マナーを押さえた上で適切な供物を選ぶことが大切になります。

故人が好んだ物でも供物にはふさわしくない場合があります。

肉や海産物、香りの強い花やトゲのある花は避ける傾向にあります。

相手の宗教を配慮した上で、目安の相場に収まる品物を選んでいきましょう。

供物の辞退をされている場合、遠慮と思わず、言葉のまま受け取ってください。

ただし、香典は基本的に用意するものと考えましょう。

供物は贈る上での注意点を押さえた上で、適切な品物を選ぶことをお勧めします。

分からないことがあったら、担当の葬儀社に相談しましょう。

葬儀の費用を抑えるためのポイント

「葬儀にかかる費用」「納得の行く葬儀ができるか」は、どの葬儀社に依頼するかで大きく異なることがあります。

そのとき大事なのは、複数社に見積もり依頼して内容を「比較検討」することです。

「葬儀の費用は高額だと聞いたことがあるので、なるべく費用を抑えたい..」

「相見積もりを取りたいけど、自分で直接複数の葬儀社に問い合わせるのは面倒..」

「初めて葬儀の喪主を務めることになったが、どの葬儀社に依頼したらいいのか分からない..」

そのような方には当サイト「安心葬儀」で、簡単に無料で比較見積もりが可能ですので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら

関連記事

安心葬儀とは?相見積もりを利用するメリット、利用の流れについて

安心葬儀とは?相見積もりを利用するメリット、利用の流れについて

葬儀を依頼する葬儀社の決定は、逝去後数時間以内が大半と言われております。 時間が無い中で決定する必要があるにも関わらず、葬儀には十数万円〜数百万円のまとまった費用がかかる上、葬儀の品質は葬...

続きを読む

安心葬儀 ご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    安心葬儀お客様センター0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。24時間365日対応・通話無料です。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社をご紹介いたします(最大3社)。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください


安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能。ギフト券最大1万円分プレゼント /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。


安心葬儀おすすめプラン

安心葬儀が全国7000社から厳選した葬儀社のおすすめプランをご紹介します。お近くの式場でご予算に沿う葬儀ができるようご相談承りますのでお気軽にお問合せください。


安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能。ギフト券最大1万円分プレゼント /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応利用規約に同意の上お電話ください。


関連する記事

  • 喪主の挨拶では何を話す?マナーや例文を紹介

    喪主の挨拶では何を話す?マナーや例文を紹介

    喪主は葬儀の主催者であり、遺族の代表者です。ほとんどの場合、故人との関係性が深い人が務めます。そのような立場から、葬儀のさまざまな場面で故人に代わって、あるいは遺族を代表して挨拶することが求めら...

    葬儀のマナー

  • 葬式での食事はいつ行う?マナーやメニューについても解説

    葬式での食事はいつ行う?マナーやメニューについても解説

    葬式の食事は伝統やしきたりにのっとったものなので、それぞれに意味やルール、マナーがあります。参列者をもてなす喪家は、こうしたことを理解した上で、食事を振舞うことが求められます。 この記事で...

    葬儀のマナー

  • 追悼するとは?その意味とマナーを解説

    追悼するとは?その意味とマナーを解説

    追悼とは、誰かの死を悼み、悲しみを表明することを言います。 身近で亡くなった方がいるなら、追悼のマナーを守り、故人を偲びたいと感じるものです。 今回の記事では、追悼とはどういう意味か...

    葬儀のマナー

  • お悔やみ電報(葬儀への弔電)の送り方と宛名などのマナーについて紹介

    お悔やみ電報(葬儀への弔電)の送り方と宛名などのマナーについて紹介

    何らかの理由で葬儀に参列できない場合、お悔やみ電報(弔電)で弔意を伝えることができます。 実際にお悔やみ電報を送る際に、どこに申し込めばいいのか、どのような文を用意すればいいのかなど、詳し...

    葬儀のマナー

  • 宗派ごとの焼香の回数を詳しく解説

    宗派ごとの焼香の回数を詳しく解説

    日本国内の葬儀では、大半を占めると言われている仏式葬儀。その仏式の葬儀に参列する場合に行うことになるのが焼香です。 葬儀に参列する方の中には、普段不馴れであるがゆえに、前の人の所作を見よう...

    葬儀のマナー

  • お葬式に参列する際のマナーとは?服装や香典に数珠などの基本も紹介

    お葬式に参列する際のマナーとは?服装や香典に数珠などの基本も紹介

    お葬式には、さまざまなマナーが存在します。亡き人を偲び、遺された家族と悲しみを分かち合うという同じ目的のために、たくさんの人々が式場に集います。だからこそ、そこでは個性の表現を慎み、周りの人と同...

    葬儀のマナー

  • お葬式の流れやマナー、礼儀作法も全て解説

    お葬式の流れやマナー、礼儀作法も全て解説

    宗教が違えば葬儀の作法もそれぞれ異なってきますが、故人との最期の別れの場として、その全体的な流れは共通していると言えます。 また、日本国内で行われる葬儀で多くを占める仏式葬儀の内容に限れば...

    葬儀のマナー

  • 葬式での子供の喪服・礼服マナーについて解説

    葬式での子供の喪服・礼服マナーについて解説

    葬儀に参列しなければならなくなったとき、子育て世代を悩ませるのが子供たちの服装です。 大人のように喪服を持っていることはほとんどなく、どんな服を着せれば失礼にならないのかが分からないという...

    葬儀のマナー

  • 葬儀の案内状の書き方は?マナーや例文を解説

    葬儀の案内状の書き方は?マナーや例文を解説

    葬儀では、さまざまな案内状を送りますが、その内容はタイミングや目的によって変わってきます。 最近では、電話やファックス、メールなどのいろいろなコミュニケーションツールが利用されていますが、...

    葬儀のマナー

  • 赤ちゃんをお葬式に連れていってもいい?参列する際のマナーも紹介します

    赤ちゃんをお葬式に連れていってもいい?参列する際のマナーも紹介します

    お葬式は突然知らされるものです。赤ちゃんがいるから外出を控えているような時期に、訃報を受けることもあり得るでしょう。 本記事では、赤ちゃん連れでお葬式に参列するかどうかの判断基準、参列する...

    葬儀のマナー

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント

安心葬儀は最安9.8万円から葬儀社をご提案可能/