葬儀に関する情報提供や葬儀社の
厳選紹介であなたをサポート
安心葬儀/葬儀相談コールセンター (無料)
お気軽にご相談ください。24時間/365日対応
通話
無料
0120-99-1835
  1. 安心葬儀TOP
  2. 葬儀の知識
  3. 臨終を告げられた際の心構えと備え

葬儀の知識

臨終を告げられた際の心構えと備え

臨終を告げられた際の心構えと備え

身近な人との別れはいつか必ず訪れるものであり、臨終の場に立ち会う可能性は誰にもあります。

大切な家族の臨終を告げられたとき、悲しみに耐える中で何をどのようにすべきなのでしょうか。

本記事では、臨終に立ち会う際の心構え、臨終前後の流れ、家族が亡くなった際にすべきことなどについて解説します。

臨終とは?

臨終(りんじゅう)とは、人が亡くなる間際、または亡くなることを指します。 臨終の「臨」の字は「臨む(のぞむ)」という使われ方もされ、何らかの事態に直面する、何事かに向き合うことを意味しています。

つまり、臨終とは、生命の終わり(=死)を迎えること、息を引き取る間際あるいはその瞬間のことです。

臨終前後の流れ

入院中の家族が亡くなるケースを例にとり、臨終前後の流れを確認しましょう。

危篤

今にも息を引き取りそうだという状態を危篤(きとく)と呼びます。 危篤状態にあると医師より告げられたり、その旨の連絡を受けたら、自分自身や家族が入院先に駆けつけるのはもちろんですが、親戚や親しい人たちにも連絡を取りましょう。

医師が危篤を告げるのは、遺族が心の準備をできるようにということもありますが、近しい人たちに来てもらう時間を確保するためでもあります。

臨終・死亡確認

臨終を迎えると、確かに死亡しているかを医師が確認・判定します。(死亡確認) 死亡確認後、医師は死亡を家族に宣告し、死亡診断書を発行します。この死亡診断書は公的な書類であり、役所へ死亡届を提出する際などに必要となってくる重要な書類ですので、受け取ったら大切に保管します。

末期の水・エンゼルケア

死亡確認がなされたら、末期の水(死に水ともいう)をとります。 末期の水は、お釈迦様がお亡くなりになる際に水を所望され、喉の渇きを癒して安らかに息を引き取られたという話に由来するといわれています。 古くは臨終直前に行なわれていましたが、今日では臨終後に行なわれることが一般的です。

脱脂綿に水を含ませたり樒(しきみ)に水をつけたりしたもので故人の唇を潤すようにします。順番としては、最初に配偶者が行ない、その後は血縁の濃い順に行ないます。

また、エンゼルケア(湯灌(ゆかん)・死化粧・死に装束などへの着替えといったご遺体の処置全般)も行ないます。 伝統的には遺族の手で行なうものですが、今日では入院先の病院や葬儀会社主導で行なわれることが一般的です。

臨終に立ち会う際の心構え

臨終に立ち会う際の心構えにはどういったものがあるでしょうか。

悔いの残ることのない最後の別れとする

危篤を知らせる先としてまず、家族・親戚が挙げられます。 しかし、本人が最期に会っておきたいであろう人たちに集まってもらえることを考え、身内であるかどうかにこだわらず、親しいおつきあいのあった人には連絡するとよいでしょう。

声は届いていると信じ、最後まで声かけを

意識のない状態であっても、声は聞こえているともいわれます。 たとえ昏睡状態にあるとしても、温かな声かけを続けましょう。 少なくとも危篤状態にある本人に知られては困るような話(葬儀の話など)は慎むようにします。

家族が亡くなったらやるべきこと

いざ臨終となれば、悲しみに暮れてばかりもいられないのが現実です。家族が亡くなったときに早急にすべきことにはどういったものがあるでしょうか。

葬儀の手配

葬儀は、基本的には死後あまり日をあけずに行うものです。 葬儀会場や火葬場の混雑状況なども日程に影響しますので、すみやかに葬儀の手配を進めましょう。

遺言書やエンディングノートの確認

遺言書というと遺産関係の内容がイメージされますが、葬儀スタイルや葬儀に呼んでほしい人についてなど、故人の希望が書かれていることも考えられます。

また最近では、遺言書よりももっと手軽な方法で、エンディングノートに自信の希望を遺す人が増えています。 遺言書やエンディングノートがが残されていないか、心当たりを探してみましょう。

公的手続きと申請すべき給付金の確認

医師発行の死亡診断書を持参の上、役所にて死亡届を提出します。 この届出は、火葬や埋葬時に必要な手続きですが、葬儀を依頼する葬儀会社が代行してくれる場合も多いようです。

また、故人の加入していた健康保険や自治体などから「埋葬料」「葬祭費」などといった給付金が受けられますので、必要な手続きを確認し、状況に応じて進めましょう。

最後に

人の死は予期できるものではなく、臨終に立ち会えないことも珍しくありません。

望んだからといって叶えられるとは限らないからこそ、大切な家族の最期の瞬間に立ち会えるということは恵みであるといえるでしょう。

ある程度の流れを把握しておくことで、いざというときに心に余裕を持てます。最後の別れにまっすぐに向き合い、悔いのないものとしましょう。

葬儀社に事前見積もりする際のポイント

事前に複数の葬儀社から見積もりを取って内容をイメージしておくと、いざというときに慌てずに葬儀を行うことができます。複数社に自分で連絡するのは面倒ですが、今は一括見積サービスがあるので、そちらを利用すると負担なく迅速に進められます。

当サイト「安心葬儀」では厳選した葬儀社に一括で見積りを取ることができますので、ぜひご利用ください。

安心葬儀で複数社見積してみる

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

安心葬儀は最安11万円から葬儀社をご提案可能 /

葬儀の相談
依頼・見積り
通話
無料
0120-99-1835
安心葬儀お客様センター24時間/365日対応

関連する記事

安心葬儀 複数社見積りご利用の流れ

  1. ステップ1

    お客様センターまでお電話ください

    0120-99-1835 までお電話ください。相談員がお客様から希望する葬儀内容、ご要望等をお伺いいたします。

  2. ステップ2

    ご希望の葬儀内容に合った葬儀社をご紹介

    お客様からお伺いしたご希望を元に、条件に合った葬儀社を最大3社までご紹介いたします。
    もし急ぎで病院・警察からの移動を求められている場合は、すぐにお伺いして指定場所まで搬送することも可能です。

    ※葬儀を行う地域や条件によっては複数社紹介が難しい場合もございます。

  3. ステップ3

    葬儀社との打合せ/葬儀日程や内容の確定

    葬儀社と葬儀について具体的な内容を話していきます。内容面、費用面など比較検討の上、条件に合う葬儀社が見つかりましたらお申し込みください。

    ※万が一ご紹介した葬儀社が合わない場合、他の葬儀社のご紹介も可能ですので遠慮なくお申し付けください

葬儀のことでお困りでしたら、
お気軽にご相談ください
急に葬儀の準備をすることになった、葬儀費用の相場を知りたい、複数社から葬儀の見積もりを取って検討したい等、安心葬儀スタッフがサポートします。
安心葬儀アシスタント
葬儀の
相談窓口
葬儀相談センターお気軽にご相談ください
通話
無料
0120-99-1835
24時間/
365日対応