葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 初七日はいつ行うべき?法要の準備や流れも紹介します

葬儀の知識

初七日はいつ行うべき?法要の準備や流れも紹介します

初七日はいつ行うべき?法要の準備や流れも紹介します

「初七日」は、亡くなってから7日目の法要のことです。しかし、7日目に催すことは少なく、名前と現実に食い違いがあります。

また、実際にどんなことをするのか、費用がどれくらいかかるのか、知っている人はそれほど多くないでしょう。

この記事では、近親者を失くした方が初七日法要を営むために必要な知識や情報をご紹介します。間違いのない初七日法要のために、ぜひご活用ください。

初七日とは

「初七日」は、故人が亡くなった日から数えて7日目に営む法要のことです。ただし、関西地方のように、亡くなった前日を1日目と考えて、臨終後6日目に初七日法要を営む地域もあります。

これは、関西地方には「お逮夜(おたいや)」と呼ばれる風習があることによるといわれています。お逮夜とは儀式の前夜を意味し、かつては前夜と当日の両方に供養を行われていました。

このため、初七日法要についても、初七日の前夜に当たる6日目に法要を営むというわけです。もっとも近年は前夜と当日の両方に供養を行うことは少なくなり、どちらか一方を営むほうが一般的です。

7日目に法要を行うのは、仏教の「中陰」の考え方によるものです。仏教では、亡くなった日から49日目までを「中陰」と呼びます。

中陰は、故人が極楽浄土へ往生できるかどうかの審査期間と考えられています。この期間、故人は7日ごとに閻魔大王による審査を受け、7回目、つまり49日目に審判が決まります。 初七日はこの7回にわたる審判の第1回目に当たります。遺族は法要を行い、故人の浄土への旅立ちを祈ります。

たとえ、生前に悪い行いがあっても、遺族が供養を行うことで赦され、極楽往生が叶うと考えられているからです。 また、初七日は、故人が三途の川にたどり着く日ともいわれています。三途の川を渡る際、生前に善行があったものは苦労することなく渡れます。

しかし、悪行が目立つものは深みを渡らねばならないとされており、遺族は故人が楽に三途の川を渡れるように供養を行います。

ただし、浄土真宗では、人は亡くなるとすぐに浄土へ行けると考えられています。このため、初七日は故人の極楽往生を祈る日ではなく、故人へ感謝を捧げるとともに、信仰を深める日とされています。

繰り上げ法要、繰り込み法要とは

初七日の法要は本来、個人が亡くなってから7日目、地域によっては6日目に行います。しかし、葬式に参列した人が、1週間も経たないうちにまた法要に出席するのは、忙しい現代人にとって無理があります。

初七日が平日の場合は、参列できる人はかなり限られてくるでしょう。遠方ともなるとなおさらです。そこで、最近では葬儀と同じ日に初七日法要を営む「繰り上げ初七日法要」が一般化しています。

大半は葬儀から初七日までを1日で行いますが、葬式が午後の場合は、翌日に火葬と繰り上げ法要を営むこともあるようです。

また、火葬を行ってから葬儀を行う「先火葬」の地域もあることから、必ずしも葬儀、火葬、繰り上げ初七日法要という順序になるとは限りません。

一方、葬儀や火葬の後に繰り上げ初七日法要を営むのではなく、葬儀の中に初七日法要を組入れるという方法もあり、「繰り込み初七日法要(式中初七日法要)」と呼ばれています。 先に火葬を行うといった特殊な事情がない限り、火葬の後に初七日の法要が営まれます。

繰り上げ初七日法要の場合、火葬場に同行しない人が法要に参列するためには、火葬を終えて遺骨が戻ってくるまで待つ必要があります。

火葬場が混雑している日は、戻りが予定より遅くなる可能性もありますが、繰り込み初七日法要にすれば、こうした待ち時間はありません。近年は参列者に負担をかける心配がないよう、繰り込み初七日法要にするケースが増えています。 繰り上げ・繰り込み初七日法要は、現代の社会事情に合わせて普及した初七日法要の営み方です。

こうした方法を選んでも、儀礼を欠くことにはなりませんが、本来の審判が行われるとされる7日目には、故人の成仏を祈って手を合わせるようにしましょう。

別日に行う初七日の流れと僧侶への心づけとは

初七日法要の流れ

葬儀とは別の日に初七日法要を行う場合の流れを見てみましょう。

初七日法要を行うためには、骨壺に納められた遺骨を「後飾り」と呼ばれる祭壇に安置する必要があります。後飾りは「中陰壇」とも呼ばれる1段または2段の棚です。

四十九日の法要までの期間、遺骨や白木の仮位牌を祀り、供物などを供えます。後飾りは、通夜や葬儀に参列できなかった人がお参りをする際にも必要なので、きちんと整えておきましょう。

寺院で初七日法要を寺院で行う場合は、位牌、遺骨、遺影を持参します。

初七日の法要は、喪主のあいさつに始まり、僧侶の読経、焼香と続きます。その後に再び喪主があいさつをします。多くの場合、喪主の終わりのあいさつが済むと、「精進落とし」と呼ばれる会食を行います。

会食の費用相場は、約3〜5千円です。事前に参列者の人数を想定して、手配しておきましょう。

僧侶への心付け

葬儀と同じ日に繰り上げ・繰り込み初七日法要を行う場合は、初七日法要のお布施を別に用意する必要はありません。通夜、葬儀のお布施に初七日法要のお布施も含まれると考えてよいでしょう。

2017年の日本消費者協会の調査によると、葬儀全体のお布施の費用相場は全国平均でおよそ47万円です。 一方、葬儀とは別の日に初七日法要を営む場合は、お布施も別途必要となります。地域や宗派、喪家と寺院との関係などによって差はありますが、法要のお布施は約3〜5万円が相場です。

お布施は奉書紙で包むか、無地の白い封筒に入れます。水引は一般には不要とされていますが、つける場合は双銀か白黒のものを用意しましょう。関西地方では白と黄色の水引も使われます。

表書きは「お布施」または「御布施」が一般的です。葬儀のお布施のように薄墨ではなく、黒墨で書いてください。

この他、僧侶が自宅や会場まで来られるための「お車代」、また僧侶が法要後の会食を辞退された場合には「御膳料」が必要です。お車代は約5千〜1万円、御膳料は約3〜5千円が相場です。いずれもお布施とは別の白い封筒に入れて渡します。

まとめ

本来は亡くなってから七日目に営む法要ですが、近年は参列者の都合などを考えて、繰り上げ・繰り込み法要を営むことが増えています。葬儀と別の日に行うことが負担になる場合は、こうした同日に行う方法を検討してもよいでしょう。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応